2020年09月05日

2020 小倉2歳S・新潟記念

 様々な要素が絡まっての変則日程になった、今年の夏のローカル開催も、いよいよ明日で最後を迎えますね。
 勿論今年は開催が出来ただけで僥倖、という面はありますが、その中で色々と見えてきた課題もあります。
 レース傾向としてもしっかり来年の参考に出来る部分は記憶に留めておかないと、と思いますし、まずは明日のレースにもしっかり活かして、良い夏の締めくくりにしたいものです。
 もっとも、小倉開催は台風の関係で中止も有り得るので、サラっとに留めておこうかな、とは思いますが。。。


★小倉2歳S 展開別想定

・ハイペース(波乱度B)

<危険な人気馬>
  メイケイエール

<人気薄特注馬>
  アールラプチャー

・スローペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  フリード

<人気薄特注馬>
  特になし


★展開予想

・馬場想定……重~不良
・ペース想定……ハイペース~ややハイペース
・推定勝ち時計……1,10,3~7

 今日の小倉はまだ晴れていて良馬場、時計も3歳未勝利で1,08,7と水準には出ています。
 ややバイアスとしては外差しが効きやすくなってきたかな、とは思いますけど、インも残れない、という程ではありません。
 しかし明日は、台風の影響で長い時間雨予報が出ています。
 そもそもレース後の移動が難しい、という中で、開催が出来るのかも微妙なラインに感じますが、実施するとすればタフ馬場は避けられないでしょう。そうなると一気に外差しが進捗する可能性も高いですね。

 ペース的には、基本超ハイペースにもなりやすいレースですけど、今年は例年より明らかに頭数は少ないです。
 その上でガンガン飛ばしていきたいフリードあたりが大外で展開も読みづらいので、馬場意識も含め、少し前半の入りが例年よりは緩む可能性もありそうです。
 勿論それでもタフ馬場でハイバランスは間違いないですが、34,5-36,0程度になる可能性もあり、どちらにせよ追走面は重要ですが、外から無理せず、という入り方が噛み合いやすい可能性もあると見ています。
 展開予想自体はするだけ難しいのでスルーしますが、ともあれ馬場のいいところをスムーズに走れて、総合スピードと追走面で魅力ある馬を狙いたいレースですかね。


◎モントライゼ(10P)

 時計の出る馬場で、質的に追走が問われてどうか?と思っていたのですけど、そこが緩和されそうな条件はいいですね。
 タフ馬場自体はこなせていますし、ヨカヨカと新馬で好勝負を演じた馬なので、ここに入ればレベルとしても最上位は間違いないと思います。
 前走にしても、この馬だけがあの馬場で平均で走れるだけの加速が出来た、という面も強いと思うので、前半34秒台くらいなら楽にこなせると思いますし、ローテーションとしても余裕があるこの馬で行こうかな、と思います。


○セレッソフレイム(10P)

この馬も馬場不問・ペース不問で差し込めていますし、自在性があるので、新馬勝ち直後でスムーズに競馬したい馬が前でごった返すのを尻目に、一つ後ろでジッと構えて、という競馬が出来そうです。
 枠も外に持っていきやすい並びだと思いますし、しっかり差し脚を引き出せる条件が整えば、この相手なら勝負になると思います。


▲アールラプチャー(8P)

 連闘ではありますが、前走の勝ち方は非常に余裕がありました。
 あの週に新馬で8秒台を、ラスト最速で叩き出してきたのは中々ですし、確かにパッと見のスケール感ならメイケイエール、とも思うのですが、質的な部分を吟味して見ると、同じ父親のこの馬も引けは取らないと感じています。
 勿論ここでどういうレースが出来るか、スムーズに前に行けるのかなど課題は多いですけど、タフ馬場適性も含めて魅力はあると思うので狙ってみましょう。


×フリード・メイケイエール

 フリードはタフな馬場で質的な良さを削がれてどうか?という点で、新馬が1400mとはいえ甘かったので、大外からですとあまり重く狙いたくはないですね。
 メイケイエールも確かに前走は楽勝ですが、相手が弱すぎたのもありますし、この馬自身ゲートなど危うさもあったので、この人気なら重く狙うまでは厳しいかな、と見ました。


※疑似的な買い目(自信度C)

ワイド
◎ー○
1500

馬連
▲ー◎○
100×2

計1700


★新潟記念 展開別想定

・ハイペース(波乱度B+)

<危険な人気馬>
  ワーケア・ジナンボー

・スローペース(波乱度B)

<危険な人気馬>
  ブラヴァス・サトノガーネット

<人気薄特注馬>
  アイスストーム・ウインガナドル


★展開予想

・馬場想定……良馬場(標準ライン)
・ペース想定……平均~ややスロー
・推定勝ち時計……1,58,5~59,0

 新潟の芝は良で、ただ流石に最終週だけあり、全体的に時計は掛かり出しているかな、と思います。
 外回りのレースは後半に集中していましたが、10Rが61,8-58,9=2,00,7、11Rがドスローとはいえ1,35,1なので、少なくとも高速馬場とは言えないでしょう。
 レース傾向としては不思議と内枠が強いレースではありますが、今年は例年以上に外差し傾向は強いので、そこのバランスをどう吟味するか、は大切になってくるでしょう。
 またそこまで逃げ・先行馬がいないのもポイントで、コース形態を考えてもハイペースまではまず行かないですが、それでもある程度淡々と流れるバターンと、全く流れずヨーイドンの可能性、両面的に考えてはおきたいですね。

 レース展開は、おそらくこのメンバーだと、逃げるのはウインガナドルになるかな、と思います。
 そしてそれを積極的に追いかけそうな馬、というのがパッと出てこないメンバーでもあるのですよね。。。
 内からピースワンパラディやサトノダムゼルは相対的に前に行けそうで、ジナンボーもゲートがスムーズなら去年同様、なんですが、前走の出負けと今年のミルコJのコンビを見てしまうと不安しかありません。。。

 外からはブラヴァスとサトノクロニクルはそれなりに、おそらくワーケアもルメールJなので不必要には下げずに中団よりは前にいそうです。
 インビジブルレイズやアールスターも中団くらい、プレシャスブルーも、前走は後ろ過ぎた、というコメントで、石橋Jに乗り替わりなら、少しはポジションを意識して入ってきそうな印象を持っています。
 後はやはり、このメンバーでも自分の形を崩さず後ろから、という馬も多いとは思うので、正直難しいところですね。ただ極端に縦長にはならないと思いますし、ペースとしては59,5-59,2くらいを下限に、それよりはスローに寄っていく可能性の方が高い、と見て考えておきましょう。

 少しタフ寄りの馬場で、ある程度流れれば追走面も現実的なラインでは問われるかもですが、やはり新潟なので後半要素、とりわけ持続面が重要になってくるでしょう。
 近年は新潟でも極端な切れ味特化にはなりにくく、4コーナーの残り800mあたりからペースアップして4Fに分散、600-200mあたりで11秒前半を踏んで、ラスト12秒そこそこで踏ん張れるか、というのが一番想定しやすいパターンですね。
 少し重い馬場での持続面を保持している馬、ポジションが取れて分散する競馬に強い馬は狙ってみたいですし、ある程度内で立ち回りつつ直線で外に出す競馬が噛み合いそうな馬もチャンスはありそうです。
 ただこちらも多頭数で、抜きんでた馬のいない、いかにもローカルGⅢ、というメンバーではあるので、ある程度広げて紐がもが引っ掛かるのを狙うか、敢えて絞り切るか、券種構築の戦略性を問われるレースにもなりそうです。


◎ウインガナドル(11P)

 本命は、登録メンバー見た段階でこの馬でいいかな、と思っていたので初志貫徹します。
 基本的に逃げるか番手競馬でスムーズに自分のリズムが刻めれば崩れない馬で、特に左回りは常に安定しています。
 一瞬の切れはそこまでないものの、自分で早めに踏んでいっての持続性能は結構高いですし、それをそこそこペースが上がっても引き出せるのは強みになります。

 このメンバーなら楽に主導権は取れると思いますし、今の三浦Jなら変に日和って、ペースを落とし過ぎて切れ負けする、というパターンもやらかさないと見ています。
 バイアス的に難しさはありますが、4コーナーから仕掛けていってじわっと外に持ち出していく事は普通に出来そうですので、この相手なら最後まで踏ん張れる条件ではないか、と期待します。


○ピースワンパラディ(10P)

 距離は伸びた方がいいと思うのと、内枠でも直線外目から脚を出し切る競馬を好む池添Jなので、ここは勝負になって欲しいですね。
 高速馬場で切れ味の質も高められるタイプですけど、今は少し力のいる馬場で長く、それでいて段階的に加速、という形が一番フィットするはずです。
 前走のように完全に流れ切ってしまうと追走面で厳しさはありましたが、この舞台ならその不安は薄いですし、後半のしぶとさをきっちり出し切る形に持ち込めれば能力は足りる、と思うのですけどね。


▲アイスストーム(9P)

 差し馬の中で言えば、明快に持続力特化の性能を持っているのと、タフ馬場・ややハイバランスにも対応できるのが強みです。
 メイSのように内に潜る競馬も出来るタイプですし、この枠なら差し馬勢の中で相対的にソコソコの位置から、馬群の間を捌きつつ、という選択も出来るでしょう。
 能力的には足りると思うので、鞍上と前走で一気に人気が落ちるなら重く狙って見てもいいかな、と期待します。


△ブラヴァス(11P)

外枠がどう出るか、ですけど、このメンバーで福永Jなら、ある程度意識的に前を取ってくれそうな気はします。
 後半要素でこれと言って突出したものはないですが、広いコースで長い脚を活かす競馬はフィットしますし、新潟大賞典は少し中途半端な立ち回りでもありました。
 外から出し切る形で素材的に足りるかはともかく、馬場バイアスも含めて今回の方が条件はいいと思うので、この位置に置いておきます。


×サトノガーネット・サトノダムゼル・プレシャスブルー・カデナ・サンレイポケット

 紐は、ある程度想定する展開の中で一芸に秀でていて、噛み合えば、というタイプを狙っておきたいです。
 人気のジナンボーは今年はゲートが不安ですし、やはり前に行けないと苦しいと思うので敢えて嫌ってみます。

 ワーケアは、今年の3歳クラシック世代のレベルを疑っているのはあります。
 そもそも皐月ダービーのワンツーが変わらなかったというのは超レアケースで、適性差以上に能力差があった、という証左でもあります。
 その意味で、適性面で狙いすましたローテをチョイスしてのダービーのあの結果は、正直ガッカリする内容でした。
 ブラックホールも札幌記念がてんでダメでしたし、このメンバーで押し出された1番人気になるなら嫌ってみてもいいかな、と判断しています。


※疑似的な買い目(自信度B-)

複勝
1500

馬連
◎ー○▲△、○ー▲
100×4

三連複
◎ー○▲△ー×
100×18

計3700


posted by clover at 17:00| Comment(4) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
小倉は雨が降り始めましたね。
これからどのくらい降るのか、あまり強くならなければいいのですが。

新潟は昨日観てても、内からは相当厳しいと
感じました。
あとは台風の影響で風がどのくらい強くなるのかで、先行馬にとっては大きく影響しそうです。
私は8番から外の馬で勝負しようと思っています。
Posted by サイクロ at 2020年09月06日 12:54
>サイクロ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 小倉は一気に重馬場まで進行しましたね。
 ただ9Rで33,3-35,9=1,09,2ですから、時計面での悪化は最低限に留まっているかな、と思います。このメンバーで10秒を切ってくるかどうか、でしょうか。

 小倉も新潟も完全に外差しですね。
 ただもう最初から逃げ馬も外目、みんなある程度外に出して、ですし、苦し紛れに内に入れた馬は中々厳しい状況ですから、一概に外枠だから楽、とも言えなさそうです。
 内の馬がある程度ポジションを取りつつ、好位から直線外に出す、というのも噛み合いそうですし、外枠でもポジションを取れる馬が良さそうではありますかねぇ。
 夏競馬も最後まで難しさ満点ですが、なんとかひとつくらいは引っ掛かって欲しいものです。
Posted by clover at 2020年09月06日 15:01
いつも投稿ありがとうございます。長い間拝見しております。
ずっと予想通り買い続けていますが、最近ボロボロです。でも、自分のスタイルを貫き通して下さい。
来週こそ期待しています。
Posted by ハゲピカつるまる at 2020年09月06日 16:03
>ハゲピカつるまる様

 コメントありがとうございますー。

 最近は我ながらビックリするほど当たらなくて、大変申し訳ない、としか言えません。
 基本的に今年から総合判断を重視して組み立てる器を作ってみたわけですが、夏競馬は特に特化的な要素で決まるパターンが多くて、その点噛み合わない部分がかなり出てきたなと思います。来年の課題ですね。
 やはりもう少し柔軟に、ケースバイケースで取捨選択が出来る余地を組み込めないといけませんね。

 その意味では、スタンスやスタイル自体は崩れていないと思ってはいます。
 今週からも本場とは言え、普段とは違う中京開催ではあるので悩ましいところですが、しっかり予想していきたいと思います。
 まぁ個人的に、私のつまらない予想に丸乗りはお勧めできませんが(笑)、エッセンスを上手く取捨選択して活用して頂ければなによりです。
Posted by clover at 2020年09月07日 03:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください