2018年02月16日

2018 京都牝馬S・ダイヤモンドS

 水曜の記事で水木は回顧、と書いたんですが、折角小倉大賞典もあるので、地味~な新企画のコースデータメモの方を先出しさせていただきました。
 来週は交流重賞などもなく余裕がありそうなので、先週の3歳平場戦の回顧は週明け一発目に書こうと思います。土日は当然4重賞に全力集中ですね。



★京都牝馬S 展開予想・ポイント

 この舞台に替わってから中々に出世レースとなった京都牝馬S、今年も多彩な路線から面白いメンバーが出揃ってきましたね。

 正月から2か月続いた淀の開催もいよいよ最終週、今年は去年秋の台風の影響が序盤から払拭され切らず、かつ雪のダメージなどもあっていつもの冬の淀以上に荒れ馬場条件でしたし、当然そこからガラッと変わってくる余地はないでしょう。
 発表は良馬場で、かつ週中の雨予報もないのでそこは一安心、そして先週は重馬場の影響もあり外伸びのイメージが強く出ていましたが、今週は果たしてどうでしょうか?

 無論ある程度外を回した方が、とも思いますが、正直画像で見る限り内も外も大差なくボコボコなので、どの道走りにくいなら経済コースを、と腹を括った馬が粘り込む可能性も頭の片隅に入れておくべきかな、と思います。
 どうあれいかにペースが落ち着こうと、究極的な切れ味を披露するのはまず無理、という条件ですし、力の要る馬場に対する適性と、相対的に流れやすくはなるので追走面での適性を重視したいところです。

 レース展開は、この枠でしたら内からワンスインナムーンがハナ狙い、その番手にソルヴェイグ、という隊列になそうかな、と感じます。
 休み明けのアリンナもその気になれば速いので、ここの出方もありますが、内の2頭は別に逃げに拘る馬ではないので、アリンナが強気に外から押していくなら、先に行かせて自分のペースで、という競馬に持ち込んでくるとは思います。
 エンジェルフェイスも基本的には逃げたい馬ではありますが、1400m戦の流れははじめてで、前走も1000m62秒の超スローに恵まれていますので、ここで外から一気に逃げるのはまず無理で、よくて2列目の外からの競馬になるのではないかと考えます。

 今回は結構1200m路線からの馬が多くて、それが内目に揃っていますので、好位勢も内枠の馬が素直に占めそうな感触です。
 オーヴィレールが2列目ポケットまで上がっていければ、という感じで、ウゼットジョリーにサザナミもある程度前の流れに乗っていく形、逆にミスエルテとミスパンテールはある程度下げての競馬で、タマモも近走は1200m路線で後傾型にシフトしつつあるので、枠の並びもありますし無理して前にはいかないでしょう。
 デアレガーロ、エスティタートも後方外目で流れに乗っていく形を取ると思います。

 ペース的には、1200m路線の馬が多い分、そんなに無理しなくても結構流れる可能性は考えておきたくて、それをタフな馬場が助長するかな、とも思っています。
 無論逆に距離を意識してスロー、の可能性もなくはないですが、実質的にペースを握るのがワンスとソルヴェイグなので極端なスローは避けるでしょうし、馬場を踏まえれば1,22,5を切ってくれば優秀、とも思うので、大体35-12-35,5くらいの想定にしておきたいです。

 基本的にはややハイくらいでそこそこ追走も問われつつ、牝馬戦らしく仕掛け自体はちょっと遅れて直線である程度再加速を問われると踏んで、基本的には好位でスムーズに立ち回れる馬、次いで外から緩みに合わせて4F戦で押し上げて、ラストまで持続力を維持できるタイプを狙いたいですね。


◎ソルヴェイグ

 この馬の場合顕著に弱点はあって、仕掛けが早くなるパターンだとすぐ甘くなるのと、渋った馬場が得意ではない、というのがあります。
 ただ力の要る馬場自体はフィリーズレビューやキーンランドCからも苦手にはしておらず、むしろ適度に時計が掛かって上がり勝負になり過ぎないのは良い条件です。

 今回は比較的しっかりと先導してくれる馬がいますし、かつ1200m路線の馬が多いので前の馬が強気にコーナーから仕掛けていく、というイメージは持ちにくく、その意味で直線でもう一足、という競馬にこの馬のスタイルが噛み合ってくれるかな、と見ています。
 ミルコJなので出負けのリスクはありますが、この馬の場合常にスタート安定、二の足も俊敏ですので、内外の出方を見ながら立ち回れるこの枠もプラスで、圏内には堅実に食い込んでくれるかなと考えます。


〇エスティタート

 去年もこのレースで最後方から上がり最速で4着まで押し上げていて、前走も内目からしぶとく伸びて2着、この時期の京都で相対的にパフォーマンスを上げてくるところはあります。
 ちょっと外枠過ぎるか、という気もしますが、今は外から動いた馬もしっかり伸びてこられる馬場にはなっていると思いますし、メリハリをつけて乗ってくれるとは思うので、スプリント路線の馬の適性が読みにくい中で、ある程度の信頼を置けるタイプにはなるのかな、というイメージですね。


▲デアレガーロ

 この馬も結構色んな距離で結果を残していますが、1200mだとはっきり後傾、1600mだと流れ切ってしまった方がいい、という感じはあり、その点で1400mの平均からややハイくらいの想定は噛み合ってくると思います。

 ある程度力の要る馬場でも切れ味を発揮できるタイプですし、非根幹のマンカフェでもあるので、しっかり絞り切って解き放つイメージで入ってくれれば、前走の差し脚からしても充分チャンスはありそうな馬ですね。
 決め打ちが嵌りやすいこういうタイプに池添Jというのもいいと思いますし、楽しみな一頭です。


△ワンスインナムーン

 香港での惨敗明けなので状態がどうか?と思っていましたが、少なくともここ2週の調教は素晴らしく走れていて、その不安を感じさせません。
 単純に条件としても去年2着の舞台で、かつ本質的には去年はペースを落とし過ぎたきらいがあり、平均くらいからの出し抜きで一番強い競馬が出来る、というのは、朱鷺SやスプリンターズSを見ても明らかです。

 この枠なら主導権も取りやすく、よしんば外から一気に来られたとしてもそれで崩れるタイプでもないので、状態面で一定信用できそうなら拾っておかねばならない馬かな、とは思います。ただ流石に重い印を打つほど全幅の信頼を寄せるのは難しかったですね。


△ウゼットジョリー

 この馬も1400mは新馬戦以来になるのですが、マイル戦の戦いぶりを見ている限り、はっきり後半勝負では足りていません。
 ただ一定の追走力と、そこからの機動力は持っているので、良馬場だけど力の要る条件で平均ペース、というのは結構面白そうで、休み明けでも調教は今まで通りラスト重点でしっかり時計は出せていて、走れる態勢にあると見ます。

 並び的にも好位からしぶとく雪崩れ込めそうな感じで、勝ち負けまではともかく圏内食い込みはチャンスがありそうです。


△タマモブリリアン

 1200m路線組からはこの馬を拾っておこうかなと思います。
 近走は後傾型に少しずつシフトしている感じで、京阪杯でも後ろから結構鋭く伸びてきて、進路確保がもっと早く出来ていれば、という惜しい競馬でした。
 あの内容からも、今の淀で自身やや後傾位からいい脚を繰り出せる可能性は結構あるかな、と見ていて、頭数も少ない中で自分の競馬に徹すれば、ニジンスキー血脈のしぶとさが発揮できる感触はありますね。


無印ミスパンテール

 勿論怖さはあるのですが、この馬はここまで見せている内容がはっきり極端な後傾型で、かつ後半要素も最大の武器が瞬間的な切れ味にあり、長くしぶとく脚を使うというタイプではありません。
 その意味で、清水Sの時くらいならともかく、今の淀が合うタイプとは決して思えませんし、1400mの総合スピード勝負も然り、です。

 まあ調教など見てもより力をつけている感触はあり、血統的にはダイワメジャーで本来はこういう馬場で強い、というのはあるので、ここでガラッと新味を見せてきたら侮ってましたごめんなさい、というしかないですが、適性判断的には真っ先に消したい馬なのでここはスパッといきたいところです。


★ダイヤモンドS 展開予想・ポイント

 冬の名物長距離重賞のダイヤモンドS、今年も中々に渋いメンバーが出揃う中で、ここから春の天皇賞に向けて飛躍を遂げる馬が出てくるか注目ですね。

 府中の馬場は金曜昼で良馬場、コース替わりもなく週末の雨予報もなしなので、先週末の傾向をそのまま敷衍していいと思います。
 基本的にはかなり軽い馬場で時計も出ますが、除雪の影響もあったか完全に素軽い馬向き、という感じでもなく、また内外のバイアスで言えばやや内有利、少なくとも外一気は余程ペースや展開に恵まれないと、という印象です。
 ある程度好位~中団の内目で器用に立ち回れる馬や、後ろからですと機動力があってコーナーからスッと押し上げてこられる馬が強く、極端な競馬しか出来ないタイプはちょっと足りない感触ですね。

 レース展開は、外から何が何でもの逃げ宣言が出ているグランアルマダが押して押してハナ、それを内からラブラドライト、ハッピーモーメント、ソールインパクトあたりが追いかけていく形になるでしょうか。
 リッジマンとプレストウィックはその一列後ろくらいで、リッチーリッチー、レジェンドセラー、トレジャーマップあたりが中団前後、フェイムゲームは大外なので序盤はあまり無理せず後方の外目で様子見かなと思います。
 ホウオウドリームも最序盤は下げて後方内からフェイムゲームマーク、というイメージですね。

 ペースとしては、グランアルマダは極端に飛ばしていくタイプではなく、ラブラドライトも出来ればスローにコントロールしたいクチですので、このレースの基本通り2周目の向こう正面までは13秒台のラップが多く刻まれるスローペースになるでしょう。
 このレースの特徴としては、流石にステイヤーが多い分仕掛けを早くしてのスタミナ勝負に持ち込む人馬が出てきやすい事で、去年のように完全な3F瞬発力特化戦になる方が稀です。
 基本的には向こう正面で誰かが仕掛けて一段加速、そこからコーナー中間で更にペースが上がって二段階目の加速と、ロンスパの中で切れ味がそこそこ早めに問われ、持続力特化になるパターンが非常に多いです。

 今年の場合は外からフェイムゲームがそこそこ早めに動いていく事になるでしょうし、リッジマンあたりも蛯名Jなので、どこかで内から外目に出して早め進出を狙ってくるイメージ、レジェンドセラー田辺Jあたりもそのあたりの戦略性には長けていますので、全く直線まで動かず、にはならないと思います。
 なのでベーシックなレースイメージ通りに600-400m地点のコーナー出口~直線入り口最速ラップで、持続力を強く問われつつ、全体ペースはスローなので極端にラストで落とさないイメージで見ておきたいですね。

 この距離ですので当然ポジショニングの上手さや折り合い面は大切になりますし、その上でしっかり後半の持続力要素、ロンスパに耐えうるスタミナを保持していそうな馬を狙っていきたいところです。


◎フェイムゲーム

 斤量差はありますが、早めに動いて出し切る形を作りやすいこの枠で、それをしっかり熟知してくれていそうなルメールJならまず崩れないんじゃないかなと見ています。

 これで5年連続の出走になり、毎年斤量を背負うのは当たり前なのでその点に不安はなし、その上で去年は内目の枠でコーナーで上手く外に出せず、前が流れを絞って3F特化戦に持ち込む中で、加速地点で置いていかれてしまった感は強く、勿体ないレースでした。
 今年はもう少し動いていきそうな人馬もいますし、外目から自分で、という前走の様な競馬も恃みに出来ます。
 持続力戦で変らず強いのも、去年の目黒記念を見ればわかりますし、状態面で不安がないなら素直にこの馬から入っていい条件だと思います。


〇レジェンドセラー

 この馬の場合当然距離は未知数になりますが、前走などを見ても2200mでも忙しい、というのは確かで、延長がプラスになる蓋然性はかなり強いと踏んでいます。
 かつ2400m路線での勝ち方が、基本的にスローからのロンスパ、その中でも速いラップを踏んでの持続力戦で中々いい味を出しており、このレースにはぴったり噛み合うかな、と思います。

 基本的に仕掛けの意識が強く、出し切る乗り方をしてくれる田辺Jでもあるので楽しみですし、フェイムゲームより前は取れると思うので、むしろ先に動いて慌てさせるくらいの強気さが欲しいですね。この条件なら勝ち負けして欲しい馬です。


▲リッジマン

 こちらもロンスパで確実に強く、血統イメージからは考えられないのですが、ただレジェンドセラーよりは切れ味の面では確実に足りず、持久力レベルでのロンスパの方が得意だろう、とは思えます。
 その意味でこの最内枠は仇になる可能性も応分にありますが、こちらも仕掛けの意識は強い蛯名Jなので、向こう正面手前からどこかで外目に持ち出して動いていく意識があれば、と思いますし、基本的にはそこまで極端に速いラップは踏まないレースですから、その点でもふかして入っていけば一定対応は出来ると思います。

 ラストのしぶとさはかなりのものがありますし、軽ハンデを生かしての粘り込みに期待します。


△プレストウィック

 地味に掴みどころのない馬なんですが、長距離路線での安定感はありますし、メトロポリタンSあたりから見ても、一定の持続力戦への対応力もあると思います。
 この枠で戸崎Jなので馬群の中で構えて直線勝負になりそうで、外から勢いをつけていった馬を捉え切れないイメージは強いのですが、それでもしぶとく伸びて圏内確保、というシーンはありそうです。

 斤量的にも対フェイムゲームで楽にはなっていますが、ただフェイムゲームは適性的に府中の方が強いと思うので、これを逆転するのは難しいと見ています。


△ハッピーモーメント

 この馬も基本的にはスローからの後半勝負の馬で、どちらかというと出し抜き型かな、と思っていたのですが、目黒記念はいい意味で驚かされました。
 あのレースは顕著にコーナー出口最速で持続力特化戦になっていて、そりゃあフェイムゲームが勝つよね、というレースでしたが、そこで好位からしぶとく粘り込んできたのは、今までにない適性を感じさせました。

 京都大賞典とアルゼンチン共和国杯は、レース質的にそこまでステイヤー性能寄りではなかったと個人的には見ていて、その中で枠が悪く外々で、という競馬が続いたので、今回内目の枠でポケットを確保できそう、その位置で外からの仕掛けに呼応しつつ、自身本仕掛けを直線まで待てる形なら、結構食い下がれるんじゃないかと注目しています。
 ディープの仔には鬼門の長距離ですが、母父トニービンの威力に期待ですね。


△リッチーリッチー

 転厩初戦になるのでその点で手探り感はありますが、舞台設定と持続力戦に対する対応力は結構秘めているとは思っていて、その点で先物買いしてみたいところはあります。
 勝ち切れているのが重馬場ばかりであるように、持続力勝負を前から粘り込んでちょっと足りない馬なのは確かですが、距離延長で相対的に他の馬の切れ味が削がれる点を踏まえて、勝ち切るまではともかく圏内粘り込みで拾っておきたいですね。


無印ホウオウドリーム・ソールインパクト

 ここも中々に怖いところですが、ホウオウドリームの場合はまず少頭数でスロー特化、かつ3F戦ばかりに良績が集まっているのはあります。
 今の府中で直線だけの外ズドンはまず決まりませんし、また前走のように内に潜り込んでいった時の反応もあまり良くなく、時計が少し掛かる中での持続力勝負でもそこを見せた感はあります。
 血統と斤量で人気するのはわかるのですが、個人的にはそこまで長距離向きではないと踏んで軽視します。

 ソールインパクトも同様に、ステイヤー色が強い六社Sで3着、そこまでステイヤー色が薄いアルゼンチン共和国杯で2着と、このあたりから距離延長が大歓迎とは思えません。
 ある程度ペースが流れる中でのバランスの良い後半要素が武器の馬ですし、前走のようにポジションが取れないとまず苦しい、かつステイヤー色の強い競馬になると足が速く上がりやすい、というイメージで、ここはよしんばいい位置を取れて、一瞬抜け出しそうになっても、最後でガタッと甘くなる条件ではないかと見ています。
 人気のこっちを買うなら、流石に印は回しませんでしたが、六社Sでタイム差なしのトレジャーマップでもいいんじゃない?って思いますね。なにせゴルシの全弟ですから潜在スタミナはありそうですしねぇ。


posted by clover at 17:33| Comment(0) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください