2017年12月29日

2017 阪神ジュベナイルフィリーズ プレビュー

**★はじめに**

 今週からは、来春のクラシック戦線を占う意味でも重要な2歳GⅠ戦となります。
 特にこの阪神JFは、勝ち馬に錚々たるメンバーが名を連ねる出世レースであり、桜花賞は勿論、府中2400mのオークスともリンクしやすいのでしっかり注目して見ていきたいところです。

 今年はオルフェーヴル産駒の2頭が人気になりそうですが、オルフェーヴル産駒全体の成績は、勝ち馬率が1割を切るという逆の意味で驚愕の結果を残していて、いかにも破天荒なこの馬らしい、と苦笑いを誘うものになっています。
 せめて当たりを引けば途方もなく大きい、というのを証明するためにも、ここは2頭に頑張って欲しいところではありますし、また一方にルメールJ、もう一方に石橋Jと、鞍上としても中々に趣深い配置にはなっています。

 このレース2連覇中のルメールJが、この秋の外人ジョッキー旋風の流れに乗る形で3連覇を達成するか、それとも石橋Jがビートブラック以来のGⅠ制覇を成し遂げるか?
 或いはそれ以外の伏兵陣が台頭してくるのか、馬的にも人的にも中々に面白味のあるレースになってくれるのではないかと思います。


**★レース傾向分析**

 阪神外回りは3コーナーまでの距離が長く、600-400m地点に下り坂があって直線も長いので、頓にこのレースにおいては絶対能力が上の馬の直線一気が決まりやすい舞台と言えます。

 過去10年の平均ラップは34,9(11,63)-24,2(12,1)-35,4(11,80)=1,34,5(11,82)という推移で、短距離色の強い馬も出てくるので序盤は比較的流れ、ラスト1Fでガクンと落ち込むところに差し馬が台頭するパターンが多いですね。
 実際に上位に入る馬の多くが差し追い込みですし、先行して粘りこむには純粋能力に加えて高い追走力と要所の機動力が問われることになります。
 2歳戦でもありますし、枠的には先行馬ならともかく、差し馬ですとある程度スムーズに外に持ち出せる中目~外目の枠の方が優位に感じます。基本的に強い馬は48-46,5くらいのバランス、最低限の追走力さえあれば後半特化の競馬で問答無用に差し込めますので、明確に能力を見せている馬を嫌うのは得策ではないですね。

 あと今年の場合は、例年に比べてエアレーション作業をしなかった影響なのか、明確に馬場が軽いです。
 一応週末微妙な天気予報にはなっていますが、このままで推移するなら高速馬場で、内からも残れる状態ではあるでしょうか。
 なので平均ペースで流れても34秒を切ってくる可能性が高いですし、追走で後続の脚を削ぎたいスピードタイプの馬にはより難しい条件にはなるかもしれません。
 また後半要素としても例年以上に切れ味の質は問われる可能性が出てきます。無論一番大切なのは持続力ではありますが。


**★有力馬分析**

・ロックディスタウン

 新馬では究極の切れ味勝負でタイムフライヤーを退け完勝、ガラッと舞台の変わった札幌2歳Sも好位の外目からしっかり機動力と持久力を発揮して牡馬相手に押し切りと、非の打ちどころのない結果を残してきました。
 基本的には距離短縮組が強いレースでもありますし、それなりにはポジショニングも上手なので、中目~やや外目の枠からすんなり中団くらいを取れればべストでしょうし、おそらく前にいる事になるラッキーライラックを目標に進めていけそうなのも有利だと思います。

 敢えて言えば軽い馬場での追走力はまだ証明されていないので、前がそこそこ飛ばして、馬群全体がそれに乗っていく形になった時に前半で削がれる可能性はあるのと、マイル全体の時計勝負で対応しきれない場合も考えられます。
 ただ新潟の新馬の内容からしても非常に操縦性が高く、要所の反応も鋭いので、ある程度自分のリズムで入って後半勝負、を意識してくる限りは大崩れはしないかなと思いますし、普通に48-45,5くらいのバランスで走破してくる可能性がある、それだけの素材ではあると感じています。

 札幌2歳組のその後があまり振るわないのは懸念材料にはなりますが、文字通り戦ってきた相手が違うと言えばそうですし、このレース連覇中のルメールJの継続騎乗も非常に心強いので、まず重い印を打たざるを得ない一頭にはなると思います。

・ラッキーライラック

 対抗格もオルフェーヴル産駒ですが、こちらは新馬⇒アルテミスSとマイル戦を連勝してきました。
 アルテミスSは明確に出世レースとしての位置づけを確実にしていますし、今回は関東馬のロックに対して、輸送なしに地元で迎え撃てるのもプラス条件だと思います。

 またこちらはスタートセンスが非常に良く、前走も外目の枠からスッと好位外目につけていけました。
 こちらも極端な内枠は嫌でしょうが、ある程度の枠からならしっかり前を向けるポジションは取れるでしょうし、ロックに比べると相対的に追走面でも担保があるのは強みになると思います。

 それにこちらも、新馬で前が空いてから瞬時に加速し、そこからラストまでほとんど落とさずに突き抜けた内容は非常に秀逸で、前走からも機動力と持続力はかなり高いものを感じさせます。
 ある程度前目から強気の仕掛けでロックを完封したいところですし、関西圏での石橋Jというのがどうか、とは思いますが、そろそろ中堅どころの日本人騎手の意地を見たい、という意味でも、人馬ともに期待は高く持っておきたいところです。

・ベルーガ

 あまりこのレースには直結しないファンタジーSの勝ち馬ですが、今年はちょっと違うかも、という所を見せました。
 というのも、ファンタジーSがスローから仕掛けの早い持続力戦になっていて、その中で道中後方からラスト1F最速に近い脚を繰り出して豪快に差し切っており、少なくともあのメンバーでの後半勝負では1枚抜けているのを示す内容だったからですね。

 血統的にはもう1F伸びてどうか、という面もありますが、馬のタイプ的にはマイル延長で直線が長くなるのは噛み合うと思います。
 アマルフィコーストが回避したので鞍上はC・デムーロJになるのかな?と思いますし、おそらくポジショニング面ではロックより後ろになりそうですが、しっかり出し切るイメージで乗ってくれそうなのは楽しみが大きいです。

 ただ前走にしても、重い馬場での相対的な切れ味であり、一瞬の切れの面では物足りなさはありますので、顕著に最速ラップが速くなったり、仕掛けのタイミングが遅くなったりすると出し切れない可能性も高いです。
 その点で機動力もあるオルフェーヴル産駒2頭に比べると少し足りないかな、と感じますし、今のところは連下想定ですね。

・コーディエライト

 前走・前々走と重賞で好走するもあと一歩タイトルに届かないこの馬が、この秋のGⅠで好調の和田Jとのコンビで戴冠を狙います。
 この人馬にもかなり頑張って欲しいな、という気持ちはあるのですが、タイプ的にはこの阪神外回り1600mという舞台が合うかとなるとやや微妙で、高速馬場がプラスに転じるかもちょっとやってみないとわからないところは大きいです。

 この馬の場合は前走も600-400m地点最速の仕掛けで明確にラストは落としていて、ベルーガには完敗という内容でしたので、勝ち負けに絡むのであれば明確に前半要素を生かさないとならないだろう、とは思っています。
 他に出走が確定している中では、サヤカチャンという逃げ候補もいますが、基本は前受して、全体のペースをややハイくらいにコントロールしていきたいところです。

 今の馬場での理想形としては34,5-24,2-35,0=1,33,7くらいのバランスで、序盤しっかり引き上げてリードを作り、中盤軽く息を入れて、そして坂の下りで一気に仕掛けず、出来る限り400-200m地点での加速度が高い展開に持ち込むべきかなと思います。
 後半ラップで11,8-11,2-12,0とか、コーナー出口から直線入り口での加速度が高いほど後続を出し抜きやすくなりますし、かつ他の有力馬が下りで勢いをつけ切れないようにコントロールする、これくらいの繊細なバランスでないと差し馬の台頭を凌ぎ切るのは難しいかな、と考えています。

 抽選次第では先行力のある馬が出てくる可能性もありますが、サヤカチャンとならウィンウィンの形でペースを作っていけると思いますし、乾坤一擲の騎乗を期待したいところですね。

・サヤカチャン

 文脈としてはコーディエライトと似たようなもので、後半要素だけでは足りないのは前走を見ても確かですし、上手くバランスを取っていく必要があるとは思います。
 ただ舞台的にはこの馬はマイルがベストという印象で、前走こそそこまでのレース選択のズレなどで人気の盲点になっていましたが、その後2連勝したシグナライズを抑え込んだこの舞台での未勝利戦は、ギリギリまで本仕掛けを待つ理想の形で押しきれていますし、あれを全体のペースバランスを引き上げつつ再現出来れば、というところですね。

 狙うならコーディエライトとセットで、というタイプかなと思いますし、勝ち切るチャンス自体はこの馬にもあるとは感じています。

・マウレア

 桜花賞馬アユサンの全妹のマウレアが、赤松賞まで2連勝でこの舞台に駒を進めてきました。
 ただここ2走のレース内容は、勝ったとはいえ鮮烈さはないもので、基本まずスタートが上手くないですし、全体のペースが緩い中で馬群に取りつき、そこからの瞬発力・持続力戦でしぶとく抜け出してきているとはいえ、ラップの数字的にはあまり評価できるものではありません。

 全体時計としても、マイルを2回走って37秒台の持ち時計しかない、というのは心許ないですし、まずペースが上がってついていけるか、その流れの中で足を使えるかは未知数で、疑問符の方が強くつきます。
 ディープの仔だけにそこでガラッと変わってくる可能性はなくはないですが、はじめての関西遠征などハードルも大きく、GⅠの舞台では殊更に存在感がなく、この秋はリズムも悪い戸崎Jなので、信頼度はかなり低いかな、と今のところは考えています。
 抽選を通る馬の顔ぶれ次第の面もありますが、今のところは印を回すつもりはないですね。

・マドモワゼル

 りんどう賞を勝って3戦2勝、地味ながら堅実に結果を出してきたこの馬も、再度関西遠征で大舞台に挑戦します。
 タイプ的には先行して堅実なタイプではありますし、一応前走でサヤカチャンを破っている実績もあるのですが、やはり距離適性や純粋能力的にはちょっと足りないだろう、というイメージにはなります。

 ある程度は流れが速くなってもいいので、その意味では前のコーディエライトとサヤカチャンがタフなペースを作ってくれれば雪崩れ込むチャンスも出てくるかもしれませんが、前走もラスト1F最速の恵まれた展開、上位勢もその後サヤカチャン以外結果が出ていませんし、ここは素直に家賃が高いかなと感じますね。

・モルトアレグロ

 前走は不良馬場のくるみ賞でしぶとく抜け出して2勝目を上げました。
 基本的にこの秋、2週続けての不良馬場を走ったダメージがどうかと不安視されてきましたが、概ね問題なく次に走れている馬がほとんどですし、その点ではこの馬も大丈夫だと思います。

 血統的に芝ダート不問で、仕上がりが早く堅実に結果を出してくるあたりで、同厩舎の先輩リエノテソーロに似通った部分はあります。
 あの馬も軽い馬場になったNHKマイルCであっと驚かせる2着に食い込んできましたし、それが踏襲できるとまではいわないものの、この馬も軽い馬場のマイルで、今の時期なら距離自体は克服できそうです。
 瞬発力や持続力面は完全に未知数なのでやってみないと、という所はありますが、ペースが上がっても対処してこられると思いますし、内枠で2~3列目のポケットあたりでじっとしている展開になるなら、圏内食い込みのワンチャンスくらいは充分にあり得るかなと考えます。

・リリーノーブル

 白菊賞を勝って中1週とやや厳しいローテーションながら、高い素質を感じさせるこの馬も出走に前向きのようです。
 この馬の場合ある程度流れた中での新馬戦の持続力と、前走馬群の内目から鋭く反応した機動力・加速力は中々の魅力で、ローテーションのタフさを除けば少なくともマウレアよりは強いだろう、と感じています。

 こちらも自在性があるので、ある程度内目の枠で前の流れに乗っかっていけるようなら怖さは出てきますし、状態面含めて注視しておきたい一頭ですね。

・レグルドール

 賞金はありますが、流石に家賃が高いでしょうし、距離も長いと思います。

・その他抽選馬

 通るかわからないので、出てきて欲しいなと思う馬をサラッと触れれば、ラテュロスはこの舞台に合うと思うので是非に、あと地味にトーセン2騎も、この持続力勝負になりやすい阪神外回りでどれくらい脚を使えるのか見てみたい馬になります。
 ソシアルクラブも前走ラストの切れ味だけ見ると通用しても、とは思わせますが、コロナシオンがああなだけに予断は許さないですし、ブエナビスタの仔は無条件で応援したくなるので出てくると評価に迷うなぁ、ってところはありますね。


**★思い出の阪神ジュベナイルフィリーズ**

 ここも中々にいいレースが多いですが、やっぱり個人的には[ブエナビスタ](https://www.youtube.com/watch?v=SLttWzTn0lI)の鮮烈な勝ちっぷりが一番印象深いですね。
 未勝利を勝ち上がったばかりでも圧倒的な人気でしたし、その評価ですらも甘い、とばかりに大外ぶん回しで余裕綽々に突き抜けたレースぶりは本当に圧巻で、後から考えて相手関係が非常に貧弱だったことを踏まえても素晴らしい内容だったなと思います。

 またこの時期にこれだけ強い競馬を披露しておきながら、5歳の終わりまで牡馬混合戦の第一線で活躍し続けた息の長さも驚異的ですし、それでいて牝馬らしい線の細さと気品に溢れたところは、改めてこのレースを見てもほとんど最初から最後まで変わっていないなと感じさせて、色んな意味で希有な名牝でしたし、本当に大好きだったなーと。
 今年のメンバーからも、この馬くらい大活躍する強くて美しい馬が出てくるといいなと思います。
posted by clover at 15:24
"2017 阪神ジュベナイルフィリーズ プレビュー"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: