2018年05月04日

2018 京都新聞杯

 ダービー最終便として、オールドファンとしてもようやくこの時期の開催が心情的に定着してきたかな、という趣の京都新聞杯、今年もクラシック参戦馬に遅れてきた素質馬など、ダービーの切符を狙う精鋭がズラッと揃い面白い一戦になりそうですね。


★展開予想・ポイント

 京都の馬場は金曜正午で良馬場、雨予報もないのでこのままパンパンの良での開催になると思います。
 先週が結果的に週中の60mm近い雨の影響を残していたのか、予想以上に土日通じて時計が出ていなかったイメージですが、今週はほぼ週中の雨もなく、開幕週並みの高速馬場に戻るかな?とも思うのですが、このあたりは蓋を開けてみないとわかりませんね。
 一応バランスを取って、開幕週と先週の間くらいと考えておきましょう。ある程度流れれば2,12,0前後まで出してきてもいいかな、というイメージです。

 レース展開は、この組み合わせでこの枠ならすんなりケイティクレバーがハナを切ると思います。皐月賞は同型が多くて敢えて控える競馬でしたが、思った以上に味がなかったですし、ここは改めて自分の形に徹してくるでしょう。
 タニノフランケルも前走は逃げての完勝でしたが、ここで無理には出していかないと思いますし、ケイティクレバーの出方を窺いつつ好位の外目、その内からグローリーヴェイズやレノヴァールはそこそこ前目を狙ってくるイメージで、フランツはその後ろ、中団のインくらいからどこかで外を意識する格好だろうと思います。

 ケイティクレバーの外からはアドマイヤアルバ、レイエスプランドル、アールスターあたりが先行策で、その後ろにロードアクシス、シャルドネゴールドなどが続き、アルムフォルツァ、ユーキャンスマイル、ステイフーリッシュ、ダブルシャープあたりは枠なりに中団からやや後ろ、くらいの位置取りになってくるのかなと考えています。
 ケイティクレバーの逃げなので極端なスローは考えにくいですが、逆にハイペースにもならないでしょう。概ね平均からややスローくらいのバランスで、坂の下りから早めに仕掛けていっての4F持続力戦が濃厚だろうと思いますし、コーナーでの立ち回り、縦横のポジショニングなど、京都の外回りで問われる要素がしっかり反映される内容になってくるのかなと思うので、それに準ずる形で狙いの順番を組み立てていきたいですね。


◎ケイティクレバー

 今回は比較的展開に恵まれるんじゃないかな、というイメージはあります。
 当然みんなダービーの権利を意識した競馬にはなりますし、好位勢は自分から鈴をつけにいって沈みたくない、という意識も働くはずなので、ある程度の流れに持ち込めば無闇につつかれる事なくマイペースで進めていける感触のメンバー構成かなと踏んでいます。

 その上でこの馬は、若駒Sで後半のロンスパ持続力戦の強さ、すみれSで瞬間的な切れ味の質を披露していて、ある程度ゆったり入れた場合の後半勝負での好走スポットの幅が逃げ馬としてはかなり広いです。
 京都の外回りなのである程度コーナーから引き上げて後続に脚を使わせる形がベストだと思いますし、その上で馬場の回復が遅れていても、或いは超高速まで戻っていても、どちらにもある程度対処できそうな部分を踏まえると、ここはなんだかんだでしっかり勝ち負けに加わってくるのではないか、と見て、思い切って本命視しようと思います。


〇グローリーヴェイズ

 とりあえず枠が良く、京都外回りではポジショニングが勝負を決めるところは大きいので、ここからしっかり先行して好位のインを取れそうなのは好感が持てます。
 前走も出遅れているのでそのあたりの克服は鍵になりますが、内枠ならある程度リカバーも効きそうですし、最悪でも中団に入ってきてくれれば、というイメージですね。

 その上でこの馬はまだ後半要素ではそんなに底を見せておらず、特に高速馬場においてはかなり高いレベルで持続力を発揮してきています。
 距離延長も前半ゆったり入れる、という意味でプラスになると思いますし、関東馬が意欲の関西遠征、またコメントなど見てもダービーはいったん脇に置いてここに全力投球、という雰囲気ですので、コーナーである程度我慢してからの直線勝負で堅実に食い込んできてくれるのではないか、と考えます。


▲レノヴァール

 この馬も枠が良くて、スタートも上手く楽に先行できそうなこと、そして血統的に距離が伸びて良さが出そうな点が狙いです。
 若竹賞が結構面白い競馬で、バゲットリストが超スローからのロンスパ2段階加速戦に持ち込み、しっかりコーナー最速の競馬で後続の脚を削ぎに来た中で、ある程度その流れに乗りつつラストまでしぶとく脚を伸ばしてきたあたり、11秒半ばくらいのラップを連続してくる高速持久力面でかなりいいものがありそうに感じています。

 極端に切れ味を問われるとやや甘そうなイメージでもありますが、一応ケイティクレバーがそこまで引き付ける競馬はしないだろう、という読みなので、その中でコーナータイトに回れて、しっかり最後まで長く脚を使えそうと思えばここは楽しみな一戦になりますね。


△シャルドネゴールド

 こちらも外枠でなければ重い印にしたんですが、やはりここからですと道中も外々になりそうですし、正攻法で捻じ伏せるほどの力があるか、となると微妙なにインだとは感じます。

 ただ少なくとも距離延長でゆったり入れるのはプラスですし、こちらも長くいい脚を使う形で、あまり極端な切れ味が問われない方がいいので、その点で流れに噛み合いそうな部分は高く評価しています。
 500万勝ちの時点でレノヴァールやフランツを寄せ付けていませんし、程よく高速になり過ぎないくらいの馬場なら尚更楽しみですね。


△フランツ

 こちらもオブセッションと同じく、餅時計は破格なのですがやはりそれは流れてこそ、という可能性がまだ否定できません。
 馬体減やイレ込みなど敗因があったとはいえ、上記の年末の阪神2000mの500万下戦で、ラップ的にも無理のないタイミングでしっかり外から押し上げていく形を取って、けれど直線であっさり失速していった辺りが引っ掛かるところで、正直いい脚は一瞬で持続力面では並、というタイプなのではないかと思っています。

 なのである程度常識的なスローからの4F分散しての勝負で持ち味が生きるかは微妙なラインとは思っているのですが、ただ今回は絶好の最内枠を引けていて、前走もインから鋭く抜け出す競馬が出来ていますから、引き込み線を使えて進路取りがたやすい京都の外回りなら、百戦錬磨のミルコJがいつの間にか勝負出来る位置に忍び寄っている、という光景はかなり高い確率で出てくるのかなと踏んでいます。
 それでも少し最後は甘くなる、と見ていますが、流石に無印にするのは怖いのでこの位置ですね。外枠だったら迷わず消したんですけどね。。。


△ステイフーリッシュ

 この馬も明らかに後半型とは思うので、共同通信杯は単純に距離が足りず、おまけにグレイルマークで前が超スローなのに最後方という位置取りでしたからそれはどうしようもなかったでしょう。
 コメント的にまだ馬体が戻り切っていない感もにじませてはいますが、少なくとも条件として2200mになるのはプラスですし、後半の持続力面は新馬でもかなりいいものを見せていて、ゆったり流れに乗っていく形で持ち味が生きる可能性は充分あるかなと思います。

 出来ればある程度ポジションも意識しつつ進めて欲しいですし、状態面がそこそこであるなら地力は足りると見ています。


△アルムフォルツァ

 前走は超高速馬場とはいえ、常識的に流れたラップの中を4コーナーから外々で仕掛けていって、コーナー最速の推移ながらしっかりラストまでしぶとく持続力を披露してきました。
 毎日杯は明確に距離不足でしたし、今回も200m短くなってしかも多頭数なので、出足の悪いこの馬にとっては簡単ではないでしょう。
 ただある程度前が早めに引き上げていく形にはなると思うので、前走ほど勝ちにいかずにコーナーをタイトにやり過ごしつつ直線で外、という形に持ち込めれば、ラストの1Fでグイっと食い込んでくるパターンもあるかな、と踏んで最後に押さえておきます。



posted by clover at 16:10| Comment(0) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください