2019年11月20日

2019 11月第3週2歳戦 レース回顧(日曜編)

 今日はアエロリットの有馬参戦と、そこが引退レースになる、というニュースが飛び込んできましたね。
 奇しくもこれで、個性派の素晴らしい名牝3頭が有馬を引退の花道に、という事になりますし、勝負度合いはともかくとしてもやはりそれはグランプリレースに相応しい光景でワクワクします。
 これでアエロリットがダイワメジャーくらい走っちゃったら個人的には胸熱過ぎるのですが、近年はどうしてもメンバーレベルも盛り上がりもJC>有馬だったのが、珍しく逆転した格好になりそうで、本当に楽しみですねー。


★11/17(日) 東京5R 芝2000m

 このレースを勝ったのは、キンシャサノキセキ産駒のガロアクリークでしたね。
 勿論日曜日も超高速馬場の中で、時計的には中距離新馬戦らしく超絶スロー、65,1-59,4=2,04,5の後半3F上がり特化勝負になっています。
 ラストが11,6-11,1-11,4ですので、後半要素はバランス良く問われていてここは悪くはないですが、いかんせん緩すぎるので色々次に向けての課題も多いレスではあったと思います。

 その中で勝ち馬は、やや後手、くらいのスタートから中団の外目、まだ中盤緩い地点からじわじわと押し上げていって、この馬の面白かった点は、既に残り400mでは一気に先頭に立っていたところです。
 つまり、レースラップ的には12,6-11,6とそこそこ加速度の高いところで、外目を回しつつ自身は一気に11,0くらいまで引き上げてきているわけで、この加速性能とコーナーのスピード感は中々のものがありました。
 またそこから差し引いて考えると、コーナー最速からしぶとく持続させてきたとも言えますので、キンシャサノキセキの仔らしからぬ個性ではあると思います。
 勿論このスローだからこそ、というのもあるでしょうが、結構素材的に楽しみな一頭ではありますね。

 2着以降はまあ、うーんというところですが、強いて言えば外枠出負けで、新馬走らない国枝厩舎のミッキーパンチくらいですかね。


★11/17(日) 京都5R 芝2000m

 このレースはオルフェーヴル産駒のディアマンミノルが、中団インから直線外に持ち出してスパッと伸びての快勝でしたね。祖母がイソノルーヴルというのもじつに渋いです。

 ラップ的には63,2-60,9=2,04,1とそこそこのスローバランスで、まあ超高速の府中とは違い、淀内回りの2000mなら時計はこれくらいでも、というところです。
 ただ後半は12,0-11,7-11,6と尻上がりの加速ラップで、そこまで出し切った競馬ではない、とは見ておいていいでしょう。

 その中で勝ち馬は、外枠でしたがうまく道中インに潜って、向こう正面で押っ付けるなど若さも随所に見られましたが、直線では外に持ち出すと鋭く反応、先に動いたハーツクリスタルを並ぶ間もなくとらえての完勝でしたね。
 まあこの日の馬場傾向を見ても、外に出した方が脚は使える、というのが最後噛み合った感じではありますが、それでも11,3~4くらいでは上がってきているので、まだ奥がありそうな感じです。後はこの血統だけに、ペースが上がって対応できるかが鍵になりそうですね。

 2着のハーツクリスタルは、手負いのムーアJにどれだけ押っ付けさせてるんじゃい、ってくらいに前半からラストまでズブく、まだ競馬をよくわかっていない感じもしましたが、叱咤激励の嵐の中で最後までジリジリ伸び続けてきていたのは評価していいのかなと思います。
 見ての通り完成度はかなり低いですが、それだけに伸びしろもあるとはいえて、すぐに、はともかく、いずれ芯が入ってきたらいい馬になるかもしれませんので、そこは覚えておきたいですね。


★11/17(日) 東京6R ダート1400m

 ここを勝ったのは、シニスターミニスター産駒のティートラップでした。
 メインの霜月Sが1,23,9なので、そこまで軽いダートではなかったと思いますし、その中で36,7-13,0-36,8=1,26,5とほぼ平均バランス、緩みもあってからの3F戦で上位2頭はしっかり切れ味を引き出してきた、という見立てでいいでしょう。
 ラストは12,4-11,9-12,5と坂での加速は悪くないレベルですし、勝ち馬も外枠からスムーズだったとは言えレースセンスの良さと操縦性は目立っていたので、後は追走でもう少し頑張れるようなら上のクラスでも、と思います。


★11/17(日) 京都6R 芝1200m

 ここもキンシャサノキセキ産駒のシャイニーズランが、実質最後方に近い位置から豪脚を繰り出し、素晴らしい差し切りで新馬勝ちとなりましたね。
 ここもルメールJが逃げて2着に粘っていますが、ラップが35,8-34,9=1,10,7とかなりのスローバランスに上手く嵌め込み、直線も11,8-11,4-11,7と上手く出し抜いているのですが、勝ち馬の決め手だけが全く別次元でした。

 実際勝ち馬は37,1-33,6という極端なスローバランスで、直線入り口でインから外に持ち出してまだ前とは5馬身は軽くあったので、ざっくり見ても11,3-11,1-11,2くらいのラップで走破しています。
 如何にスローとはいえ、この日の馬場でこれだけの速いラップを3F続けてきたのは馬場適性と非凡な持続力かなと思いますし、ついていけなかった部分も含めて距離は確実にマイル位まではこなせる感じはあります。
 相手関係も楽だったとはいえこの決め手は面白いので、次にどこにでてくるか楽しみですね。


★11/17(日) 東京9R 赤松賞(芝1600m)

 ここは牝馬限定戦らしいスローからの3F勝負になり、オルフェーヴル産駒のシャインガーネットがいい決め脚で勝ち切りました。
 ラップ的には36,0-24,5-33,9=1,34,4なので、かなりのスローで中盤も極端ではないにせよ緩め、ラストは11,1-11,3-11,5と流石に仕掛けは早くなっての持続力特化に近いレース、とみていいでしょう。
 勿論馬場がめっちゃ軽かっただけに、前日のルーツドール戦などと比較しても、今一歩これといって推せる要素が少ないレースで、正直このメンバーよりはまだアヌラーダプラの方が強い気はしなくはないですね。

 その中で勝ったシャインガーネットは、スタートは今一歩で道中中団から、コーナーで馬群の間をジリジリ上げてきて直線、スパッと切れる脚は見せられませんでしたが、最後の持続地点でしぶとく伸び切っての完勝でした。
 まあ血統通り機動力よりは持続力、という形で、しかもスローだったので、色々恵まれた部分はありそうで、もう一段全体的に流れてどうか?というのは怖いところです。
 ただ競馬センスと、この血統の割には穏やかな雰囲気でもあるので、相手が強くなってもそんなに大きく崩れるタイプではないかな、というイメージは持っています。

 2着のシンハリングも、馬の特性を踏まえての強気の仕掛けは悪くなかったと思いますけど、突き詰めればダイワメジャー産駒で、全体でもう少し引き上げる意識は欲しかったかもですね。
 この馬の方が最速地点や坂地点の反応はいい感じでしたけど、持続で少し甘くなるのもこの血統らしく、一応これだけの後半勝負にも一定対応できたのは収穫と言えますが、高いレベル相手ですとペースを引き上げないと苦戦するのは否めないな、という感じでした。

 3~4着馬はポジショニングがも含めて出し切れていない面もありそうですけど、実力的にもこのくらいかな、とは言えますし、5着イズジョーノキセキも前に出していくとふわふわするというか、坂地点でスパっと切れる脚を引き出せなかったのは残念でしたね。一度思い切って下げる競馬でどこまでやれるか、改めて試して欲しいです。


★11/17(日) 京都9R 秋明菊賞(芝1400m)

 このレースを勝ったのは、キズナ産駒のエグレムニでしたね。
 ラップ的には35,8-12,0-35,1=1,22,9とややスローくらい、後半は11,4-11,6-12,1と、ある程度下りからペースアップしての持続勝負、大接戦になったように力は出し切りやすいレースだったと思います。

 その中で勝ち馬は、道中ポケットから直線で少しずつ外に持ち出しつつじわっと抜けて、反応の良さとこの馬場での相対的な切れを見せてきたと思いますし、他のレースを見てもこの日はインがそこまで走りやすかったとは言えないので、その点でもそこそこ評価出来るでしょう。
 ただ全体時計としてはやはり平凡、相手関係も楽でしたし、距離適性も読みにくいですね。1200mよりは1400mだと思いますが、マイルよりは1200m、みたいな微妙な適性を感じる走りっぷりでした。

 2~5着までは、それぞれが適性を活かしつつ弱点も露呈した競馬、という感じで、ラスト12,1の中で全体的にみんな甘くなっているので、やはりレースレベルとしては微妙かな、とは思います。
 それでもこのクラスで有る程度堅実に走れる目途は立つ内容だったと思いますし、軽い馬場で見直したい馬も多いですね。カワキタアジンあたりは阪神1400mで見てみたいです。


posted by clover at 19:41| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください