2020年06月28日

2020 宝塚記念 レース回顧

 古色騒然――――。

 梅雨時らしい雨混じりの曇り空の中、それを吹き飛ばすフルゲートの熱気に包まれての開催となった今年の宝塚記念は、秋華賞馬のクロノジェネシスが中団外目から直線あっという間に突き抜け、並み居る実力馬を蹴散らして、初の混合GⅠタイトルを獲得しました。
 バゴ産駒という、今ではやや世界の血統地図から淘汰されつつあるブラッシンググルーム直系の血が為す、凄まじいまでのスタミナとポテンシャルがもたらした圧勝劇の内実を、しっかりと回顧、していきましょう。


 まず今日の馬場ですが、これは正直他のレースを分析してもどこまで当てになるのか?という部分はありますね。
 というのも、今日の経緯として、まず夜からの雨は朝型に一旦上がり、この時点では阪神競馬場にはさほどの降雨量はなく、スタート稍重でしたが午前中にすぐ良に回復するくらいの影響でした。
 しかし、9Rの後に集中豪雨があったようで、そこで一気に馬場は稍重まで悪化、レース時点ではほぼ止んでいたようですが、むしろ朝までの蓄積以上に直前の雨の影響は大きかった感はあります。

 単純に時計的に言うなら、昨日施行機会がなかった事もあるのか、阪神の外回りは普通に速い時計が出ていました。
 ただ内回りはそうでもなく、実際に7R、1勝クラスの2200m戦が、61,0-12,2-61,2=2,14,4と、この前半の流れで後半加速できない平均ペースで収まっています。

 9Rの舞子特別は、35,3-11,5-35,0=1,21,8とこちらも平均ペースでこの時計ですし、おそらくこの馬場状態での開催でも12秒半ばくらいの勝ち時計にはなったんじゃないかな、とは感じています。
 ただし、この時点では内回りはペースに関わらずイン有利で、2レース共に平均ペースなのに行った行った決着ではありました。
 そこから一気に雨が降った事で、より滑る馬場になって巧拙が強く影響した感もありますけれど、それにしてもの2,13,5、大外ぶん回しに近い形ながら、クロノジェネシス一頭だけ別次元の競馬で、適性面は信頼していた身としても驚愕のパフォーマンスだったとは思います。

 レース展開は、まずはっきり出遅れたのがグローリーヴェイズ、メイショウテンゲン、キセキ、カデナあたりで、モズベッロもあまりいいスタートではありませんでした。
 好スタートを決めたのはサートゥルナーリア、トーセンスーリヤ、ワグネリアン、ダンビュライト、クロノジェネシスあたりで、そこから騎手も今日の馬場傾向を強く意識していたか、結構熾烈な先行争いになっていきます。
 結果的に逃げたのは内枠のアドバンテージを活かしてトーセンスーリヤ、番手外に勝負掛けのワグネリアン、そして2列目ポケットにこちらも驚愕のペルシアンナイトと、比較的内目の馬が譲らない先行争いになりましたね。

 それを外からダンビュライト、ラッキーライラック、ブラストワンピースが積極的に追いかけていき、クロノジェネシスは外のブラストに譲って道中は先団後ろの外目、アフリカンゴールド、スティッフェリオと続き、サートゥルナーリアは前が速いと見たか、中団のインで脚を溜める競馬を選択しました。
 その後ろにリカバーしてきたモズベッロ、グローリーヴェイズがいて、キセキは序盤ゆったり入り、向こう正面からじわっと進出していくメリハリのある競馬を展開、トーセンカンビーナ、メイショウテンゲン、カデナあたりが最後方列、という並びになりましたね。
 後述するように、全体としては明確なハイペースの割に極端な縦長にはならず、どの位置にいてもパワー兼備の相対的な追走力を高く問われたレースになっていると思います。

 その注目のラップ推移は、34,6(11,53)-25,4(12,70)-37,2(12,40)-36,3(12,10)=2,13,5(12,14)という推移でした。
 映像でも見て取れるように、内の馬がかなり強気に出していき、外の馬もそれに追随した事で、テンが速くなりやすい宝塚記念とは言え、この馬場で34,6は相当に厳しい流れになっています。
 そこから1~2コーナーは緩んで、向こう正面でも流石にそこまでは上がらず12,4平均で淡々と進む中、序盤のペースで殺がれなかった馬が3コーナー過ぎからスパート、後半は11,9-12,1-12,3とコーナー最速での持久力ロンスパ戦になっていますね。

 1000mバランスで見ても60,0-12,4-61,1ですから普通にハイペースで、しかし恐ろしいのは、このラップで2着以下は1秒突き放されている所です。
 つまり単純に言えば2着以下はもっと明確な超ハイバランスになっており、ほぼほぼ前半の追走力と、後半の持久力特化に近い、宝塚で求められる適性がより濃縮されて煮詰まったような、タフな有酸素スタミナ戦になっていると言えますね。
 正直この流れは、テンの3Fペースに乗っていった馬が苦しいのは当たり前、という感じのバランスの悪さで、実際に最後上位に食い込んだのは中団から後方で前半は足を少しでも溜められた馬、という事になっています。
 しかし上位勢の中で一番前にいたのがクロノジェネシス、というあたりからも、この馬の適性面の破格さは見て取れますし、ぶっちゃけ近代日本競馬では滅多に問われないような特殊な適性のレースになっていたのは間違いないとは思いますね。

 しかし勝ったクロノジェネシスは、本当にパワー型にシフトして恐ろしいまでの強さを身につけてきましたね。
 正直テレビでの論調は、直前の雨の恩恵が~みたいに、他の負けた人気馬を擁護する格好ではありましたけど、ぶっちゃけ今日の出来と馬場なら、9Rまでの条件でも楽勝していたと確信しますし、ラップからの適性診断を予想の軸にしている身としては、人気であっても久々に会心の本命的中と言えます。

 いつも通りいいスタートから、けれど外からブラストワンピースがポジションありき、という強引な競馬を仕掛けてくる中で、無理には付き合わずにリズム重視で中団前くらいまで下げていったのは、結果的にも正解ではあったと思います。
 でもこの馬の位置でも1000m通過は60,5~7くらいでしょうから、この馬の走破でやっと平均ペースであり、それだけ追走面での余裕と、そして後半の持久力性能のえげつなさが抜けていた、という評価でいいのでしょう。
 実際に前が動けない中で、一頭だけ3コーナーからほぼ馬なりで楽に進出、それに呼応してラッキーライラックが内から抵抗するのに敢えて合わせるくらいの余裕があり、直線もまるっきり一頭だけ馬場を苦にしないスイスイと軽やかな走りでした。

 この馬のラップがそのままレースラップと見ていいのですが、実際にこの展開でラスト1Fを12,3でまとめている持久力は、京都記念以上に凄まじく、追走が問われてもこれが出来てしまうのはこの馬の最大の武器ですね。
 冒頭でも書いたように、バゴの血統は流石に近代のスピード最優先の生産界の中では重宝されない血でしょうけれど、しかし適性が噛み合った時の爆発力がとてつもない、というのをまざまざと見せつけた一戦と言えます。

 正直、この馬が今年凱旋門賞に行けないのは物凄く残念です。
 血統的にも適性的にもベストだと思いますし、実際凱旋門賞で上位に来る日本馬って、ほぼほぼタフな展開の宝塚記念を勝っている馬ですから、一番日本競馬の中で親和性が高いのは間違いないんですよね。
 ましてこれだけ重くなったところで、スピードを落とさず踏ん張れる適性、前に行ける脚質と追走力、普通に欧州競馬に親和性が高そうですからねぇ。
 また来年に至っても成長する可能性はありますし、ディアドラみたいに長期遠征まで視野に入れてもいい馬だと思います。逆に今は、府中のGⅠとかは少し割引になってしまうでしょうね。勿論ある程度は走ると思いますが、日本で次に重く狙うなら素直に有馬記念でいいんじゃないでしょうか。

 2着のキセキは、出負けして前に行けなかったものの、結果的にこの馬のリズムで淡々とワンペースで走れたのがいい結果に繋がった感じですね。
 馬場自体はそれなりにこなせる、というのは、去年の凱旋門賞でもそれなりには見て取れますし、その中で外目外目を通しつつ最後までしぶとく踏ん張っていたのは評価に値する、とは思います。
 それでも残り200mでクロノジェネシスと2馬身差、そこから4馬身は離されたので、この馬自身はラスト13に近い数字になるでしょうし、やっぱり最後の坂で少し止まるのはあるのですよね。

 ただ今回は適性と展開的に他の馬に対してアドバンテージは作れましたし、逃げなくてもやれる、というのを改めて見せられたのは良かったです。
 でも基本的には前で平均からややスローくらいでコントロールするのがベストなのは確かですし、超高速馬場適性も高いので、また府中の2戦で小気味よい逃げを見せてくれたら何よりですね。まあアーモンドアイがいる限りは……となってしまいますけれど。

 3着のモズベッロは、この馬も渋ったタフ馬場の適性は高かったのだろう、というのと、出負けして後方からゆったり、という形になったのも噛み合った一因でしょう。
 とはいえこれだけ突き放されて、ですので、それ以上に他の有力馬がまるで走れなかった、という形の3着ですし、これをどう評価していいかは難しいところですね。
 少なくともこれで、じゃあ有馬で狙いたいか?って言われれば流石にまだレベルが、と思いますけれど、それでもサートゥルナーリアを最後凌いでいるのは、この馬なりに強くなっている、と見ていいのではないでしょうか。

 4着サートゥルナーリアは、正直この展開の中ではかなり頑張ったと思っていますし、ルメールJも展開に合わせてギリギリまでこの馬らしい競馬はしてくれたのかな、と見ています。
 スタートは良かったですが、あくまでリズム重視で1コーナーまで進めた結果、ペースが速かったので中団のインで我慢する形になりましたけど、追走面にやや課題を残す馬ですから、この流れで前にいたら掲示板もなかったはずで、そこはルメールJの冷静なペース判断ではあったかなと感じます。

 この形でも向こう正面で動く馬はそれなりにいて、それを見ながらも馬群がばらけるのをじっくりと待ち、仕掛けをワンテンポ遅らせてコーナーもギリギリまでタイトに回っていました。
 その分直線半ばまで、この馬らしい一脚は使えたと思いますけれど、やっぱり有馬同様、こういう展開で長く最後まで脚を維持できるタイプではないのですよね。
 まあこの形とはいえ、モズベッロあたりにも最後の100mで離されているのはうーん、ではありますし、あくまでこなせる範疇であって、やはりベストの適性からは程遠いレースですから、ある意味これで評価を下げる必要はないと感じています。
 ただし、本来は噛み合う条件のはずの府中が苦手というのが非常にネックではあり、それこそコロナでなければコックスプレートとか、ああいう器用な加速と一脚が抜群に活きる舞台向きなので、遠征出来ればそれが理想、だとは思うのですけどね。

 5着メイショウテンゲンは、この馬もポジションが取れないだけでバテはしない馬ですから、キセキあたりでも13秒まで落としているラスト1Fで相対的に浮上してくるのはある意味必然的ではありますね。。。
 でもこの距離でポジション取るのはまず厳しいですし、この馬も欧州のステイヤー路線とか遠征して見たら面白いのに、という感覚はあります。まあどの馬であれ、今年はそういう話は現実味がないのはありますから、コツコツステイヤー路線で堅実に走るしかないでしょうけど。

 6着ラッキーライラックは、やっぱりシンプルにタフな馬場もハイペースも、この距離になってしまうとプラスではなかったですよね。
 その中でスタート決めて、完全に勝ちに行く強気の競馬をしてしまいましたし、立ち回りとしては理想的に見えても、適性面ではかなり無茶をしてしまったレース、と言えるのではないでしょうか。
 この馬は今なら府中の2000~2400mの後傾型の競馬はかなり合うはずですし、やはりアーモンドアイとの因縁の対決はぜひ実現させて欲しいな、と思います。

 16着ブラストワンピースは、シンプルに前半の追走で無理をし過ぎた、という事になると思います。
 タフな馬場自体はこなすけれど、自身スローバランスでないと駄目、というタイプなのでしょうし、凱旋門賞もそんな感じの負け方でしたから、ポジションありきで出していったのが結果的には裏目だった、という事になりそうです。
 ただ状態自体も微妙だったのかな?という失速ぶりですし、この展開でキセキみたいな競馬をしたらどうだったのか?は気にはなりますけど、単純な能力面でもやはり現時点でそこまで高くは評価してはいけない馬だったのかもしれません。

 17着グローリーヴェイズも、出負けはいただけないですけれど展開そのものは噛み合ったはずで、でも3~4コーナー中間の最速ラップ地点で押し上げきれずに一気に失速、息切れ、というあたりから、まだ中身が伴っていなかったと見ていいと思います。
 もうちょっとやれていい条件のはずなのですけど、そもそもこれでは坂がダメなのかどうかの確認にもなりませんでしたし、次に向けての収穫がないレースにもなってしまった感はありますね。
 あと本当にやっぱり、レーンJのディープ産駒は相性が悪いのでしょうね。色々難しいものです。

 予想的には、流石にここまで極端なレースになるとも思えなかったですし、本命だけはしっかり初志貫徹で当てられて万々歳なのですけど、うーんモズベッロ、中々拾えないですよねここまでは。
 敢えて言えばキセキに単穴を打つくらいは出来たかもですけど、でもそれって適性というよりロマン枠に近い形ですし、実際にこういう競馬でここまでやれると見ていたわけではないので、その辺りは反省材料でしょうか。やはり適性も、やってみないとわからない部分がまだまだ大きいですし、特に再現性の低い特化的なレースではそれが顕著ですね。

 まあ券種的には、普段×までは馬連広げないのですけど、今回はクロノ軸に相当自信はあったので、こっそりキセキだけ拾えていて命拾いしました。。。
 こういう噛み合い切らない所でギリギリ拾える、というパターンは大事だと思いますし、最高、とは言えないにしても、悪くない上半期の締めくくりは出来たのかなと個人的には思っています。
 来週からは本格的にカオスな夏競馬ですが、しっかりと頑張っていきましょう。改めて、クロノジェネシスに素晴らしいレースをありがとう、と絶賛を送りたいですね。


posted by clover at 17:09
"2020 宝塚記念 レース回顧"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: