2019年06月28日

2019下半期からのレース予想スタイルの微調整について

★はじめに

 今年からは疑似的な買い目をレース予想に付与して半年やってみましたけれど、予想通りと言うべきか結果は芳しくないので、もう少し数字的にも頑張れるように、予想スタイルの調整と、それに伴うレース予想記載スタイルの若干の変更を考えています。
 現状の内容に少しずつ付け足し、というイメージにはなり、正確に言うとまだ今週は上半期ですけれど、本格的な夏競馬スタートでキリもいいので、まずは明日の2重賞から試験的に導入するつもりです。


★展開予想面での+α

 今までは展開予想を、ある程度流れを決め打つ形で書いていましたが、まあ正直言ってそれ自体がドンピシャに嵌るパターンも少ないです。
 なので、自分の予想の印とは関係なく、レースごとにハイペースパターン、スローペースパターンを想定して、その場合の危険な人気馬と人気薄での注目馬をそれぞれピックアップしていく形にしようかな、と思います。

 加えてそこに波乱度、という項目も加味します。
 ざっくりA~Cの3段階で、人気薄が圏内に飛び込んでくる可能性が高ければA、低ければC、そこそこならB、というイメージですね。
 書き方としては、

 ハイペースパターン(波乱度○○)
 危険な人気馬○○  人気薄特注馬○○

 みたいな箇条書き程度になると思いますが、今までよりは読者の皆様へのヒントとしての貢献度合いは少しマシになるかな、と思っています。


★予想の印の+αと、頭数の柔軟性

 買い目戦略としての自分のスタイルがまだしっかり固まっていない、というのもあるのですが、これまでは印を打つ頭数の上限を決めていて、それでも紐で拾っておきたい馬は例外的に買い目に足す、みたいな形でやっていました。
 ただそれですとイマイチわかりにくさもありましたし、今後は買い目に入れる馬は全て印自体は回す、という形にしたいと思います。

 なので、今までの連下△よりももう一段期待値の低い、×印を設定してみます。
 特に三連複あたりで紐に流したい馬が多い時に活用する予定で、上位の馬よりはコメントは簡素にしますが、せめて一言ずつくらいはチョイスした理由に触れられれば、と思っています。
 逆に波乱度と連携して、堅く収まると考えているレースは、今までより印を絞るなど、柔軟な適応を考えています。


★自信度の細分化

 今まではざっくり全体的なイメージで自信度設定をしていたのですが、もう少しロジカルに、項目ごとに細分化して記載しようかなと思います。

 具体的には、

①◎を打った馬の圏内自信度
②消した人気馬の凡走自信度
③展開・ペース予想的中自信度

 の3項目に分けて考えることにし、書き方としては、(自信度A-/B/B+)という感じでやってみます。
 全体的に少し煩雑になるかもしれませんが、執筆分量的な手間はそこまで変化ないと思いますし、このそれぞれの自信度を勘案して券種を上手く噛み合わせていく、というのが下半期の最大のテーマになりますね。
 こちらの方面についてはまだまだ経験が圧倒的に不足しており、試行錯誤が続くと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。


posted by clover at 20:04| Comment(2) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも本当に楽しく拝見させていただいてます。
私自身馬券検討に大変参考にさせていただいておりますので、今回の新たな試み楽しみにしてます!
これからもよろしくお願いします!
Posted by わくわく at 2019年06月29日 10:59
>わくわく様

 コメントありがとうございますー。

 ヒントとしての枠組みをもう少し拡張できれば、とも思っていますし、勿論自身の予想自体ももう少し精度を高めていきたいので、暫く試行錯誤で微調整が続くかもしれませんがよろしくお願いいたします。
Posted by clover at 2019年06月29日 16:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください