2020年11月24日

2020 浦和記念

 明日は浦和記念ですね。
 しかし今年はなんというか、GⅠでもGⅢでもない、見事にGⅡ、って感じのレベルの馬がズラッと揃いました。。。

 逆にその分能力拮抗していて難しいのですけど、読み解き甲斐のあるレースとも言えますかね。
 まああまり前のめりにはならず、ジャパンカップに向けての箸休め、程度に頑張っていきましょう。

 あと今日はyoutubeの方でも動画を更新しています。
 今日の内容は、予想ファクター~騎手編~です。私が予想する上で、騎手要素をどう数値化して埋め込んでいるか、という類の話です。

 こちらではきちんと体系的には触れていない話だと思うので、それなりに面白く見られるはずです。ぜひご視聴くださいませ。




★展開別想定

・ハイペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  ヒストリーメイカー

<人気薄特注馬>
  クインズサターン

・スローペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  ダノンファラオ

<人気薄特注馬>
  リンノレジェンド

★展開予想

・馬場想定……稍重~重馬場
・ペース想定……ややハイペース~かなりのハイペース
・推定勝ち時計……2,06,3~8


 浦和のダートは今の時点では良なんですが、今夜から明日の朝にかけて雨予報が出ています。
 なので多少は影響を受けて稍重くらい、で想定しておきたいですね。

 時計的には最近の浦和らしく、南関4場の中では時計が出る方かな、と思いますし、雨が降ればその分軽くはなるとも思います。
 今日の時点で、メインのB2B3クラスの初霜特別がハイペースで1,28,7なので、よしんば雨が降らずとも、タフ馬場ではない、と判断しています。
 今年のメンバーはそこそこいいので、流れればこれくらいの時計は出るかな、という想定にしています。


 レース展開は、まず内からリンノレジェンドは主張しそうで、後は移籍初戦、初ダートのマイネルズィーガーがどこまで行けるか?というところです。
 それを外からダノンファラオ、タービランスが追いかけていって先団はこの4頭くらい、少し離れてロードブレス、デルマルーヴルと続き、ヒストリーメイカーとウェスタールンドは中央勢の中では後ろから、になりそうです。
 クインズサターンやストライクイーグルもやや後ろ目から、というイメージですね。

 今回はダノンファラオが川田Jに替わって、どういうレースメイクをしてくるか読みにくい面はあります。
 ただ小回りの浦和で、雨も降りそうですし、早め早めの競馬から押し切る積極策は打つと思いますし、全体としては62,5-64くらいのハイペースを想定しています。

 でも浦和2000mは最初の3コーナーまでが短いので、絶対的にテンが速くなる可能性は低く、あくまで相対的なハイペース、という見立てです。
 仕掛けはもう浦和ですから向こう正面からじわっとで、3コーナーから一気にギアチェンジ、そこからの持続戦、という波のある形になるでしょう。

 なのできちんと浦和のメカニズムをわかっている人馬や、上手くそこに噛み合いそうなメンバーからチョイスしていく、という方向性でいいんじゃないかな、と見ています。
 結局このレース、向こう正面でいつでも動ける外目にいないと、特に差し馬は無理なんですよね。その点で今回、ウェスタールンドとヒストリーメイカーはちょっと不安だなぁ、という観点で予想しています。

◎デルマルーヴル(11P)

 人馬ともにこの条件なら信頼度は高いですし、軸としては妥当かな、と思います。
 過去2走でロードとダノンに負けていますけど、斤量や展開など言い訳もできますし、2000mくらい距離がある方がいいのも間違いないので、ここならしっかり走れるでしょう。

 去年は折角外枠だったのに、浦和に慣れていないマーフィーJがわざわざインに潜ってしまって、逆に最内から外に出したケイティブレイブにまんまとやられたのですよね。
 けど流石に、南関を知り尽くしている戸崎Jがその愚を犯すとは思わないですし、外枠から素直に外を通してくれれば、順当に勝ち負け出来ると判断しました。

○ロードブレス(11P)

 前走は展開が嵌ったのはあれ圧倒的な競馬でしたし、間違いなく更に力をつけてきているのだと思います。
 距離延長と、よりトリッキーな浦和でどうか?というあたりで全幅の信頼は置きにくいですし、斤量も少し増えるので予断は許しませんが、過去2走でハイとスロー、どちらでも強い競馬をしている適性の幅は魅力です。

 ここもある程度飛ばしそうな馬がいて、その後ろからリズムよく競馬が出来そうですし、立ち回りの上手な馬なのでここも好勝負してくれるのではないか、と見ています。

▲ダノンファラオ(10P)

 単穴というほど人気がない事はないとは思いますけど、この扱いが一番しっくりくるのですよね。。。
 シンプルに川田Jに鞍上が替わるのがプラスになるか、結構気難しさはありそうな馬なので、そこは気掛かりです。

 でも前に行く事は間違いなく、そしてこの馬は質的なハイペース、前半35秒とかになると苦しいですけど、相対的なハイペースは苦にしないタイプです。
 その意味で浦和コースはフィットしていると思いますし、そこそこ加速性能もあるので、3コーナーから自分で前を潰して粘り込む競馬に持ち込めれば、勝ち切るチャンスもあっていいとみます。

 前走はあれだけチュウワウィザードにびっしり来られて、それでもデルマルーヴルを凌いでいるわけですからね。
 そのあたりからしても、地方の馬場の適性が高いのは疑いの余地はないですし、2000mなら無下に嫌う事もない、と考えています。

△ウェスタールンド(10P)

 内枠を引いてしまったので、あまり下げ過ぎずに外に持ち出すスペースを作れるかが鍵ですね。
 船橋のダイオライト記念はそこそこ走れましたけど、本質的にタフ馬場向きではないとは思いますし、そして今回は船橋より動きにくいトリッキーな浦和なので、鞍上のエスコート意識がより重要だと思います。

 その点で藤岡佑Jは、まだ浦和の経験値や引き出しに全幅の信頼が起きにくい面はありますし、よしんば外に出す意識はあったとしても、その為に縦のポジションを犠牲にするとそれはそれで苦しいのですよね。
 噛み合えば勝ち切られても、とは思うのですが、頓挫もあってのここですし、控えめな評価に留めておきます。

×クインズサターン(9P)

 道営での連勝そのものはそこまで評価しなくても、とは思いますけど、シンプルに去年のJBCクラシックがそこそこやれているのですよね。
 スローからの後半勝負で、外枠から早めにエンジンを掛けられたのが功を奏した面はあれ、あれだけ走れればこの相手なら、というのは当然出てくると思います。

 ただ今年は枠が内目で、落合Jは門別では新進気鋭の若手ですけど、だからこそ浦和のメカニズムとかは流石にわからんのでは?と思うのですよね。
 鞍上森Jとか御神本Jとかだったら単穴まで考えるのですけど、流石にそこまでは怖いので、上手く噛み合ったら、の期待でこの評価にしておきます。


 ヒストリーメイカーは、中央馬全部買うわけにもいかない、と言う中で消すならここかな、と。
 枠はいいので、外からそのまま外を回せば、なんですけど、北村友Jって結構内に入れたがる、受動型の騎手なので、去年のデルマルーヴルやっちゃわないか、という懸念があります。

 あと本質的にそこまでギアチェンジが上手くないので、じわっと段階的にペースアップする船橋とかならともかく、ギュン、と3コーナーから一気にペースアップする浦和では、そこで置かれてしまうのではないか、と感じています。
 そのペースアップ地点までに先に動くくらいでないと厳しいと思いますし、内の罠と仕掛けの罠、どちらにも引っ掛かりそうな懸念が強く、ローテーションも強行で、前走かなりタフなレースだった事を踏まえても、ここは嫌うべきと直観は告げているのですよね。。。

※疑似的な買い目(自信度B)

ワイド
◎ー○
1000

三連複
◎○ー▲△×
100×3

◎ー○▲△
300×3

◎ー○▲△ー×
100×6

計2800


posted by clover at 16:02| Comment(7) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です!

予想を参考に▲ダノンの複勝で勝負します。
自分の中でロマネスクさんの単穴は高確率で馬券に絡む印象を持っています。笑

話は変わりますが、サートゥル回避しましたね、本当に怪我だと思いますが、勝ち負け次第で種牡馬としての価値が大きく変わるのを嫌った感も、、

私から一つ提案なのですが、今回のジャパンCはスローもしくは平均だと仮定しています。宜しければ展開別の買い目を追加して頂く事は可能でしょうか。
ただでさえ、予想の配信は大変な作業だと承知しておりますが、何卒ご検討よろしくお願い致します。
Posted by かず at 2020年11月24日 17:52
浦和記念、すっかり忘れてました(笑)
JC前にバシッと当ててJCに繋げたいですね。
YouTubeの騎手編、面白かったですし、なるほどなぁと思いましたね。川田Jkはまんまイメージ通りでしたし、ルメールもJRA1、2年目からするとだいぶ変わりましたよね、メジャーエンブレムの桜花賞の負け方は今の姿からは想像出来ませんし、ドゥラメンテを導いてたミルコの変貌も想像出来ませんしね。
次回作も楽しみにしてます。
浦和記念は川田戸崎の騎手ワイド買いでいけそうな気がします。
Posted by ブソン at 2020年11月24日 22:07
>かず様

 いつもコメントありがとうございますー。

 そこそこ人気とわかってましたけど、ダノン前日とはいえ2番人気なんですね。
 私の感覚としては、この人気なら本命の複勝、単穴は単勝のセットが一番攻撃と防御のバランスがいいかなー、とも思います。まあその辺あまり無責任な事は言えないのですけどね。。。

 サートゥルナーリアは残念でしたね。
 実際アーモンドアイをぶつけた時点で、この馬の立ち位置が難しくなっていたのもありますけど、あまり穿って考えるのも失礼ですしね。
 次に出てくるからには万全の状態で、少しずつでも進化した強いサートゥルナーリアを見せて欲しいですね。


 予想の件は了解しました。
 要するに冒頭で出している展開別想定に合わせて、それぞれのパターンの印と、推奨買い目をセッティングすれば、って話ですよね。

 流石に普段からそれを全部は厳しいですけど、今度のJCはお祭りですし、そのくらいならできると思います。
 もっとも明確に、私の本線はこれ、と明示して、あくまでおまけ程度のものにはしますので、その点はご了承ください。

Posted by clover at 2020年11月25日 03:44
>ブソン様

 いつもコメントありがとうございますー。

 浦和記念、存在感薄いですよね(笑)。
 結構いいメンバーが出揃ったと思うのですけど、週末がJCで、来週もダート最高峰のチャンピオンズカップが控えているとなれば、致し方ないかと思います。

 正直ここはロードブレスが読めないんですよねぇ。
 騎手で言えば間違いなく、ここはその二人の信頼度が抜けていると思います。ダノンのポカがなければ……ですかね。

 騎手も大きくイメージの変遷がありますし、或いは上位騎手は、一人一人歴史を振り返る、なんてのもいずれ面白いかもですね。
 とりあえずダラダラ喋り過ぎてしまうのがネックですが。。。その辺競馬オタクのどうしようもない性と言うか、必要以上の事をついつい触れたくなっちゃうんですよねぇ。

 色々試行錯誤していく中で、昨日みたいな作りは私には楽ですけど、ただあれだけだと動画の価値が薄いのも確かなので。
 そのあたり考えつつ、色々工夫していきます。今後もお付き合いを宜しくお願いいたします。

Posted by clover at 2020年11月25日 03:51
>ロマネスク様

浦和記念の件、承知致しました。
直前のオッズを元に◎への変更も視野に検討致します!

ジャパンCにつきましても、ご配慮頂き誠にありがとうございます。
今回からに関しましては、展開別に2つのパターンの馬券を購入予定なのでとても助かります。ワガママを快諾して頂き感謝にたえません。
Posted by かず at 2020年11月25日 08:58
今回からに⇨今回のみに訂正です、
失礼致しました。
Posted by かず at 2020年11月25日 09:02
>かず様

 ぎゃあぁぁぁ戸崎さーーーん!!!
 すみません、あの流れでデルマが吹っ飛ぶとは……。

 当初の予定通り、ダノンの複か単、買ってくれていると良いんですけど……。
 JCは本命がきちんと走ってくれるよう精進します!

Posted by clover at 2020年11月25日 15:57
コメントを書く
コチラをクリックしてください