2020年05月30日

2020 葵S レース回顧

 今日の葵Sは、人気のビアンフェがハナを切ってそのままハイペースで押し切り、スプリントでは違う、という所を見せつけての重賞2勝目となりましたね。レースを振り返りましょう。


 京都の芝は良馬場で、馬場が回復した事もあるのか、今週はそこまで外差し傾向は強く出ていませんでしたね。
 時計的には未勝利1400mで1,21,4、古馬1勝クラスマイルで1,34,5なので、やや高速位の範疇だと思いますし、ペース次第の面もありますけどやはり京都らしく、前目内目の馬の方が強いレースが続いていたと思います。
 このレースもハイバランスになって、時計は1,08,1と優秀でしたが、総合的にはやはりこの京都1200mのセオリーそのものの立ち回り勝負になっていたと言えるでしょう。

 レース展開は、まずいいスタートだったのがビアンフェ、デンタルバルーン、レジェ―ロ、トロワマルスあたりで、デンタルバルーンがそこまで遮二無二行く姿勢を見せなかったのもありますが、外からスッとビアンフェがハナを取り切ってレースを支配していきます。
 番手外にトロワマルス、その後ろにデンタルバルーンとエレナアヴァンティが続き、3列目のインにレジェ―ロ、その後ろにワンスカイとアルムブラスト、ケープコッドなどがおり、ビップウインクは後方外目、サヴァイヴは後方のインという位置取りでした。

 ラップは33,4(11,13)-34,7(11,63)=1,08,1(11,35)という推移でしたね。
 京都1200mにしてはかなりペースが上がっていて、後半も11,2-11,2-12,3とよどみのない一貫消耗戦ですが、3列目以降は平均くらいのバランスでの走破になっていて、このコースらしい総合力と立ち回り勝負でした。
 これだけコーナーで速いラップを問われているので、ハイバランスでもやはり前目内目の優位は揺らがず、実際に逃げて勝った馬以外は内目の枠から内々を立ち回った馬で占有されていますからね。

 その中で勝ったビアンフェは、まずこの並びで楽にハナを取り切れたスタートの良さが今までなく目立っていましたし、ああいう形に持ち込んでしまえばやはり地力は一枚上、という内容だったと思います。
 本来総合力勝負になりやすいこの舞台で、一頭だけ一貫消耗戦で押し切ったというのは面白い要素ですし、今後古馬と戦う中ではどちらかと言えば追走面が問われるレースが多くなるので、そこを改めて強調してきたのは面白い材料です。

 あとはこの馬、番手でも同じようなパフォーマンスを引き出せるかどうかはポイントになりそうで、特に中山のスプリンターズSとなるとモズスーパーフレアが相手ですから、軽々にハナを奪える相手ではないですからね。
 次走もスプリント路線になると思いますが、そういうある程度の柔軟な立ち回りが出来るようになれるかは、今後の飛躍に欠かせない要素かなとは思います。
 それに勿論ですがここは相手関係も貧弱ではあるので、まずはサマースプリント路線でどこまでやれるかしっかり見極めたいですね。

 2着のレジェ―ロは、この馬も抜群のスタートから無理なく3列目のインを取れて、改めてスプリント戦でのスタートの優位性を感じる内容でもありました。
 この馬自身は34,2-33,9なのでややスローくらいのバランスで入れていて、直線ラストの減速地点でしっかり差を詰めてきたように、こういう形の競馬が一番フィットした、というのはあるのでしょう。
 勿論京都1200mというコースでベストに近い挙動が出来たからこその面はありますが、元々素質はあった馬なので、前走だけで人気を落とし過ぎていたのはありますね。
 にしても、ビアンフェはビアンフェで太り過ぎにも思えるのですが、この馬は逆にもう少し馬格をつけてこないと、高いレベルではと思いますし、なまじ賞金を積んでしまった分今後苦労しそうなイメージは付き纏いますね。

 3着のワンスカイは、この流れでもある程度前半ついていけましたし、スピード勝負に一定対応できたのは収穫です。
 一方で後半要素の面は流石に少し削がれていたかな、と思いますし、本質的に高速馬場まで来ると1200mはちょっと忙しいのではないかと感じます。
 一度府中の1400mとかで見てみたい馬ですし、1200mでも時計の掛かる条件なら面白い走りが今後も出来そうな雰囲気はある馬ですね。

 4着のケープコッドは、スタートが悪くてリカバーしつつの入りになってしまいましたし、その分内枠のアドバンテージを最大限には活かせず、外目からの勝負になってしまったのも最後甘くなった要因かなと思います。
 質的な追走力はかなり高いので、スプリント適性は抜群だと思うのですけど、もう少しゲートが安定してこないと時計勝負ではこんな風に押し切られてしまいますし、この馬もタフな馬場や、より前傾バランスなど噛み合ってこないと、という面はありそうです。

 予想的には、ビアンフェが逃げられずに、もう少し平均寄りで後半型の競馬を想定していたので、あんなあっさりビアンフェに逃げられた時点でお手上げではありました。
 シンプルに内枠が強い、という面は揺らがない分、極端に見せ場もない外れ方ではないのですけれど、このメンバーレベルなら拾えてもいい2着馬も拾えていませんし、そろそろ深刻なスランプですね。
 明日は別に守りに入る意味ではなく、素直にド本命本線になってしまう予定なのですけど、なんとかそれで嫌な流れが立ち切れればいいのですが。


posted by clover at 16:27| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください