2020年09月15日

私的名馬列伝 第三十五話 クロフネ

 本日の名馬列伝は、外国産馬に対するクラシック解放元年に彗星のように現れたクロフネを取り上げましょう。
 今では日本屈指の名馬主である金子氏が、その経歴の初期に走らせた、時代性に即したネーミングと相俟って話題性抜群の馬でしたね。
 勿論その実力も折り紙付きで、特に現役最後のダート2戦は、未だに伝説として語り継がれる凄まじい内容になっています。

 生涯通算成績は以下の通りです。


 10戦6勝という数字は、イメージの割には取りこぼしている、と感じるかもしれません。
 とにかく勝つときは派手ですが、時に脆さも見せた馬ではあり、その内実を改めて列伝の中で、多角的な観点で探っていけるといいな、と思っています。


続きを読む
posted by clover at 16:32| Comment(6) | 名馬列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

私的名馬列伝 第三十四話 パントレセレブル

★はじめに

 パントレセレブルは、私の海外競馬に対する注目度を俄然高めてくれた、思い入れの深い名馬です。
 だから列伝でも取り上げたい馬ではありましたが、いかんせん素材として軽い、という面がありまして、出すタイミングを逸していました。
 単純にこの場合の軽さとは、走ったレース数が少なく、映像も少なく、ラップもないので、私らしい視座での記事になりにくい、という意味です。
 ただ、今週は記事枠に余裕があり、でも長い記事を書けるほどの時間の余裕がなかったので、丁度いいかな、と思って取り上げました。ですので、普段の列伝より質量双方で物足りない内容になってしまうのはご容赦ください。

 生涯通算成績は7戦5勝になります。(成績表⇒https://ahonoora.com/peintre_celebre.html
 レース映像も2歳戦のものは見当たらず、3歳になってからのレースにしても、フルで入っているものはやたらと不鮮明だったりで、そのあたりも記事として取り上げるのを躊躇していた理由の一端ではあります。

 なので映像としては、この3歳時の5戦が収録されているダイジェスト版をご覧ください。


 一応この馬の最大の見せ場である、凱旋門賞圧勝のレースだけはフルで見る事が出来ます。
 では、色々とざっくりになりますが、1990年代最強のフランス馬、と呼ばれたこの馬の蹄跡を追いかけていきましょう。


続きを読む
posted by clover at 16:26| Comment(5) | 名馬列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

私的名馬列伝 第三十三話 ノースフライト

★はじめに

 今回の名馬列伝は、競馬ファンから「フーちゃん」の愛称で親しまれた名牝、ノースフライトです。
 牝馬らしい気品と愛嬌を兼ね備え、それでいて競馬に行けば牡馬も外国馬も蹴散らす無謬の強さを発揮した、稀代の名マイラーですね。

 デビューが遅れて春のクラシックとは無縁であり、また5歳シーズン一杯で引退したため、現役での稼働期間はほぼ1年半しかありません。
 その為に、競走馬としてはまだまだ未知の可能性を残していたようにも思えますし、今回の列伝ではそのあたりを、ラップ的観点を軸に探っていきたいな、と思います。


続きを読む
posted by clover at 10:50| Comment(2) | 名馬列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする