2018年11月19日

2018 ジャパンカップ プレビュー

★はじめに

 季節も秋から冬へと徐々に移り変わり、朝晩は頓に冷え込むようになってきた11月下旬、いよいよ今週は国内最高賞金レースにして、大箱府中2400mでの最強馬決定戦・ジャパンカップですね。
 今年は登録時点で16頭、その後ミッキーロケット、そして今日マカヒキも回避のニュースが流れて、最大でも14頭立てと秋天に続いてやや寂しい構図になってしまいましたが、それでも非常に面白いメンバー構成にはなったと思います。まぁせめてレイデオロは出てきて欲しかったのが本音、ですけれどね。



★レース傾向分析

 まずは去年の記事からです。


 大まかな傾向としては去年の記述通りで概ね異論なしですが、今年の特筆事項としては、例年以上に高速状態が維持された馬場をどう見るか、になるでしょう。
 今週は水木あたりが雨予報ですが、週末は今のところ綺麗な晴れマークが並んでいますし、まず良馬場での開催になると思います。
 そして先週からのCコース替わりで、この土日の府中の芝はほぼ前目内目にいないと勝負にならないという、極端なバイアスの馬場に変貌していました。
 このあたりの条件が踏襲されるならば、元より内枠有利な府中2400mですが、その傾向は一層加速しそうで、かつ全体時計としても22秒台まで視野に入ってくると思います。
 そうなった時には、普段通りの重さだったらコーナーから仕掛けていってコーナー出口最速、となる流れでも、馬場が軽すぎて直線坂地点最速にずれ込む可能性も強くなってきますし、全体的に求められる条件が少しずつ本流からずれてくるイメージは持っておくべきかな、と感じています。

 具体的には例年以上にポジショニングの上手さ、馬群の中でタイトに競馬しても削がれない器用さや機動力、そして持続力もさることながら瞬間的な切れ味の質も強く問われそうで、そのあたりを意識しつつ個別評価に移っていきたいと思います。


★有力馬所感

・アーモンドアイ

 新馬戦こそ距離不足で落としたものの、そこから破竹の5連勝で、全く同期のライバルを寄せ付けずに史上5頭目の牝馬三冠を達成したアーモンドアイが、その勢いのまま古馬の頂点を極めんとジャパンカップに敢然と参戦してきました。果たして先週のステルヴィオに続くロードカナロア産駒の躍動が見られるのか、当然大注目の一頭となりますね。

 少なくとも総合的に見て、現時点で最も本命に近い馬になるのは間違いないなとは思います。
 血統的に秋を迎えて、府中2400mがベストか?となると疑問符はつきますが、それでも桜花賞とオークスのパフォーマンスにおいて、後半5Fでの末脚の絶対量、要所の機動力と最大トップスピードの質の高さ、そこからの持続力の高さはどれをとっても絶品・超一級品で、少なくとも高速馬場の時計勝負なら2400mで息切れするシーンはまず目に浮かびません。
 特にこのメンバーに入ると瞬発力の質的な部分で圧倒できるイメージですし、また斤量的にも裸同然の53kgですから、単純計算でもオークスから0,3~4秒は楽に時計を縮めてこられる計算にはなり、ステルヴィオからも感じ取れるロードカナロア産駒の成長力の高さも鑑みれば、22秒台の決着でも充分に対応出来る素地はある、と言えます。

 不安要素としては、基本的にこれまでは大外ぶん回しで問題ない相手だったので、あまり馬群の中でタイトに、という競馬を経験していない事で、これは今の府中Cコースの特色からするとプラスにはならないでしょう。
 仮に内枠を引いたとして、ある程度の位置から前に馬を置いてもいつも通りの競馬が出来るかは未知数で、また牝馬三冠の後ここを勝利したジェンティルドンナにしても、このレースでは外枠から乾坤一擲の先行・ポケット潜り込みを見せてでしたし、流石に外枠からいつも通りの自分の競馬、で勝ち切れるかどうかまではなんとも言えません。まあジェンティルドンナの時は相手があのオルフェーヴルなわけで、今年の相手なら外からでも足りてしまう可能性はそれなりに高いのですけれどね。
 その点で最大でも13頭立て、というのは追い風になりますし、ポジショニングそのものはそこまで期待出来ない、出来たとしてオークスくらいだとは思いますので、極端に内枠に拘る必要がある馬ではない、とは考えておきます。

 後は、先々週辺りから勢いに陰りが見えてきたルメールJが、ここでそれを捻り返す無心の騎乗が出来るか、ですね。
 流石にこの馬に対する信頼は絶大でしょうし、きちんと脚を出し切る競馬はしてくれると思いますが、それでもなにかしら噛み合わないときは本当に悪い方悪い方に進んでいってしまう傾向はありますので、枠の並びなど踏まえて最終的に評価を下したいところです。
 それでも最大限評価を落としたとして対抗にはなるでしょう。今週は基本的に、この馬を負かすとしたらどの馬か、どんなレースパターンかを見据えていくことになると思います。

・スワーヴリチャード

 前走の秋天では一番人気に支持されながら、スタートでの不利もあって全く見せ場のない大敗を喫してしまった、春の古馬中距離路線の王者スワーヴリチャードが、改めてダービーと同じ舞台でその真価を問われる事になります。

 春の大阪杯の覇者ではありますが、あのレースは超スローからの高速ロンスパという特殊な流れで、実際的にはステイヤー色が強く、前走リズムに乗れなかったとはいえ直線で一切の見せ場もなかった感じからすると、淡々と流れてしまうと2000mは短かった、と言えるのかもしれません。
 無論安田記念の好走があるのでどう判断するべきか難しさはあるのですが、やはり本質的にはゆったり入って、けれどある程度ポジションは取っての後半勝負に持ち込みたい馬だと思いますし、距離延長は基本的に歓迎材料だとは思っています。

 ただ、この馬の場合意外と脚の使い方が難しそう、というのはあるのですよね。
 過去の府中戦、そして大阪杯を総合的に見た時に、この馬が一番強いのは高速ロンスパで、けれど極端な瞬発力の質を問われない場合なのかな、というイメージがあります。
 瞬発力の質自体も結構高いものは保持しているのですが、それを繰り出してしまうとそこからの持続力が少し甘いのがこの馬の弱点で、少なくともその最速の脚は待って待って、出来る限りゴールに近い所で繰り出せるのがベターになりますので、今年の高速馬場で実質的に仕掛けが遅れがちになりそうなのはプラス材料かもしれません。
 後は、機動力もしっかり持っている馬ですから、内枠、かつ出来れば偶数枠を引いてダービーや安田記念、アルゼンチン共和国杯くらいのポジションは取っていき、コーナーをタイトに回って直線坂手前までしっかり脚を残す立ち回りが出来れば、絶対能力的にはここでも足りる馬なのは間違いないでしょう。

 ただ不安材料としてはやはり前走の大敗のダメージ、そして年を経るごとに顕著になっている、輸送による馬体減りの大きさがあります。
 前走なども調教後馬体重からすれば大幅増を期待出来たものの、蓋を開けてみると+4kg止まりと、どうしても関東圏の競馬になると萎みがちな面が強く出てきていますので、中3週での再度の輸送で、どこまで攻める調教が出来たか、なども含め、調整としてはかなり難しい面があったのではないかと推察します。
 調教では時計を出そうと思えば出せる馬なので、明快にそこで出来の善し悪しが見極めにくいのですが、少なくとも今回輸送しても更にマイナス体重にならない程度に戻っているかはしっかりチェックしたいですね。

 個人的には少し馬自身が輸送競馬を嫌いになっていないか、という懸念もあり、ガラッと一変しての巻き返しまではどうか、と半信半疑でいます。
 内枠を引けば流石に印は回すでしょうが、外枠なら思い切って嫌う手もあるかな、と考えています。


・サトノダイヤモンド

 こちらは京都大賞典で復活の勝利を上げましたが、それでもまだまだ全盛期のイメージには遠く、ここで完全復活となるか、モレイラJの手綱捌きも含めて注目です。

 まあこの馬がモレイラJになった経緯そのものはあんまりスッキリしないものもあるのですけれど、少なくとも手は合うのではないか、と考えています。
 というのも、先週の新馬戦回顧(日曜編)で触れた話ですけれど、モレイラJは特に機動力に難がある馬をスッと動かす事と、そこから馬が持つ最大限の瞬発力の質を引き出すのが上手い、と考察したからで、サトノダイヤモンドという馬も常々エンジンの掛かりの悪さがネックになってきた馬だけにそこは楽しみにしています。

 ただ前走の内容としては、実質的には超スローバランスからの4F戦くらいで、早めに外から動いたのが噛み合う形でありながらも、ラスト1Fでレッドジェノヴァに詰め寄られているのはあまり印象としては良くなく、元々持続力が最大の武器の馬だけに、このラストの甘さはまだ完全復活ではないな、と思わせるには充分でした。
 なので、より瞬発力の質が問われやすい超高速馬場がプラスか、となると微妙で、追走力は持っているだけに、どちらかといえば前の馬がある程度飛ばしてくれての全体スピード戦か、それとも相当に仕掛けの早い5~6F持続力特化戦になってくれるか、そのあたり展開の恩恵は欲しいのではないか、と感じています。

 枠の並び的にも、前走は内枠から上手く外に出せましたが、ずっと馬群の中で我慢して、というタイプでもありませんので、真ん中くらいの枠から4~5番手先行というダービー的な競馬がベストでしょうし、後は坂加速も得意ではないので、そこに至るまでにしっかりスピードに乗せていく配慮も必要でしょう。
 そのあたりも踏まえてモレイラJならなんとかしてくれるかも、という期待は持てますけれど、現時点での総合力的にはアーモンドアイを負かすだけの明確な武器が見えにくい馬にはなりますね。
 好きな馬ですしもう一つ勲章を、とは思うのですが、多分ここは連下に留めると思います。

・キセキ

 前走の秋天は果敢にハナを奪って絶妙のバランスに持ち込み、かつ3コーナーから強気の仕掛けであわやの場面を演出、春シーズンの不振からは完全に脱却した事を示す好走を見せてきました。

 実のところイメージよりもこの馬はスピード勝負向きで、2400mに伸びるのが血統的には大歓迎でも、この馬個体として見るとそうでもないかも、という部分での引っ掛かりは少しあります。
 ただ少なくともこの距離になれば、前走よりもスムーズに先行できるのは間違いなく、他に逃げるとしてウインテンダネスくらいの組み合わせですから、また主導権を確保していく事はそう難しくないと思います。

 前走はやや仕掛けで強気すぎて、持続力特化型の末脚を存分に発揮できる状況にしてしまいましたし、今回も頭数が少ないので同じ形では最後まで持たせるのはちょっと難しい、とは思います。
 なので仕掛けの意識でもう一工夫は欲しいですし、今の川田Jならそのあたりは柔軟に、かつ強気に繰り出してきてくれそうな期待感はあります。
 理想としては前にウインテンダネスを置いて5Fからつつく形で後半57,5くらいを上手く分散させつつ、前走よりは少し最速地点が後ろに来るようなバランスが欲しいですね。全体的な高速時計勝負に持ち込めればここでもチャンスはある一頭だと思っています。
 状態的にも更に上向きに思えますし、脚質的にそこまで枠に左右されないのも強みで、ただ出来ればウインが逃げた時に自分がポケットにならない並びの方がいいかな、と考えます。現状重い印候補の一頭にはなりますね。

・シュヴァルグラン

 昨年のこのレースで、キタサンブラックとレイデオロという屈指の強豪を破って殊勲のGⅠ制覇を果たしたシュヴァルグランが、引退イヤーのここでもう一度乾坤一擲の走りを見せられるでしょうか?

 あくまで個人的なイメージですけれど、JCというレースは経験値がフレッシュな方が走りがいいイメージで、そもそも連覇をした馬がジェンティルドンナだけ、そのジェンティルドンナにしても3歳時から4、5歳と年齢を重ねるごとにパフォーマンスを落としています。
 去年のキタサンブラックも然り、ブエナビスタ辺りもレース内容としては降着した年の方が明確に強かったですし、総合的なスピードも問われる分だけ若駒が持つ柔らかさが活きるレースでもあるのかな、という感覚は持っています。

 その文脈からいくと、この馬にとってはここは鬼門になる可能性はあるのですよね。
 元々去年は内伸びCコースの最内枠から、ボウマンJが昨日のビュイックJと同様、枠の並びの利を最大限に生かした積極的なポジショニングを敢行し、かつ得意な持続力特化戦の中でバッチリ噛み合ったレースではあり、今年もまた同じようなレースが出来るか?となるとそこは疑問符です。
 馬の能力的にも春天からして、強い競馬ではあったものの、時計・ラップ的にも内容的にもやや前の年よりは落としているかな、というイメージで、京都大賞典もこの馬らしい粘りが足りない淡泊な競馬でした。

 勿論今年の秋の最大目標はここで、引退間近ですし乾坤一擲の仕上げは期待出来ると思いますが、ボウマンJの騎乗停止でCデムJに乗り替わるのもプラスとは言えないでしょう。
 特にCデムJは、フランスの競馬が少し沁みついてきたのか、年々要所で仕掛けを待つ傾向が出ている気はしていて、それは出し切ってなんぼのこの馬とはあまり噛み合わない特色ですし、総合的に見て去年以上の走りを期待するのは流石に酷だろう、と考えています。
 それでもスムーズに流れに乗っていければ圏内くらいは、とは思いますが、特に外枠だったらあまり評価したくない一頭にはなりますね。

・ミッキースワロー

 今年はややちぐはぐな競馬が続いているミッキースワローですが、噛み合った時の爆発力は一級品で、はじめての府中の舞台でどこまで躍進できるでしょうか?

 個人的に穴馬として楽しみにしているのはこの馬とウインテンダネスになります。
 この馬の場合は未知数の部分が大きいのがまずひとつあり、そもそも関東馬なのに府中で走るのがこれがはじめて、かつ左回りのレース自体もはじめになるのですよね。
 ですからそれがどう転ぶか振れ幅は大きいのですが、ただ血統的にはトーセンジョーダンに近い、トニービン血脈を色濃く引いた掛け合わせですし、左回りでパフォーマンスを上げてくる期待が持てるのは確かです。

 また、アルアインを下したセントライト記念では、実質的に回復していた馬場の影響でかなり仕掛けが遅れての超瞬発力勝負になる中、坂の上り地点で一気に加速、10秒半ばくらいの脚で鋭く突き抜けていて、坂加速と瞬発力の質、という適性ではこのメンバーですと唯一アーモンドアイに伍せる可能性を感じています。
 一方で持続面はやや心許ないものがあり、レース質としてロンスパでも二段階加速、その上で最速地点が坂地点になってくれるなどの恩恵は欲しいところです。
 ポジショニングにも難がありますので、当然内枠である程度リカバーして中団、くらいは出来ないと厳しいでしょうが、完璧に全てが噛み合えば単穴を打っても、と思えるだけの楽しみな材料は持っていると思いますね。

・ウインテンダネス

 過去2走は騎手の下手逃げに尽きると思っていますし、春の連勝時の内田Jに戻って、この馬の特性を生かした逃げが出来れば、ですね。
 あまりスタート自体は早くない馬ですが、幸い組み合わせとしてそこまで強烈に先手を主張する馬もいませんし、それでも確実に逃げるなら真ん中よりやや外くらいがベターでしょうか。

 もしもアーモンドアイが出負けして後ろから、それで有力馬の騎手の意識の重心が後ろ寄りになり、ポジション差が出来る中でロンスパに持ち込めれば、キセキ共々に前々から粘り込み、という絵図は描ける馬で、その点楽しみにしています。叩き3走目でこの馬の力は出せる条件にはなるでしょう。
 同じ競馬をすればキセキの方が強い、と見ていますので、それ以上の評価は難しいですが、出来れば印は回したい一頭です。

・ガンコ

 前走意外と切れ味を見せてきてちょっと面白さはあるのですが、追走面にまだ課題はあり、意外と切れたといっても相対的に足りていないのは事実なので、この舞台で圏内まで、となると総合的にちょっと難しいかな、と見ています。
 ノーブルマーズもそうですが、前半スローなのに縦長で、そこからロンスパくらいの嵌り方でないと圏内には残れないと思いますし、前々の馬ではキセキとウインを上に取りたい条件ですね。

・ノーブルマーズ

 器用さが最大の武器だけに内枠ならワンチャンスくらいは、ですけれど、目黒記念はウインテンダネスが自分の競馬、とまでいかない中で負けていますし、ここで逆転は難しいと見ています。

・サトノクラウン

 休み明けで鞍上も未定、また府中の切れ味比べでは過去から見てもまず通用しないと思います。

・サウンズオブアース

 近走はポジションが取れなくなっていますし、末脚の絶対量もさほどではないので、ここも雪崩れ込みが精一杯でしょう。

・ハッピーグリン

 頑張って欲しいですけど流石に家賃が高いでしょうか。
 意外と瞬発力の質と持続力は持っていますので、スローで団子、インでじっと我慢して見せ場くらいはあってもいいですが、流石に印を回せるほどではないですね。

・カプリ

 フォワ賞が長い休み明けとは言え持続力特化で脆かったですし、後半の時計勝負で勝ち負けに持ち込める適性の馬ではないと思います。
 クールモアのムーアJ囲い込み遠征ではありますし、なんだかんだアイダホも5着したように、前々からムーアJの剛腕でそこそこ粘ってくるかもですが、それでも圏内まで、とは考えにくいですかね。日本じゃまるで走らないガリレオ産駒ですし。

・サンダリングブルー

 インターナショナルSの3着は、4着サクソンウォリアー、5着ベンバトルというのを踏まえても評価出来ますが、脚質的に末一辺倒ですし、瞬間的に切れる脚は持っていませんから、流石にここで圏内まで差し込んでくるイメージは持てないですね。


posted by clover at 21:45| Comment(5) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お疲れ様ですー!

 ここは素直にアーモンドアイですかねー。
 ただ、メンバー見渡しても、スローからのロンスパでまず間違いないですから、切れ<<<持続力の展開になった時に、牝馬の弱みが出ないかは心配な面もありますね。あとは、これまで競り合うような競馬を一度も経験していない事、ですかね。
 
 スワーヴリチャードは出遅れの懸念がある限り、本命には押しにくいですね。前走の不利の被害が大きくなってしまったのも、スワーヴのスタートが原因の一つだった訳ですから。

 サトノダイヤモンドは、何も考えずに消します。3歳の頃から好きな馬で、予想を覆してくれても全然いいですが(笑)

 キセキに関しては、買いは前走だったと思うので、ここは抑えまで。前走逃げて好走しての今回……というのも、買いにくい材料です。
 前走本命にしてるcloverさんは全然買ってもいいと思うのですが、前走重い印を打てなかった自分がここで買うのは……という感じです。

 シュバルグランは、仰るように去年よりもパフォーマンスを落としているのですが、府中適性で買います。JCで一番重要なのは、府中適性だと思うんですよねー。府中2400のスペシャリストを買うレースなイメージがあります。

 ミッキースワローは、直線まで待って……ダービーのエタリオウみたいな競馬がベストですかね。頭数が少ない分、あの競馬でも馬券に食い込める可能性はありますよねー。
 まさかまさかのドスローで、アーモンドアイに直線何か不利でもあれば、持続力に偏る有力馬の中で、一瞬の脚に秀でたスワローの一発もあるかも。

 ウインテンダネスは、ここ2走逃げて凡走しているので、まず逃げないと見ています。もちろん、逃げた事が敗因ではないのですが、馬を取り巻く流れ的に……。

 となると、やはりキセキの逃げが有力ですかねー。
 その方が予想はしやすいですし!

 個人的に日曜日は、観戦料としてJCをちょろっと買って、本命はアレスバローズがかなり危険な人気馬と見ている京阪杯の予定です(笑)
Posted by ハル at 2018年11月20日 22:38
>ハル様
Posted by clover at 2018年11月21日 04:22
 いつもコメントありがとうございますー。

 アーモンドアイは一応オークスも秋華賞も上がり5Fは57秒半ばくらいは駆使している筈なので、斤量面の恩恵も加味すれば持続力特化でもまず崩れないとは思います。
 ただ前目のキセキやウインテンダネスでも、出し切れれば5F57秒後半は普通に出してくるはずですし、ポジショニングが悪いと捕まえ切れない可能性は出てきますよね。
 逆に切れ味が問われるなら楽勝すると思いますが、持続力≒底力勝負で際どくなった時に、この馬の真価が問われる事になりそうです。

 スワーヴは内目偶数枠で出遅れない事が必須条件にはなりますよね。
 或いは後ろからになったとして、ダービーのレイデオロくらいのタイミングで押し上げる胆力を持てれば、ですが、悩ましい条件にはなったなと。

 サトノは鞍上込みで人気し過ぎますからねぇ。それでも、と思えるだけの推し材料があるわけでもないのは確かなんですよね。
 キセキは仰るように前走の競馬が上手く走れ過ぎているので、もう一番が効くか、という懸念は出てきますね。まあそれでもこの条件・メンバーなら重い印は打ちたい馬ですけれど。

 ミッキーはノリJのやる気次第でしょうか。。。早い段階で中団内目が取れてしまえばかなりワクワクできるんですけれどね。
 ウインも内田Jに戻るので、私としては普通に逃げはあるかもと見ています。まあキセキの方が出足が良さそうなので枠次第ですけれど。

 基本的にサマーチャンピオンからスプリンターズS経由の人気馬ってここ走らないイメージですよね。
 脚質的にも私も条件は良くないと見ていますし、フレッシュな3歳勢やワンスインナムーンあたりを狙いたいかなと今のところ思っています。
 ただ先週の馬場傾向からしても、元々の京都1200mの傾向としても内枠天国にはなりそうなので、その辺見ないとなんとも、ですね。
Posted by clover at 2018年11月21日 04:31
お疲れ様ですー。

天皇賞に引き続き小頭数でのレースになりますね。

多頭数ならではの不利や紛れがない分、実力通りになりやすいですね。

古馬とは未対戦のアーモンドアイがどこまで人気になるのやら…

不安要素はもちろんあるけれど、こうなったらアーモンドアイがどこまでの強さを見せつけてくれるのか楽しみでもありますよね!

JRAとしてもキタサンブラックに続くスターホースを望んでいるだろうし、今は無理でもいずれはスーパー牝馬に女性ジョッキーでG1出走なんて事もあり得そう。(馬主が納得すればですが…)

ただ今回、馬券の妙味で考えると購入金額は参加料程度ですかね。もしくは思いきってアーモンドアイ外すか!
Posted by hetare at 2018年11月21日 12:33
>hetare様

 いつもコメントありがとうございますー。

 内有利の馬場・距離でフルゲートの大外、とかですと流石に嫌ですけれど、最大でも14番と考えれば流石に崩れる要素は少なく感じますよね。

 今の時代、種牡馬ビジネスも活性化していますから、牡馬で強い馬は逆に早々に引退してしまう傾向は世界的に強く、逆に牝馬の方が長く走ってくれるところはあります。
 ウィンクスは言うまでもなく、エネイブルも来シーズンの現役続行を宣言しましたし、単純に現役生活が長い、という面でも、今は牝馬の方がスターホースになりやすい側面はあるかもですね。

 日本ではまだそこまで牡馬で強い馬でも即引退、とはならないですけれど、今後三冠馬レベルの馬がどうなるか、ですかね。
 アーモンドアイも出来れば近年の女傑同様に5歳シーズンくらいまでは活躍し続けて欲しいなと思いますし、まずはこのレースをその一里塚にして欲しいものです。

 仰るように女性騎手への優遇政策で、もう少し裾野が広がってくれば、牝馬×女性騎手のスターホース誕生も夢物語でなくなるかもしれませんね。
 一応今もコンスタントに競馬学校に女の子はいるみたいですし、藤田Jもまだまだ伸びるでしょうから楽しみです。

 ただ確かに馬券を買うと考えると、大勝負はしづらい条件ですよね。
 アーモンドアイから前残りで決め打つか、アーモンドアイを外したワイドなんかでお茶を濁すか、マイルチャンピオンシップに比べるとその点での面白味はやや欠ける、観戦向きのレースにはなりそうですね。
Posted by clover at 2018年11月21日 19:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください