2017年12月29日

2017 ホープフルS プレビュー

**★はじめに**

 週明けはすぐにレース日になってしまうのと、交流重賞も沢山あるので、今の内に書いてしまおうと思います。
 経緯はともかく、GⅠ昇格後初めてのレースという事で当然注目度も上がってくるでしょうし、はじめての平日開催などどこまで興行として成功するのか、また陣営の調整面でも難しさが生じる中で、初代王者の栄冠に輝くのはどの馬か楽しみです。


**★レース傾向分析**

 中山の2000m戦として古くからOP戦で定着していましたが、3年前からGⅡ格付けになり、今年のGⅠ昇格が既定路線になっていたわけで、データとしては一応重賞になってからの3年だけ軽く見ておこうと思います。

 それぞれの年のラップが、

 ・2014年 36,2-49,8-35,9=2,01,9(勝ち馬シャイニングレイ)
 ・2015年 36,6-50,3-35,3=2,01,8(勝ち馬ハートレー)
 ・2016年 35,6-49,1-36,6=2,01,3(勝ち馬レイデオロ)

 という感じで、基本的に年末の中山ですので馬場は重め、スロー気味の前2年が2分1秒台後半、そこそこ流れた去年が2分1秒台前半、というのはわかりやすいところです。
 中山2000mなのでそれなりにポジション争いはシビアにはなってきますし、今年も登録時点では18頭、ニシノベースマンは既に回避の報が出ているとはいえ、それでも15頭は超える頭数でのレースになりそうなので、ある程度の先行力と追走力か、後ろからでも機動力はそれなりに欲しいところです。

 ある程度流れたり、中盤の淀みが大きくなってのロンスパとかですと後ろの馬にも出番は出てきますが、シャイニングレイの年のように淡々と流れての2F戦、という可能性も、この時期の2歳馬ですから十分あり得ます。
 実際過去3年とも、最速地点は400-200mのコーナー出口~直線入り口で、ラストもそこまで露骨に落とさないパターンが基本線なので、後ろから差し込むには機動力に加えて瞬発力の質と持続力も一定は問われる事になるでしょう。

 今年は有馬の日の更に後ですので、そこまでいくと馬場状態も例年に近い重さにはなってくる可能性はありますが、現状だけで判断するならここ2年よりは軽いと踏んでいます。
 なので流れればギリギリ2分0秒台に入ってきても、とは思いますし、なにより馬群が凝縮する中でいかに馬のリズムを守ったスムーズなレースが出来るか、紛れの多いコースではあるのでそのあたりの判別は難儀ですね。

 正直去年のメンバー、レイデオロがその後大活躍しているおかげで辛うじて面目を保っているものの、やっぱり2、3着馬のレーティングとか嘘だよね、って感はありますし、実際2着以下でまともに走っているのが短距離にシフトしたサングレーザーくらいというのも切ないところです。
 せっかく格付けされたのですから、それこそ地位が人を作る、ではないですけれど、いずれ活躍馬をどんどん輩出するGⅠになってくれればとは思いますし、今年も将来性を感じさせる勝ち馬が出てきてくれることを期待しましょう。


**★有力馬分析**

・タイムフライヤー

 現時点で一番計算が立つのはやっぱりこの馬かなとは思います。
 かなり馬場の重かった京都2000mで、しっかり先行してポジショニング面を改善しつつ最後までしぶとく伸びる脚を見せてきました。
 鞍上も継続騎乗になりますし、前走の出足を踏襲できるならここでも中団より前目には入っていけそうで、後はしっかりスペースさえ作っていければ、切れ味勝負になっても持久力勝負になってもやれる、という担保は持っているので、連軸向きだとは思います。

 無論ここで5走目、というタフなローテーションに一抹の不安もありますし、極端な外枠とかですとそもそもポジションが取れない懸念は出てきます。
 極端な内も嫌ですし、ある程度真ん中くらいの、内外の出方を見ながらポジションを決められる枠に入ってくれればいいな、とは感じます。一応は本命候補ですね。

・ルーカス

 前走は序盤から追走に汲々とし、最後も辛うじてシャルルマーニュを交わして2着と、まだまだ素質だけで走っている感をありありと見せていました。
 ただそれでもあれだけ走れたのは非凡な能力の証ではありますし、ここで距離が伸びて、確実に前半のペースは楽になるので、積極性のあるミルコJとのコンビでそれなりのポジションを取ってこられれば、とは思います。

 しかし前走を見る限り二の足はかなり遅く、要所での機動性もそこまで高くはないので、展開にはかなり注文がつきそうです。
 今の感じですと、はっきり2F戦になるよりはある程度ロンスパで波のないラップになってくれた方がと思いますし、新馬の内容からも勢いをつけて入っていけば持続面はかなりいいものを持っているので、それを生かせる形を上手く作れるかどうかでしょう。

 こちらも内で包まれる形は良くなさそうで、ある程度外目の枠からじわっといくか、ただ中山マイスターのミルコJなので向こう正面インからの押し上げとかも頭に入れつつ、勝負所で後方、という形にならないように進められれば直線の差し比べで充分に楽しみはあります。
 ただ全体的な信頼度、安定感ではタイムフライヤーを上に見たいですし、今のところはそういう序列で考えています。枠次第では連下まで下げるかもしれませんね。

・シャルルマーニュ

 この馬も安定したキャリアを積んできて、この一戦で待望の2勝目を狙います。
 ここ2走を見ても、極端に切れ味を問われるよりは持続面や持久力、追走力などバランス良く全体のレースになってくれた方がいい、というのはありますし、その意味でこの時期の中山2000mは悪くはないと思います。

 なにより先行力があり、要所でスッと反応できる機動力も持ち合わせていますので、変なところに入るとごちゃつきやすいレースの中でスムーズなレースが出来そう、というのは強みになってくるはずです。
 この距離でこのコースなら、ある程度スローからでも極端な切れ味は問われないでしょうし、血統的にも距離はこなせると思うので、外枠過ぎないのならば素直に重い印を打ちたい馬にはなりますね。

・ジャンダルム

 マイルのデイリー杯を勝ったのに、その直後にここへの参戦を決めた異色派は、元祖GⅠマイスターの武Jを背にどういう競馬を見せてくれるのでしょうか。
 大阪杯に続いて昇格レースを武Jが勝って見せるか、とう点も注目ですし、結果的に朝日杯に回ってもあのダノンプレミアムの走りでは流石に敵いようも無かったでしょうから、その点でこの選択がプラスになるか、というところです。

 馬自身は純粋にまだスローのマイル戦しか経験がなく、ただその中ではっきり見せている良さは、瞬間的に加速できる機動力かなと思います。
 前走もラスト1F最速のトリッキーな流れの中で、一気に内から突き抜ける切れ味と加速力の素晴らしさを見せましたし、この距離になれば追走面でも対応してくるとは思うので、先行力があることも踏まえれば意外と信頼度は低くはないと思います。

 ただ勿論この距離でタフな馬場になりやすい時期、血統的にこなせるか?というのは未知数です。
 父は北米リーディングサイアーになったこともあるキトゥンズジョイで、この種牡馬はダート主流の北米で、主に芝の活躍馬ばかりを輩出するのにリーディングまだ昇りつめた異才でもあります。
 産駒の傾向的にもマイルから2000m近辺でもっとも走っているイメージですし、後は母系のビリーヴがどう出るか、でしょう。

 上の兄姉は大抵スプリント色が強く出ていますし、この馬はマイル2戦だけ見ていれば距離は持ちそうな感じですが、いずれはマイルベストに集約されていく気はします。
 とはいえ、今スプリント路線で復活してきているシャイニングレイが勝てるようなレースでもありますし、距離に合わせた馬のつくりでは定評のある池江厩舎ですから、淡々と流れての2F戦、コーナーでの機動力を強く問われると踏むならチャンスは充分にあると考えてもいいかなと思います。
 地味に今回一番評価に悩む馬ですね。

・ジュンヴァルロ

 この時期なのでなんとも言えませんが、一応この馬が主導権を握る有力候補にはなりますね。
 前走は相手関係も楽ではあったにせよ、外枠から一気に出していって、タフなペースを刻んでの逃げ切りと、いかにも欧州血統らしいしぶとさを見せてきました。
 一応ケイティクレバーが京都2歳Sもそれなりに走りましたし、その比較でタイムフライヤーには分が悪いにしても、あまりスローにし過ぎずしっかり自分のペース、61-60くらいのギリギリスローくらいまででコントロールできれば面白さはある筈です。

 スタートセンスは悪くないので、出来るだけ内目の枠の方がいいと思いますし、他の逃げ候補が外目に回って、とかのパターンなら重く狙える余地もある一頭ですね。

・マイハートビート

 前走の京都2歳Sは出遅れて外を回して完敗、どうしても出足の悪さがこの頭数になると更にネックにはなってきそうです。
 2走前からも馬群を割る競馬自体は出来る馬ですし、タフな展開そのものは苦手ではないはずなので、内目の枠から出来るだけ出負けを抑え、中団後ろのインでじっと我慢して、その上で前の仕掛けがロンスパ気味になってくれれば、と色々注文はつくものの、好走のイメージ自体は持てる馬ではあります。

 内枠条件で連下くらいは打っても、とは思えますし、新馬戦以来のルーカスとの対決で、その差がどうなったかも気になるところではありますね。

・サンリヴァル

 芙蓉Sを勝って2戦2勝、そこからじっくり間隔を開けてここに照準を合わせてきました。
 この馬も比較的先行力と器用さがあり、ただレース自体はまだかなりのスローしか経験がないので、ある程度先行勢が揃ったここで流れてどうか、というのははっきり試金石です。

 少なくとも瞬発力・持続力勝負なら強いのは確かで、新馬の相手関係も悪くなかったですし、前走もファストアプローチを退けています。
 まぁ切れ味比べでのファストアプローチが大して強くないというのは朝日杯を見ても明確ですが、ここで極端な質が問われるはずもないですし、前目からしっかり瞬間的にスピードに乗っていけるイメージはあります。
 中山の3~4コーナーでの段階加速のさせ方が非常に上手い田辺Jでもあるので、なるべく前目内目を取って実質的に流れを支配する形に持ち込めればチャンスはあっていい馬ではあるかと思います。

・ナスノシンフォニー

 牝馬でただ一頭果敢に参戦となるナスノシンフォニーも、実績では前走百日草特別でゴーフォザサミットの2着と、ここでなら遜色のないものがあります。
 新馬もそうですがとにかく不器用さはあり、エンジンの掛かりが遅く出足も良くないので、その点中山の2000mが合うとは思いません。
 前走も最内枠の分リカバー出来たからいいものの、ですし、持続力特化型のイメージで、出し切ることが出来ないと脆いタイプなので、ここで噛み合う可能性はそこまで高くはないでしょう。

 ただその持続面のみにおいては、ここに入ればルーカスの次くらいの素質を見せてきているかなとは思いますし、全体的に前掛かりになってラストがくんと落ちる展開で、上手く内目から直線外に出せる形を作れればワンチャンスはある、一発を期待出来るだけの馬ではあると思います。

・フラットレー

 札幌の新馬前から評判だった同馬ですが、前走アイビーSをどう判断するかが難しいところです。
 新馬は今からすれば相手がかなり貧弱でしたし、前走は不良馬場の影響もあったとはいえまだ悪化し切ってはいない中、馬場のいい外を選んでも直線どの地点でも少しずつタニノフランケルに見劣っていました。
 そのタニノがジュンヴァルロには完敗している事も踏まえると、ここで勝ち負けに持ち込むには良馬場と距離延長で余程プラス要素が噛み合ってこないと、とは思います。

 少なくとも去年のレイデオロほど機動性を感じませんし、ハーツ産駒の右回りで勝ち切るイメージもやはり持ちにくいのはあるので、今のところ印は回らないと思います。

・トライン

 新馬直行組ではやはりこの馬かなとは思います。

 前走はスローは確かですが、序盤から無理なく先手を取って、直線自力で一気に加速してラストも落とさず突き放した脚は圧巻でした。
 ここでスムーズに逃げ先行が出来るかまでは、前走にしても前半3F37,1とかなり遅いので当てにするのは難しいですが、素材そのものは面白いですし、ヴィンテージクロップになりつつあるディープ産駒なので完全に軽視はしにくく、こちらも扱いに悩む一頭ですね。


**★思い出のホープフルS**

 といっても近年のレースにそこまで印象はなく、それ以前はOP戦なのでなんともですが、記憶に鮮烈なのはトーセンジョーダンあたりでしょうか。
 流石にいつものようにレース映像は見つけられないですけれど、個人的にジャングルポケットが好きなのもあり、その産駒は常に注目していて、この馬も新馬でこそ敗れたものの、その後未勝利⇒葉牡丹賞⇒ホープフルSと三連勝して、その内容も素晴らしくクラシック、特にダービーに大きな期待を寄せたものです。

 惜しくも共同通信杯2着後に故障してクラシックシーズンを棒に振ってしまいましたが、古馬になって秋天大レコードVやJCでの好走など、いかにもジャングルポケット産駒らしい府中での活躍が目立ち、逆に得意ではないはずの中山であそこまで凄みのあるレースで勝てたというのは素材の証明だったんだろうなと感じますね。
 
posted by clover at 15:37| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください