2020年07月02日

2020 上半期予想面の総括と反省

★はじめに

 宝塚記念が終わって、丁度今年も半年が終了しましたし、本格的夏競馬スタートで記事枠にも余裕がありますので、上半期の予想精度や疑似馬券成績をざっくりと振り返って、反省とこれからの方向性の模索をしてみようかな、と思います。


★2020上半期予想データ回顧

・参考 2019年予想データ回顧記事 http://horserace-romanesque.seesaa.net/article/472904744.html

 データはある程度比較検証してこそなので、今年の元旦に書いた去年の予想回顧記事と合わせて目を通していただければ、と思います。
 データ集計のやり方は去年同様に俺プロとエクセルの併用ですね。今年は入力忘れがないように注意していたつもりなのですが、マーチSが降雪順延になった時に一度だけ再入力を忘れてしまったので、金額・回収率データはその分を手入力で補正したものになります。


◎関連データ(対象レース数83)

・1着……20回(24.1%)
・2着……21回(25.3%)
・3着……5回(6.0%)

・馬券圏内率……46/83(55.4%)
・単勝回収率……7920/8300(95.4%)
・複勝回収率……7580/8300(91.3%)

 本命馬は、回収率こそ改善されていますけど、馬券圏内率は去年とほぼほぼ変化なし、という結果になっていますね。
 実のところ、この圏内率も4月くらいまでは60%を超えていてそこまで悪くないな、と思っていたのですけど、5月が本当にダメダメで、人気馬を本命にすると4着、人気薄を本命にすると大敗、と連戦連敗で一気に数字が下がってしまった経緯があります。
 まあ年間平均、という視座で見れば、好不調の波を平準化して、となるので妥当なのかもですけど、なんとも歯がゆさは残るところです。

 回収率に関しては単なる巡り合わせもあるでしょうし、ある程度本命を打つときにファクターを可視化した分だけ、過剰人気馬、適性から信頼が出来ない人気馬に本命を打たなくなった、というのはあるのかもしれませんが、誤差の範囲かなーとも思います。


○関連データ(対象レース数83)

・1着……17回(20.5%)
・2着……9回(10.8%)
・3着……14回(16.9%)

・馬券圏内率……40/83(48.2%)
・単勝回収率……5670/8300(68.3%)
・複勝回収率……6580/8300(79.3%)

 本命の回収率改善が誤差と言えるのも、逆に対抗の回収率が下がっているから、ではありますね。
 結局本命対抗のチョイスは、ファクターで横並びなら後は好み、という部分も否めないので、どちらかと言えば本命>対抗の今年の方が妥当ではあるのかもですけれど、私の場合トータルで考えてもう少し改善しないと、という部分にもなると思います。

 まあ去年の回顧でも触れたように、この辺りの回収率は一度でも人気薄を拾えたかどうかで全然違ってくるので、半年スパンであってもブレは大きいと思いますし、やはりより重要なのは圏内率の方でしょう。
 そしてやはりその点では、面白いくらいに去年のデータと横並びで、さほど進境がないという事がまざまざと浮き彫りになっているのが悲しい限りですね。


▲関連データ(対象レース数83)

・1着……7回(8.4%)
・2着……6回(7.2%)
・3着……10回(12.3%)

・馬券圏内率……23/83(27.9%)
・単勝回収率……9320/8300(112.3%)
・複勝回収率……6800/8300(81.9%)

 唯一多少なり進境・光明があるとすればこの項目でしょうか。
 去年の反省を踏まえて、単穴、という印の意味にとらわれ過ぎず、ある程度人気している馬でも、勝つか負けるかのギャンブル要素が高い、けれど嵌れば頭まであっても、という観点でちゃんと拾うことにした分、少しでも圏内率が改善しているのはホッとするところです。
 その上でそこそこは穴馬も拾えている、というのが単勝回収率に繋がっているのかなとも思いますし、少なくとも去年よりはまだバランスのいい▲打ちは出来ているのかもしれません。

 券種構築的に、大体▲は三連複系で2列目の軸にいれてしまうわけで、ここの精度が上がればその分総合的な的中率・回収率も上がるとは思うだけに、もう少し初志を思い出して柔軟に頑張ってみたいところですね。
 大抵外れ続きになると、特に単穴候補でつい人気薄の方を選んで失敗するパターンは去年も見受けられましたし、実際3~5番人気に単穴って見栄えはしないんですけど、地味な予想でも花より実を取る、というのが今年のテーマだったはずですから、上手くバランスを取っていきたいです。


疑似馬券回収率関連データ(対象レース数83)

・1~3月……投資184900、回収274930(+90030、回収率147%、的中率29%)
・4~6月……投資205200、回収173820(-31380、回収率85%、的中率38%)

・上半期トータル……投資390100、回収448750(+58650、回収率113%、的中率33%)

 印別の馬券圏内率ではほとんど改善が見られなかったのですが、収支に関しては今年は今のところ幸運にも恵まれたとはいえ、そこそこ踏ん張れてはいる状況かなとは思います。
 結果的にほぼほぼ1月の愛知杯の貯金が全てであり、それがなくても回収率90%ちょっとと、去年よりはマシになっているわけですが、それは単純に投入金額を抑制している賜物なのでしょうね。

 今年は特に海外馬券が少ないのもありますが、単純に去年上半期の疑似投資が68万チョイに対して、今年は39万ですから6割弱と、より身の丈に合った数字には寄せられていると思っています。
 その分余計な買い目を増やさず、効率的に的中を引き出せたとも言えますし、勿論例えばフェブラリーSみたいに、もう少し手広く構えていれば大きな万馬券を拾えた、なんてパターンもありますけれど、押しなべて言えばこちらの方が好不調の波に影響されにくい、というのはあるのでしょう。
 またある程度意識的に本命の信頼度を可視化して組み立てを考えたので、自信度に合わせてのレート設定の強弱も、一定は回収率に貢献しているのではないか、と考えています。

 ただ実際のところ、あんな風に項目化して、重い印を打った馬の信頼度の高さに合わせて、とやってみたものの、正直全く不安のない本命馬をそれぞれのレースで見つけられる場合ってあんまりないのですよね。
 特にこのファクターは重要、と銘打った部分を完璧に網羅、となると中々難しく、ダービーのコントレイルとか宝塚のクロノジェネシスくらい、これは本命しか打てない、ってレベルで信じられる馬を、この予想スタイルから抽出できるケースはレアだったりするのです。
 ましてやそれが一つのレースに2~3頭なんて、この半年スパンでそれこそ四半期に一回あればいい方でしたし、そうなると券種の組み立ても大抵CかDパターンに寄ってしまうわけで、その点多様性・柔軟性をやや欠いているスタイルとも言えそうです。

 それに結局、このパターンで半年やってみても、そもそもスタイルとしては去年以前から漠然と意識していたものを具体化しただけなので、丁寧になっただけで本質的なベクトルは変わっていないわけです。
 その上で本命対抗の馬券圏内率が変化ない、というのは、この予想スタイルの限界を提示している、という感じもありますね。

 もっとも現時点でどこをどう改善していくか、というのも端的に決めづらいところですし、今年一杯はこのスタンスで続けるつもりですけれど、やはり少しでも圏内率を良くしていく細かな努力は考えていこうと思います。
 正直単複回収率は参考程度で、私の疑似馬券の構築の好みからしても、圏内率の方が余程重要なのは間違いないですからね。
 結局重い印の馬が2頭は圏内に来ないと、まず大儲けにはならない買い目を選択していますし、春シーズンはそのあたり噛み合わなかった事が多かったように思います。
 的中率は春の方がいいのに、回収率はマイナス、という事は、やはり本命馬券をトントンラインで拾っていくだけではじり貧、というのが透けて見えますし、もう少し対抗単穴の打ち方にも慎重さと丁寧さを求めていきましょう。

 あと、日々の回顧でもチラッと触れましたけど、本当に私、府中春のGⅠ5連戦の時期が大の苦手なんですよねぇ。。。
 俺プロデータだと月ごと集計も見られるのですけど、今年も5月は回収率41%、去年に至ってはなんと0%ですから、我ながらどういう事だ!って感じです。
 しかも仮にもGⅠなので、投資金額もそれなりに大きくなりがちですし、総合的に言うと5月が大きく足を引っ張る結果になってしまっていますので、もう今年は無理ですけど、来年の課題としてよくよく心魂に刻んでおきましょう。

 去年は不思議と夏競馬の回収率は良かったんですけど、これもおそらくは函館記念のスマッシュヒットの恩恵に過ぎない、とは言えるはずです。
 正直私のスタイルで、1レースで10万近い払い戻しを出すというのは超レアケースですし、それを皮算用に入れておくわけにもいかないので、去年の数字に過信せず、荒れる難しい夏競馬もひとつひとつ丁寧にしっかり取り組み、なんとか年間でのプラス計時を達成したいものですね。



posted by clover at 07:12
"2020 上半期予想面の総括と反省"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: