2018年03月02日

2018 チューリップ賞・オーシャンS

 最初にお知らせです。
 明日はちょっと所用がございまして、レース回顧及び日曜重賞予想の更新が遅れます。
 当日中には書けると思いますが、その旨ご承知おきくださいませ。


★チューリップ賞 展開予想・ポイント

 いよいよ春のクラシックの足音も近づいて、桜花賞の最重要トライアル、今年からGⅡに昇格したチューリップ賞が開催されます。

 金曜正午の時点での阪神の芝は良、多少昨日に雨降りはあったようですがほぼ影響はなく、大分気温も高くなってきていますので、明日には綺麗な良馬場に回復するでしょう。
 引き続きAコースなので先週の馬場イメージを踏襲、基本的には前目内目有利ではありつつ、後半要素を高いレベルで保持している馬なら差し込む事も出来るフェアな条件だと考えておきます。

 レース展開は、ここもまずサヤカチャンがハナを取っていく事になるでしょう。
 それを外からシグナライズ、リリーノーブルあたりが追いかけていって、ラッキーライラックは外の馬を行かせてからじわっと前に取りついていって中団くらいになるかなと思います。
 大外のサラキアもそれなりに出してくるかもしれませんが、2戦目でもありますし無理はせず前のリリーを見ながらラッキーと並ぶ位置くらいになるでしょうか。

 内目はスカーレットカラーがまずポケット狙い、マウレアは前走かなりいいスタートを切れていて、それが踏襲できるならある程度前目に入っていく選択もありますが、武Jに替わっているのである程度ラッキーマークで後ろから切れ味を引き出すイメージで入っていく可能性も強いです。
 レッドランディーニやウインラナキラ、カレンシリエージョは相対的に後ろ目からとなるでしょうし、ペースとしてもサヤカチャンを意識的につついていく馬はいなそうなので、スローからの後半勝負、仕掛けは少し速くなっての持続力戦が濃厚ではないでしょうか。

 ラップ的にもサヤカチャンはそこまで極端に溜め逃げする馬ではないので、35,5-24,5-34,0くらいのバランスで、追走力は最低限問われつつ、後半の切れ味・持続力面で良さを見せている馬が優位になってくるかなと思います。
 かつ馬場バイアス的に、内目を立ち回って馬群の間からそういう競馬が出来れば面白いですね。


◎リリーノーブル

 今回は枠の並び的に微妙なところもあるのですが、ラッキーは出していくとサヤカチャンをパスするのに折り合いで難しくなる可能性を踏まえて序盤はゆったり入りそうで、こちらが外から番手付近まで押し上げてアドバンテージを作れる可能性は高いと踏んでいます。

 前走はなんだかんだ中1週の競馬での難しさもあったと思いますし、今回はじっくり調整を積んで最終追い切りも万全、前目でコントロールしつつじわっと引き上げて、コーナーから押し上げてくるラッキーにロスを作らせる競馬で今度こその粘り込みは期待できるかなと見ています。


〇ラッキーライラック

 あんまりおもしろくはないですが、流石にここより落とせないですねぇ。
 基本的に後傾タイプではあり、新潟とは言え新馬戦で見せた切れ味と持続力は出色、その上でレースセンス良くどんな位置からでもそつのない競馬が出来るのは強みです。

 こちらも調整は順調で、当然まだ緩さは残っているでしょうが力は出せる筈で、相手関係的にもJFの焼き直し感は強いですし、流石にここで大きく崩れる姿を想像するのは難しいですね。
 ただ今回の本気度と伸びしろを込みで、リリーの逆転に賭けてみたいという判断です。


▲スカーレットカラー

 この馬は後半特化では基本的にちょっと足りない馬ですが、より細かく見ていくと一番足りないのは切れ味の質で、前走などでも持続力面はそこそこいいものを持っています。
 今回は良い枠が引けて、インベタ必須の岩田Jなので、外から有力馬が早めに動く展開をポケットで我慢しつつ、直線でしっかり持続力を引き出してこれれば、差し勢の意識次第ではワンチャンスあってもいいかな、と考えました。


△マウレア

 前走はある意味想定通りに、追走力を高く問われた中で甘くなってしまいましたが、阪神外回りでスロー濃厚なら当然巻き返してはくると思います。
 一度使った強みはありますし、先行力も身につけてきたので、2強より前目内目で立ち回れればチャンスはあるかも、と思うのですが、前走出していって甘くなった経緯と、このコースで武Jに乗り替わりとなると、少し溜めてラッキーライラックマークになりそうな匂いがします。
 正直ラッキーの後ろから末脚比べだと分が悪いとは思いますので、圏内突入はあっても頭までは難しい、という位置づけでいいかなと見ています。


△サラキア

 残り1枠として(基本的に少頭数の時は出走数の半分までしか印打たないマイルールなので)シグナライズと悩むところではあったのですが、あちらは基本的に瞬発力と持続力面でかなり甘いタイプなので、未知の魅力を買ってこちらにします。

 新馬はやや出負けしたところからリカバーをかけても折り合いで苦労する感じはなく、勝負所からもスムーズな進出でしっかりラストまで脚を維持して抜け出しており、レースセンスの高さは感じさせました。
 血統的に軽い馬場で瞬発力を問われてプラスに転じる可能性はあると思いますし、リリーを外から見つつ、ラッキーを閉じ込めつつ池添Jらしいメリハリのある脚の使い方をしてくれば、面白さはあるのかな、と感じています。こちらも調教良かったですしね。


★オーシャンS 展開予想・ポイント

 こちらは高松宮記念の前哨戦、先週の阪急杯に比べるとやや物寂しいメンバーですし、力関係が読みにくくて難解な一戦ですね。
 中山の芝は金曜正午で稍重、昨日の大雨の影響はそれなりに出てきそうで、気温はそこそこ高いものの明日までに完全な良まで戻るかは微妙な情勢でしょうか。
 相変わらず特に3~4コーナーの内側の芝は剥げていて、先週も純粋に外差し絶対優位、とはいかないものの、少なくともコーナーでは外から勢いをつけて入った方が良さそうには見えました。

 時計も先週より少しかかってくる可能性は否めないですし、中山1200mですから基本的にはハイペース、それでも33,5-35,0=1,08,5くらいまでしか出せないのではないか、と想定しておきます。
 もう少しスローに寄ってくる可能性もあるのですが、それでも一応基本的には追走力重視、その上で外から機動力を生かせる馬を優位に取っていきたいですね。

 レース展開は、真ん中の枠のネロが行き切れるかどうかがひとつの焦点です。
 今回はテン乗りのミナリクJでもありますし、休み明けはいつもイマイチな馬なのでそこは読み切れず、もたもたしているなら外からラインスピリットやナックビーナスがスーッとハナ、という形も有り得るでしょう。
 内目の馬で逃げまでイメージするとなるとせいぜいリエノテソーロくらいですし、基本的には外主導の入りになっていくのではないかと考えておきます。

 ともあれ内からアルティマブラッド、ビップライブリー、ジューヌエコールあたりは先行を意識、外のレーヌミノルも自分のリズムで前目には入っていって、キングハート、フミノムーン、ダイメイフジ、スノードラゴンあたりが中団前後でしょうか。
 ラインミーティアにエポワス、ロードクエストあたりは後方からの競馬で、ある程度隊列は縦長になりつつ、しっかりスムーズに進出する形を作りやすい位置にいる馬を狙っていきたいところですね。


◎ナックビーナス

 内枠ならより信用できましたが、このコースの適正の高さと好走スポットの幅を踏まえて順当に、ですね。
 前走は基本ペースがゆったりになる京都で、外枠から思い切ってハナまで取り切れなかった分甘くなっていますし、今回は横山Jに戻るのでしっかりポジショニングの意識は持ってくれると思います。

 前目に入ってしまえば流れても、ある程度淀んでからの再加速戦でも強い馬ですし、何かに差される懸念は当然ありますが、圏内の軸としては信頼出来ると考えておきます。


〇レーヌミノル

 こちらも1200mになって、外枠から自分のリズムで入っていけそうなのは良いと思います。
 この馬も本質的にはポジショニングありきで、追走面の不安はこの距離でもほぼないといっていいので、外からじわぁっと押し上げていって直線入り口で前に並びかけるくらいの積極性を出していければ、この相手なら崩れてはこないと思いますね。

 前走などもスタート直後に外から前に入られて怯んだ感じもありましたから、この枠で外を回す競馬が不利になりにくいバイアスを味方に、久し振りの勝利の美酒を味わっても不思議はないと見ています。


▲ジューヌエコール

 そろそろ狙ってみようかな、という感じですね。
 去年は頓挫の影響が長引いたり、この馬に噛み合うパターンの競馬や枠にならなかったりで鳴かず飛ばずでしたが、今回は比較的内目の枠で、外主導で縦長、ペースがそこそこ上がりやすい条件ですので、その点での前進は確実に見込めると思います。

 より軽い馬場の方が良さが出る可能性はありますが、極端に重いというわけでもないですし、外の馬の押し上げを内から掬うように進出していければ、この馬のスプリント適性の高さが炸裂してくれる可能性はそれなりにあるのではないかと考えています。


△ビップライブリー

 こちらも勝ち切れない馬ですが枠は良いですし、前傾特化になり切るとどうかの不安はあれ、今の少し時計の掛かるコンディションならそこまで心配しなくてもいいでしょう。
 ややゲートが安定しない馬ですので、戸崎Jできっちりスタートを決めてくれればと思いますし、内目で我慢する形が今の馬場に合うか微妙な分頭から狙うのは避けたものの、堅実に脚は使ってくれると思います。


△ネロ

 基本的に休み明けは走らない馬ですし、坂路も全体時計は出ていますがラストの失速が大きく、やはりまだ本調子ではないのか、というイメージはあります。
 ただし舞台的には単調なハイペース押し切りを狙いやすい中山1200mで、馬場もそれなりに力の要る条件なのはかなり噛み合うはずで、最悪外から前に入られてしまっても外に切り替えることが出来れば最低限は対処してくれる筈です。

 ポーンと逃げてどこまで粘り込めるか、というシンプルな形が一番噛み合うでしょうし、流石に今の状態で頭まで粘り切れるかとなると信頼しきれませんが、印としては拾っておきたいですね。


△スノードラゴン

 こちらも既に10歳馬ながら意気軒高、珍しく今年は冬場も調子を落とさず走ってきていますし、なんとも不気味な存在です。調教も走ってるんですよねぇ。
 中山の1200mなら芝ダート問わずにしっかり脚を使えるタイプですし、今年の高速状態でなく、外から動きやすい馬場も合うと思うので、圏内食い込みくらいは警戒しておきたいですね。


△エポワス

 こちらも10歳馬ですが、大事に使われている分まだ明確な下降線という感じではありません。
 基本的に高速馬場向きではないので前走の負け方は仕方ないと思いますし、ハイペース適性そのものもそこまで高くはないですが、しっかり自身平均くらいで入っていければ脚を使えるのは、ナックビーナスを捕まえたキーンランドCからも明らかです。

 外目の枠でじっくり構えて、中山外捲りのタイミングとコース取りを熟知している田辺Jというのも重ねて不気味ですし、紐には引っかけておくべき馬ではないかと思います。


posted by clover at 17:39| Comment(4) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

プライベートでも忙しいそうで。
了解です。
Posted by ギャロップ at 2018年03月03日 01:07
こんにちわ。
今週もありがとうございます。
チューリップ賞ってG2だったんですね。
長年競馬やってるのにG3と思ってました(^^;;

私はリリーノーブルとラッキーライラックのワンツーで決まるかなと予想してます。
Posted by サイクロ at 2018年03月03日 15:09
>ギャロップ様、サイクロ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 ようやく帰宅して、一先ず全レース見終えました。
 基本的には暇人なんですけれど、たまにこういう日があるとリズムが崩れてちょっと大変ですね。

 今から回顧記事に着手しようと思います。
Posted by clover at 2018年03月03日 19:43
 すみません、書き漏らしましたが、チューリップ賞がGⅡなのは今年からのようですよ。
 私も長年GⅢと思っていたので違和感はありますが、府中牝馬Sよりはまだ実態的に納得できる感じはしますね。。。
Posted by clover at 2018年03月03日 19:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください