2020年06月18日

京成盃グランドマイラーズ レース回顧

 やはりちょっと色々忙しくて時間が取れないのと、体調的にも夏バテ気味でダメダメなので、今週は易きに流れます。
 明日も以前に予告したように、今日のゴールドCまでのロイヤルアスコット回顧をやろうと思ってます。週末は特にユニコーンS楽しみですし、しっかり立て直して頑張りたいですね。


 近年は南関もレベルアップが顕著、というのはいつもの常とう句ですが、ここもかなりの豪華メンバーが集結、中々に見応えのあるレースになりましたね。
 昨日の船橋のダートは、スタートは稍重でしたがすぐに良に回復し、時計的にはこの時期なりにまずまず流れれば時計は出る、という感じでしょうか。
 特に昨日は後半3レースだけ不思議と好タイムで、10Rの1800m1,53,8も、最終のB2クラスで1,13,0も中々なので、そこを基準にすれば、このメンバーで1,39,2は、例年と比べても妥当なラインだと思います。

 レース展開は、ハナ争いが注目されましたが、ここは大外のサルサディオーネが気合一発、素晴らしいスタートダッシュを決めて一気に先頭に立ち、それを外からキャプテンキング、リッカルドが追いかけていって、カジノフォンテンはポケットで控える競馬を選択しました。
 中団にリンゾウチャネルとグレンツェント、スタートで出負けしたセンチュリオンと。去年ここを逃げ切ったベンテンコゾウが揃って最後方を追走、という、少しイメージと違う隊列でもありましたね。

 ラップは36,6(12,20)-24,2(12,10)-38,4(12,80)=1,39,2(12,40)という推移でした。
 ハーフで見ていくと48,9-50,3なのでハイペースですが、川崎マイラーズほど極端ではありません。
 船橋マイルは川崎と違い、スタートしてすぐ1コーナーなのでそこまでペースが上がりにくいのもありますし、カジノフォンテンが前走を踏まえて、無理にサルサディオーネに突っ張らなかった事で、いわば秩序のあるハイペースになったと言えるでしょう。
 実際スタートからの4Fは全て12,1~3の間に収まる、波が少なく、けれど追走そのものはしっかり問われる展開ですし、そこから船橋らしく向こう正面で加速、11,9-12,2とスパイラルカーブでも後続に速い脚を使わせて、最後は12,9-13,3と消耗しているものの、それ以上に外目から押し上げる組に辛いレースを前がきっちり作ってきました。

 馬場自体もやや前残り傾向はあったと思いますが、それでもこの展開できっちりポケットからの競馬で差し切ったカジノフォンテンは、前走の負けをしっかりと糧にして、人馬ともに成長した姿を見せてくれたな、と感じます。
 連勝中はもっと大味なレースで良かったのですけど、このクラスに入ると立ち回りも武器にしないと、という意識は見える入り方でしたし、馬自身前に馬を置いてのレースは久しぶりだったと思いますが、それにきちんと適応してきたのは偉いな、と思いました。

 ラストはサルサディオーネもしぶとい中で、上手く風寄せに使って回ってきた分がしっかりアドバンテージとして生かせたのかな、と感じますし、時計面もしっかり詰めてきて、これは大したものだと思います。
 近年はこのレースで激走し過ぎて、その後イマイチになってしまった馬が多いのは気掛かりですが、この馬はまだ4歳ですし、南関生え抜きとしてモジアナあたりと一緒に交流路線も盛り上げてくれる存在になってくれないかなと期待しています。

 2着のサルサディオーネも流石船橋巧者、ここはそこまで競り合いにならず、自分らしいハイペースをしっかり作りだす事が出来ましたし、まだまだ衰えはないですね。
 勿論この舞台なら交流重賞でも、というのは改めて見せてくれたと思いますし、個性派としてまだまだ活躍して欲しいものです。実際サルサディオーネがいるレースは展開が予想しやすくて有難いですしね。。。

 3着のグレンツェントは、この展開で外枠から外々はやはりかなりのロスでしたけど、その中で一頭だけ突っ込んできたように、ハイペース適性と地力はしっかり見せてきましたね。
 中央時代のイメージより追走面を問われて良さが出るようになっている気もしますし、その意味で本質的にはマイルより1800mの方がいいのだろうと思いますが、この馬もまだもう一花、咲かせる余地は充分にありそうです。

 ベンテンコゾウは一年前とは別馬のように行き脚がつかなくなってしまって、流石にこの展開で最後方では、となってしまいますね。
 またキャプテンキングも、さきたま杯の無理遣いから馬が壊れてしまったかのような失速ぶりは本当に残念ですし、やはり長い休み明けというのは慎重に慎重を重ねる必要があるのだな、というのを痛感させられる走りになってしまいました。


posted by clover at 16:51
"京成盃グランドマイラーズ レース回顧"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: