2019年11月16日

2019 マイルチャンピオンシップ

 さて、明日は3歳と古馬が入り混じってのマイル王決定戦・マイルチャンピオンシップですね。
 フルゲートこそ割ったものの非常に粒揃いの良いメンバーとなり、激戦が予想・期待されますが、その中で最後にしっかり抜け出してくるのはどの馬になるのか、実に楽しみです。
 京都の馬場も相変らず読みにくく、むずかしいレースになりますが、しっかりと予想して的中に繋げたいですね。


★展開別想定

・ハイペース(波乱度B+)

<危険な人気馬>
  ダノンプレミアム

<人気薄特注馬>
  モズアスコット・フィアーノロマーノ

・スローペース(波乱度B-)

<危険な人気馬>
  インディチャンプ・ダイアトニック

<人気薄特注馬>
  グァンチャーレ・マイスタイル


★展開予想

・馬場想定……良馬場(標準レベル)
・ペース想定……平均~ややスロー
・推定勝ち時計……1,32,5~8

 今日の京都芝は良、Cコースに替わって傾向的にどうなるか注視していましたが、少なくとも時計面では少し軽くなったかな?程度の誤差で、間違いなく高速状態ではありませんね。
 1勝クラスのマイルが46,9-47,1=1,34,0、比叡Sが62,2-12,2-59,0=2,13,4で、アンドロメダSが60,1-59,3=1,59,4ですから、流れればそこそこの時計は出ますけど限定的、スローでも後半極端に速い脚を使うのは楽ではない、というイメージでいいと思います。
 ただCコース替わりでも、全体的に差し届いていたイメージはありますね。勿論前目内目も残ってはいるのですけど、ペースが上がるとしっかり後方からでも勝ち切れるくらいにはタフ、と考えていいですし、バイアスも極端ではないのでフェアな馬場になっているのではないかと感じます。

 そしてレース展開ですが、とりあえず絶対に逃げる!という馬がいないのでそのあたりは難しいですね。
 逃げ候補としては当然内枠のマイスタイルが本線で、グァンチャーレもマイラーズCで逃げて結果を出していますしマイスタイルが出負けしたり、まごまごしていたら思い切って、という手もあるでしょう。
 フィアーノロマーノも変に包まれる競馬よりは、出していってタフな流れに持ち込みたいと思いますし、この3頭が前に行くのはほぼ間違いないと踏んでいます。
 それに対し、結構外目になったダノンプレミアムがどこまで前に入ってこられるかで、この馬としては当然理想は番手外ですけど、流石にそこまで出していく形を取れるかは微妙な並びで、2列目の外くらいが妥当なラインになりそうです。

 アルアインも先行力はありますが、陣営が馬群の中の競馬を示唆していますし、ダノンプレミアムを行かせてその後ろに潜り込むくらいのイメージ、ダノンキングリーも極端な出負けがなければある程度位置は取れる馬で、前の並び次第ですが3列目までには入ってくるかなと見ています。
 インディチャンプも前に行こうと思えば行ける馬ですが、ソラを使う癖を気にしているのと、池添Jへの乗り替わりで出負けのリスクもあるので、とりあえず中団くらいのイメージでみています。
 ペルシアンナイトあたりは内の馬がそこそこ前に行くので、マーフィーJらしくある程度インに潜り込みつつの競馬が出来そうで、レッドオルガも当然内目は死守、それより外の馬がいい位置でインに潜ってくるのはちょっと難しいかもしれません。
 ダイアトニック辺りは出たなりに中団外目くらいになりそうで、プリモシーン、クリノガウディーあたりも中団よりは後ろくらい、カテドラルやレイエンダは相対的に後方からの競馬になる可能性は高いと思います。

 ペース的には、引き上げて良さが出るのはフィアーノロマーノくらいですが、この馬と藤岡康Jが果たしてそういう逃げを打ってくるかは半々くらいと踏んでいます。
 まあシンプルにノーザン系のラビット的な意味でも、ある程度飛ばしていった方が全体的にはプラスになる感じはあるので、そのあたりは一応留意しつつ、でも基本的にはマイスタイルのマイペース逃げが濃厚だろうと見ています。
 大体ラップ的には46,8-46,0くらいのややスローを軸に、流れても前半45秒台とかの急流には簡単にはならないと踏んで、まあなったとしても適応力のある馬を狙っていきたいな、と思います。
 どちらにせよ、ある程度内目で立ち回ったほうが、このレベルであればまだ多少優位に働くとは思うのですよね。


◎ダノンキングリー

 初遠征と厩舎力、馬体減に一抹の不安はありますが、地力では最上位だと見ていますし、絶好枠も引きましたから初志貫徹で本命です。
 この馬が一番強いのは前走みたいな形だろう、とは思うのですが、ただ皐月賞やひいらぎ賞など見ても、色々な形で相当に高いレベルで器用に競馬をこなしてきますし、瞬間的な機動力と爆発力が特に素晴らしいので、内から立ち回っても淀なら一瞬のスペースさえあればスッと抜けてこられると踏んでいます。
 ちょっと馬体が減りそうですけど、この一戦に限ればそこまで不安視しなくていいかな、と思いますし(次の反動は恐いですが)、前にいる馬もある程度しぶとく、一足が当てになる馬なので、出負けなく中団のインまでに入っていければ勝ち負けしてくれると信じたいですね。


○ペルシアンナイト

 ここはダノンプレミアムにするかこの馬か、だったのですけど、妙味と流れを踏まえてこちらにしました。
 元々リピーターの強いレースでもありますし、この馬も叩き2走目で得意の淀のマイル、枠は半端な感じですが、内の馬が前に行きそうなのである程度インに潜り込めるイメージは掴めますので、そこからしっかりしぶとく脚を伸ばしてくれば、というイメージですね。
 マーフィーJも改めての京都で期するものはあるでしょうし、この人気で一発、狙って欲しいところです。


▲グァンチャーレ

 こちらも元々単穴候補であり、それがこれ以上ない枠を貰ってしまったので、そのまま単穴を打つしかないですね。
 基本的には前目で勝負すべき馬で、その点この枠と並びは良く、マイスタイルのすぐ後ろでじっと脚を溜めつつ、引き込み線でスッと脚を使って出し抜くこの馬のレースは完全に完遂できそうな雰囲気があります。
 ペースはある程度流れても問題なく、少しタフな馬場で相対的な切れ味の質はかなりいいものを持っていますから、松岡Jには決してポジショニングに妥協せず、強気強気のレースをお願いしたいですね。


△ダノンプレミアム

 迷ったのですけど、先行馬の並びからも楽に番手外は難しそうですし、勝負所で外々、となると少し最後で甘くなるイメージはどうしても出てきます。
 前走も強かったとはいえ、やはり目立ったのは最速地点の切れで、ラストは持続で甘くなっていましたし、この相手で正攻法、外から捻じ伏せる形で勝ち切れるか?となると、個人的にはちょっと全幅の信頼を置くには足りないと判断しました。
 中2週もどう出るかわかりませんし、あまり外々になると圏外まであるかも、と考えつつも、地力は侮れずのこの半端な位置ですね。


×マイスタイル・フィアーノロマーノ・クリノガウディー・アルアイン

 紐はちょっと手広く、人気馬は敢えて嫌う形で狙っていきます。
 全体的には前目内目か、馬群を捌いて差してくる馬が穴目と見ていますので、その辺りである程度徹底していこうかな、というイメージですね。


※消した人気馬

インディチャンプは強いとは思うのですけど、やっぱりテン乗りが不安なのと、この枠である程度前に目標を作る競馬が、どこまでバランス良く完遂できるかの不安はあって、また池添Jなので直線は外に出しそうでもあり、総合的に見て人気馬の中では消してしまいたい、という判断ですね。
 ダイアトニックも勿論スミヨンJは恐いですし、流れてしまえば、とは思うのですが、ややスローで後半勝負ですとポジショニング・末脚の絶対量で少し足りないと見て、こちらも敢えて切ります。


※疑似的な買い目(自信度A-)

馬連
◎ー○△
2000×2

◎ー▲
900

三連複
◎ー○▲△
200×3

◎ー○▲△ー×
300×15

計10000


posted by clover at 17:16| Comment(6) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
お疲れ様です。

マイルCSの前に、先日の斤量論争の件での詳しい説明ありがとうございました。
やっぱりデメリットも多々あるという話ですよね。
それに仰る通りお役所JRAはそんな柔軟な対応はしませんよね?
売上(金勘定)だけは素早く対応するんですがね(笑)


で、明日のマイルCSですがそろそろ川田にG1勝ってもらいたいのですが…
マイラーズCの勝ち方も良かったですし本命にしてあげたかったんですが、毎日王冠のキングリー見てしまった後だと対抗までになっちゃいました。あれは凄すぎた!
アーモンドアイに匹敵すると言ったら大袈裟かもしれないけど、府中のアエロリットの勝ちパターンをあんなふうに覆すって普通じゃないですよ。

今回はちょっと強気に3連単で
①→②⑭→その他大勢
みたいな感じでやってみます。

マイラーズC視点で考えるとプレミアムが飛んだ場合グァンチャーレ2着は普通にあり得そうなんですよね。
あまり考え過ぎると買い目がどんどん増えてしまうので、なるべく絞ってみます。

Posted by hetare at 2019年11月16日 23:46






11月16日土曜日による淀と府中の馬場コンディションから時計を比較すると。
府中は狂気沙汰な時計が出て、新馬戦の時計から出るに出てオチとして若駒のG3レースでも古馬のG2レースと同じ時計ってヤバいって。(苦笑)
これで、JC連覇を狙ってアーモンドアイが出走ならば、自らのレコードを自らの脚で塗り替えありの馬場コンディションなので。
とにかく欧州勢はJCに向けスクラッチして正解と思うところであり、俺もトレーナーだったら日本に合うバキバキに米国馬血統が流れたスピード特化した馬でないとスクラッチが妥当と考えてしまい。
これならば、来月の香港G1祭りに殴りこみ主催側に当日レーシング場に水を撒いておけとオーダーを出しつつ参戦した方がいいと思ってしまうところであって。

そこで、淀は時計を要する状況で欧州血統が流れる有力馬が力を出せる馬場コンディションなので。
欧州血統が流れてパワーもあり前目で加速チェンジもスタートも問題ない上に、とにかく前目ポジション取って押し切ればええんとちゃうか!の一本気競馬が板に付き、そして日本人ジョッキー特徴でもある馬の能力を全力で信じ直球競馬を貫く川田にとって、今回はターゲットにされる立場でも前走の中距離レースで前目ポジションから化け物マークに蓋をしながらも化け物以外の有力馬を抑えての2着だった実績によって。
当日、2ハロン短縮のマイル戦から有力馬の絶好なターゲットになっても想定内でいつもの好スタートからアイルと浜中よろしくなポジションを取って行けると考え勝ち負けも出来ると思うので。
今回、当日のプレミアムによる発汗とテンションを見ながら川田を軸に勝負してみます。
オチとして、アイル浜中みたいに正攻法で挑みながらも最後は内回り合流地点から早目ステッキで早仕掛けの下手な競馬をしてガッツリ後続馬に飲まれた場合には、荷物まとめて実家の佐賀競馬に帰ってしまえとだから外国人トップジョッキーが日本でも人気先行で馬券が買われて当然と諦めるしかなく。

そして、相手はリピーター組と外国人ジョッキーをまとめて買いに行きます。
府中が舞台である安田とは真逆で起伏あるラップとなる淀を舞台にしたマイルCSリピーター組は、再び好走とか「競馬あるある」なので。(苦笑)
個人的には直球競馬の川田と同期である松岡が意外性で挑み、瞬発力勝負では先ず勝てんと逃げからハイに近いラップを刻みながら後続馬を突き離すゲームメイクをしたら面白いのですが。
「前走は本番を見据えて後ろから競馬できてよかった」との松岡によるコメントには残念感もあり。
Posted by ギャロップ at 2019年11月17日 03:36
>hetare様

 いつもコメントありがとうございますー。

 降着制度論争でもそうですが、どうしても長年の決まり事を変えると不備や不測の事態、不満は出てきますし、けどJRAはそういう部分をフレキシブルに微調整、とか、そういうのは苦手ですからねぇ。
 なんでも公正競馬、という建前があれば押し通せる、という考え方は傲慢ではありますし、今回のJC参戦なしが、重い腰を上げる契機のひとつになってくれればいいのですけど、中々難しそうですよね。

 このレースは、無難に見るとどこまでもダノンダノンが強そうなのは間違いないですし、輸送さえ無難にクリアしてくれればキングリーでなんとかなる、とは思っているのですけどね。
 ただ少しずつ外差し傾向が出てきたので、そこはプレミアムにとってはプラスに転じそうな所で、後はどれだけ序盤折り合いを怖がらずに出していけるか、川田Jの胆力の見せ所ではありますね。

 仰るように色々考えだすと紐は限りなく増えてしまうので、そこはある程度配当妙味などと相談しつつ割り切りたいところですし、どうあれこれだけのメンバーですし、しっかり全馬実力を発揮できるいい競馬になってくれると嬉しいですね。
Posted by clover at 2019年11月17日 03:49
>ギャロップ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 確かに府中は、外国馬が来ないなら遠慮も忖度もいらん!と言わんばかりのバッキバキの超高速馬場でしたよねぇ。
 それでもコントレイルはちょっと別格ではありましたけど、益々府中とそれ以外のコースでの適性に乖離が出てきそうな雰囲気は感じますし、果たして今年のJCがどういう競馬になるかはひとつ大きな注目ポイントですね。
 意外とああいう、ちょっと足りない馬が集って、みんな色気をもってだと、超スローからの究極3F瞬発力勝負とか普通にあり得そうでそれは嫌なんですけどねぇ。

 近年の淀はその点、ある程度のタフさを保ちつつも時計が全く出ないわけではない、程の良いバランスを維持してきましたし、実際に改装でこれがまたどうなってしまうのか、は気になるところです。
 少なくとも安田記念とはもはや問われる適性が真逆に近いレースで、それだけ昔よりも春秋連覇のハードルは上がっていると思いますし、この舞台向きの中距離型を中心に考えたくなるのは致し方ないかな、と感じます。

 プレミアムは前走あの流れの2000mで踏んばれたのは、ここに向けて大きなプラスではありますし、反動さえなければ、ですよね。
 ある程度強気の競馬をしても許される立場と馬ですし、前半どこまで攻めていけるか、その上で仕掛けをぎりぎりまで待ちつつ、この馬らしい一瞬の爆発力をきっちり引き出せるか、川田Jにもそろそろやってもらわないと、ですねぇ。
 JCもまさかのワグネリアンが回ってきて、その後もクリソベリル、リアアメリアとチャンスの大きい馬が続くだけに、そろそろ負の連鎖は立ち切って欲しいところです。

 松岡Jがグァンチャーレをどう考えているかは確かに不安材料ですよね。
 少なくとも後半の絶対量で勝負できる馬ではないですし、最低でも2列目ポケットは狙ってくれないと困る条件なので、たとえ負けたとしてもファンが納得いく騎乗は切にお願いしたいものです。
Posted by clover at 2019年11月17日 03:59
こんにちわ
いつも楽しみに拝読しています。

先日の短期外国人ジョッキーの記事は面白かったです。
個人的にはデッドーリ、ムーア、スミヨンが外国人トップ3って思ってましたが、漠然とした印象だけでして
実績や特徴を交えてのお話は非常に興味深かったです。

他の方が言われていた、グァンチャーレの前走後のコメント、改めて調べてみたら、
「次のことを考えて、折り合いをつけて我慢したら、前に入られた。叩いて良くなりそうな感じはある」でした。

ちょっと残念なコメントですが、2列目に入ってもらわないと困りますね。
私も期待していますし(笑)

ムーアJが前日の落馬にもめげずに出てきましたね。
朝まで迷ってたらしいですが、その気合と根性には敬意を表したい一方、アルアインの取捨に困ります(笑)
乗り替わるならバッサリいくんですけど。。。
とはいえ、怪我が悪化しないように頑張ってもらいたいです。
Posted by サイクロ at 2019年11月17日 13:51
>サイクロ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 私も外国語のニュースをそのまま読めるわけではないですし、あくまでも表層的な聞きかじりの軽い記事でしたけど、それでもイメージを大掴みにするくらい出来たのでしたら良かったです。
 日本の騎手は基本的に競馬学校から一律的に、というのはありますし、それと比べると外国人ジョッキーの成り立ちは多様で、騎手になった経緯とか掘り下げていくと、ドラマ的にはもっと面白い部分もあるでしょうけどね。

 グァンチャーレは少なくとも前哨戦、と割り切るレースをしたのはあるでしょうし、それをこの本番で生かす騎乗が出来れば文句はないのですけどねぇ。
 ただ昨日の府中や今日の淀を見ていても、やはりこれだけの名手がズラッと揃うと、今まで力を出し切れていなかった馬がガラッと変わったりして、見た目の力通りには決まらない感じはあり、ひとつの隙も許されないシビアさは感じます。
 実際にこれまで熾烈なリーディング争いをして、毎週のように複数の勝利を積み重ねていたルメールJや川田Jが、中々勝ちまで届かないのもそれを象徴はしているのかなと思いますし、松岡J、位負けにならない事は祈ってます。

 ムーアJもやはりプロ根性が凄いですよねぇ。まあクールモアが渋い顔してそうですが。。。
 いざ競馬に行けばそんなに影響は感じさせませんし、アルアインもこれまでのズブさを払拭するような快走があるかもで、本当に各馬と騎手の一挙手一投足が見逃せないレースになりそうです。
Posted by clover at 2019年11月17日 15:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください