2020年06月06日

2020 安田記念

 明日は春の古馬マイル王決定戦・安田記念ですね。
 14頭立てとやや頭数は寂しくなったものの、正に少数精鋭と言うべき素晴らしいメンバーが揃いました。
 最大の注目は勿論女帝アーモンドアイが史上初の八冠なるか、ですが、それを阻止すべくのメンバーにもそれぞれのドラマがあり、ゴール前までハラハラドキドキできる大熱戦を期待しましょう。


★展開別想定

・ハイペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  ダノンキンクリ―

<人気薄特注馬>
  クルーガー

・スローペース(波乱度Bー)

<危険な人気馬>
  インディチャンプ

<人気薄特注馬>
  ダノンプレミアム


★展開予想

・馬場想定……良~稍重(やや高速馬場)
・ペース想定……平均~ややスロー
・推定勝ち時計……1,31,8~32,2

 今日の府中は良馬場ですが、今夜から明日の朝にかけて、かなりの降水量が見込まれています。
 勿論ピンポイントではないにせよ、府中市の予報では朝までに50mmくらいのまとまった雨になりそうなので、それを踏まえても明日の朝の時点では重馬場くらいまでの悪化は避けられないでしょう。

 今日の馬場は、先週よりは普通に軽い馬場なのかな?という感じで、国分寺特別が36,0-36,4-34,0=1,46,4、由比ヶ浜特別が34,5-11,3-34,3=1,20,1でした。超、がつくかはともかく、かなり速いラップを連続出来る府中らしい馬場に見えます。
 この感じからも、多少の雨で一気に重くなるイメージは持ちにくく、実際に今日も明日もレース開催時間には雨はほぼ降らないっぽい事から、徐々に乾いていってレース直前には良まで回復する可能性はある、と踏んでおきます。
 バイアス的には今日の時点でもやっぱり基本的には内目有利で、差し馬もある程度内目から、というのが多く、馬場も内から乾く傾向ですので、後ろから外ズドンは流石に難しい、ある程度の位置での立ち回り勝負が濃厚ですね。

 レース展開ですが、典型的な逃げ馬が不在の中で、序盤の立ち回り、ポジショニングの攻防は注目です。
 とりあえずミスターメロディが逃げ宣言を出していて、セイウンコウセイもその気になれば行けるはずですが、引き続き内田Jでそこまで思い切った形を作ってくるか?とは感じます。
 後はこのレース、ダノン3頭出しの思惑がどこにあるかで、特に前走逃げ切って、急遽予定を変更してここに出走してきたダノンスマッシュは、他の2頭のリードホース、ペースメーカー的な一面も意識しての出走になると思います。
 なので最低でも番手外までは押し上げて、ある程度強気にダノンプレミアムが出していっても逃げの形にならないようなアシストはあるのかな、と思いますし、そのプレミアムの後ろをスムーズにキングリーが確保できるなら、内目をダノン勢で立ち回って、という戦略が比較的容易に組み立てられます。

 その先行勢に対して、クルーガーはある程度内から主張、グランアレグリアやアドマイヤマーズ、インディチャンプあたりは外からどこまで入っていけるか、勿論アーモンドアイもこの並びですと、前走くらいいいスタートを切ったとしても先団に入るのはちょっと難しく、3コーナーでは中団前後になるのではないかと思います。
 ノームコアもこの枠だとリカバー出来ずやや後ろのインになりそうで、ケイアイやペルシアン、出負けしそうなヴァンドは後ろから、と見ておくべきでしょうね。

 馬場の回復具合にもよりますけど、ダノン勢としては内目のアドバンテージを活かすために、コーナーからしっかり引き上げていくタイトな競馬を目論んでくるのかな、というイメージはあり、よしんばそれが上手くいかずとも、プレミアムとキングリーが内目で楽な競馬が出来そうなのは確かなので、そのアドバンテージに対してアーモンドアイが4コーナーからどういう進路を取ってくるか、そこまでのポジション差がどうなっているかはポイントですね。
 インディチャンプやアドマイヤマーズは、アーモンドアイに対してどこまでプレッシャーをかけるのか、これも馬主的な関係性からそこまで厳しいレースをするかは微妙なので、その分逆にこの辺りの馬が外目のロスは出てしまいそうです。
 それを軽減できる淀みのある流れになればまた違うので、中々難しい判断にはなりますが、今回はある程度ダノンの本気を信じての組み立てで決め打とうかな、と思っています。


◎アーモンドアイ(14P)

 この馬としてはもうちょっと外枠でも良かったな、という並びですけれど、それでも頭数は多くなく、ライバルと言っても同じノーザンの馬が多いので、極端に進路取りで苦労するイメージはないですね。
 直前の調教はこの馬らしいフットワークと時計を出せていますし、前走のダメージは薄いと考えて良さそうで、レース質としてもある程度コーナーで淀まない、近年府中の定番ラップならば、やはりこの馬の右に出るものはいない、というのが素直な感想になります。
 GⅠ8勝の壁、ルドルフの呪いも中々に強固なものですが、この馬ならば、と思いますし、中団あたりでスムーズに流れに乗れるのであれば、ここは貫禄を見せてくれるのではないでしょうか。


○ダノンキングリー(12P)

 この馬はあまり渋りが残らない方がいいなぁ、と思いますが、それ以外の条件は抜群に整っていますね。
 この並びなら、ちょっとの出負けならスムーズにリカバーしてダノンプレミアムの後ろを取れるでしょうし、マイルの前半追走面で少し懸念のあるこの馬としては、そこで楽が出来るのはかなり大きいと思います。
 要所の進路取りも、ダノンプレミアムは素晴らしく反応がいい馬なので、それを素直に当てに出来ますし、スムーズに勢いに乗せての持続勝負が出来れば、内外の差でアーモンドアイ相手でもワンチャンス持てる馬ではないか、と見ています。

 戸崎Jも今日ようやく復帰初勝利でエンジンが掛かってきましたし、ここはこの馬らしい走りをしっかり引き出してくれれば、チャンスはあるでしょうし頑張って欲しいですね。


▲ダノンプレミアム(11P)

 去年とは真逆の絶好枠で、これはかなり怖い存在になりましたね。
 基本的に要所の反応が最大の武器ですが、去年の秋天でもあの流れで外から勝負に行ってそこそこ粘れていましたし、縦横のポジション差がもう少しあれば、アーモンドアイ相手でもそれなりに食い下がれるのかなと見ています。
 ある程度馬場が渋っていてもやれる、というのも強みで、よしんばペースが淀んだとしても坂加速性能の高さが抜群なので、ここはこの枠から積極先行が出来れば安定して自容易に食い込んでくれるかな、と感じています。

 海外明けですし予断は許さないですけれど、レーンJを配してきたあたりからも本気度は高いはずで、ここでどこまで食い下がれるか、鮮度は微妙ですけど楽しみはあると思うのですよね。


△グランアレグリア(12P)

 馬場が合うかはともかく、展開とコースはマッチするはずで、後はこの枠からどこまで思い切ったポジショニングが出来るか、だとは思います。
 ある程度前目を上手く取れてしまえば、道中淡々と流れてくれれば楽ですし、持続性能がとにかく高い馬なので、多少のロスがあろうとしっかり最後まで伸びてこられるポテンシャルは保持しているとは感じるのですよね。
 前走を見ても多少力のいる馬場でも決め手は殺がれないですし、むしろ回りがスパッと切れる脚を引き出しにくくなるのは、このレベルの相手ならプラスかなとも見ているので、池添Jが序盤を上手く乗ってくれれば、というイメージです。


×インディチャンプ・ノームコア

 インディチャンプは今回並び的に、少しでも出負けすると前目内目には入れない厄介さがありますし、去年のこのレースも内目を完璧に立ち回ってのものではあります。
 本当にいい脚は一瞬、タイプだとも思うので、その辺りを踏まえると外から勝負に行く形になりそうな今回は、最後に少し持続勝負で甘くなるかな、と見て評価を下げました。

 ノームコアも内枠が一見良さそうで、でも自分の内の2頭の方が出足が安定しているので、縦か横、どちらかのポジショニングは理想の形に持ち込みにくい感はあります。
 こちらも渋ってダメな馬ではないですし、府中マイルなら適性の幅は広いので、インでじっと我慢からのズドンは怖さはありますが、それでも上位勢が順当に力を発揮したら苦しいのかな、と見てこの位置にしました。

 アドマイヤマーズはまだわからない部分も多いですけど、この並びでだとやはり後ろから外々、の正攻法にはなりそうで、そこからの持続特化でどこまで踏んばれるか、差し込んでこられるか、となると、少し見劣るかなと踏んでいます。


※疑似的な買い目(自信度A)

馬連
◎ー○
5000

◎ー▲
2500

◎ー△
1500

計9000



posted by clover at 17:00| Comment(4) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
cloverさんおはようございます♪

東京は重スタートですか〜
でも自分の軸はグランアレグリアですので
あまり気にせず、
打倒怪物牝馬を池添君に委ねます!!
Posted by カズ at 2020年06月07日 08:14
>カズ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 流石に乾き切らなかったですね。
 ただ8Rが平均ペースで1,21,5、9Rがスローで2,00,2なので、マイル換算なら1秒程度掛かるかな、くらいで、やはり普通に32秒は切るくらいの決着になりそうですね。
 多少タフさが出てきて、ラスト1Fは落ちるパターンが多いので、持続面で良さを見せている馬は、ある程度位置取りが悪くても頑張れるイメージは持てますね。実に楽しみです。
Posted by clover at 2020年06月07日 15:11
cloverさんこんにちは♪

いや〜完璧でした
池添君ありがとう
そして藤沢さんの喜び様が
笑えますね〜。
Posted by カズ at 2020年06月07日 16:46
>カズ様

 的中おめでとうございます!土日連勝、素晴らしい限りですね。

 池添Jは中々痛々しいインタビューでしたけど、レース中はそれでも完璧に乗ってくるあたりプロですよねぇ。
 藤沢先生としてもしてやったりというか、レース後にルメ様とどういうやり取りしたのかめっちゃ気になりますよね(笑)。
 ちょうど定年までの看板馬になると思いますし、今後も本当に楽しみです。
Posted by clover at 2020年06月07日 17:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください