2017年12月29日

2017 有馬記念 プレビュー

**★はじめに**

 遂に今年も一年の競馬の総決算、ドリームレースの有馬記念の週がやってきてしまいましたね。
 まぁ今年の場合はホープフルSが新設されて、年の瀬感が微妙に弱まって趣きの面では?というのはありますが、それでも競馬ファンを長く続けていれば当然有馬記念は特別の感慨を持つに至るに相応しいレースになります。

 個人的にも、丁度去年の有馬記念の回顧からこのブログをスタートさせたので、丸々一年全力で駆け抜けてきたなぁ、という充実感を覚えるところでもありますし、戦前のプレビューから予想・回顧までしっかりとしたものを書けたらなと思います。


**★レース傾向分析**

 真冬の中山の馬場ですので、特にエアレーション作業などが一般化した昨今は、極端な高速馬場でこのレースを迎えることはなくなってきているとは思います。
 また過去10年で見ても稍重開催が一回だけで基本的に良馬場になりやすい時期でもあり、パワーとスピードがバランス良く問われるレース、というイメージです。

 過去10年のラップは3,5-3-3-3Fで取りますと、41,8(11,96)-38,6(12,87)-36,6(12,20)-35,5(11,83)=2,32,5(12,20)という推移になります。
 基本的にスタートからすぐに3コーナーがあり、かつやや下りで入っていくので、先行争いが極端に激化しなくても序盤のペースはそこそこ上がりやすいです。
 その分一周目のスタンド前から1~2コーナーにかけては顕著に息が入るパターンがほとんどで、向こう正面の残り1000mあたりから最低でもハロン12前後のペースに引き上がっていく、ロンスパ傾向は非常に強いレースです。

 ただしロンスパでも、そのまま12秒前後を続ける持久力ラインでの純正ロンスパ戦と、直線入り口で更に加速を問われる、持続力ラインまで踏み込む二段階加速ロンスパ戦になる場合があり、それは当然馬場条件と、前半のペースに依拠するところが大きいです。
 前半がスローならば当然後半は二段階加速戦になりやすいですし、前半がそこそこ流れれば純正ロンスパ戦になる、というのが単純な腑分けで、後は馬場コンディション次第ですね。

 今年のイメージとしては、過去2年よりは軽いんじゃないかな、と今のところは感じています。
 去年はある程度スローながらも純正ロンスパ戦の色合いが濃かったですし、一昨年はより全体のペースが遅かったのと、仕掛けのスイッチの入り方がはっきりしていたので二段階加速戦になりました。
 どちらもレースの主導権を取っていたのはキタサンブラックではあり、今年も同質のバランスを狙ってくると踏まえるならば、今の馬場を考えるとどちらかと言えば二段階加速戦になる可能性の方が高い気はしています。

 あとポイントとしては、スタートからの2F目のラップ次第で全体のペースが決まりやすい面も見逃せません。
 過去10年で顕著にスローになったのは、ジェンティルドンナとオルフェーヴルの一回目の年ですが、どちらも典型的な逃げ馬がいなくて、序盤先行勢が探り探りになったことで全くペースが上がりませんでした。
 この地点である程度逃げ馬が押して出していったり、ポジション争いが激しくなると、その惰性でコーナーに入っていってペースを一気には落としにくくなるので、その分序盤全体のペースもそこそこ跳ね上がるのかな、と考えられます。

 今年のメンバーを見渡した場合、逃げるかも、というのがカレンミロティックにトーセンビクトリー、そして当然キタサンブラックくらいで、これら先行勢がどのあたりの枠を引くかもポイントにはなってきそうです。
 とはいえキタサンがいる限り、極端すぎるスローはまずないと思っていいでしょう。自身は過去2年と同等に、61,5~62くらいで前半を入るイメージで、その前に誰かがいるかどうか、どちらにせよ後続はキタサンマークでポジションを決めるのは間違いないでしょうからね。
 ともあれ、問われるのは好枠と最序盤のポジショニングの上手さ、ロンスパ適性とそこからもう一段加速できる器用さ、最後は坂で踏ん張れる底力も含めて、強い馬が強いレースはしやすい条件になってくると考えます。



**★有力馬分析**

・キタサンブラック

 去年・一昨年ともに秋三戦目での参戦となり、3⇒2着と少しずつ着順を上げてきての今年、引退の花道となる見事な勝利を飾って、薄暮の中山に祝祭の歌声が響き渡るのか、非常に興味深いところです。

 馬自身の強さは今更に語ることも少なく、とにかく総合的な能力に優れていて、どんな競馬でもしっかりポジションを取り、一定以上対応してくるのがこの馬の最強の武器になります。
 過去に敗れた時は比較的どういう要素であれ特化戦の様相が強くなった時ではあり、また基本的に秋三戦目はパフォーマンスを落としがちな成績であるのも確かです。

 ただこの秋の場合、今まで全勝だった叩き二戦目のJCで3着に敗れたのをどう判断するかが難しいところです。
 レース内容としては、純粋にやや軽い馬場で追走面でも持続力面でも少しずつ負荷が重くなって、全てが噛み合ったシュヴァルグランに差されたのはともかく、ある程度厳しい競馬になったレイデオロにも捕まった事と、思いの外坂でのラップの鈍りが早かったのは気掛かりな材料です。

 一応落鉄の影響もあったかも?とは思いますし、後は調整過程からしても明確に例年よりはお釣り残しの意識が陣営にあったのは確かで、少なくとも4着以降は大きく千切っているので、あの条件でシュヴァルグランとレイデオロが強すぎただけ、という見方も出来るのが悩ましさに拍車を掛けます。
 少なくともややスローにコントロールしやすい中山2500mという舞台設定そのものは合っていると思いますが、グランプリレースで最後の坂で甘くなるのは間違いないので、ここも勝ち切るには絶妙なバランスを問われるのは確かでしょう。

 一週前調教の内容などから、極端な調子落ちはなくしっかり仕上げてきていると感じますし、秋天もJCもそれなりに厳しいレースだったとはいえ、流石に春天ほどではないと思うので、ここでも圏内を外すイメージは持ち辛いです。
 少なくとも他の有力馬が、完璧に嵌り切る条件下よりは少しずつ注文がつく、という部分もあるので、純正ロンスパにさせず、かつ持続力特化にもさせず、というイメージでしっかり支配が出来るなら勝ち切る可能性も高いでしょう。
 その点マークする側、特にサトノクラウンの位置取りと動向はポイントになってくるはずですので、そのあたりもしっかり吟味しつつ考えていきたいですね。引退の花道を飾って欲しい気持ちは当然ありますし、今のところは本命か対抗は打とうかな、と思っています。

・シュヴァルグラン

 今年の春から先行力を身につけて、ハーツ産駒らしい成長力を遺憾なく発揮したのが前走でした。
 ただしこのレースは枠が最高だった事と鞍上のエスコートも完璧だったのは間違いなく、またハーツ産駒は右回りでは未だGⅠを勝てていない、という点も、中山2500mという条件に替わってどうか、と思う部分です。

 去年は比較的外目の枠になってしまい、道中外々から純正ロンスパ戦を追いかけて最後息切れ、という形でしたが、タイトに立ち回ったヤマカツやミッキーよりは内容としては強い競馬でした。
 去年の1、3着馬が出てきませんし、当然新興勢力の脅威もあるとはいえ、去年の参加メンバーだけで考えても序列は高くはなります。
 その上で今年は一団とパフォーマンスを上げている事、特に小回りコースでしっかりポジションが取れそうなのは大きな武器で、そこまで器用に加速できるタイプでもないですが、少なくともこの舞台でその面が極端に問われる心配もないですし、真ん中より内目の枠を引けるなら当然優勝候補の一頭と考えていいと思います。

 強いて言えばJC激走の反動は考えられますし、総合的に見てキタサンと枠の面で有利不利がほぼなし、という条件なら今回はキタサンを上に取りたいな、とは思いますが、ピンク帽でも引かされない限りは軽い扱いは出来ないかなと考えています。

・サトノクラウン

 この馬も今年は比較的安定して走っていましたが、前走は軽い馬場からの持続力特化戦で外々を回されて早々と失速、改めて自分の形に持ち込めないと脆さもあるところを露呈はしました。
 ただ逆に言うと直線早めに諦めていて無理はしていませんし、参戦に陣営も慎重ではありましたが、仮にもムーアJを配して半端な出来なら出さないと思いますので、状態面はそんなに心配していません。

 舞台設定としては府中の2400mより中山2500mの方が断然この馬向きで、特に向こう正面からのロンスパに自然になりやすいというのはお誂え向きの条件です。
 ただ今年の場合、ここ2年よりは少し馬場が軽いかな?というイメージで、二段階加速戦になった時にスピード負けする懸念はちょっとあり、そこまでのポジショニングと早めの仕掛けの意識をしっかり持ってこないと、勝ち負けまで届くのはどうかな、という面もあります。

 週中にある程度雨など降って、多少なりコンディションが重くなれば一気に本命候補まで伸し上がりますが、現状の馬場のままなら評価が難しくなりますね。
 また個人的にミルコJからムーアJへの乗り替わりがこの馬にとってベターか、と言われるとそうでもないとは思っていて、とにかくスタミナを生かして、5~6Fで足を分散して使いたい馬だけに、基本仕掛けの意識が待ちに寄りやすいムーアJでどうなるか、ですね。
 最低でも今の馬場なら、向こう正面で外から先団後ろくらいまで押し上げる積極性は必須だと思います。理想はそれこそ去年のサトノダイヤモンドの競馬だと思うんですがね。

 後、未だに追走面ではあまり無理をすると甘くなりやすい傾向は変わりませんので、良い枠を引けたとしても積極的に序盤から先行できるか、という面もあり、タイプ的にこの舞台で非常に怖さはありますが、今のところは連下候補で考えています。

・スワーヴリチャード

 アルゼンチン共和国杯で古馬を一蹴し、レイデオロがJCでも2着したことで俄然評価が高まるこの馬が、GⅠ請負人ミルコJを鞍上に、3歳世代代表として堂々と有馬の舞台に登壇してきます。

 この馬も間違いなく強く、前走は2500m戦にしてはそこそこ流れる中を前目で追走、二段階加速戦気味の推移の中で要所の最速地点で、前が綺麗に空いたとはいえ段違いの加速性能と切れ味を見せて突き抜けてきました。
 あの内容から、総合的に見るとサトノクラウンよりは弱点が少なく、後は春に課題とされていた右回りがどうか、という点の判断に尽きるのかなと思います。

 一週前調教は抜群に動いていて、かつ右回りでしっかり手前を変える訓練も順調にこなせているようです。
 ハーツの仔にしては素晴らしい器用さがあり、有馬の流れの中では競馬がしやすい馬だとは思うので、世代レベルを考えてもゆめゆめ軽視は出来ないでしょう。こちらも内枠を引いてくるようなら最低でも3列目は取れる馬ですし、そうなれば本命候補の一頭にはなりますね。

・ミッキークイーン

 古馬になってからも常に強い競馬は見せつつ、どうしてもあと一歩タイトルに届かないミッキークイーンが、去年善戦の有馬の舞台で番狂わせの勝利を目指します。
 この馬も地味にチャンスはある一頭と思っているのですが、去年にせよ今年の宝塚にせよ、持久力特化戦、純正ロンスパ戦においても強い競馬は出来る、それでも一線級には少し足りないというのはあるので、二段階加速戦で持続力面も応分に問われそうな今年の条件は尚更いいのではないか、と思っています。

 どうしても器用さ、瞬間的な加速性能は見劣るのですが、それ以外の要素、追走力、持続力、スタミナ面においてほぼ不安要素はないですし、最序盤ギャンブル的にある程度ポジションを取って、キタサンがコーナーでペースを引き上げていく流れをある程度タイトに内目で追いかけることが出来れば、最大の武器である持続力を生かして坂地点での差し込みがあるかも、と期待できるだけの素材ではあります。
 阪神でも基本坂地点でしっかり前との差を詰める、或いは後続を寄せ付けない圧巻の競馬が出来ているように、ラストが坂のコースで、そこで確実に減速してくる流れは間違いなく合うので、枠次第では単穴まで考えている一頭ですね。

・レインボーライン

 この秋は王道路線で善戦を続ける同馬、ステイゴールド産駒の庭とも言えるグランプリの舞台でそれ以上を狙えるかは注目です。
 ただ近走を見ても、基本的にポジショニングがかなり悪くてどうしても後ろからの競馬になりがちですし、宝塚記念を見ても外々から早めに押し上げて持久力だけで勝負出来るレベルではない、というのは見て取れます。
 持続力もそれなりに問われそうな条件自体は悪くないとは思いますが、この馬で勝ち負けに持ち込むとしたら、去年のサトノダイヤモンドのように、1~2コーナーの緩い地点で動いていってフラットにポジションを確保するなど、ギャンブル的な立ち回りが出来ないと、とは思います。

 その点岩田Jですと後方インベタで終始しそうなイメージはありますし、仮に外枠を引かされてもそういうギャンブルを打ってくるかはあまり期待できないので、こちらも余程馬場が重くなってくればともかく、今のところは打っても連下、枠の並び次第では無印になる可能性も高いかなと思っています。

・シャケトラ

 春の日経賞で強い競馬を見せていて、宝塚も善戦しましたが、この秋は全く結果を出せていないシャケトラが、得意の右回り、タフなステイヤーコースで一発を狙います。
 舞台設定としては当然プラスにはなるでしょうが、日経賞はかなりロンスパに特化した形にはなっていて、そこで後ろでゆったり構え、コーナーでもしっかり適度に持久力ラインぎりぎりで加速していく事で最後まで足を残す、絶妙なバランスのレースぶりにはなっていました。

 なのでここも、仮にサトノクラウンあたりが積極的に1~2コーナーからロンスパを仕掛けるような持久力特化戦になれば怖さはあるのですが、常識的な向こう正面からの仕掛けで二段階加速戦ですと、器用に内々を、という馬でもなく、2年前のゴルシのようにコーナーでスピード負けして息切れ、となる可能性の方が高いと踏んでいます。
 噛み合えば圏内ワンチャンスある馬だとは思っていますが、超ロンスパのスイッチャーになり得るサトノクラウンがムーアJですし、そのあたりから考えても拾わない可能性の方が高いと思います。

・サトノクロニクル

 3歳世代からは、春のクラシック路線には乗れず、秋も菊花賞は極悪馬場で不完全燃焼、しかしチャレンジCを勝った余勢を駆ってのサトノクロニクルがここに参戦してきます。
 今年もサトノ2頭出しか、と去年の光景がちょっと思い出されますが、今年は厩舎も違いますしこの馬自身も勝負になる素材ですから、その辺はかなり考えなくてもいいかなとは思います。ミッキーとこの馬で連携できるとも思いませんし。。。

 この馬は比較的ポジショニングが上手く、そして器用さ、コーナー加速性能には欠けるものの、ラストまでしぶとく粘り込む持続力が最大の武器になります。
 前走も2000mでは短いところ、かなりのロンスパになってくれたおかげで最後のしぶとさを生かして勝ち切れましたし、距離が伸びることと、ほぼ確実にロンスパになって、急加速などが問われにくい条件なのは確実にプラスに転じるとは思っています。

 今回は戸崎Jになりますが、基本そつなくいいポジションは取ってくれる騎手で、ただ仕掛けの意識の持ち方が上手ではないので、コーナーで前を詰め過ぎて流れに乗り切れないパターンはありそうですね。
 後は純粋に力関係で、流れは向くとは思いますがそれはキタサン筆頭に他の上位陣も同じですし、枠の並びなどで優位性があったとしても連下までが妥当な線かな、とは見ています。

・ブレスジャーニー

 この馬も前走で今までにない資質を見せてきて、叩き三戦目でこの大舞台に辿り着きました。
 前走は2000mでとはいえそこそこ追走できましたし、今回この距離でならある程度ポジションも期待できるのと、後は前走ほど持久力特化戦になるよりは、明確にどこかで瞬間的な切れ味を問われた方が強い馬とは思っているので、二段階加速戦になるなら対サトノクロニクルで言うなら逆転の余地は充分にあると思います。

 こちらは三浦Jに乗り替わりで、馬自身はそこそこ器用さも併せ持っているので、それなりに積極的なポジション取りと、コーナーでは我慢して直線での瞬発力に賭ける競馬が噛み合えば、圏内突入くらいは有り得てもいい馬だなぁと思っています。
 勿論この距離がベストか、と言われると微妙なラインで、いい意味で言えば未知数の部分がまだまだ多い馬ですのでなんともですが、やや内目~真ん中くらいのいい枠が引ければ積極的に抑えておきたい一頭にはなりますね。

・ヤマカツエース

 ここ2走は崩れていますが、それでも去年4着の舞台で、春シーズンの充実ぶりを取り戻せば怖い一頭になります。
 叩き台の札幌記念はともかく、ここ2走は調教はかなり良く見せていたのに結果が出ず、あそこまでいくと単純に府中が苦手、と見做すべきなんじゃないかと思います。左回りの中京は走るのですからそこは不思議なんですけれどね。

 その意味ではここでの逆襲はそれなりに蓋然性もあるかな、と思いますし、距離がやや長いのはあるにせよ、ゆったり入ってロンスパ、持続力を問われても持久力特化になっても一定戦える素地があるのは魅力的です。
 無論枠次第の面が強いのはありますが、好枠で内々をタイトに回って一発が狙えるのなら、こちらも単穴まで考えていいかなとは思っています。

・ルージュバック

 前走は負けるべくして負けたレースではあり、地力そのものはここでもそこそこやれるものはあると思います。
 スローからの持続力戦が得意な馬で、ロンスパになりきると苦しいので、今の軽い馬場が維持されるのがひとつ絶対条件にはなりますが、オールカマーを勝った時のように前目内目で我慢する形からならそれなりに見せ場は作れるのではないでしょうか。

 ただ素材的にはどうあってもミッキークイーンの方が上、とは言えて、条件に噛み合うのも同等レベルなので、余程枠の差がない限りはミッキーを上に取りたいですし、どうあれ印を打っても連下までとはなりますね。

・クイーンズリング

 去年のエリ女の勝ち馬が、ルメールJを鞍上に配してここに参戦してきます。
 こちらは牝馬らしく、エリ女のようにスローから一瞬の切れ味を問われる方が強い馬ですので、中山の舞台でそこそこロンスパ、持続力も問われる流れになってプラスとは思いません。
 牝馬の面々の中ではむしろトーセンビクトリーの方が適性的にはまだ合うな、と感じますし、まずここで印は打たないでしょう。

・サウンズオブアース

 一昨年の2着馬で、条件そのものは合うはずですが、こちらは流石に近走のパフォーマンスが悪すぎますね。
 前走は意図的に後ろから行った、との事でしたが、それでまともに一脚も使えず惨敗となるとちょっと頂けないですし、いきなりここで調子を取り戻してくると考えるのは難しいかなと思います。
 余程好枠、良い並びを貰えれば一考はしますが、基本的には軽視する方向でいます。

・サクラアンプルール

 中山記念で2着、札幌記念を差し切って、嵌った時の強さを感じさせるサクラアンプルールもこの舞台に登場してきました。
 この馬もスローから切れ味を求められる展開は噛み合いますし、中山記念のように後半の持続力特化で内々を完璧に立ち回ったとはいえ結果を出しているのは、ここにも敷衍できる材料だとは思います。

 当然好枠が条件にはなりますが、噛み合えばまるで足りない馬、とは思いませんし、その辺含めて印の当落線上くらいですね。

・トーセンビクトリー

 逃げ候補の一頭で、ある程度淡々とした流れでスピードとスタミナを等分に活かす競馬は悪くはないと思います。
 血統的にも中山2500mでやたらと走るトゥザヴィクトリー系譜の馬ですし、中山のペースメイクは抜群に上手い田辺Jですので、キタサンが後ろを意識して前を可愛がってくれたりする場合に、超大穴としてワンチャンス考えてもいい馬かな、という気はします。
 少なくとも1800mよりは2500mくらいの方が競馬はしやすいはずで、伏兵らしい積極的な主導を見せて欲しいなと思います。

・カレンミロティック

 この馬も右回りの方が成績は安定してよく、スローからのロンスパ持続力戦は、淀3200mの好走が示しているように得意の部類に入ります。
 ただ前走も、あまり得意ではない左回りを差し引いてもスワーヴリチャードには完敗で、流石に全盛期の力はないかと感じさせましたし、ここは上手くトーセンの番手あたりを取れたとしても簡単ではなさそうで、気持ち的に少し引っ掛かるところはありますが、現実的に印を回している余地はないかなとは思いますね。



**★思い出の有馬記念**

 まあ有馬記念ともなるとどのレースも印象深くて中々選びにくいものはありますが、あくまでも好きなレース、という意味で、[ディープインパクト](https://www.youtube.com/watch?v=m0W1hhEgJIY)の引退レースを上げておきましょう。
 シンボリクリスエスやオルフェーヴルの圧勝劇も凄まじかったですが、あの2レースは持久力特化戦の中で底力の違いを見せつけた感じで、逆にディープのレースは後半持続力特化戦になっていく中でのコーナーの機動力の桁違いぶりが如実にわかるのが凄く好きですね。

 道中はいつものようにゆったり後方からで、向こう正面でペースアップしても泰然自若、残り600mからようやく動き出したくらいなのに、そんなにペースが落ちていない4コーナーで、外々を回しながら一頭だけ別次元の脚で一気に伸びてきて直線入り口でもう先頭、というのは、空いた口が塞がらないレベルの瞬発力とコーナリングの上手さでしたね。
 このレースでようやく完成の域に入った、というコメントも頷ける破格の強さでしたし、引退レースでほぼ無理をさせていないのに、追えばどこまでも伸びるような軽やかなステップは本当に鳥肌が立つくらい好きで、ディープのレースとしては春天と並んで印象深いです。

 意外と有馬記念は勝利数が少ない武Jですが、時代の節目節目でオグリ、ディープという歴史的名馬をこのレースで引退の花道に導いており、果たしてその系譜にキタサンが連なることが出来るか、GⅠ7勝の金字塔に並んで、名実ともに歴史的名馬の座に辿り着くか、人馬ともに大注目の今年の有馬記念となるでしょう。
posted by clover at 15:35| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください