2018年10月27日

2018 スワンS・アルテミスS・ついでにコックスプレート レース回顧

 ルメールの進撃を止めたのはやはりミルコ、しかしウィンクスは止まらない――――。
 とりあえず今日の競馬シーンの私の印象としてはこんな感じで、コックスプレートがとてもいいレースでしたので先走ってついでに回顧出しておきます。


★スワンS

 近年はGⅠ前哨戦と言えどもコロコロ条件が変わってしまいますが、このレースはマイルチャンピオンシップのトライアルとして、この条件が長らく定着している伝統のレース、というイメージで、GⅡとしてはやや物足りないメンバーにはなったものの、ゴール前の攻防には力が入りましたね。

 京都の馬場は午前中が稍重で午後には良に回復、という流れでしたが、やはり先週日曜よりは時計の掛かりがぶり返したかな、というイメージはあります。
 ただ午前の2歳未勝利1400m戦が、上位独走に近いとはいえ35,1-12,2-35,7=1,23,0とまずまずの時計を出しており、1,21,5という勝ち時計そのものはそこまでハイレベルではなかった、という見立ては出来ると思います。

 レース展開は、先行馬はある程度好スタートを切り、ベステンダンクは押していくものの、やはり1400mですとナチュラルにレーヌミノルの報が早くてこちらがハナ、外からキングハートが積極的に番手外につけて、コウエイタケルがその外、ベステンダンクはレーヌミノルが離して逃げたので実質ハナ状態でインから2番手、グァンチャーレがその後ろとなりました。
 少し離れてヒルノデイバローが中団、その後ろのインにサフランハートとデアレガーロがいて、モズアスコットはスタートも二の足もイマイチ重たく後方からの競馬、スタートで立ち遅れたロードクエストはその内側からモズアスコットをマークするポジションでレースを進めていきました。

 ラップが34,7(11,57)-11,3-35,5(11,83)=1,21,5(11,64)という推移でした。
 レーヌミノルが比較的坂の上りで減速せずに淡々と上り下りを飛ばしていって、しかしコーナー出口で11,9と緩めてからの再加速戦と、やや推移としてはトリッキーな形になっていますが、実質的には2番手以降はその11,9地点でフラットに下りの勢いを乗せたまま取りついての持続力勝負、という見立てでいいのかなと思います。
 ベステンダンクの位置で見ればほぼ平均、という流れですし、それでもタフ寄りの馬場での一定の追走力は問われつつ、後半この馬場で鋭さと持続性能をどこまで引き出せたか、という勝負になっているかなと思います。

 勝ったロードクエストは、多分出負けすると思っていたので後方からでは少し厳しいか、と思ったのですけれど、全体時計が遅くなり、ラストもラップが12,1と京都にしてはかなり落としたところで差し込んできました。
 個人的な予想としては東西ともに余計な一頭が差し込んできた形になるのですが、しかし結果的にはやはりミルコJの巧みな戦略性が感じられるレースになったと思います。

 基本的に1400m戦でペースが上がり切ってしまうと追走面で苦しいタイプではあり、マイルでも近走は前半からそこそこポジションを求めていって、結果的に終いもそこそこ、と、悪くはないけど持ち味の爆発力を感じさせない競馬が続いていました。
 今日は出負けした事もありますが、多分最初から溜める競馬を狙っていたと思いますし、その上でモズアスコットがあまり前に行けず、格好の目標となってくれたのもかなり有利な展開だったなと思います。
 かつ前のレーヌミノルがコーナー出口で緩めた事で、後続はこの地点で楽に取り付ける形になっていて、それでもこの馬自身はなるべく内目、けれどモズの後ろはしっかりすぐに確保できるようなポジショニングに固執していて、直線出口でスッと外に出してくるコース取りは完璧だったと思います。

 一応ここで前も11,5と再度加速していて、この地点ではモズ共々目立った伸び脚ではありませんでしたが、ラスト1Fはそこから2頭だけ減速なくグングン伸びてきた感じで、最後はマークした分とコース取り、斤量やローテなど総合的なプラスアルファでギリギリ届いた感じですね。文字通り、淀の仇は早めに淀で取り返す、ミルコJらしさを感じる勝ち方でした。
 馬自身も京都コースは3歳時のマイルチャンピオンシップ以来なのですが、基本的に坂加速が苦手な馬ではあるので、そこをケアできる京都というコース自体は適性が高いはずなんですよね。
 よくよく考えればあのレースも伸びないイン差しに徹して0,5差ですから悪い競馬ではなかったですし、ここまで噛み合ってくれれば、という所だったでしょうか。流石にちょっと軽視し過ぎたと反省です。

 ただここから距離が伸びるのはマイナスではないですが、本番はより後半要素で強みを発揮する馬も、前々からスピード勝負で強い馬もぞろぞろ出てきますし、シンプルにモズアスコットと同斤量で勝ち負け出来るか、となると流石に心許ないとは思います。
 それでもある程度外目の枠から、スタートはしっかり決めつつ後方寄りで自分のリズムで、という競馬に徹する事が出来れば圏内くらいのチャンスは出てくるかもしれませんね。改めて、競馬にメリハリをつけた方がいいタイプなのだろうと感じました。

 2着のモズアスコットはまぁ素直に負けて強し、でいいでしょう。
 馬体も+10kgでまだ緩めなのは明らかでしたし、スタートからも馬の前進気勢が乏しく、ある程度ルメールJが促しても進んでいかない感じで、マイラーズCの時と比較するとかなり違います。
 無論こういうややタフな馬場が好きではない、という可能性も加味するべきですが、ともあれ本来この距離でももうちょっとポジションが取れる馬で、それがコーナーから外々で勝ちに行く形になっていますから、ラップ的に押し上げる苦労が少なかったとはいえ、後続グループの中での相対的なロスはやはり一番大きかったでしょう。

 それでもこの馬の武器である持続力は最後までしっかり見せていますし、直線入り口の反応の鈍さも含めて、斤量が軽くなり、叩いた上積みがあればガラッと変わってくるとは思うので、当然本番も注目の一頭になるでしょう。
 ただ今年の淀はトータルで時計が掛かりがちですし、マイラーズCや安田記念のパフォーマンスから考えても高速馬場の方が強い馬、という可能性は強まりましたので、そのあたりでの後押しがあればなおいいのかな、というイメージです。

 3着グァンチャーレも、自身フラットで入って追走で削がれず、上手く引き込み線を使って最短コースでしっかり脚を使えていますし、差し2頭は推移的にも噛み合った部分はあるだけに前々からこれなら1400mにも目途を立てたと言えるでしょう。
 基本的に内枠なら安定感ありますし、渋った馬場でも強いので、今後も勝ち切れないながらでも、強い相手になってもマークする価値はある馬だと思っています。

 4着ベステンダンクも、京王杯と違って番手からでもしっかり競馬出来ましたし、やはりあの時は外枠と出入りの激しい展開が祟ったと見ておくべきで、平均くらいのペースからの持続戦は強いですね。
 そろそろ重賞でも目が離せない存在になってきたと思いますし、時計が掛かる馬場の方が平均バランスに持ち込みやすい(米子Sみたいに時計が早くても上がりがそこそこ掛かる競馬にレースメイク出来れば問題ないのですが)と思うので、京都金杯あたりで内枠を引けたなら全力で狙いたいイメージです。

 7着レーヌミノルは、ひとつはまだ状態的に上がっていなかったのかな、というのと、加えてレースメイクとしても味がなかったな、という感覚です。
 速い流れからでも一足使えるのが武器ではありますが、坂の上りから勢いよく入ってしまった事で、勝負所の4コーナーでかなり緩めてしまったのはミスだったと思っています。
 無論そのまま一貫消耗戦に持ち込んで勝てていたとは言いませんが、結局労せずして後続にアドバンテージを与えてしまった形ですし、この馬自身きちんと再加速は出来ているものの、そこまで勢いをつけてきた馬に優位性を持たせてしまっては、持続力が足りないこの馬としてはどうにもなりません。
 あのまま4コーナー迄リードを保ちつつ入っていれば流石に掲示板には残ったと思いますし、バランスが難しい馬ではありますが、叩いて状態が上がってくればまだ楽しみはあると思っています。


★アルテミスS

 2歳牝馬にはタフな府中マイルの重賞、故にここで好走した馬はかなりの確率で来春のクラシックでも好走しており、年々注目度が上がってきているこのレース、今年の覇者はソウルスターリングの半妹・シェーングランツでした。

 府中の馬場も稍重から良、という推移だったのですが、ただしこちらは午前の時点から稍重とかははっ御冗談を、みたいな高速ラップが刻まれていて、土台の高速馬場は変化がないのに騎手の意識だけ下がっての上がり勝負が頻発した一日だったイメージです。
 2Rの未勝利マイル戦など、時計は1,36,4と地味ですが、上がりが11,0-10,6-11,6と、強烈な瞬発力と持続力を問われる展開になっていますし、他のレースでも軒並み勝ち馬は上がり33秒前半から半ばがデフォルトで、ペースさえ上がれば時計は出る、という条件だったのは間違いありません。

 またBコース替わりで、ペースが緩ければ基本的には前目内目の優位性が強い一日だったと思いますが、いざメインだけ、当日の傾向と真逆の展開になったのはいかにも人の心理が強く介在する競馬らしいところだなと感じ入るものがありましたね。
 ともあれ、1,33,7という時計そのものはやはり優秀ですし、ペースが違えどサウジアラビアロイヤルカップのグランアレグリアを凌駕してきましたから、下馬評通り牝馬全体のレベルが高い世代だな、という印象はますます強まりました。

 レース展開は、内からグレイシアはそこまでいいスタートではなかったですが、ある程度促して先団、中目からキタイも先行策で、それを大外からライデンシャフトが内田Jらしい思い切りの良さで交わしていってハナを取り切ります。
 その後ろの好位列にトスアップ、アズマヘリテージ、出負けからインを挽回していったミディオーサが続き、中団にエールヴォアとウインゼノビア、その後ろにやや出負けからフラットにリカバーしたビーチサンバがいて、レディードリーとアフランシールがその後ろ、シェーングランツはゲート・二の足共にかなり悪く、後方2~3番手から促しつつの追走でした。

 ラップは33,9(11,30)-24,8(12,40)-35,0(11,67)=1,33,7(11,71)という推移でした。
 思った以上にライデンシャフトが強気に出していき、みんなそれにそこそこついていった事で、ハーフで取っても46,2-47,5とかなりのハイバランスになっています。
 見た目にも序盤と中盤のラップ偏差が大きく、特に前目内目の馬は追走力を問われてから急ブレーキ、そこからまた再加速とちぐはぐな競馬に巻き込まれており、基本的には序盤を緩くやり過ごして、中盤以降からじわっと外から取り付く形で進めた馬の方に断然有利な流れになったと見ています。
 後半は12,5-11,8-11,4-11,8となっていて、コーナー地点ではまだ全然上がり切っていないので外を回すロスも少なかったですし、結果的に今日の傾向を覆す外差し優位の決着になった印象です。かなり展開がトリッキーなので、力を出し切れなかった馬も多かった一戦とは言えるでしょう。

 その中で勝ったシェーングランツは、しかしここまで切れと持続力を見せてくるとは脱帽でしたねぇ。
 出足の悪さは想定通りでしたし、新馬の2F戦の中での反応がすこぶる悪かったので、正直後ろから切れ味比べになってまず届かないと高をくくっていたのですが、まずペースが流れてスペースがあった事、後ろから緩みで取りつけるお誂え向きの展開になった事、そして馬自身の成長と、しっかり脚を出し切るスムーズな騎乗に恵まれた事が綺麗に噛み合った結果なのかな、と思います。
 ただ細かくラップ推移を想定していくと、11,4の最速地点ではそこまで差を詰めておらず、ラスト1Fでぐーんときていますので、およそ11,4-11,2-11,1くらいの加速ラップでゴールしているイメージになります。
 となると姉同様に瞬発力の質はそこまでではなく、ただエンジンが掛かってからの持続力がかなり高い、と見るべきかなと思いますし、本番の阪神外回りも適性はそれなり以上に高い、と言えるのではないでしょうか。

 ただしスタートは一朝一夕に改善するとは思いませんし、阪神外回りの場合下り坂最速で持続力特化になればいいですが、去年のラッキーライラック戦のように直線で更に加速を問われるケースも多いので、そうなった時に前目からそれなりの質と持続力を持っている馬、具体的にはグランアレグリアが先に出し抜いてきた時に差し届くか、となると流石に懐疑的ではあります。
 ビーチサンバとも展開次第では入れ替わるくらいの力関係ではあると見ていますし、噛み合えばチャンスはある馬ですが、脚質的に私としては本
番は少し序列を下げて見たいタイプにはなりますね。
 逆に距離延長はどんとこい、だと思いますので、阪神マイルで惜敗してのオークスでの逆襲が期待出来るかな、と踏んでいます。

 2着のビーチサンバは、出負けこそあったものの外目の枠でフラットに中団後ろまでリカバー出来ましたし、結果的に中緩みの展開にバッチリ噛み合った立ち回りが出来ましたね。
 正直なところ素材的にも、グレイシアがあいうシビアな競馬になった以上ここでは一枚上だろう、と思っていましたので、この馬を後ろから差せるとは、と結構驚かされたレースでもあり、それでもこの馬自身の評価を下げる必要はない、実に良い走りではありました。

 結果的にあの位置からでも自身は46,9-46,9=1,33,8のほぼ平均走破になるはずで、追走面の課題は一気に解消したと言えますし、そこからの要所の反応も鋭かったです。
 無論緩い地点で押し上げられたアドバンテージはあったにせよ、同じように流れに噛み合わせたウインゼノビアに対しても一瞬の切れの違いは明白で、そこからの持続力も高いレベルにはあり、自身11,3-11,3-11,8くらいでまとめている筈ですから、これを差してきた勝ち馬を誉めるべきでしょう。
 今日はゲートがイマイチだったので次はそこも課題になりますが、二の足はいいのである程度のポジショニングは信頼できるタイプで、本番も外目の枠ならかなり期待できるのではないでしょうか。
 ただし、これでもまだ新馬のグランアレグリアのパフォーマンスには及んでいませんので、あの馬が前目から全開、となると中々厳しいかもしれませんね。

 3着のエールヴォアも、能力の高さははっきり見せてきたと思います。
 この馬はやっぱり少し中目の枠だった分道中は馬群に押し込められて、自分から動く形にはもっていけませんでしたし、自分の前のウインゼノビアやビーチサンバがスッと動いてスペースはあったとはいえ、本質的に持続特化型ですから出し切れてはいない、と思います。
 その上で、やっぱり過去2走同様に瞬発力の質自体はちょっと足りないな、という感覚で、逆に追走面はかなり詰めてきましたので、阪神外回りなら外目の枠から、坂の下りで一気に押し上げていくくらいの大胆な競馬を再現出来れば本番でも逆転の余地は出てくると感じます。
 ただベストは1800~2000mになる気はしますし、現状賞金も足りませんから、しっかりどこかで加算してクラシック戦線には乗ってきて欲しい馬ですね。

 4着ウインゼノビアも立ち回りの上手さとセンスの良さはしっかり発揮してきましたが、総合的な素材で上位勢にはやはり少し足りなかった、と考えるべきでしょうか。
 未勝利の勝ち方からしても、あまり追走力勝負で分がいい馬ではないと思っていただけに、好スタートでも無闇に前に行かず、しっかり中団から自分のリズムで動いていった事、そしてコーナー早めに動いてしっかりグレイシアの進路をカットしつつ進めていったのは鞍上の好プレーだったなと感じました。
 ただ結局この馬としては完全に出し切る競馬が出来ていながら、最速地点でもラスト1Fでもビーチサンバには完敗、という形ですから、現状このレベルの相手ですとかなり恵まれないと圏内は難しいのかな、と思わせる一戦でしたね。
 賞金は持っていますしJFも出てくるでしょうが、そこで完敗してフェアリーSで勝つようなタイプかと思います。

 5着トスアップは、結果的に内枠勢にマイナス要素が大きい競馬の流れになってしまいましたし、直線もスムーズに捌けない中で最後までジリジリとは伸びていて、素質の一端は感じさせたと思います。
 少なくとも出し切れる競馬ならウインゼノビアには負けないと思いますし、ポジショニングの上手さ・追走力の高さと機動性も含めて総合力が高いので、そのあたりが活きる舞台なら当然上でも活躍してくれると思います。
 京都内回り1400mあたりは悪くないはずで、ファンタジーSを使ってくるなら結構楽しみです。

 11着グレイシアはまぁ、あれだけ悪い方悪い方に転べばどうしようもないですね。
 ある程度出していっての先行策自体は別に問題なかったですし、中緩みからの再加速自体も新馬では出来ていたので、直線序盤でスペースがあれば勝ち負け、まではともかく、3着争いくらいには充分加わってこられたとは思っています。
 ただここは先に動いて進路を締め切ったウインゼノビアが上手かったですし、その後も外に出そうとして今度はエールヴォアに締められ、流石に二度も前が詰まってしまっては如何に器用さはあれどどうにもなりません。
 逆にこれだけ大負けしたなら、本番でハイペースを刻んで面白さが出てくる可能性もありますし、まだ見限るには早い負け方ではあったと言えますね。でもこの時期の牝馬は、一度リズムを崩すと難しいですからね……。


★コックスプレート https://www.youtube.com/watch?v=IGIogS2YVFo

 もうほぼほぼ近代競馬の中では達成される事はないとさえ思える大記録、コックスプレート4連覇を、4コーナー先頭の堂々たる競馬で見事ウィンクスが成し遂げました。
 近走は無理せず後ろからのレースが多かったですが、トリッキーなコースの中で前目に強いライバルがいる、という所で、スタートからいつもよりは出していって前のベンバトルをバッチリマーク、勝負所から常に3~4頭分のロスを作りつつもほぼ馬なりでコーナーを回ってきて、直線入り口で軽く促す程度で悠々突き放し、最後は流す余裕を見せての完勝でした。

 ラップ推移がかなり凄みがあり、最初の40mが4,31と計時されていて、そこから2F12,3くらいが続くものの、そこでスタミナ勝負に持ち込みたいロストロポーヴィチが早めに押し上げていってペースアップ、そこから淡々と11,5~11,8くらいのラップを踏み続ける、平均のスピード持続力勝負になっています。
 最初の40mは除いて、前半の1000mが59,72、後半1000mが59,44だと思いますが、このフラットな息の入らない流れで、常にロスを作りつつも楽に取りつき、きちんと直線で11,72と再加速してフィニッシュしているのですから、一貫戦でも相変わらずの凄まじい強さです。

 こういう淡々と流れるレースで、ベンバトルはドバイターフを圧勝、ヴィブロスやディアドラを子ども扱いしたわけですから、そのベンバトル向きの展開の中でも全く歯牙に欠けないというのは、やはりある程度素材としてのレベルの違いを見せつけているかなと思います。
 勿論ベンバトル自身、インターナショナルSあたりでの比較で欧州一線級には足りない馬ですし、それこそロアリングライオンあたりとやってどうなるかなんて夢想したくなりますが、どうあれウィンクス、お見事でした。
 これでほぼ世界の賞金王も手中にして、流石にもう引退でいいんじゃないかとは思いますがどうなるでしょうね?意外とまだまだ走れそうなのがなにより怖いところです。


posted by clover at 17:57| Comment(2) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

モズアスコットに関しては、安田記念こそ勝ち切れたものの、基本的に勝ちきれないタイプと見ているので、敗戦には驚きはしませんでした。
安田記念のように、ゴール前直前で抜け出せたらいいのですが、先頭に立つのが早かったりすると、力関係で下と思われる馬にもアッサリ交わされる……淡白な傾向があるので、仕掛けどころなど非常に難しい馬なのでしょうねー。
本番でも単勝がそこそこつきそうなのですが、かといってその単勝を買うべきかと言われればそうでもなくて……と、個人的には悩ましい馬です(笑)

アルテミスSのシェーングランツは、クラスが上がってパフフォーマンスも上がる馬の典型みたいな感じですかねー。

仰るようにスローからの上り勝負に疑問が残る同馬にとって、賞金加算して条件戦をスキップできたことはすごく大きいのではないでしょうか?

グランアレグリアが、ルメール騎手の香港遠征の関係で朝日杯に行くかも……との噂もあるのでなんともですが、もしグランが出てくれば、仕掛け自体は強気に来るはずなので、それで持続力勝負になったら着順はともかく、シェーングランツには向きそうですよねー。
瞬発力<<<持続力という馬のタイプは似ていますよね。とはいえ現時点では、マイルのグランはジェーングランツの上位互換のようなイメージですが。

ビーチサンバも素晴らしい走りでした。父クロフネを考えても、緩みすぎるよりは今回のように流れた方がいいでしょうしね。グランが出てこないなら、JFを勝っていても全然不思議じゃないですよね。

エールヴォアも悪くはないのですが、やっぱり重賞、G1となると父ヴィクトワールピサで重い印には二の足の踏んでしまうんですよねー。今年の2歳で好調ではあるんですが。
あと、とにかく揉まれ弱いので、本番でも外枠なら!

ウィンクスの強さは言わずもがな……ですね。オーストラリアの競馬ファンは、レースレベル云々は気にせず、とにかく勝ち続ける馬が好きと聞いた事があります。ウィンクスが愛されているのも、そんなファンの特性みたいなのが関係しているのかも。これが日本だったら、絶対に引き篭もりとか言われてしまいますからね(笑)
Posted by ハル at 2018年10月27日 22:10
>ハル様

 いつもコメントありがとうございますー。

 モズはそうですね、脚は確かなのに意外と取りこぼしも多いですからねぇ。
 結局安田記念も、言い方は悪いですが前の決着が一応ついたところでの漁夫の利差し込み、という見立ても出来ますし、自分から勝ちに行く競馬をしない方がいいのかもしれません。
 本番も相手関係はあっても大崩れはないと思うので、連軸には最適かなとは感じますけど、確かに単勝は二の足を踏むかも、ですね。

 シェーングランツは強かったですけれど、やはりポジショニングが改善しないとマイルの最上位では足りない気はしますよねぇ。
 正直今年は朝日杯の方がメンバー弱そうな感覚もありますし(笑)、グランがミスエルテよろしくそっちに行くならチャンスは出てきそうですが。
 しかし昨日の新馬のレディマクベスといい、藤沢厩舎の2歳牝馬粒揃いすぎますね今年は。

 ビーチサンバは新馬戦で惚れ込んだので、しっかり結果を出してくれたのは嬉しかったです。
 こちらも流れがタイトになって更に良さが出た感覚ですし、脚質的にも本番はかなり楽しみですね。まあグランが出なければ、という留保はついてしまいますが。

 エールヴォアは仰る通り本番も外枠なら、ですね。内から器用に、というタイプでは絶対にないのは間違いないです。

 まあ日本の場合、王道路線を一年も制圧したら、まず海外遠征しろしろーのプレッシャーが大きくなりますものねぇ。
 でもキタサンみたいに国内専念でも結果的にあれだけ盛り上げてくれれば文句は出ないわけですし、そのあたりは馬の適性も含めて是々非々に考えていかなくちゃいけない部分でしょう。
 どうあれ今回は、疑似的に相手関係も含めて、改めてウィンクスの偉大さが見られて嬉しかったレースでした。
Posted by clover at 2018年10月28日 04:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください