2019年09月15日

2019 セントライト記念

 三日間開催の明日は、菊花賞トライアルのセントライト記念ですね。
 春の実績馬の多くは別のレースや路線を選択する中で、果たしてここから菊の大輪を咲かす晩成の大器が出てくるか、それともやはり春の実績馬が強いのか?
 今年から降級がなくなった分だけ、夏の条件戦の敷居が低くなってはいて、今日のローズSも終わってみれば実績馬、という中で、どういうレースになるかは注目ですね。


★展開別想定

・ハイペース(波乱度A)

<危険な人気馬>
  ザダル・ルヴォルグ・オセアグレイト

<人気薄特注馬>
  モズベッロ・シークレットラン

・スローペース(波乱度B)

<危険な人気馬>
  ニシノデイジー

<人気薄特注馬>
  エングレーバー・アトミックフォース


★展開予想

・馬場想定……重~稍重
・ペース想定……平均~ややスローペース
・推定勝ち時計……2,13,0~5

 正直明日の馬場想定は難しいです。
 少なくとも今日の時点での中山芝は、先週に引き続き超高速馬場だったと思いますし、実際に速い時計や速いラップはかなり出ていました。
 ただ、今夜未明から明日の午前中いっぱいまで、中山近辺は70~80%のかなり高い降水確率が出ており,降雨量的にもそこそこまとまって降る可能性はありそうです。
 流石に弥生賞の時ほど一気にズブズブに、とまではいかないと思いますし、土台がかなり軽いので、表記が重、とかになってもそこそこ速いラップを踏むパターンはありそうですが、一応今の馬場から1,5~2秒くらい要するイメージで入っておきましょう。

 レース展開ですが、やはり逃げ候補としてはリオンリオンが最右翼になりそうです。
 内からマテリアルワールドあたりが思い切って、もありそうですが、極端に暴走でない限り、横山Jはハナを奪う選択をしてくるかなと見ていて、それをエングレーバー、オセアグレイトが追いかけていき、外からルヴォルグ、ランフォザローゼスあたりも本来の先行策を模索してくるでしょうか。
 サトノルークスも川田Jで内からリカバー入れつつ中団より前目、ザダルもある程度積極的には入っていって、ニシノデイジーやタガノディアマンテは後ろ寄りから、という競馬になりそうですね。
 ペース的には、先週が横山Jのあの競馬なので、あまり楽々と逃がせない意識は働きそうで、横山Jとしても極端なハイペースにはしてこないはずで、流れたとしても絶対的に青葉賞位、まあ60,5-12,5-60,0=2,13,0くらいの平均ペースを想定します。

 中山の外回りですから、ある程度縦長になりやすいのと、向こう正面で動く馬はいるはずで、多少なり力のいる馬場に変貌して、その中での機動力と後半の持続性能が問われそうなイメージです。
 スピードとスタミナのバランス、そしてタフな馬場適性も含めて組み立てていきたいですね。


◎オセアグレイト

 正直なところ、良馬場でも実は本命にするつもりでしたので、雨が降って人気が上がってしまうのはちょっと残念なところです。

 この馬の場合、覚醒してからは2400m以上しか使っていないのでわかりにくいですが、基本テンの出足は良く、流れに合わせて自在性を作れて、後半もスパッと切れるわけではないですがある程度分散する形なら長くいい脚を、コーナーからきっちり引き出せる強みがあります。
 今年の条件戦上がりは信頼しにくいのは確かなのですが、この馬はちょっと違うと個人的に感じているのと、やはりここでいい勝負をして本番を迎えて欲しいので、人馬ともに応援の意味も込めて本命視します。

 幸いタフな馬場は苦にしないはずですし、外の馬を行かせてスムーズに3~4番手から入っていければ、この馬の武器をしっかり使い切れるペースを横山Jが組み立ててくれるはずで、ここは本当に楽しみな一戦です。


○リオンリオン

 こちらは逆に、良馬場だったら連下まで下げるつもりだったのですが、タフな馬場になりそうなので引き上げる事にしました。
 やはり青葉賞が強い競馬で、淡々と自分のリズムで速い流れを作れて、そこからしっかり一脚を使える追走の幅とパワーは、このあ舞台にしっかりマッチしてくるのではないかなと思います。
 毅然とハナを主張すれば、渋った馬場の中で敢えて鈴をつけに来る馬もそこまで多くないかなと思いますし、しぶとい逃げ粘りを期待したいですね。


▲エングレーバー

 この馬も距離延長はプラスだと思いますし、渋った馬場の中で淡々と前を追いかける形で良さが出てくるイメージはあります。
 基本的に軽い馬場ですと持続負けのパターンが多かったですし、この条件でも強気な競馬を展開できるのではあれば、相対的に他が削がれる分チャンスは拡大してくるのではないかなと見ています。


△タガノディアマンテ

 脚質的に難しさはあるのですけど、こちらもタフな馬場で相対的に決め手を引き上げてこられるタイプだと思っていますし、前が最後落とす形なら確実に突っ込んでくる堅実さもあります。
 皐月賞でも向こう正面で動いて見せ場はありましたし、休み明けでも仕上がっているように見える事、賞金が足りないのも含めて勝負度が高そうなのも加えると、この位の評価は必要かな、という見立てです。


△サトノルークス

この馬も軽い馬場向きではないと思うので、少し渋ってエンジンのかかりの悪さがロスにならないのであれば、立ち回りの上手さと一瞬のパワーを感じさせる切れ味で台頭してきても、と見ています。
 ディープ産駒、というよりサドラー色が強い馬なので、非根幹距離の方がマッチする可能性も高く、仕上がりも悪くないと思うのでこの位置で狙いたいですね。


×ニシノデイジー・モズベッロ

 抑えとしては、タフな展開で台頭しそうな2頭をチョイスしておきましょう。
 ニシノデイジーはやっぱり鞍上不安が尽きず、この舞台で序盤折り合い専念となるとポジション差が大きくなりそうなのが嫌ですが、仕掛けの速い展開になってくれれば、ですね。
 モズベッロも前走がタフな馬場で強かったですし、ミルコJが強気に乗ってくれば或いは、はありそうです。


※消した人気馬 ザダル・ルヴォルグ

 ザダルは良馬場なら最低でも連下のつもりでしたが、渋った馬場で最内はやっぱり嫌で、血統的にも軽さの方が武器になりそうな印象は持っていますので、ここは消して勝負したいです。
 ルヴォルグは正直今日のスイープセレリタス以上に過剰人気だと思うのですけどねぇ。タフな馬場で先行できても、この相手でこの人気で狙いたいとは正直思えませんでした。


※疑似的な買い目(自信度B)

馬連
◎○▲BOX
1000×3

◎ー△
500×2

三連複
◎○▲ー△×
300×13

計7900


posted by clover at 17:45
"2019 セントライト記念"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: