2020年09月28日

2020 白山大賞典

 今週は、JBCクラシックのステップになる二つの交流重賞もあります。
 やる事が多くて、腰を据えてじっくり予想、とまで行けないのですが、地味にどっちも興味深いメンバーなんですよねー。
 サラッと決め打ってしまうのは勿体ない気もしますが、深く考えても、あっさり直観的に決めても、当たるときは当たる、外れる時は外れる、と割り切ってチャキチャキ行きます!


★展開別想定

・ハイペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  エルデュクラージュ

<人気薄特注馬>
  リンノレジェンド

・スローペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  マスターフェンサー

<人気薄特注馬>
  ホーリーブレイズ


★展開予想

・馬場想定……良馬場
・ペース想定……平均~ややハイペース
・推定勝ち時計……2,14,0~5

 金沢は今日明日と晴れで、今日は開催がないので、おそらく良馬場でしょう。
 良馬場の場合は、時計的には大体2分13秒から15秒くらいに収まります。
 今年のメンバーは良くも悪くもGⅢレベルとは思うので、大体このレースの平均くらい、2,14,0と見ておきましょう。

 逃げるのは、リンノレジェンドではないかな、と感じます。
 最内のエルデュクラージュもそれなりに出足はいいですが、逃げる、というタイプではありません。
 ホーリーブレイズも地方移籍後は積極策に転じていますが、このメンバーと距離で、リンノレジェンドの外からハナを切れるとは感じません。

 他の中央勢も、積極的に自分からハナを切るような奇策に出られる馬でもなく、騎手でもないと思うので、相対的に逃げたいリンノレジェンドが行けるのではないかな、と思っています。
 ロードゴラッソとマスターフェンサーが先団の後ろ、ヒストリーメイカーとロードレガリスはその後ろから、という隊列イメージですね。

 リンノレジェンドはそんなに溜め逃げするタイプでもないので、向こう正面までは淡々と進んで、そこから600m勝負、という感じでしょうか。
 小回りコースで、馬場バイアスもいきなり最内しか伸びなくなったりと、難しいコースでもあるので、あまり考え過ぎず、舞台に噛み合いそうで強い馬、強そうな馬を狙っていきます!


◎ロードゴラッソ(11P)

 基本的にダートステイヤーなので、距離は1900m以上欲しい馬です。
 その意味で過去2走は度外視していいでしょう。この距離なら相対的に前半ゆったり入りつつ、ポジショニングも期待出来ます。

 藤岡佑Jなら騎乗経験もあり、この馬の機動力を生かす競馬をしてくれそうなので、圏内軸として信頼したいです。


○ロードレガリス(10P)

ここはロード丼で勝負しましょう。

 この馬は地方の舞台は、中央再転厩の前の大井くらいですけど、一応タフな馬場でもそれなりに走れる想定は出来ます。
 コーナーのきつい金沢でどうかはやってみないと、ですが、中央でも連勝中は、とにかくコーナーでの機動力が素晴らしい馬なのですよね。

 このメンバーですと中団前くらいになりそうですし、向こう正面から外を回って一気に前を捕まえに行く競馬が出来そうです。
 武Jも渡仏前に気合が入っていると思いますし(日曜中京絶好調でしたしね)、馬も強いと思うので頑張って欲しいです。


▲リンノレジェンド(8P)

 前走イヌワシ賞は、金沢の良馬場2000mとしては破格の時計です。
 余程コースと馬場に適性がフィットしたのか、と思いますし、純粋に時計的にはここでも通用するものを見せてきました。

 マーキュリーCが惨敗なので、力関係で難しさは感じます。
 ただ盛岡の様な高速ダートがいい馬ではないですし、ここはコーナーワークで上手く主導権を手放さずに立ち回るチャンスはあるでしょう。
 イメージとして、3~4コーナーで一気に、みたいな脚を使えそうなのがロードレガリスくらいなので、その点でも先頭で直線まで行ければ、という期待は持っていいかなと思います。単穴でねらいましょう。


△マスターフェンサー(11P)

 この馬もステイヤー寄りの適性なので、距離はいいでしょう。
 問題はタフ馬場と急コーナーで、特にコーナーは、中央でも置かれる事が多いのに、と不安要素でしかありません。

 幸い外枠なので、川田Jらしい積極的な位置取りは期待出来ますし、追って追って、という中で食らいつく事は出来るでしょう。
 手応え以上に直線は頑張れる馬なので、堅実にしっかり走ってくれるとは思いますが、不器用なので、先ず一番人気、というところで重く狙いたくはないです。


×ヒストリーメイカー・ホーリーブレイズ

 ヒストリーメイカーは元々金沢に長くいた馬なので、走れない、という事はないと思います。
 ただ気分良くスムーズにいかないと微妙な馬で、微妙な枠に畑端J継続なので、力はあっても出し切れるかの不安が大きく、紐に留めておきます。

 ホーリーブレイズは逆に、前走と違って外目の枠はいいと思うのですよね。
 スッとリンノレジェンドの番手外まで押し上げて、そとから一気に捲り被されないように積極的に進めてくれば、東京記念トライアルは強かったですし、この条件でも面白いと感じます。

 エルデュクラージュは正直、左回り専用機のイメージは強いです。
 かつ軽い馬場で後半勝負で良さを見せていて、右回りやタフな展開だとかなりイマイチなので、内枠ルメ様でそこそこ人気しちゃうここは嫌い時かな、と思います。


※疑似的な買い目(自信度B)

馬連
◎ー○
500

▲ー◎○△
100×3

三連複
◎○▲△
200×4

◎ー○▲△ー×
100×9

計2500


posted by clover at 15:25| Comment(0) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください