2020年05月16日

2020 ヴィクトリアマイル

 明日は古馬牝馬のマイル女王決定戦のヴィクトリアマイルですね。
 有馬記念で一敗地に塗れた女帝アーモンドアイの復活Vなるか、それともそれを阻止する馬が現れるのか、今年の牝馬戦線を占う意味でも重要な一戦になりそうです。
 馬場も今日の感じですとほぼいつもの高速馬場には戻ってきそうですし、真っ向勝負での素晴らしい戦いを期待したいですね。


★展開別想定

・ハイペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  サウンドキアラ

<人気薄特注馬>
  ビーチサンバ・トロワゼトワル

・スローペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  ラヴズオンリーユー

<人気薄特注馬>
  コントラチェック・シゲルピンクダイヤ


★展開予想

・馬場想定……良馬場(かなりの高速馬場~超高速馬場)
・ペース想定……ややハイ~平均ペース(実質スロー寄り)
・推定勝ち時計……1,31,3~7

 今日の府中は、一日雨ふりの割に馬場の悪化は最低限に留まっていましたね。
 メインの京王杯の時点でも35,2-11,5-33,1=1,19,8と、超高速良馬場と見まがうばかりの時計・ラップでしたし、この後もそこそこ雨は降り続くものの、降水量は1時間に1mm程度、20時くらいには止む予報になっていますから、一気の悪化は有り得ないかなと思います。
 明日は一日晴れ予報に替わっていますし、午前中の時点ではまだ稍重くらいかもですが、午後には良に回復、土台が相当に軽いので超高速状態まで戻ってくる可能性も充分あると踏んでおきます。

 今日の馬場バイアスははっきり前目内目で、明日も馬場が内から乾く、と考えれば、いきなり外差しがバンバン決まる馬場になるとは想定し辛いです。
 勿論ペース次第ではあるのですけど、ここは飛ばしていきそうな馬がいるとはいえ、馬群全体がそれについていくかは疑問で、実質スローからの高速持久力特化になると思うので、縦横のポジショニングでかなりの実力差も覆せる可能性は充分あります。
 正直バイアス的にはアーモンドアイに逆風、とは思うので、それでも、となるか、それとも、になるか、とても楽しみではありますね。

 レース展開ですが、逃げそうなのはトロワゼトワルかコントラチェックで、どちらもある程度はペースを引き上げていく意識を持つ、とおもいたいのですが、特にトロワゼトワルは三浦Jですしあまり信頼は置けません。
 その後ろにメジェールスー、せラピア、ダノンファンタジーなどが続き、サウンドキアラも大外ですが今年はある程度思い切って前を狙うかな、と見ています。

 ラヴズオンリーユーは流石にマイルですとこの枠でも中団まで、ビーチサンバはスタートが良ければ前につけてくれるでしょうけど、いつも安定しないのでそこはネックで、プリモシーンが中団内目、アーモンドアイは中団よりは少し後ろの外目からの追走になるでしょうか。
 ノームコアとスカーレットカラーはそれをマークしつつ、となりそうで、前が飛ばしていくかは不透明ですけど、実質先団は46,5-45くらいの競馬、後ろから差すなら後半4F44秒前半は欲しい、というレースになると思います。
 その上で、前が飛ばした場合も、そうでなくても、ある程度コーナーから仕掛けていく意識は今の府中なら出てくるでしょうし、やはり4コーナーはある程度タイトに立ち回りたい、とはなるでしょうね。そのあたりが噛み合いそうな馬、馬場適性と追走面に不安がない馬を素直に狙いたいレースです。


◎プリモシーン(11P)

 枠の並びを見た時点で、馬場が軽いままなら重い印は外せないな、とは思っていたのですけれど、加えて今日の内有利バイアス、レーンJの積極性と最後まで持たせる腕力を見せつけられてしまうと、安直でも本命打ってしまうか、となりますね。。。

 この馬も課題はあって、まず超高速馬場巧者なので完全に回復してくれる事と、若干揉まれ弱さもあるので、内からでもどこかでスムーズさを欠くと苦しいかも、という懸念は出てきます。
 ただイメージとしては、ある程度前が飛ばしてポツポツ、となる中で、後続が早めに動いて捕まえに行く形が濃厚ですし、それだと中緩みで詰まって、というパターンにはなりにくいのですよね。
 コントラチェック武Jが意図的にそういうギアの上げ下げを問う競馬に持ち込んできたらシャッポを脱ぐとして、今の府中で淡々と流れる限りは、進路取りの上手いレーンJですしなんとかしてくれるでしょう。

 少なくとも他の有力馬に対して3~4角でのアドバンテージは確実に作れるはずなので、直線スムーズに進路さえ作れれば最後までしぶとく伸びてくるはずですし、去年も少し外を回してあの競馬ですから、やはり舞台適性に疑いの余地はないため、本命を打ってもいいかな、と思いました。


○アーモンドアイ(13P)

 流石に府中で対抗以下には落とせないですよね。
 ただ今年も差し損ねのパターンは普通にありそうで、枠自体はこの馬としては最悪ではないですけど、自分の外から前をカットして出していく馬がそれなりに多く、内の馬とのポジショニングのせめぎあいの中で、予定より一列後ろになってしまう懸念はスタート次第で出てきます。
 加えて今の馬場ですと、やはり外から早めに動いて、となるとロスは大きいですし、勿論それをはねのけるだけの圧倒的な適性と後半要素を保持してはいますが、内目で完璧に立ち回った馬に掬われる可能性はあるでしょう。

 ドバイ帰りで万全ではないのも事実でしょうし、勿論あっさり差し切ってしまったら流石強い、と一言で済ませればいい話で、それでもここまで一本被りになるなら、有馬の反省も踏まえて頭から信頼しないスタンスで行こうと思います。


▲ビーチサンバ(10P)

 いつもながらのゲートさえ出れば、ですけど、馬自身も府中のマイルがベストコースの可能性は高いです。
 完全に後半特化になったクイーンCなどは、その後見せたレースに比べると明らかに爆発力を高めていますし、坂での機動力があるのは心強いですよね。
 この枠と並びなら、少し出負けしてもリカバーして中団前は取れるかなと思いますし、スッと出れば二の足はいい馬なので、ポケットまで狙っていけるはずで、そのパターンで淡々と一貫した流れを追走出来れば、この馬のしぶとさ、血統面の持続性能が存分に生きるシーンがあってもいいのではないでしょうか。


△サウンドキアラ(12P)

 大外は厳しいのですが、自分の内にそこそこ前に行く馬がいて、それを目標にある程度思い切って出していく形は作れそうなイメージです。
 理想としては、トロワゼトワルが飛ばしていって縦長、それをコントラチェックのすぐ後ろで追走していく形になるかなと思いますし、今の松山Jならそういう積極的な騎乗も期待していいはずで、馬の充実度を踏まえれば、ことさら枠で大きく嫌わなくてもいいと踏んでいます。
 勿論前半に足を使う分、勝ち切るのは難しくなってしまったと思いますけれど、それでもこの馬らしい操縦性と立ち回り、要所の反応の良さを総合的に生かせる形になれば、充分圏内は狙えるだろうと見ています。


×シゲルピンクダイヤ・ダノンファンタジー・スカーレットカラー・ノームコア

シゲルとスカーレットはイン差しに決め打った時の破壊力、馬群を割って伸びられる能力を買って、後ろからでも、というイメージです。
 ダノンファンタジーは総合的に足りない気はしますが、川田Jが前目内目でジッと溜める競馬を選択してくれればワンチャンス、ノームコアも適性は疑いないので、横山Jらしいコーナー死んだふりからの一発は警戒ですね。

 ラヴズオンリーユーは、枠がいいだけに悩みどころですが、ゲートが安定している馬でもなく、この距離でポジションが取れるかの懸念は強いのと、追走面の課題、上がり勝負に適性があまりなさそうな点等、総合的に勘案してここは狙えない、と判定しました。


※疑似的な買い目(自信度A)

単勝
1000

馬連
◎ー○
3000

▲ー◎○、◎―△
500×3

三連複
◎○ー▲△
1000×2

◎○ー×
300×4

計8700


posted by clover at 17:40| Comment(16) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京王杯が雨でスローの直線競馬で1.19.8だから、去年との比較で言えば馬場は同等というよりも去年以上に速いということで良いですよね。

これはついにマイルの1分半切りが見られる?
Posted by I.C.スタッド at 2020年05月16日 19:56
JRA、凄まじい路盤整備力ですね。
一日限りの多少な雨降りならグジャグジャならない、板のような路盤ならば。
温暖化が進む中で、しっかり芝の根は付く上に気温上昇から水掃けの良く乾きも速い路盤で野芝主体のレーシング場と認知されると。
総額20億円の賞金レースにして、3着馬にも賞金3億円貰えるくらいのビックレースを企て。
更に十分に散水を施した馬場コンディションにしないと、もう海外からの参戦馬は望めないと思うくらいに。
こりゃぁ、金子オーナーも割り切って英国産の日本生産馬を買ってフランスに預け。
そこから、生涯獲得金額よりも名誉欲から何気に凱旋門賞も狙いたくもなります。

それにしても今回、川田が内目枠に入って安田記念againのアーモンドアイ潰しの川田ブロック炸裂させ難い枠順で安堵。(笑)
外から蓋して内に押し込み追走した川田鞍上のダノンプレミアムの方がバテて沈み下馬する結果だったから、余計に負けて強しのレースとして衝撃的な心肺機能のアーモンドアイ。

なので、カナロアの長所をガッツリ受け継いだ名牝だけあってブエナビスタagainから中団後方構えで直線勝負でも良いと思うくらいに。
悪手は、カナロアと同じラスト1ハロンからまだまだ伸びてしまう豪脚の持ち主にだけに。
とりあえず、追い出しに手間取る内馬群に閉じ込められてしまう進路取りだと思うので。
昨年、勝ったダミアンも外に出して一気の追い出しから突き抜けだっただけに。
欲を言えば、逃げ先行馬が出揃い前に伸びた隊列によって昨年のプリモシーンくらいのポジションが奪え追走出来たら最高であり。

また、一線級の牡馬相手にG1を勝ち抜けたウォッカと同様に。
安田記念より格下げ相手レースとなる牝馬限定マイルG1なので、熱発発症の情報もない中で8分目のコンディションでも問題なく。
更に2500mより4ハロン以上の短縮から、有馬記念と同様に正面スタンド大観戦によってスイッチが入ってしまう状況は消え他馬の影響によって道中で掛かっても自力で相手を捻じふせる能力十分から。
「ウォッカ、馬なり、ウォッカ、馬なりで」をロスも喰らいながらも再現出来そうなのはアーモンドアイだけなので、季節の変わり目から吹き荒れる強い向かい風の中で子ども扱いでウォッカが突き抜けた当時と同様に強い向かい風の中で突き抜ける強さを見たいところですが。
そこで後傾ラップになって、インディチャンプと同様に好位から32秒台の脚を使う馬が出て来たら驚くしかなく。

今回はアーモンドアイ以外、実力拮抗メンバーなので。
ノームコアは、先ず府中好走馬でありリピーターでもあり高速化馬場ならば大外枠でも典が馬二頭分のところで追走させてアーモンドアイ要警戒から勝負を急かすことのない一気の追い出しを仕掛け相手にまでなると考えたところに。
京王杯スプリングカップでダミアンによる勝負師騎乗を目の当たりすると、ジョッキーファクターをガッツリ上げて要警戒の強迫観念も湧いてしまい。
更に、豪州産馬である母親モシーンをダミアンは知っているだけに。
NHKマイルと同様に出遅れの再現にならなければ、中団好位から得意のイン構えで折り合い付けてアーモンドアイの仕掛けを十分に警戒しながら追い出しタイミングを遅過ぎず早過ぎずの一気の追い出しから勝負するとなると切れに切れず。(笑)

あとは、アーモンドアイ要警戒の中でノーマークになれる人気に欠ける内目先行馬を穴相手にワイド馬券検討します。
福永も、府中1400mでレッドアンシェルによる内目からの好位策も良かったのでビーチサンバ。
それとセラピアは、田辺による勝負師騎乗は全く期待しては野暮な話ですが。(笑)
セラピアの親父譲りな心肺機能による高さは目を見張ってしまい、真ん中の好発からポツンの番手策が取れたら面白い存在なので。
ゲート駐立が不味い同型トロワゼよりも先手が奪える可能性もあり、更に競馬を覚えたら化けるスケール感もあって。
ただ気性が幼過ぎるからリスクは大きく競馬に嫌気をさしてしまい、最後は田辺も制御不能になってヨタつきながらの自爆も込みで武の大外から先手策が侮れないコントラチェックと一緒に抑え買って置きます。

Posted by ギャロップ at 2020年05月17日 02:52
>I.C.スタッド様

 いつもコメントありがとうございますー。

 先週とは逆に、雨の影響を見越して全く散水していなかったようなのと、ガッツリ直前に芝刈りをしたのか?で、土台の高速化は著しいですよね。
 昨日のメインのあとどれだけ降って、どこまで早い段階で乾くか、はあるでしょうけど、ペース次第ではレコードも視野に入ってくる馬場ではありますね。
 
 おそらく府中マイルで、となると、30秒を切るには45,7-44,2くらいのバランスがベストになるでしょうか。
 もしも馬群全体が速い流れに乗っかっていって、それでもそこそこ縦長となった時に、アーモンドアイが中団よりやや前のインから2頭目までに潜り込めてしまえば、それくらいは出せても不思議ない時代になったのは間違いないですねぇ。
 まあ時計はともかく、全ての馬がしっかり力を発揮できる流れと馬場になってくれれば、と思います。
Posted by clover at 2020年05月17日 04:05
>ギャロップ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 まあ去年もスタートのタックルはレジェンド武Jのロジクライでしたから、外目にコントラチェックがいるぞー、なんて言い出したらキリがないですけどね。。。
 今年の並びですと、サウンドキアラがあまり前に行けなかった時に、アーモンドアイの外にピッタリ張り付いての競馬はしてくるかもしれません。
 アーモンドアイとしてはとにかくスタート、中団までに入ってしまえばなんとかなると思うのですけどね。

 馬場バイアスや適性を踏まえるとも今回は結構面白い馬が多いのですけど、しかしジョッキーファクターを加味すると途端に狙いたくなくなる馬が多いのですよね(笑)。
 セラピアなど、その気になればロゴタイプみたいな奇襲作戦が打てる馬ですけれど、今の田辺Jのポジショニング意識を見ている限りはうーん、となってしまいますしね。
 三浦Jトロワゼトワルとしても、昨日のレーンJや、京王杯AHの時の横山Jみたいに、2F目まではじわっと誤魔化して、そこから長く6Fで勝負する、みたいな組み立てはとてもとても、となりますし難しいです。

 結局終わってみれば前目内目をしっかり立ち回ったトップジョッキーがしっかり持ってくる、という構図になるのではないかと思うのですけどねー。
Posted by clover at 2020年05月17日 04:12
cloverさんおはようございます♪

いや〜自分の予想と全く一緒で
かなり心強いです!!
今回もやっぱり祐一君の取捨て鍵ですね
この絶好枠に馬の並びを見たら
ビーチサンバの追っかけ…
いや自分が買う馬の鞍上はかなりの確率で
祐一君なんで、今回も先週同様に詰まらず
スムーズに脚を出し切って欲しいです!!
とりあえずアーモンドアイが飛ぶ馬券も
買って祐一君の名を叫びたいです(笑)
Posted by カズ at 2020年05月17日 08:07
おはようございますー。

やはりこの高速馬場ですから、私もプリモシーンを狙いたいですね。
内枠に入りましたし、欲を言えば4か6の偶数だったら最高でしたけども。

アーモンドアイが少し心配です。
有馬での負け方、ドバイでの頓挫、目標を安田記念からの変更(牝馬限定の方が相手は楽ですが、調子はどうなのか)。
これまでの勝ち方が衝撃的ですし、歴史に残る名牝ゆえに無様な姿は想像できないですけど。

そして今日は東京10Rも楽しみにしてます。
今後のダート戦線で活躍を期待する楽しみな馬が揃い、メインの前も注目してます。
ダノンファスト、シェダル、タガノビューティー。
この3頭が抜けてると思うのですが、甲乙つけ難く。cloverさんはどのように見立てているでしょうか?
印を付ける難しさを感じますが、私は◎ダノンファスト◯シェダル▲タガノビューティー

この馬たちはこれからライバルになっていくのかなと勝手に想像しています。
Posted by サイクロ at 2020年05月17日 09:02
>カズ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 今日もスタートで稍重、含水率もほとんど良なので、午前中の内に回復して、レース本番は普通に超高速馬場の可能性がかなり高いですね。
 そうなるとやっぱり昨日同様に前目内目がかなり有利に映りますが、そこまでに芝のレースが5つあるので、多少なりバイアスが変化してくるかは注視しておきたいです。

 ビーチサンバはどうしても出負けのリスクを計算しないとなんですけど、内の偶数で、しかもすぐそばに速い馬が少なくてリカバーしやすそう、というのはかなり恵まれていますよね。
 今シーズンの福永Jはリズムがいいですし、ここで上手くゲートを決めてくれたらかなり楽しみだと思います。
 どうしたってアーモンドアイが過剰人気にはなりますから、あわよくば、を少額でも押さえておくのは正着だとも感じますし、ゴールギリギリまでドキドキと楽しめそうなレースになってくれればいいですね。
Posted by clover at 2020年05月17日 10:30
>サイクロ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 プリモシーンも気難しいところはあるので、待たされてタイミング合わず、の怖さは確かにあるのですよね。
 とはいえそれ以外の条件はベストに近い状況に見えますし、とにかくトップクラスでの好走スポットそのものは狭い、ここしかない、という馬ではあるので、渾身の走りに期待しましょう。

 アーモンドアイはやっぱり枠の並びは恵まれてませんし、外目からどういう競馬を企図してくるか、ですね。
 馬自身が本当に全てを振り絞って走ってしまうところはあるので、そういう気質的な面に陰りがなければいいな、と思いますし、この馬が強くあってくれないと競馬界も盛り上がりませんから、最低でもらしい競馬は見せて欲しいです。

 青竜Sは良いメンバーですよね。
 今週のダートは、雨が降ってもそこまで軽くないイメージではあるのですが、それでもこの舞台で圧巻の切れ味を披露しているタガノビューティーとダノンファストは信頼度は高いですよね。
 私は枠の差と、瞬間的な爆発力の差でタガノビューティーが上に来るかな、とは踏んでいます。

 シェダルも血統的にはこの舞台で更に良さが出ても不思議はないのですけど、今のところ速い上がりの競馬が未知数なのと、前走ヒューイットソンJが結構厳しい競馬をさせてしまったので、その反動は気掛かりですね。
 個人的にはあと、前目で受けられるフルデプスリーダーが気になってます。前走見た目以上に強かったと思うのですよね。

 しかしこの府中マイルベースで考えた時、このメンバーでも充分にユニコーンSレベルながら、更にカフェファラオとレッチェバロックがいるんですよねぇ。
 本当に今年も豊作のダート路線だと思いますし、このレースもとても楽しみです。
Posted by clover at 2020年05月17日 10:39
見解ありがとうございます。
レースがより楽しみになりました。

フルデプスリーダーですか。
あまり注目してなかったので、こちらもどんな走りをするのか、早くレースを見たいです。
Posted by サイクロ at 2020年05月17日 13:52
セラピアまで取り消して、逃げ・先行勢がはっきりとして突かれる可能性が低くなりましたね。
馬場も明らかに軽くなって内有利なので前残りが怖いところです。

アーモンドアイに関したらゲートまともに出てポジションさえ付けることが出来れば勝つでしょう。
が、マイル戦だと後方寄りの位置取り傾向なので、外を回させれば差し損ねの可能性も考えられます。

馬券はビーチサンバがゲートまともに出ることを祈りつつ、内側を通ることが出来そうなプリモシーンやラヴズオンリーユー、ダノンファンタジー辺りから狙おうと思います。
Posted by が茶 at 2020年05月17日 15:09
>サイクロ様

 見応えのある激戦になりましたね。
 デュードヴァンもダートで底を見せていない馬でしたし、ハイペースからのしぶとさは血統のなせる業かな、と思います。
 ダノンファストも一瞬の切れはいいのですけど、府中だと2走前もラストがちょっと甘くて、あまり長く脚を使えないイメージですね。

 ただ結果的にある程度タイトに立ち回った馬が最後に踏ん張った感じで、ダートでもコーナー最速ラップはレアなので、面白いレースになったと思います。
 タガノビューティーはその展開で外々だったのと、あまりハイペースが向かない馬なのかもですね。
 フルデプスも出遅れがなければ……なんですけども。
Posted by clover at 2020年05月17日 15:28
>が茶様

 いつもコメントありがとうございますー。

 ハイペースの1400mでやっと中団からの差しが決まるくらいですから、最序盤のポジショニングは本当に重要ですよね。
 セラピアがいなくなって、誰が前に鈴をつけに行くのか、隊列と大欅からの攻防は本当に楽しみです。徒刑もかなり出てしまいそうですねー。
Posted by clover at 2020年05月17日 15:32
いよいよアーモンドアイの復帰戦ですね。

自分はアーモンドアイからビーチサンバ、プリモシーン、ダノンファンタジー相手の馬連三点勝負にしました。

個人的には、ダノンファンタジーに来て欲しいですねー。前走は、前哨戦凡走して上昇するディープ産駒としては、理想的と言うか、教科書通りのレースだったので。
Posted by ハル at 2020年05月17日 15:38
>ハル様

 いつもコメントありがとうございますー。

 まあ暴虐的な強さでしたねアーモンドアイ。
 結局内枠の有力馬がこぞって出負けして、完璧に外主導の先団になりましたし、この馬場とポジショニングを鑑みれば非常に妥当な結果なのですが、ああいう隊列になると想定するのが中々難しいですからねぇ。
 
 唯一ダノンファンタジーはいいスタートだったのですけど、川田Jにしては消極的と言うか、流石にアーモンドアイの後ろからでは厳しいですね。
 今日は馬場も完全にアーモンドアイ仕様でしたし、ここを軽く勝ってさて次をどうするか?ですよねぇ。やや適性外とは言え、宝塚、出るべきだとは思うのですけど。
Posted by clover at 2020年05月17日 16:12
こんばんわ。
東京10R青竜ステークス、レースは非常に面白いものになりましたね。

ダノンファストもフルデプスリーダーもそこそこの出遅れで…
(フルデプスリーダーはデムーロJですし、出遅れは想定内でしたが)
ダノンファストは4角の時点であの位置では、ちょっと厳しいかと思いましたが、上手く進路を探して1着馬とはクビ差まで追い込みましたので、負けて強しの印象でした。

タガノビューティーは仰る通り、ハイペース向きではないんですかね。
最後ギリギリ差せましたが、外を回った分詰め切れなかったという感じで。
ユニコーンSでは評価を落とさざるを得ないと感じました。

どの馬がカフェファラオとレッチェバロックの間に割って入ることができるのか、3歳ダート戦線のユニコーンSも俄然楽しみになってきました。

Posted by サイクロ at 2020年05月18日 23:44
>サイクロ様

 ダノンファストは内枠でしたし、出遅れた分腹を括って、4コーナーでも無理せず最短距離から進路確保するだけのスペースを残しつつ、という、いかにも横山Jらしいエスコートがラップ的にも上手く噛み合った気はしますね。

 タガノビューティーは時計の掛かるダートで前傾戦だとちょっと良くないですね。
 ユニコーンSでチャンスがあるとすれば、明確に馬場が渋って1,34,5くらいの勝ち時計になった時、かつそれでレース自体が47-47,5くらいの平均で収まれば、暴力的な切れで撫で切る、というシーンはあるかもです。
 ただそういう条件ならレッチェバロックのスピードもより全開になりそう、カフェファラオも楽に時計を詰めてきそうですから、やっぱり少し足りないのかもしれません。
 少なくともコーナーから動いていくよりは、直線だけに賭ける競馬の方がいいとも思いました。
Posted by clover at 2020年05月19日 05:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください