2020年07月04日

2020 CBC賞・ラジオNIKKEI賞

 昨日の記事で、エクリプスSの予想も一緒に出す、と書いたのですが、よくよく考えるとエクリプスSは日曜の深夜開催なのですよね。
 正直ある程度直近で馬場状態を見て予想したいレースでもあり、ぶっちゃけそこまで需要もないでしょうから(笑)、この際掟破りの当日予想にさせてもらおうかな、と思います。
 早ければ明日の午前中の内に、どんなに遅くても今日予想を出す2レースの回顧を書く前には掲載しますので、その旨ご了承下さいませ。


★CBC賞 展開別想定

・ハイペース(波乱度B)

<危険な人気馬>
  ミッキースピリット・レッドアンシェル

<人気薄特注馬>
  アウィルアウェイ

・スローペース(波乱度B+)

<危険な人気馬>
  クリノガウディ―

<人気薄特注馬>
  グランドロワ・ディメンシオン


★展開予想

・馬場想定……稍重~重
・ペース想定……ややハイペース~平均ペース
・推定勝ち時計……1,09,0~5

 今日の阪神は先週に続き雨に祟られて、芝は重馬場でのレースとなっていますね。
 やはり時計的にもかなりタフな条件になっているようで、生田特別が60,9-62,3=2,03,2、芦屋川特別が35,7-35,0=1,10,7と、流れても時計は出ない、スローでも後半ラップが上がり切らない、パワー最優先の馬場という感じです。
 ただバイアス的には、そもそもが外差しがあまり効かない馬場で、宝塚だけは直前の雨が凄すぎたのとペースが超ハイだった事でああいう結果でしたけど、今日を見ていてもまるっきり内がダメ、とまでは言えないのかなとは感じました。
 少しずつ外差し優勢にシフトしていく可能性はありますけれど、特に内回りですと、やはり極端に後ろから差すタイプは苦しいのではないか、と感じます。

 レース展開ですが、連闘策で出てくるグランドロワが、内枠を引けましたしこれは逃げの一手になるでしょう。
 流石にその内のナインテイルズやラブカンプーが無理に押してまで、と思いますし、というよりナインテイルズはどうして最近はそういう前に行く競馬しかしないのか?と失望感を持っていて、そろそろ一度でいいから、このレベルでも戦えていた溜めて差す競馬に戻してくれないかな、と思うのですけどね。それでダメならスッキリ見切りをつけられるのですけどねぇ。

 余談が入りましたが、ともあれ内の馬もソコソコは出してくる中で、真ん中からロケットも先行策、ミッキースピリットやディメンシオンも外からある程度積極的に行きそうで、その好位列にレッドアンシェルやクリノガウディーも加わっていく形になるでしょうか。
 タイセイアベニールやアウィルアウェイは中団からやや後方、ジョイフルとエイシンデネブははっきり後ろから、という競馬になると思っています。

 馬場がタフなので相対的にスローバランス、というラインまで淀む可能性は低いと思いますが、この組み合わせで超ハイペースまで上がるとしたら、それこそナインテイルズがまた内から無茶逃げをした時くらいかな、と思っています。
 グランドロワの逃げならある程度はコントロールされて、34,2-35,1くらいのバランスをイメージしたいですし、それでも阪神なのでラップ的には消耗戦、ラスト1Fは12秒台に落ち込む中で、パワー寄りの追走と持続性能をバランスよく引き出せる馬が最後に台頭してくるのかな、というイメージで見ています。


◎ロケット(10P)

 思った以上に人気してるなぁ、とは思うのですけど、この距離短縮は好感が持てますし、それでいて時計勝負でない、タフな馬場で、というのもこの馬にはプラスですね。
 枠の並び的にスッとグランドロワの番手を確保出来そうですし、基本的に質的にどうかはともかく、相対的な追走力は高く、タフな馬場でも後半をあまり殺がれないのが持ち味です。
 前走のようにある程度待たされつつ、ラップ的にも一気の加速、というのはあまりフィットしない形のはずで、それでもしぶとく食い下がっているように地力強化は明らかでしょう。

 ここはこの馬の適性が生きる舞台と展開になると思いますし、馬場のいいところを選びつつのスムーズな競馬も望めそう、52kgでこの夏好調の酒井Jですから、思い切りのいい競馬からの粘り込みを期待したいですね。


○クリノガウディ―(12P)

こちらは斤量は見こまれてしまったな、と思いますけれど、比較的内目の枠を引けましたし、レースの組み立てはしやすいと思います。
 外から早め早めで捻じ伏せるタイプではないので、阪神ですとコーナーは内目で我慢しつつ、直線で一足という競馬がベターになってくるはずで、通すところ次第では、の危うさもありますけれど、高松宮記念上位組が順当にその後強い競馬を見せているあたりからも、ここはしっかり勝ち切って、秋の飛躍につなげたいのは山々でしょう。
 ただスムーズに、という観点なら◎の馬の方が噛み合うかな、とも思いますし、この馬の阪神適性はそこまで高くないと踏んでいるので、この斤量差なら捕まえられないパターンはあるだろうと見ての対抗にしました。


▲アウィルアウェイ(11P)

 この馬の場合は基本的に流れてくれた方がいい馬で、その点阪神はフィットすると思っています。
 確かに馬場には不安があるのですが、正直CBC賞と宮記念はペースも平均でしたし、坂加速が問われる展開で、この馬としてはフィットしなかったのが馬場なのかコースなのか、それとも展開なのかはまだ決めにくいと思っています。
 阪神の方が外目から惰性をつけて長く脚を使いやすいのは確かですし、下り坂の位置で仕掛けも早くなりやすい、ペースも上がりやすいので、スタートを決めて中団外目から、というスムーズな競馬が出来れば、この斤量でも勝ち切るチャンスはあると見ています。
 この馬には川田Jが一番手が合っているとも思いますし、楽しみですね。


△タイセイアベニール(11P)

 適性的にはあまり狙いたくない人気馬ではありますけど、地力強化は確かですし、渋馬場にも一定の実績がありますから、完全に軽視するのは流石に無茶かな、と見ました。
 本質的には後傾型の競馬で、溜めれば溜めるほど爆発力を高められるイメージなので、タフ馬場で自身平均くらいの走破を求められてパフォーマンスを落とす可能性は多分にあると思いますけれど、松山Jでこの枠ならきょくんたに後ろにはならないでしょうし、コーナーをタイトに立ち回ってのしぶとい差し込みで圏内くらいは、の評価です。


×グランドロワ・ディメンシオン・ジョイフル・ナインテイルズ

 グランドロワは流石にローテ過酷じゃない?とも思いますけど、馬場と展開はフィットしそうなので、一応抑えておきましょう。
 ディメンシオンもここまで短縮が噛み合うかは未知数ですけど、外目からスムーズな競馬は出来そうですし、能力的にはの一頭ですね。
 ジョイフルも一叩きして明らかにここ狙いではありますし、大外枠でスタートをソコソコ決めて、現実的な位置で追走出来れば、タンザナイトSの決め脚は魅力があるかな、と思います。
 ナインテイルズは泣きの一回くらいの気持ちで、せめて逃げないで好位のインで溜めてくれれば、と思います。

 レッドアンシェルは難しいところなんですけど、本来持続後傾型の馬で、前走も距離が1400mとは言え、はっきり持続特化戦であそこまで甘くなるというのは、まだ以前の状態にないイメージなんですよね。
 調教自体は今回も走ってますけど、前走もそんな感じでイマイチでしたし、はっきり好走するまでは様子を見たいところです。
 ミッキースピリットは確かに上がり馬ディープですけど、流石に能力的に足りないのでは?となってしまいますね。展開や馬場で伸びしろがあればでが、この人気で買いたくはない馬だと思います。


※疑似的な買い目(自信度B)

馬連
◎ー○
500

▲ー◎○、◎ー△
300×3

三連複
◎ー○▲△
200×3

◎ー○▲△ー×
100×15

計3500


★ラジオNIKKEI賞 展開別想定

・ハイペース(波乱度B+)

<危険な人気馬>
  ルリアン・グレイトオーサー

<人気薄特注馬>
  コンドゥクシオン

・スローペース(波乱度B)

<危険な人気馬>
  サクラトゥジュール

<人気薄特注馬>
  バビット・ベレヌス


★展開予想

・馬場想定……稍重~重
・ペース想定……平均~ややハイペース
・推定勝ち時計……1,48,3~8

 福島も今日は雨模様で、芝は重馬場での開催になっていますね。
 ただ流石に夏場の開幕週なので、土台そのものは軽め、という感覚ではあり、また今開催はエアレーションが処置されていないため、やはりと言うべきか前目内目の有利度が最初は結構高そうなイメージです。
 7Rの2000m戦が61,1-61,4=2,02,5でしたが、ほぼほぼ前目内目だけの決着でしたし、去年オジュウチョウサンが勝った話題になった開成山特別も勝ち馬以外は前残りでした。

 このレースと同距離の松島特別も61,3の通過で1,48,3ですから、阪神とは同じ重馬場でも時計の出方が違う感じで、そしてやっぱり基本的には前目内目で立ち回った馬で決まっていますね。
 差してきたのもエピファ産駒のリスペクトに、オルフェーヴル産駒のリトミカメンテと明らかにパワー型の血統で、このレースには該当馬いないですけど、今日はどのレースでも人気に関わらずオルフェーヴル産駒が走りまくっていますので、明日もタフ馬場になるなら狙い目になるのではないでしょうか。
 ともかく、明日もある程度は雨が降るかも、という予報で、阪神同様に完全に乾き切る可能性は低いでしょうが、それでも一日で内が荒れて外差しバイアスにはならないと思いますし、時計面でも極端なタフ馬場にはならないと思うので、ある程度はタイトに立ち回る馬が有利、と見ておきたいところです。

 レース展開は、逃げ馬候補がかなり多くて難しいところですね。
 出していきそうなのは内からバビットとアルサトワ、真ん中からサクラトゥジュールとベレヌス、外目からパンサラッサあたりで、並びを利してバビットが取り切るか、或いは外から強気にパンサラッサがハナを奪い切るか、くらいでしょうか。
 もっともコメントからすれば、なにがなんでも、とまでの陣営はいないので、極端に競り合ってのハイペースまでは行かないと思うのですが、それでも若手の騎手が多いのも含めて、やや前掛かり、くらいのイメージは持っておくべきかなと思います。

 グレイトオーサーやルリアンは、流石にこの距離とメンバーで前に行くのは難しいはずで中団から後方寄り、パラスアテナもある程度先行力はありますけど、この並びとメンバーなら無理せず後方寄り外目からの競馬になるだろうと予測します。
 コース形態的にテンはそこそこ流れて、1~2コーナーで緩んで、向こう正面、特に3コーナーからじわっと加速、というイメージでいいでしょうし、ある程度総合力と馬場適性を見せている馬、或いは上手に立ち回れそうな馬を狙ってみたい一戦です。


◎パラスアテナ(11P)

 正直馬場バイアスからするとやや怖い馬にもなるのですけど、シンプルにこの馬の見せている適性と絶対能力がここでは一枚上、だと判断しました。
 個人的に評価しているのは前走以上に未勝利戦で、福島2000mらしくテン3Fは35,6とそこそこ速い流れを楽に馬なりでついていって、4コーナー外目から早めに進出、楽に前を捻じ伏せて、ラストも12,0でまとめてきた持久力性能はかなりのものと思えます。
 この日の馬場はかなりタフで、後半になるにしたがって雨の影響が大きくなった面もあるとはいえ、同日の古馬戦とのラップの比較でも相当に優秀なものです。

 それでいて前走、ある程度質的に流れての後半特化、持続勝負でも強かったわけで、かなり適性の幅が広い、というよりは、このレベルでは適性差を問題にしないくらい素材がいい、と感じます。
 ここも52kgでわざわざ武Jが継続騎乗しに遠征するくらいですし、それなりにペースが上がってしっかり出し切る形になれば、ここもやはり牝馬の時代らしい結果を導いてくれるのではないか、と見ています。


○バビット(10P)

 この馬は完全に馬場バイアスと、あとレースセンスの良さを踏まえて対抗に据えました。
 この馬も未勝利勝ちは福島ですけど、しっかりゲートを決めてテンに出していって、そこからコントロールしつつ後半もしっかり脚を使えていましたし、前走もスローに持ち込んでいい競馬でした。
 完全にハイペースに振れてしまってどうか?という課題はありますけど、逃げに拘る馬ではないので、外から飛ばす馬がいれば好位まで下げて競馬すればいいですし、血統的には道悪は確実にこなしてくれそうなので、自分の脚が使える形なら大きく崩れないだろうと見て重く狙います。


▲ディープキング(8P)

 前走はパンサラッサの平均ペースロンスパを捕まえ切れなかったですけれど、立ち回り意識の差でもありますし、血統的にもある程度流れて良さが出そうな気はするのですよね。
 この距離で淡々と、という形であれば、枠や展開面踏まえてパンサラッサは逆転できる感じがしますし、勿論内枠も有利、戸崎Jもようやくエンジンが掛かってきて、得意の福島で勝負掛かりの52kgでもありますから、内でタイトに立ち回っての一発に期待しましょう。


△サクラトゥジュール(11P)

 この2戦が素晴らしいスピードを見せていて、この血統からすればむしろこのレースの方がマッチするはずなのですけど、ややスピード特化型の懸念はあるため、タフな馬場になるのは相対的にプラスではないでしょう。
 また超高速決着を二度続けた反動もあるかもしれず、ここもスムーズにいい位置は取れそうで、淡々と流れる形からならしっかり一足は使うと思うのですが、この人気でタフ馬場で延長、となると、重い印を打つほどの信頼は置けなかった、という所ですね。


×アルサトワ・コンドゥクシオン・アールクインダム・ベレヌス

紐はシンプルに内枠勢と、追走が問われつつの持久戦で良さが出そうな馬を狙います。
 パンサラッサは今回枠が悪いので、ハナを取り切ったとしてもテンで脚を使い過ぎると踏んで消し、ルリアンとグレイトオーサーも追走面・馬場適性の担保がない中で、外からの差し競馬ではリスクの方が大きいと踏んで、思い切って消してしまいましょう。


※疑似的な買い目(自信度B+)

単勝
1000

馬連
◎ー○▲△
300×3

◎ー×、○ー▲
100×5

三連複
◎ー○▲△
100×3

◎ー○▲△ー×
100×15

計4200


posted by clover at 16:59| Comment(0) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください