2018年05月30日

2018 白百合S レース回顧

 三歳限定戦もほとんど終わって、来週からは新馬巡りにはなりますが、唯一の限定特別戦となった残念ダービー・白百合Sはしっかり振り返っておきましょう。


 日曜京都の馬場は、晴天にも恵まれて普通に高速状態だったと思います。
 スローのレースが多くてなんとも、なところはありますが、ひとつ前の安土城Sが35,6-11,4-33,7とかなりのスローでも1,20,7で、8Rの1000万下2000mが61,0-57,7の超後傾ラップで1,58,7でしたので、流れれば普通に時計は出る条件だったでしょう。
 余談ですがこの8Rのサイモンラムセスの逃げと後半のラップの踏み方が結構えげつないです。とても丸3年勝ち星に恵まれなかった馬とは思えないレースでしたね。

 ともあれこんな馬場の中、まず注目された逃げ争いは、メイショウテッコンとアイトーンが予想通りに競り合っていくものの、外のメイショウテッコンの方がナチュラルに速くこちらがハナ、アイトーンは少し離れた二番手の競馬を選択します。
 そこからまたかなり離れてアルジャーノンとオメガラヴィサン、更に間が空いて人気のサラキアと、少頭数の割に非常に縦長のレースになりました。

 ラップは34,6(11,53)-36,7(12,23)-34,6(11,53)=1,45,9(11,77)という推移でした。
 序盤二頭がかなりやり合ったのでペースが速い、と判断した騎手が多かったのか、確かにテンの入りはそこそこのペースなんですけれど、でも実際的にはそれでも平均で全体時計も悪くはないですが目を瞠るほどでもなく、結果的に後ろの馬がついていかなさ過ぎた、というのは確実にありそうです。
 メイショウテッコン自身は中盤で12,2前後のラップを続けてしっかり息を入れてコーナーから再加速、直線でも一切寄せ付けない競馬が出来ているように、かなり形に恵まれたところはあり、後続はこのコーナー地点から長く脚を使わされていますので、その意味でも序盤のポジション差がついてしまった時点でどうにもならなかったとは言えそうです。

 にしてもメイショウテッコンは面白い馬ですね。
 梅花賞を逃げ切った時も、前走の京都新聞杯もそうですが、テンの入りはどれだけ速くなっても、中盤で息さえ入れられればラストは確実に脚を使ってくれる、ギアの上げ下げが非常に上手い逃げ馬であり、追走力の幅も広いので、こういう逃げ争いになった時にオーバーペースを怖がらず出していける、というのは中々の武器だと思います。
 アイトーンの方がどちらかと言うとコントロールしたいタイプではあり、出足そのものもそこまで速くないですが、それでもこの馬の外から被せる形で譲らなかったのはファインプレーだと思いますし、馬の持ち味を万全に引き出したと思います。

 要所でもスパッと切れる脚はないですが、ラストは11,6-11,4-11,6でまとめているように非常にしぶとく長く脚を使える強みもあり、この感じですとむしろ2000m前後の距離の方が競馬しやすいかもわかりません。
 無論逃げられない時の脆さはあるのですが、アイトーンと比較すると逃げやすい武器はしっかり持っていますし、中距離路線でかなり楽しみな走りだったなと思います。小回りも合うと思うので、ラジオNIKKEI杯に出てくるなら楽しみですかね。

 2着のサラキアはまぁ末脚勝負の馬ですし、スタートも良くなかったですからあれ以上自分から追いかけられない弱みは出てしまいますね。
 特にテンが速かった分、本来は中盤の緩みで取りつきたいのですが、それでも前も極端に落としていないので動きにくいというバランスになっていますし、消極的、と言えばそうですが、ある意味ちょっと前を甘く見過ぎた騎乗だったとも言えそうです。
 馬自身もこの馬自身は超スローくらいのバランスで入っていて、それでいながら持続力を問われた中でラストはきたものの、要所での反応が鈍かったのはちょっと物足りない感じで、少し長い目で見る必要があるのかな、というイメージですね。

 3着アイトーンも実質自分で逃げているのに近い形ではあれ、それでも番手からの競馬なのでやっぱり少し甘いな、ってところはありますし、逃げ馬としてこの距離この舞台では総合的にメイショウテッコンに完敗、と言っていいでしょう。
 少なくともこのペースに張り合って、強引にハナを切っていたらそれこそ共倒れだったと思いますし、こちらの方が実質的に長距離向きの逃げ馬の気はするんですよね。皐月賞なんかも粘っていたとはいえやはり前傾戦ではどうにもならないわけですし、せめて平均、出来ればややスローくらいに支配しやすい距離を選んでいく方がいいと個人的には思います。
 北海道シリーズの2600mのOPを使ってみるのも、距離適性を考える上で面白いんじゃないでしょうか。逃げの形さえ作れれば京都は噛み合う舞台だと感じますし、菊花賞を見据えたレース選択をして欲しい馬ですかね。


posted by clover at 17:01| Comment(2) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このレース結構好メンバーだったし、実際メインのOPと比較しても充分準OPで
やれるレベルだと思うんですけど、そうなるとサイモンラムセスが相当な
ことになっちゃうんですよね。珍しく外回りより内回りの方が高速化して
たんですかね~。一応次走もチェックはしておきたいですね

Posted by I.C.スタッド at 2018年06月01日 23:58
>I.C.スタッド様

 いつもコメントありがとうございますー。

 まあサイモンラムセスに関しては一世一代の大駆け、的な見方でいい気もするんですけどね。
 実際にスロー逃げが嵌ったのと、後ろからつつかれて加速したところでフルスロットルに入り切ってしまって、だけど最後まで持っちゃった、的な感覚はありそうです。
 騎手としても狙ってあのアクセルの踏み方を再現するのは怖いでしょうし、大抵やったとしてそういうのって二番煎じになる場合が大半ですし。
 無論あのスタイルで開眼した、というなら、上のクラスでも当然楽しみにはなるので注視はしたいですね。

 メイショウテッコンは見た目以上に強い可能性はあると思うんですよね。
 このレースの走りを見る限りは、むしろこのくらいの距離がベストにも思えましたし、得意ではない2400mで、2400mベストのエタリオウとサトノワルキューレに勝った、と考えれば楽しみは膨らみます。
 地味に出世レースでもありますし、こちらもレース選択含めて今後も大注目ですね。
Posted by clover at 2018年06月02日 04:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください