2018年06月15日

函館競馬場主要コース攻略メモ

★はじめに

 最初に小倉を書いてから随分と時間が空いてしまいましたが、明日から始まる函館開催のツボを自分なりに整理しておこうかな、と思います。
 まあ基本的にローカル小回りコースなので似通ったところも多いのですが、細かい差異が意外と適性差として現れたりもするので、前に書いた小倉との比較も踏まえてざっくり見ていきましょう。まあ流石に最初に小倉書いた時ほどやる気はないのであくまでざっくり、ですけれど。。。


★芝1200m

・コースレイアウトなど

 スタートしてから800m、残り400m地点までずっとダラダラ上り続けて、高低差としてはトータルで3,5mあるので地味にタフなコースだったりします。
 それ故に基本的に去年の函館スプリントSのような、テンから激流になり切るパターンはあまり多くはなく、特に上りの終点である3~4コーナーあたりで一度息が入って、コーナー出口の400-200m地点で再加速、というラップを踏みやすいコース形態になっています。
 また去年は例外的に開幕週超高速馬場でしたが、普通は洋芝オンリーなので時計的にも8秒を切ってくるのは稀で、前半極端に速くならずともややハイ、くらいにはなるので、坂スタートでの加速性能と追走力、そこからもう一度加速できる機動性と底力が均質に問われるイメージになりますね。

 基本的に残り400mまでずっと上りなので、後ろからの馬が早い段階で捲りのスイッチを入れにくいイメージではありますが、それでも600-400mあたりで前が淀めば、後ろからフラットに押し上げてきた馬が優位になるパターンもそれなりに多く出てきます。
 むしろ一貫減速戦になってしまった方が差しは効きにくく、そうでなければ外差しはそれなりに嵌るのが特徴ですね。
 ただし内枠の差し馬には厳しい条件で、これもそれこそ去年の函館スプリントSくらい流れて縦長になってしまえばともかく、普通はある程度団子で進んで外に持ち出すスペースを作れないパターンが多く、といって小回りで前も止まらないのでインを捌くのも簡単ではない為、ぶっちゃけめっちゃ詰まりやすいです。
 かつてはロードカナロアも内枠から動けずに差し損ねたり、ストレイトガールが2列目ポケットからでもがっちりマークされて全くスペースなく終戦してしまったりと、特に人気を背負っている差し馬は内枠を引くと大ダメージですね。

 相対的にコーナーでタイトなラップを刻む蓋然性も、他の1200mのコースに比べると低めなので、中枠の先行馬が一番安定するイメージですし、差し馬も真ん中から外なら問題なく狙えるでしょう。
 当然内枠でも先行馬なら問題ないですが、前述のように2列目からでも詰まる危険性はあるのでそのあたりは留意しておきたいところです。
 差し馬にしても単純な持続力というよりは、コーナーで鋭い脚を維持できる機動性の方が重要なイメージですし、完全な後傾型で差し一辺倒、という馬は基本的には苦しくなりますかね。他の小回りコースでもしっかり外から動けているか、というのは一つ指標になると思います。
 少なくとも絶対的なスピードや極限的な追走力が問われるコースではないので、本質的に1200mがベストではない馬でも流れ一つでチャンスのあるコースだと考えています。


★芝1800m

・コースレイアウトなど

 こちらはゴール板手前からのスタートで1コーナーまでの距離がそこまでなく、そして2コーナー過ぎまではずーっと下り、向こう正面に入る残り1200m過ぎからはまたしばらくずーっと上り、という形になります。
 テンが下りなのでスピードには乗せやすいですが、それでもコーナーが近い分極端に流れ切るイメージは薄く、向こう正面も上り坂なので一気にペースアップはしにくい、まあ総じて他のローカル場と比べると、仕掛けていくのに騎手の強い意識が必要なレイアウトなのは間違いありません。
 なので1800mですと平均からややスローくらいに淡々とまとまって直線勝負、というパターンは多く、馬場が軽いと2F切れ味勝負で完全に後ろの馬に出番なし、なんてことも多いです。

 加えて、1200m戦ですと息を入れるタイミングが600-400m地点になりやすいですが、この距離ですとある程度向こう正面、中盤で緩んでコーナー手前から少しずつペースアップ、というロンスパ展開に前が持ち込みやすく、短距離戦よりはコーナーでのロスもある程度重きをなしてきます。
 総合的に見て内枠の方がいいコースですし、下りスタートでの加速性能とポジショニングの上手さはかなり好走条件として大きな比重を占めるコースと考えていいでしょう。
 直線ラストも下り坂ですのでガクンとラップが落ちるイメージは薄く、最低限中団までにはいないと厳しいかなと思います。ただスプリント戦に比べればインで詰まる危険性は低いので、タイトな立ち回りでも脚を使える馬ならポジション差を上手く穴埋めできる場合もありますね。

 馬場的に高速状態なら持続力も問われますが、ある程度重くなってくればほとんどが持久力戦にシフトしてきますので、文字通り長くいい脚を最後まで維持できる馬は強いですし、それが前々で立ち回れるなら鬼に金棒でしょう。
 差し馬に関しては、少なくとも福島や小倉よりは捲り差しを決めにくいレイアウトですし、ロスのダメージも大きめですので、そこを差し引きつつどこまで差し込んでこられるか考えるべきかな、と思います。当然直線一気はまず厳しいですが、ごくまれに前半競り合って超ハイペースとかになれば、ですね。


★芝2000m

・コースレイアウトなど

 こちらは引き込み線スタートで、最初のコーナー迄500m弱ありますので、これは小倉同様にテンの争いが激しくなりやすいという特徴が出てきます。
 特にこちらは延々下り坂なので、全体のペースに対してテンだけ突出して速くなりやすく、やはり単純に外枠には厳しい条件になります。
 実際のところ1800mよりも追走力そのものは問われるのではないか、と感じるくらいですし、その上で中緩みの可能性も1800mより高くなるので、その緩急に対してスムーズに対応出来るギア面での器用さは先行馬には大切になってくるでしょう。
 地味に1800mで先行していい競馬をした馬が、テンのペースでコントロールを見誤って失速しやすい条件でもあり、同じコースなのにガラッと違う適性が問われる部分もあるので注意ですね。小倉2000mや福島2000mとはある程度リンクしますが、1800mの項でも触れたように小倉福島はスパイラルカープで捲りを決めやすいので、その点でも直線の短さでも差し馬受難なのは変わり映えなく、まあ総じて函館というコースは先行馬天国なのは間違いありません。

 ともあれ、前半速くなる分だけ中盤はより確実にコントロールする意識も強くなり、仕掛けの意識も遅れるパターンは1800mより起こりやすいので、どちらかと言えばいつでも動ける位置にいる馬の方がいい感じですね。
 あくまでイメージですが、インで詰まりやすい順は1200m>2000m>1800mだと思いますし、コーナー出口からの加速幅が1200m戦よりもさらに大きく出やすい面もあるので、加速性能の高さはひとつ面白い武器になる筈です。少なくとも動き出しが鈍い馬がインにいるとまず厳しいコースだと感じます。


★ダート1000m

・コースレイアウトなど

 中央競馬のダート1000m戦はここと札幌と小倉ですが、全部スタートからの傾斜は違っていて、意外とそれぞれの特性がピタッとリンクするかは怪しいところはあります。
 特に函館はダート短距離戦ではほぼ唯一の上りスタートで、そこまで傾斜が強くないとはいえある程度適性は問われるとは思います。敢えて言えば最初の100mくらいがかなり傾斜のきつい中京でのダッシュ力は参考になりそうです。

 そして上りスタートでありつつも、ペース的には小倉までとはいかずとも、札幌よりは速いくらいに展開するのが前残り天国函館の特徴で、他の1000mコースに比べても内枠有利の度合いは高くなっているかなと思います。
 小倉や札幌の方がコーナーの円径や形状の関係でまだ捲りやすいのもあり、ダート1000mの中でも最も差しが決まりにくいコースで、ハイペースでもガンガン前が残るので、当然一番求められるのは追走力と序盤2Fまででのポジショニング性能に尽きます。
 勿論他の1000mでのテン22秒台はかなり有益に反映できますが、出来れば当該コースでの22秒台が欲しいですかね。後はダートスタート1200mで34秒前半を使えているなら、あたりになりますし、といって逃げ専門の馬ですと振れ幅が大きいので、理想はテンが速く、逃げでも番手~好位でも競馬出来る馬となるでしょうか。

 上でも触れた通り外枠の不利はかなりありますので、余程力が抜けていない限りはいかにスムーズな競馬が出来そうでも割り引くべきだろうと考えます。


★ダート1700m

・コースレイアウトなど

 1コーナー迄300mちょっとと短めではありますし、テンから延々下り坂ですので入りはかなり速くなりやすいコースなのは間違いありません。
 ここも当然向こう正面から上りにシフトするので、捲りを決めるなら下りのラストから勢いをつけてなどかなり意識的に動かないと決めにくいですし、それでも芝よりは動いてくる馬が多いので、トータルで見た時に中盤も緩まず追走力特化的な消耗戦になりがちです。
 それでも基本的には前の馬が残りやすいのは、やはりコーナーでペースダウンしないと外を回すロスが他の小回りより大きいからなのかな、というイメージですし、かなり持久力性能に優れた馬でない限り捲り切っての粘り込みは難しいのではないでしょうか。

 上がりはかなり掛かるので、ダートの中でも瞬発力や機動力はあまり問われないですし、どちらかと言えば1700mという距離の中でも単調なスピードの持続性能を生かせるタイプが強いコースだと思います。
 札幌1700mは逆に、1700mの中では後半型のレースになりやすいレイアウトであり、意外と適性的にリンクしないのが面白いところです。去年テイエムジンソクが函館で単調なスピード勝負で圧勝を続けた後に、札幌のエルムSでの総合力勝負で負けたのが象徴的ですね。
 とにかく追走負けしない馬はそれだけでチャンスが出てくるコースなので、1400mあたりからの転戦で先行できそうな馬は穴目に狙いやすい条件だと思います。




posted by clover at 18:07
"函館競馬場主要コース攻略メモ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: