2020年06月27日

2020 宝塚記念

 さて、明日はいよいよ上半期中央競馬の総決算、夏のグランプリの宝塚記念ですね。
 今年はコロナで海外遠征機会が激減したというのもあり、例年になく有力馬がこのレースを目標にして集いましたし、フルゲートでのレースは久しぶりになるので本当に楽しみです。
 残念ながらこの時期らしく、程度は何処までか知らず、雨の影響は受けざるを得ない様相ですが、そういう悪条件をも乗り越えてのパワー型チャンピオンはどの馬になるのか、非常に見応えのある一戦になると思います。

 それにしてもアシャカトブ、レース後の、特に二度目の転倒は肝が冷えましたね……。人馬ともに無事であるといいのですが……。




★展開別想定

・ハイペース(波乱度B)

<危険な人気馬>
  ラッキーライラック

<人気薄特注馬>
  レッドジェニアル・ペルシアンナイト

・スローペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  ブラストワンピース

<人気薄特注馬>
  スティッフェリオ・キセキ


★展開予想

・馬場想定……良~稍重(ややタフ)
・ペース想定……平均~ややハイペース
・推定勝ち時計……2,12,3~8

 今日の阪神はまだ良馬場で、極端ではないものの時計はそこそこ出る馬場になっているとは思います。
 今日の芝レースは不思議と全部内回りだったのですが、1Rの2歳未勝利でもハイペースとはいえ1,21,7、出石特別が33,6-11,9-35,8=1,21,3、京橋特別は58,4-60,5=1,58,9、水無月Sが33,9-35,2=1,09,1と、軒並みソコソコの時計は出ています。
 ただし珍しく全てがわかりやすいハイペース消耗戦で、時計の出やすいレース展開でしたし、特に京橋特別のワンツーは、追走面と素材面でこのクラスの馬ではない、という競馬をしていましたので、時計の字面だけを見て高速馬場、とまでは言いにくいかなとは感じています。

 バイアス的にも今日はかなり前目内目有利かな?という感覚ですが、一日使われ、そして明日の雨でどう変化していくかになりますね。
 今の時点では降るのは夜半から朝方にかけての数時間のみ、降雨量は合計で15~20mmくらいが予想されていますが、これは宝塚市のものなので確実に阪神競馬場で、とは言い難く、このあたりは明日の朝になってみないと、とはなってしまいます。
 ただ流石に全く影響を受けない、というのは考えづらく、今の阪神の馬場なら数mmの雨でも府中とは違いそれなりにタフに変貌すると思いますので、時計的には良馬場に戻っても11秒台には入ってこない、くらいのラインで想定しておこうと思います。

 レース展開は、逃げそうなのがダンビュライトとキセキ、あと内のアフリカンゴールドも逃げられれば逃げたい、なんてコメントを見ましたが、この馬の出足でそこまで行けるかは正直……なので、基本外の2頭の主導でしょう。
 勿論キセキは出負けのリスクがありますが、ある程度出ればリカバーはしやすい枠で、スティッフェリオは今回も無理には行かない、という話なので、余程クロノジェネシスやブラストワンピースが余程いいスタートから内に切ってこない限りは前には付けられるかな、と見ています。

 クロノブラストもこの枠の並びで偶数番なら、ある程度はゲートも決めて積極的に、となりそうですし、スティッフェリオやラッキーライラックも現実的な位置は狙ってくると思います。
 それに対しての内の馬は、コメント通りならのアフリカンゴールドにトーセンスーリヤくらい、サートゥルナーリアも出していける馬で、外から来る馬の壁を当てにして強気に行くか、それとも序盤は折り合い重視でゆったり行くか、このあたりのルメールJの出方も見物になるでしょう。
 グローリーヴェイズあたりはインベタで3~4列目は取れるかなと思いますが、サートゥルナーリアもあまり序盤でゆったり入っていると、外の馬がどんどん切ってきて中団以降、という可能性もなくはない並びだなと感じますね。
 ワグネリアンもこの枠はやや窮屈で、先行できるかは難しいラインですし、レッドジェニアルもゲートが不安定の中でこの枠は微妙、総合的には外主導の先団になるイメージが強いです。

 ペース的には、外から取りに行く分テンの3Fはそこそこ上がると思いますし、1~2コーナーで緩むのはコース形態上お約束、その上で向こう正面からどこまで上がるか、ロンスパにはなるにしても去年のように4Fで収まるのか、サトノクラウンの年のように6Fくらいになるのかでも変わってきます。
 ただし、馬場自体はタフ寄りと踏むので、仕掛けが多少遅れたとしても大して切れ味は問われないと思いますし、外から強気に押し上げて持久力勝負に持ち込みたい馬にとっては恵まれる可能性はそれなりに高いのかな、と踏んでいます。
 基本的に3~4コーナーの形態上早仕掛けはほぼ確実で、ラスト1Fは顕著にラップが落ちるレースですが、その割に後方から一気に差すのは難しいので、ある程度の位置から追走的にも、後半の持久力的にも踏ん張れる馬を強く狙いたいレースですね。


◎クロノジェネシス(13P)

 プレビューからの初志貫徹でこの馬に今年の夢を託したいと思います。
 今の馬場バイアスで、パンパンの良馬場だったらこの外枠はちょっと嫌な材料でしたが、ある程度雨が降るならそれは緩和されると思いますし、すぐ内の馬がこぞって先行する形なので、それを追い掛けつつ好位の外目でしっかり仕掛けを待てる形を作れるイメージは持ちやすいですね。
 出していっても折り合いにさほど不安がないのが強みですし、追走面も渋った馬場も適性的には問題なくこなせますので、やはり軸としての信頼度はかなり高いと思います。
 余程出遅れて後ろから、とかにならない限りは、この馬のパワー型の適性がしっかり生きるレースの中で力を発揮できると思いますし、ここでも牡馬撃破を期待したいところです。


○ブラストワンピース(11P)

 この馬も雨が降るのであれば、この枠はかえってプラスになりますし、迷いましたけど最終的に評価を上げる事にしました。
 正直ステイフーリッシュ比較でも、タフな馬場で対クロノジェネシスは分が悪いのではないかな、と思うのですけど、ただそのクロノを見ながらスムーズに動ける大外枠は決してこの馬にとっては悪くなく、ストライドとパワーを活かした競馬は繰り出せると思います。
 4コーナーで前走のように前に速いラップを刻まれてしまうと苦しいですけど、11秒半ばから後半までなら大丈夫だと思いますし、減速地点での踏ん張りが手応え以上にいい馬なので、クロノジェネシスについていく形での雪崩れ込み、肉薄はあってもいいのではないか、と期待します。
 川田Jも帝王賞で久し振りの快勝でしたし、吹っ切れて思い切りのいい競馬を見せて欲しいですね。


▲グローリーヴェイズ(11P)

 プレビューでも触れたように、能力と適性だけなら最強の可能性はあると思っています。
 今回は内枠なので、道中は中団インで我慢、という競馬になりそうですし、展開や馬場に左右されるところは出てくると思いますけど、レーンJなら多少荒れた馬場も気にせずにタイトに押し上げてくれそうです。
 ペースが上がっての一脚の鋭さ、タフな持久力ラインでの強さはかなりのものがあると思いますし、不得手な加速&切れという適性はさほど問われないと思うので、長い休み明けになりますが一発あっていい、と踏んでいるのですけどね。


△ラッキーライラック(12P)

 この馬にとっては相対的に渋るのはプラスではないと思いますね。
 加えて枠の並びも微妙で、思い切って内に潜るのは難しい、けれど外主導の中で少し下げながらの入りになりそうな感じで、かつミルコJだと出負けのリスクもありますから、少なくとも前走のような理想的な位置取りでの競馬は難しいでしょう。
 この馬も適性は広いので、有力馬の後ろから外目でもそれなりにしっかり伸びてくるとは思いますが、そういう形で捻じ伏せるほどの持久性能はない、と踏んでいますし、上手く立ち回っての2~3着まで、と踏んでこの評価にします。


×キセキ・ペルシアンナイト・レッドジェニアル

 キセキはこちらも軽い馬場の方が良かったな、と思うのですけど、去年の大阪杯も一定はやれていますし、自分のリズムから4F戦くらいに集約出来ればそれなりには踏ん張れると思っています。
 ただいつもラストの坂で顕著に甘くなるタイプですし、流石にこの相手と条件で強く狙うのは難しいな、というイメージです。

 ペルシアンナイトは枠がいいので、大阪杯や皐月賞のイメージで道中内目でじっと我慢、そこからロンスパの中でタイトに立ち回って上手く進路が作れれば、ですね。
 前にいそうなのがグローリーヴェイズなので、その意味である程度進路の当ては作りやすいかな、というのもありますし、距離自体はやってみないと分からない部分はありますけれど、タフ馬場も追走面も適性は持っているので、この人気なら押さえておきたいと感じます。

 レッドジェニアルは、正直出負けしたら挟まれて後ろから確定なので、それだと余程流れてくれないと苦しい、とはなりますけど、偶数番で上手く出てしまえば先団後ろくらいは狙える並びなので、そうできた上でハイペース寄り、というパターンでの一発を期待して抑えておきます。

 サートゥルナーリアはすごく悩みましたけど消します。
 タフ馬場自体はそこまでダメとは思わないですが、やはり適性面で一瞬の加速と切れが最大の武器なのは間違いなく、その辺りが問われにくいこの舞台で、しかもタフ寄りの馬場となると中々苦しいとは思います。
 枠の並びも微妙で、出していってしっかり折り合えればいいですが、それはそれで追走面の不安がちょっとある、といって折り合い専念で下げてしまうと思った以上に後ろからになって、押し上げる時に脚を使って最後は坂でガス欠、という不安も出てきます。
 能力的には確かに素晴らしいものはありますけど、この馬場で一番人気なら、かつロードカナロア産駒らしい面も出てきている感じの中では、敢えて狙わない、消して勝負するのもアリな舞台だと判断しました。
 これでルメールJが、今日のレターオンザサンドを踏まえて積極競馬を噛み合わせてきたら素直に脱帽します。


※疑似的な買い目(自信度A+)

馬連
◎ー○
1500

◎ー▲△
1000×2

○ー▲、◎ー×(キセキ)
500×2

三連複
◎ー○▲△
1000×3

◎ー○▲△ー×
200×12

計9900


posted by clover at 16:29
"2020 宝塚記念"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: