2020年01月29日

2020 川崎記念 レース回顧

 昨日とは一転、好天&温暖な気候の中での開催となった今年の川崎記念は、圧倒的人気のチュウワウィザードが、モノの違いを誇示するような圧勝で交流GⅠ2勝目、改めてより強敵との戦いに向けていい弾みをつけましたね。レースを振り返っていきましょう。


 今日の川崎の馬場は終日不良で、流石に昨日のように水が浮く状態ではなかったものの、かなり粘りが強そうなタフな馬場、だったと思います。
 C1の1400mでも31秒台まで、3歳限定のマイル戦が51,0-52,5=1,43,5でしたが、ここはドイテーの圧勝であり、この馬は個人的にかなり強いと思っているので、それを踏まえてもやはり相当に時計は掛かっていたと思います。
 その中で、ハイペース寄りだったとはいえ2,14,1はちょっと凄いな、って時計ですし、勿論勝ち馬だけ次元が違ったわけですけれど、2着以下もそんなに悪い競馬はしていないはずです。やっぱり今は、地味に南関の中距離路線レベルが高いんですよねぇ。

 レース展開は、まず良いスタートだったのがチュウワウィザードとアナザートゥルース、そしてアナザートゥルースがハナに立ちそうになって、内外から行ってくれる馬を待つ格好になったところで、内からケイティブレイブが出していってハナに立ち、外からミューチャリーとチュウワウィザードが進出して2~3番手につけます。
 好位のポケットにはミツバが上がっていき、アナザートゥルースが馬群の中、その外にデルマルーヴルが上がっていって外からプレッシャーをかけ、中団付近に出遅れたヒカリオーソとオールブラッシュ、メイプルブラザーあたりが続く隊列でした。

 ラップは29,7(11,88)-26,3(13,15)-39,1(13,03)-39,0(13,00)=2,14,1(12,77)という推移でした。
 とにかくテンだけ速くて、後は大体淡々と13秒平均、ではありますが、当然川崎なので道中もラップの波はそこそこありました。
 ただ総じて極端な緩みまではなく、そして向こう正面から11,8-12,6-13,4-13,0と一気にペースアップしての4F戦、ラストも一応再加速していて、ギアチェンジの器用さは強く問われています。
 その中では前半ポジションを取るとかなり追走は問われたのと、内目からだとその上げ下げに後手後手で対処するのが難しい、という所で、やはり少し外目で自分のリズムを出来る限り維持していった馬が上位に来たな、というイメージにはなりますね。

 勝ったチュウワウィザードは、競馬の形としてもバイアス的にも完璧に近い形ですし、そもそも論としてまともなら絶対能力が違うのも確かなので、あれだけスムーズに走れれば妥当な結果だと見ていいでしょう。
 本当に器用で総合力の塊でありつつ、しっかり底力も兼備していて、このタフな馬場と流れの中で、遊び遊びでも唯一加速出来ていたのがこの馬だけ、という時点で格が違い過ぎた感じです。
 キンカメ産駒らしく、5歳になって更にパワーアップしていると思いますし、取り口の安定感も含めて、本当にホッコータルマエを彷彿とさせますね。

 中央でも強いですが、この馬の場合はタフな馬場の方がより強い可能性はあり、比較的何処でも強いのでベスト条件が今だよくわからないところもありますけれど、長い距離で崩れる公算は低いでしょう。
 選ばれればドバイに行く、というコメントも出ていますし、川田Jとしてはクリソベリルに乗れない中でも、この馬で一発を狙っていくのは面白いかな、と感じます。
 個人的に今のダート路線で一番の御贔屓馬でもありますし、ワールドワイドな活躍を期待したいですね。

 2着のヒカリオーソは、出負けした時点で終わったかなと思っていたのですがなんのなんの、最後の直線はしぶとく伸びてきましたね。
 個人的にもっと前目にいる馬だと思っていたので、そうなるとやはり早めにチュウワウィザードに潰されて苦しいかな、と見て拾わなかったのですけど、正直ミューチャリーとヒカリオーソの立ち回りが想定の真逆でしたね。。。
 元々スローからの一脚が武器の馬ではあり、ただそれでも基本逃げか番手の競馬で結果を出していたので、今回あの位置からでもスムーズなら力を出せる、という所を見せたのは収穫になると思います。
 正直今の南関中距離路線はかなり高いレベルで拮抗していると思うので、流石に最上位クラスには歯が立たないにしても、GⅡ・GⅢレベルの相手なら充分やれるはずで、今後の交流重賞も楽しみになりますね。

 3着デルマルーヴルは、ポジショニングと枠のバイアスのバランスを取りつつ、相手はチュウワ、と絞った競馬だったと思いますけど、流石にまだ現状では手も足も出ませんでしたね。
 ただこの馬もコーナーでは動けなかったものの、直線では外目からジリジリと食い下がってはいますし、やはり出し切る形で良さは出てくるので、血統イメージとは裏腹ですが距離はあればあるだけいい、というタイプに感じます。
 マーフィーJも浦和記念の反省から、しっかりロスがあっても出し切る形を作ってくれたのは良かったですし、今回も内に拘っていたらきっとアナザートゥルースの二の舞でしたでしょうからね。

 4着のミューチャリーは、確かに元々先行力もある馬ですが、近走は差しで結果を出していたので、この距離と外目の枠とは言え、あそこまで積極的にポジションを取っていったのは驚きました。
 しかも3コーナーで、自分からケイティブレイブを潰しに行く超強気の騎乗で、でもチュウワウィザードにしてみれば丁度いいガイド役、くらいの扱いをされてしまいましたし、ラストも流石に甘くなっていました。
 距離はこの位でも平気でしょうが、やはりここまで追走が問われる流れに諸に乗っかっていくのはシビアだったはずで、能力は見せた一戦ですけれど、もう少しバランスを意識して欲しかったなぁ、という本音は出てしまいますね(笑)。

 5着アナザートゥルースは、色んな意味で中途半端なんですよねぇ。
 ぶっちゃけあのスタートなら、ケイティブレイブに蓋して自分で逃げてしまっても良かったのに、と思いますし、わざわざ手綱絞って下げて、一番窮屈なところに入っていくとか、想定よりも更にうーん、な騎乗ではありました。
 ここ数走を見ても、どうしてもここまでギアの上げ下げが顕著に出るパターンは向いてない感じで、スタミナはあるので離されないけれど、食い込むだけの決め手も引き出せていない、とは言えますね。

 6着ケイティブレイブは、やっぱりこの枠で逃げるしかなくなりオーバーペース、という見立てでいいでしょう。
 ある程度スローで入った方がいい馬になっていますし、こちらも本当はある程度下げて外から、で良かったとは思うのですよね。でも既存のイメージやテン乗り、この枠ではそれも難しかったはずで、まあ仕方ない負け方ではあるかなと思います。
 馬自身の能力落ちも多少は考えるべきですけど、ここ2走は騎乗とペースが噛み合っていないのも事実なので、条件が良くなれば、具体的には外枠引けて平均くらいの流れを楽についていく形なら、当然まだまだやれるとは思うのですけどね。

 7着ミツバは、去年は何故か上手くいったけれども、やっぱり基本内で砂を被る競馬は良くないはずで、なのにあの動くに動けないポジションをし自分から取りに行ったのはうーん、ではありますね。
 序盤はじっくり入って、向こう正面から外を意識してくれればと思ったのですけど、アナザーから3頭、内のダメダメ三銃士になってしまってなんとももどかしさは残るレースでした。

 券種的には難しいというか、正直予想の方向性としては今回はそんなに間違っていなかったと思うのですよね。
 ヒカリオーソがあの競馬が出来た、というのは流石に想定し辛いですし、デルマルーヴルも重く狙うにはちょっとファクターが弱かった中で、地味に当てられそうで当てるチャンスが少なかったレース、という感覚ではあります。
 敢えて言えば配当妙味で、ケイティブレイブも危ないとは思っていたのだから蹴っ飛ばして、能力はミューチャリーともそんなに遜色ないと判断していたヒカリオーソを入れられれば……でしょうか。
 実際問題、ケイティブレイブが来ていると大概の三連複だけではガミる、というのはあって、それなら買わずに妙味を追う、という割り切りはした方が良かったですね。予想として半端に置きに行ってしまった感じはして、ちょっと悔しいところです。




posted by clover at 18:06
"2020 川崎記念 レース回顧"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: