2020年01月31日

2020 1月第4週3歳戦 レース回顧(日曜編)

 今年もあっという間に一月が過ぎてしまいましたね。
 色々やりたい事はあれど時間なく、と、貧乏暇なしを地で行く格好ですが、やるべき事をコツコツちょっとずつでも片づけるのが、なんだかんだで一番の近道と肝に銘じて頑張っていきましょう。
 今日は先週日曜の3歳戦回顧になります。


★1/26(日) 小倉5R 芝1200m

 このレースを制したのは、タートルボウル産駒のヴェントヴォーチェでしたね。
 小倉の芝は雨に祟られ続けて今年は非常にタフ、この日も終日重馬場の中で、ゼツエイとの一騎打ちを精しての1,11,1は地味にいい時計ではあります。
 勿論見た目の数字は地味ですけど、古馬の1勝クラスも1,11,1と1,11,2で、それだけ時計が出ない馬場なので、後続を突き放した2頭が適性と能力で抜けていたのは間違いないでしょう。

 その上で勝ち馬は、スタートからしっかり前を取ってリズムよく追走、4コーナー手前から強気に動いて早々と先頭に立つと、外から押し上げるゼツエイを辛くも凌いで見せました。
 ラップ的には34,8-36,3の一貫消耗戦ではありますが、しっかり全体でバランス良く組み立てられていますし、勿論色々今後適性面など注文はつくのですけど、意外と面白い勝ち方ではあったと思います。
 2着のゼツエイも大外枠からしっかり出し切る競馬でまずまずの内容ですし、未勝利レベルなら条件次第ですぐに勝ち負け出来そうですね。


★1/26(日) 京都6R 芝1600m

 このレースを勝ったのは、シユーニ産駒のマートルフィールドでした。シユーニと言えばソットサスなどが走っていますが、日本ではあまり見ないので、ここでしっかり勝ち切ってきたのは中々面白いところです。

 まあそれは京都が超絶に重い馬場、という適性面もあるはずで、この日も徹頭徹尾タフな条件の中、しかも新馬らしからぬハイペースで、中々多彩な適性が求められたタフなレースになっていると思います。
 ラップが47,5-50,0=1,37,5なので超ハイに肉薄するラインだと思いますし、前が3~4コーナーで緩めたところで好位から押し上げていった2頭がそのまま、後続がスパッと切れる脚を使えない中でしぶとく堪えてきた、というイメージのレースですね。

 勝ったマートルフィールドは、スタートはまずまずでそれなりにすんなりと好位の外が取れましたし、全体で追走力が相当に問われても、コーナーで自分から動いていける余力を持っていたのは印象的です。
 直線は先に抜け出した2着馬が相当にしぶとかったですけど、それでも12,1-12,4とソコソコのラップでまとめての差し切り、きっちり競り落とししてきた事は評価していいでしょう。
 軽い馬場でどうか?など課題は多いですが、レースセンスはいいので楽しみですね。

 2着のクロワドフェールも、あまり人気はなかったですけど流石ハービンジャー産駒というべきか、この馬場とタイトな流れでスタミナを活かす競馬で強みを見せてきましたね。
 京都の内に未勝利を使えば好勝負出来る馬でしょうが、軽い馬場でどうかは疑問符がつくので、そのあたりも含めて注目は出来ると思います。いずれ勝ち上がってくるとは思うのですけどね。


★1/26(日) 中山5R ダート1800m

 このレースは、スクリーンヒーロー産駒のヴォートルエロ―が勝利しました。
 大外枠から抜群のスタート決めて、スッと好位の外につけていき、向こう正面から捲りが頻発する中で自分も強気に動いていっての圧勝ですが、まあここはレースレベルそのものは高くなかったのかなとは思います。
 この日の馬場は稍重でしたが時計は掛かり気味で、未勝利が1,56,6、2勝クラスの初霞賞でも1,53,4までなので、新馬として1,56,3は勿論悪くはなく、ラップ的にも37,7-39,9-38,7と、中盤少し緩んでからのロンスパで、最後まで12,9と13秒まで落とさず突き抜けてきたスタミナは評価できるでしょう。

 ただやはり速いラップはほぼ問われておらず、自身切れる脚を引き出せるイメージではあまりないので、そのあたりが次の課題にはなりそうですね。今のところ距離はあればあるだけ、という感覚はしますが、この時期ですし中々難しいものはありそうです。長い目で見ると結構出世しそうなイメージは持っているのですけどね。
 2着以下は流石にかなり離されていますし、余程ガラッと変わってこない限り未勝利ラインでも簡単ではないかな、と思います。


★1/26(日) 中山9R 若竹賞(芝1800m)

 このレースは、エピファネイア産駒のシーズンズギフトが中団外目から直線豪快に突き抜けて、デビュー連勝を飾りました。いやぁホント、エピファネイア産駒で2勝目を挙げる馬、ようやく2頭目が出てきてくれましたね。次も含めて、惜しいレースは一杯あったんですけどねぇ。

 中山の芝はAJCC当日なのでかなりタフ、表記も稍重で時計はかなり掛かっていました。
 その中で37,3-37,8-35,3=1,50,4と、一貫してスローから仕掛けも遅く、後半が12,0-11,6-11,7と、馬場を考えても3F戦と呼んでいいかはちょっと憚られるイメージです。まあ率直に見れば2F加速勝負ですよね。
 その中で、先ず先ずのスタートながら内外の馬が先手を主張したので少し下げていったシーズンズギフトですけど、1~2コーナーではかなり気難しさと操縦性の難しさを露呈していたように思えます。
 ただそこはルメールJ、すぐに落ち着かせると、馬の前進気勢をしっかり削がずにコーナーから早めの進出、直線入り口で前を射程圏に捉えると、後はそのまま後続を突き放しての完勝でした。

 時計的にも、馬場を考えると結構ラスト2Fそこそこのラップでまとめているのは強く、この馬自身はコーナー中間が一番鋭かったので、大体11,6-11,4-11,7くらい、スパッと切れてはいませんが、長くいい脚を持続してきた感覚ですね。
 新馬から短縮でしっかり対応してきたあたりは、マイルでも、とは思いますが、出足や後半要素など鑑みても、軽い馬場の時計勝負で高いレベルではどうかな?という印象にはなります。
 機動力は高いので、中山みたいなコーナー勝負ができる舞台はマッチしていたとも思いますし、個人的には無理に桜花賞は狙わず、フラワーCあたりからオークスでいいんじゃないかな、とは感じますね。もっとも2400mだと折り合いがかなの苦労しそうなので、その辺りもしっかり改善して欲しいところです。

 2着馬は上手くレースを支配してきましたけどパンチ不足、3着馬もタフな馬場であまり良さがでなかった感じで、全体レベルとしてはあまり評価できないレースにはなるので、その辺を踏まえて次もつぶさに見ていきたいですね。


★1/26(日) 京都10R 若駒S(芝2000m)

 ディープインパクトを筆頭に、時折強い馬を輩出する伝統の3歳OP戦の若駒S、今年はキズナ産駒のケヴィンが、エピファネイア産駒のアリストテレスの追撃をぎりぎり凌いで2勝目を飾りました。やっぱりここでもキズナに負けるエピファネイアの図で、個人的にはなんとももどかしい限りではあります。

 馬場は言うまでもなくタフ、その中で少頭数ながらも、パンサラッサがホープフルS同様によどみのないタフな流れを作っていって、力のない馬では中々食い込めないいいレースにはなっていると思います。
 ラップ的にも36,6-49,0-36,9=2,02,5なので全く緩むところはなく、ハーフで見ても綺麗な平均ペースで、後続はややスローバランスではあるでしょうが、それでもこの馬場での追走力、そこからの機動性とパワー兼備の末脚、後半の総合力は求められた一戦だと思います。

 勝ったケヴィンは、序盤少し掛かり気味に見えましたけど、落ち着かせてからはパンサラッサを深追いせずに単独の2番手、そこで後続が押し上げてくるのを一呼吸待ち、直線でしぶとく脚を伸ばして抜け出して、最後はアリストテレスが外から来ましたけどもう一伸びと、勝負根性もしっかり見せての勝ちっぷりでした。
 この馬場だけにレベルをそのままスライドして考えにくいのですが、この上位2頭は、真っ当な流れでラインベックとパンサラッサを撃破しているのですから、単純比較で言えばホープフルSの2~3着ラインは望める内容、とは言えます。
 その中でも序盤のポジショニングから、道中の操作性など、この馬はかなりいい物を見せていましたし、かえすがえす故障してしまったのは残念ですね。

 2着のアリストテレスは、福永Jらしく道中はインでずっとガマン、コーナー出口でうまく外に出してからは、一頭群を抜いた末脚で迫ってきましたけど、あれで差し切れないあたりがスケール的な部分での今の限界かなとも思います。
 コーナーでかなり前がぺーすをあげているために、最内を通せたのはプラスだったはずですが、それでもこの馬場でここまで長く脚を使えたのは流石です。
 この馬はそこそこ軽い馬場でもある程度やれる目途は見せていて、その意味でも楽しみはあるのですが、賞金の上積みに失敗したので今後のローテーションは難しいですね。テンの出足は速くないので、上手く後ろから取り付きやすいコースとレース、きさらぎ賞あたりは面白いかな、と感じています。

 3着ラインベックはやっぱりバテないけど切れない、という感じで、これだともっとポジショニングを厳密にこだわって、出来る限り前目からしぶとさを活かす競馬を自分で作っていく意識は欲しいですね。
 パンサラッサもいい馬だと思うのですけど、ここ2戦分散させたロンスパで最後甘くなっていますし、ちょっと逃げのパターンを工夫する必要はありそうです。


posted by clover at 19:14
"2020 1月第4週3歳戦 レース回顧(日曜編)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: