2020年12月31日

2020 私的名レース 中央競馬編

 今年最後の更新は、2020年の中央競馬重賞の名レースベスト10となります。
 本当に色々なドラマがあった今年の競馬シーンですし、改めて振り返ってみても充実していたなぁと思いますね。

 それでもやはり、大歓声のない競馬場というのは寂しいものですよね。
 せめて来年のこの日には、普段通りの日常が戻ってきて良かったね、と振り返れる一年になって欲しいなと思います。

 読者の皆様にも熱心に愛読して頂けて、新たなスタートも切りましたし、濃密な一年になりました。
 記事本編に入る前の簡単な形にはなりますが、感謝申し上げます。また来年もよろしくお願いいたします。

★第10位 ユニコーンS

 10位は、カフェファラオが番手から後続を圧巻のラップでぶっちぎったユニコーンSをチョイスしました。
 前半強烈なハイペースを涼しい顔で追走し、ラストを12,1-12,2でまとめてきた有酸素ラインでのスピードの持続力は、いかにもアメリカ最強の遺伝子を引く馬らしい凄味があったなと思います。

 同時にデュードヴァンの鋭い追い込みや、個性派のケンシンコウの頑張りも目立ちました。
 特にケンシンコウは次走のレバードSが凄いレースでしたし、この世代のダート路線は今のところ、スポットは狭いけど嵌れば強い、というイメージですね。

 カフェファラオにしても、チャンピオンズカップでは流石に今のえげつないレベルの古馬層に跳ね返されてしまってはいます。
 けど光の見える内容でしたし、なにより府中マイルなら、というところで、本当に今からフェブラリーSでの走りが楽しみですね。

★第9位 クイーンS

 9位は夏の札幌から、クイーンSを選びました。
 いかにも夏競馬らしい荒れ方と、けれどそれぞれの馬や騎手が持ち味を生かしての大混戦、ゴール前の一気の逆転劇は見応え充分だったと思います。

 吉田隼Jもこのあたりから一気に波に乗ってきて、年末は久々のGⅠも手にしましたし、その飛躍の一年の進化を感じさせるような手綱捌きを、このレースでも見せてくれていたと思います。
 阪神JFもいいレースだったので、選択しようか迷ったんですけどね。ただ今年は2歳戦より、古馬戦や3歳戦でインパクトあるレースが多くて選べませんでした。

 個人的にも絶不調の夏競馬で、唯一の救いとなったレースでしたし、思い出深いです。
 来年は本当に、もう少し夏競馬の攻略法を練って挑まないとなりませんね。

★第8位 桜花賞

 8位はデアリングタクトがその真価を満天下に披露する事となった、3歳牝馬には過酷な馬場の消耗戦となった桜花賞です。
 やはり普通あの馬場と展開で、みんな追走で息絶え絶え、と言う中で、あんな異次元の追い込みが出来るのは桁が違いましたし、結果無敗の三冠馬になったのも納得、というレースぶりだったと思います。

 個人的にもやはり、ずっと贔屓にしていたエピファネイア産駒の初重賞がGⅠ、という形で非常に嬉しかったです。
 この馬はこういう悪条件や揉まれる競馬でも、血統の弱みを出さずに最後まで踏ん張って走れるのが本当に凄いですし、来年以降最もっと成長してくれると思うと楽しみで仕方がありません。

 後で取り上げるレースですけど、JCでも底力があるところはしっかり見せてくれましたしね。
 今のところもう一度左回りを試したい、との事で、金鯱賞から復帰する予定らしいですが、そうなるとVM⇒宝塚ローテが有力でしょうか。

 今年遂に一気にブレイクした松山Jとのコンビで、来年もターフを大いに沸かせてほしいものです。
 牝馬の時代の流れは、クロノジェネシスとグランアレグリア、そしてこの馬が担う事になるでしょうけど、アーモンドアイとラッキーライラックがいなくなっても本当に化け物揃いですね(笑)。

★第7位 アンタレスS

 7位は、ザ・ウェスタールンドと言わんばかりの、鮮烈な追い込みが決まったアンタレスSにしました。
 久々に藤岡佑Jが手綱を取って、やはりこういう思い切ってメリハリをつける競馬が噛み合うのか、このレースでの3~4コーナーのスピード感はちょっと異次元レベルでしたよね。

 使える脚が凄く長い、というタイプではないので、乗り方が難しいとは思うのですけど、しかし8歳でこんなキレキレの追い込みが出来るダート馬、というのも凄まじいなと思います。
 文字通りここでは、コーナーだけで勝負を決めてしまった感がありますし、そのレースの後は勝ち切れこそしなかったものの、安定した強さを見せてくれていました。

 クリソベリルの故障、という残念なニュースもあり、来年は今年ほどダート路線も有力馬が一堂に会して、というシーンは少なくなるかもしれません。
 ならば明け9歳のこの馬でも、ビックタイトルに手が届くチャンスがあるかもですし、このコンビの走りには注目していきたいですね。

★第6位 大阪杯

 6位は、今年の牝馬の猛威を象徴するように、ゴール前大接戦からラッキーライラックとクロノジェネシスのワンツーで決着した大阪杯をピックアップします。
 その後の2頭の活躍を踏まえても、やはりそれなりにハイレベルな一戦だったのかなと思いますし、だからこそ正直、ダノンキングリーの低迷ぶりには悲しみを覚えてしまうのですけどね。。。

 レース自体もスローではありましたが、阪神内回りらしくコーナーからペースアップしてのバランスの良い持続力戦でした。
 完璧に立ち回ったラッキーライラックに対してのクロノジェネシスの肉薄は、得意舞台ではない中で本当に見事でしたし、改めて見ても迫力のあるいいレースだったなと感じます。

 地味にカデナの追い込みもいい味を出してますよね。。。
 金杯に登録がありますけど、今のタフ馬場でラスト落ちれば……なんて妄想も。まぁCコース替わりで厳しいとは思いますが。

★第5位 ダイヤモンドS

 地味に印象深いのは、この5位のダイヤモンドSなんですよね。
 ミライヘノツバサの最低人気での激走も、ゴール前の大接戦も見応えがありましたし、同時に長距離戦とは思えない緩みのないマラソン型のラップもインパクトがありました。

 勿論レースレベル、という意味では微妙なんですけど、それでも改めて、長距離適性とは決してスタミナだけを示さない現代競馬の中、文字通りスタミナオンリーの一戦ならこういう結果にもなるのだ、という面白みを感じさせてくれました。
 宝塚や有馬を見ても、馬場がそれなりにタフになると、有酸素運動戦での適性が強く問われるのは感じられたと思いますし、こういう特化型の馬でも活躍できる素地が生まれるような馬場・レースの幅があるのはいい事だなぁと感じた一戦でした。

★第4位 マイルチャンピオンシップ

 4位は、上位3頭のガチンコ勝負、馬の性能のみならず騎手の駆け引きがとても面白かったマイルチャンピオンシップにしました。
 まぁ正直ここはレシステンシアの逃げは微妙でしたけど(北村友Jは結婚おめでとうございます!)、逆にスローの団子になった事で、グランに対するマークがよりシビアになった、という点での魅力はありました。

 特に3~4コーナーでの、アドマイヤマーズ川田Jとインディチャンプ福永Jの、阿吽の呼吸でのグランアレグリアルメールJの閉じ込め、出し抜きは見事でしたね。
 しかしそれを受けても全く慌てず、ギリギリまで強引に進路を選ばずに落ち着いて捌いてきたルメールJも流石の一言でしたし、それに応えてのグランのラスト1Fの脚も、本当に化け物と呼んで差し支えないものでした。

 ルメールJは今年は、GⅠの勝利数も全体の勝利数もそうですが、なにより騎乗停止がなく、制裁点も12点と、日本への移籍以来最も低い数字で乗り切っているのですよね。
 やはり今は全盛期と呼んでいい心身の充実があるのかな、と思いますし、去年はまだ、同じグランアレグリアで焦って外にぶつけて斜行して、なんてシーンがあった事を思えば、このレースは今年のルメ様の胆力と安定感を象徴するレースだったようにも感じています。

 グランアレグリアは今年は2000m路線にも挑戦したいという意向がありましたね。
 高松宮記念リベンジで、史上初の古馬スプリント・マイルGⅠ完全制覇も見てみたい気持ちはなくはないですが、やはり1200mの馬ではないですし、コントレイルやデアリングタクト、クロノジェネシスらとの対決が見られるなら非常に楽しみです。

 昨日も書いたように、マイルならゴールデンシックスティとの対決も見たいんですけどね。
 今は本当に強い馬がゾロゾロいますが、正直アーモンドアイがいなくなって、シンプルな高速馬場でのポテンシャルだったらこの馬が一番、という感じもするので、早く10Fでの走りが見たいですね。

★第3位 有馬記念

 3位は直近ですが、それぞれが意思のある騎乗でしっかりコンビの馬を導き、死力を尽くしたゴール前の接戦となった有馬記念は、上位で評価すべきレースでしょう。
 時計的には超タフ馬場で目立ちませんけど、それでもその中でしっかり力を引き出す工夫が見られるいいレース内容だったなと思います。

 本当にクロノジェネシスは、力のいる馬場ならおそらく現役では図抜けて強い、というのを証明する走りをしてくれたと思います。
 来年情勢がどうなっているかですけど、改めてここでも、ぜひ凱旋門賞に挑戦してもらいたい1頭として名前を挙げたいですね。コントレイルやデアリングタクトより勝てる可能性は高いと思います。

 個人的にも1年の最後を最高の形で締めくくる予想が出来た会心のレースでしたし、それを呼び水に動画活動の方でも今いい流れを呼び込めているので、本当にクロノとサラキア様々です。。。
 改めて見てもあの最後のサラキアの差し脚は鳥肌が立つ鋭さ(勿論相対的に、ではありますけど)ですし、素晴らしいレースでしたね。

★第2位 皐月賞

 2位は、改めて時代のトレンドを強く感じさせる、2歳戦からぶっつけの2頭がマッチレースを繰り広げた皐月賞にしました。
 世代レベルには未だに疑問符がつく3歳牡馬ですけど、それでもやはりコントレイルとサリオスの2頭は抜けていた感じで、このレースでのそれぞれの立ち回りと、ラスト1Fの力強さは素晴らしかったなと思います。

 コントレイルは珍しく行き脚が悪くて後ろからでしたけど、あの4コーナーでの加速度はえげつなかったですしね。
 その勢いで入ってきたコントレイルに対して、内目からでも瞬時に反応してしぶとくしぶとく食らいついたサリオスの重厚感も迫力満点でしたし、個人的に今年のマッチレース的な要素ではこれが一番好きです。

 来年以降も、また皐月賞はこういう直行ローテが主流になっていく可能性は高いですね。
 その意味で、元からして力関係の比較が難しい皐月賞が、更に難解になってしまうジレンマもありつつ、だからこそ2歳戦からしっかり馬のポテンシャルを見抜く努力をしていかないと、と思わせてくれるレースです。

★第1位 ジャパンカップ

 1位は、ありきたりで申し訳ないですけどやっぱりこのレースにせざるを得ないでしょう、今年は。
 史上空前にして、おそらく絶後であろう3頭の三冠馬の競演だけでも素晴らしいのに、キセキの大逃げによって非常に締まった流れになり、どの馬も底力を万全に発揮できるレースになったのが更に最高でした。

 馬場を考えれば勝ち時計も破格、と言う中で、本当に上位5頭の底力は素晴らしいものがあったと思います。
 その中でアーモンドアイが、枠と立ち回りの上手さを完璧に引き出して勝ち切りましたし、文字通り有終の美で素晴らしかったですけれど、着差ほどの力の差があったか?と言うとそこまででもないとは思っていて、やはりそこは人馬のキャリアと絆が為せる業でもあったのかなと。

 無敗三冠馬の2頭に初めて土がつく結果にはなりましたが、どちらも評価を下げる負け方ではなく、そして馬の気質的にも、一度負けた事で萎むイメージはありません。
 きっと2頭とも、この敗戦を糧に来年はもっと強い走りを見せてくれるはずで、先輩三冠馬からの叱咤激励のバトンを受けて、さてどこまでの飛躍を見せてくれるか、本当に楽しみで仕方がありません。

 改めてアーモンドアイの九冠もすさまじい、の一言ですし、キャリア15戦で、というのも本当に凄いですよね。
 負けたレースもありましたけど、少なからず自分のカテゴリーをはみ出した挑戦の中で、という面もあり、これだけの馬でも完全無欠ではない、というのを教えてくれたという意味でも素晴らしい名馬だったなと思います。


posted by clover at 15:43| Comment(8) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
cloverさんこんにちは♪

やっぱり一位はJCですよね。
あのレース前からの興奮は中々ありません
でしたね。
来年は競馬場に行ける様に願いたいです
…が今日の東京の感染者数をみたら
まだまだ叶いそうに無いですね…

でも良いレースに良い馬券(当たり馬券)
を期待します。
それにcloverさんもYouTuberデビューと
最高のロケットスタートと
来年忙しくなりそうですね〜
こんな時代ですがお身体にお気をつけて
ここの読者とYou Tube観覧者に
美味しい馬券を提供して下さい。
良いお年を。

Posted by カズ at 2020年12月31日 17:14
>カズ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 本当にJCはフィクションでもここまで綺麗に作らないだろ、ってくらいに、なにもかもが嵌っていましたよね。
 メンバーは当然として、純粋にレース質だけでも1位に値すると思いますし、流石にもうこんな盛り上がりはしばらく体験できないでしょうね~。

 まさかの大晦日に1300人はヤバい、って感じですね。
 或いはどうせ三が日家にいるから、ここで下駄を履かせておけ、みたいな面もあったのか、って思うくらいです。

 でもなんだかんだ初詣行く人は沢山いるでしょうしねぇ……。
 やっぱり新年のリズム、習慣を大事にする人は多いですし、そういうのも踏まえると、やはり中々終息は遠いだろうな、という印象です。

 おかげ様で年末は、youtube予想も含めて好調で終えられました。
 このいい流れを来年も継続していければ、と思いますし、よろしくお願いいたします。良いお年を!
Posted by clover at 2020年12月31日 17:25
cloverさん、いつもありがとうございます。

10位から1位、何れも素晴らしいレースでした。
私は阪神JFのハンデ戦のようなゴール前が結構印象に残っています。

今年はオリンピックイヤー・・・を想定して変則開催だった為に、久々に有馬記念が中央競馬最終G1レースになった事でやはりこの形がしっくりくるなぁと思ってしまいました。

私個人としてはこれでもかという位、直近の有馬記念を含めて「軸馬4着」の1年でした(泣)
まぁ、これが私なのですが・・・(笑)

先のカズさんのコメントにもありましたが、今日の感染者の数を見ると来年もどうなるのか先行きは不透明ですが、COVID19が変異した事で、単なる風邪ウィルスの1種としてこの世に残る形をもって終息に向かう事を願うばかりです。

競馬場に大歓声が戻ってきたら、静かなフィールドに馴れてしまった競走馬のテンションは気になる所なのですが・・・。

今年1年本当にお世話になりました。
cloverさんの新たな挑戦を私の来年の糧にいたします。

どうぞよろしくお願い致します。ありがとうございました!

Posted by MOMO at 2020年12月31日 22:06
cloverさん、今年も1年お疲れ様でしたー
そしてありがとうございましたー

cloverさんの記事を読むのが毎日楽しみで楽しみで。
特にプレビューが大好きです。
来年もお忙しいでしょうが、どうぞよろしくお願いします。
良いお年を。
Posted by おるふぇ at 2020年12月31日 22:24
>MOMO様

 いつもコメントありがとうございますー。

 私も本文でも書いたように、JFは僅差で次点、みたいな感じだったんですよね。
 2歳戦も入れたかったんですけど、GⅠばっかりになるのも、というのもありまして、菊花賞共々泣く泣くカットした感じです。

 来年はまたホープフルとがラストらしいので、そこは残念ですね。
 ただやっぱり有馬の前の土曜開催だと、レース単体の売上は普通に7割くらいに落ちたらしいので、収入的に考えると営利企業としては致し方ない、というのは感じてしまいましたけどね。

 私も夏場は本命4着病に悩まされました。。。
 まあいい時もあれば悪い時もあるのが競馬予想ですから、腐らずに自分のスタンスを貫くしかないんですけどね。

 本当に今年は平穏と、競馬場に歓声が戻ってくるといいですね。
 でも確かに、今年の3歳馬はデビューから大声援を知らない世代になりますから、いざ大レースでお客が戻ってきてどうか?というのも予想ファクターとして重要になりそうです。。。

 私も何かを始めるにはいつも新年から、と区切りを意識していたんですけど、カレンダー的にはそれだと噛み合わない部分もあったりで、色々試行錯誤しました。
 それでも私の在り方が少しでも刺激になってくれたなら嬉しい限りです。

 また今年もよろしくお願いいたします。
Posted by clover at 2021年01月01日 05:52
>おるふぇ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 熱心に愛読して頂いて本当に有り難い限りです。
 今年も去年ブログでやっていた事は削らず、現状は維持しつつ、動画の方で新しい取り組みなどはしていきたいと思っています。

 プレビュー的なものは、流石に毎週やると時間と労力が半端ないので、GⅠだけにさせてもらっていますが、今年もしっかりやっていきたいと思います。
 今年もよろしくお願いいたします。
Posted by clover at 2021年01月01日 05:57
あけましておめでとうございます★

ミライヘノツバサは私の地元近くの牧場が送り出した競走馬だったので重賞勝ちは嬉しかったですねえ。

また南部駒の活躍を見たいところです。

私も、上半期の予想は絶望的にダメなので、そこを改善するのが今年の目標ですね。

前半戦の得意条件が宝塚のみってのはイカンですので(笑)

地方競馬もジックリと予想すると楽しいですね。

今日は名古屋記念開催なので、現地に行って来ようかなと思っています★
Posted by J.N at 2021年01月04日 00:39
>J,N様

 いつもコメントありがとうございますー。

 やっぱり全てが良血、というのではなく、時にそういうドラマ性があるからこそ競馬は面白い、とは言えますよね。
 個人的にはいつか、ウインバリアシオン産駒が中央で躍動するシーンを見てみたいものです。

 地方競馬も単調に見えて奥が深いと言うか、きちんとアプローチしていけばそれぞれに独自の予想ファクターが見えてきて面白いですよね。
 流石に私はラップが出ない所までは手を伸ばせませんけど、各地区のスターホースをきちんと把握しておいて、それが遠征などで集まる時とかしっかり評価できるようにアンテナを広げていきたいです。

 お互いに予想、頑張りましょう。
 本当にめっちゃ得意、というのはなくてもいいので、苦手条件を減らしたいですねー。
Posted by clover at 2021年01月04日 03:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください