2017年12月29日

2017 葉牡丹賞・シクラメン賞・冬椿賞・万両賞 レース回顧

**★葉牡丹賞**

 過去にはウイニングチケット、昨年にはレイデオロと2頭のダービー馬を輩出、その他にも近年はトーセンバジルやメートルダールなど、渋い活躍馬を送り出している出世レースの葉牡丹賞、今年はスクリーンヒーロー産駒の素質馬・ジェネラーレウーノがまだまだ粗削りな部分を見せつつも逃げ切り連勝を飾りました。

 土曜の時点ではイマイチ判別がつかなかったのですが、実は今開催の中山は結構な高速馬場のようです。
 ステイヤーズステークスも好時計でしたし、土曜日の最終1000万下のマイル戦が47,4-46,0=1,33,4、翌日日曜の1600万下マイル戦は46,1-46,4=1,32,5とかなりの高速決着になりました。
 なのでこのレース、かなりのスローバランスになったとはいえ時計面では実のところそこまで評価は出来ないかもしれないな、というイメージで見ています。

 レース展開は、スタートから二の足がついたジェネラーレウーノが前走に引き続き先手を主張します。このあたりは新馬の時のもっさり感と大違いですね。
 それを外からシンデレラメイクとマイネルファンロンが追いかけていき、内目からはシャルドネゴールドとプロトスターが先団に加わっていきます。
 その後ろにキングズヴァリューがいて、少し離れてミスマンマミーアという隊列になり、淡々としたペースで進んでいきます。

 ラップは36,4(12,13)-50,0(12,50)-35,0(11,67)=2,01,4(12,14)という推移でした。
 中盤が緩んでの後半のロンスパ戦、という色合いが濃く、ハーフで取っても62,0-59,4なのでかなりのスロー、そして後半が12,4-12,0-11,7-11,3-12,0と、向こう正面からコーナーにかけて段階的に加速する形になっています。
 こうやってコーナーで分散して長い脚を使ってくるのは、いかにも中山の田辺Jらしい推移ではありますが、この馬場でこのペース、それで最速11,3も、ラストの12,0も出色とは言い難く、レースレベル自体はそこそこ、という感触ですかね。
 形としてはよりステイヤー要素を問われる内容になっていますし、またコーナーで相対的に速いラップを踏んでいるため、ここで外から押し上げた馬が多少苦しくなったのはあると思います。

 勝ったジェネラーレウーノは、道中も傍目から遊び遊びの感はあって、レース後コメントでもそれに言及していましたが、まだまだ持てる能力を出し切れていない感じはありますね。
 ただ新馬の頃から比べてスタートセンスはかなり良くなりましたし、前走と比較すれば前半も2秒は詰めて、それでも後半要素はそれなりのものを引き出してきたのは悪くはない、と思います。
 血統的にも晩成傾向はありそうですし、距離はもう少しあっても、という感じで、順調に成長していけば青葉賞とかそのあたりでおもしろい一頭になるかも、というイメージです。現状まだ2000mでも、淡々と流れてしまっては追走力や総合スピード面で苦しい感じはします。

 2着のシャルドネゴールドは内内から器用な競馬は出来ましたが、ずっと外から蓋をされて直線勢いをつけるのに時間がかかったのは勿体なかったですね。スムーズなら差し切れていたとは思います。
 ただ逆に、あの位置でコーナーで我慢できたからこそラスト伸びた、という見立ても出来ますし、前がかなり落としている中で、正味200m勝負とはいえ届き切らなかったのは素材的な判定としては少し足りない、という気はします。
 でもタイプ的にはもっと早めに動きたい面もあったでしょうし、500万クラスならいずれ勝てそうな気はしますね。

 3着マイネルファンロンは、外から早めに押し上げて勢いをつけて直線に入れましたし、この流れで勝ち馬に見劣るなら純粋に力負けでしょう。
 4着キングズヴァリューも、押し上げの段階で外々が響いた面はあれ、序盤に位置を取れなかった事や、段階加速の中で反応が鈍かった面を踏まえると、ロンスパの展開ではちょっと足りないのかなと感じます。新馬の内容的にも切れ味特化の方が噛み合うのかもしれませんね。
 5着ミスマンマミーアも位置取りが悪くなってしまうのは厳しいですし、外々からしぶとく伸びてはいますがここは相手もそんなに弱くなく、ちょっと難しいところはありましたね。ロンスパでも向こう正面で一気に上がってコーナーで速いラップを要求されない展開なら、とおもいますが、いずれ好走条件が限定されるタイプとは思います。


**★シクラメン賞**

 こちらは重の府中の新馬戦を勝ち上がったばかりのオブセッションが、道中押っ付けながらの追走になりつつも直線で桁違いの脚を繰り出し圧勝、来春に向けて大きなアピールとなる連勝を飾りました。

 今開催の阪神も予想以上に高速馬場だなぁ、というのは確かにあるのですが、それでも鳴尾記念で59,9-58,7=1,58,6、翌日メインの1600万下1800m戦が、35,8-36,9-33,7と超スローではあれ1,46,4止まりですので、この時期の2歳馬が1,45,6は素直に破格、GⅠクラスのパフォーマンスだったと判断していいと思います。
 ちなみに今年の春のアドミラブルの未勝利戦が、やはりある程度ハイで流れて1,45,8という時計で、それが3歳春シーズンまでの阪神1800mのレコードでしたので、些かあの時より馬場は軽いかもしれないとはいえ、この内容は衝撃的と言っていいでしょう。

 レース展開は内からシゲルホウレンソウが逃げて、それをリュクスポケット、トゥラヴェスーラが追いかけていき、ポケットにバイオレントブローが入って、先団は密集する形で進んでいきます。
 そこから序盤はかなり離れてダノンフォーチュン、その後ろに出負けしてリカバーしつつも中々差を詰められないオブセッションという隊列になりました。

 ラップは34,9(11,63)-36,2(12,07)-34,5(11,50)=1,45,6(11,73)という推移でした。
 この時期の2歳戦としてはかなり流れて、中盤も相対的には緩んだとはいえ絶対的にはほぼハロン12、後方の位置でも1000m通過で1分を切るかどうか、という面で、ここで好走できた組は少なくとも中距離における追走面での不安はほぼ払拭されたと言っていいかなと感じます。
 その上でレース全体の仕掛けも早く、後半が12,0-11,3-11,4-11,8という推移で、坂の下りからそれなりの瞬発力を問われつつの持続力戦になっています。

 勝ったオブセッションは、この流れの中でやや出負け、序盤は追走に汲々という感じでしたが、しかしそれでも足を削がれる事はなく、しっかり残り800mあたりから馬群に取りついて、外目を通しつつ進出していきます。
 直線入り口ではまだ前とは4馬身、残り200mでそれを1馬身弱に詰めていて、レースラップから踏まえて考えると大体この馬は11,2-10,7-11,6くらいで上がってきていると思います。

 新馬の時も前が開いてからの加速力は中々でしたが、ここでは軽い馬場になって瞬発力の質もしっかり高めてきて、明確に直線400-200m地点で差を詰めているのがまず大きなインパクトでした。
 少なくとも前もここは11,4とほとんど落としていないので、あれだけ追走を問われてこの切れ味を引き出せるのは凄まじいですし、その上でラストを11,6でまとめてくる持続力も圧巻の一言と言えます。
 タイプ的には持続力特化というよりは、最大速度に乗せた惰性で持続面でも良さを引き出せる、最近だと一番いい時のカフジテイクみたいな脚を使えていて、しかも前走府中で坂加速性能も見せているので、これは正直ダービーに向けては盤石に近い性能を秘めている、と断じていいと思います。

 正直2、3着のダノンとリュクスもかなり強い馬だと思っているので、それを直線ラスト200mだけで4馬身千切ってきたのは驚愕ですし、インパクトとしてはこの前の東スポ杯のワグネリアンより上かもしれません。
 素人目にも見るからに雄大なフットワークで、まだ道中も舌を出したりと遊び遊びなのにこれですから、よりしゃんとしてくれば本当に楽しみが大きい馬になりますね。
 賞金的にはどこか重賞を使って、早い段階でクラシックを確定させたいとは言えますが、焦らずに共同通信杯⇒皐月賞⇒ダービーくらいがベストですかね。ポジショニングはともかく追走面で担保があるので、基本どこに出ても並大抵の相手には負けないと思います。それでも小回りの皐月賞などは付け入る隙もありそうですけれど、藤沢厩舎のダービー連覇に向けて、非常に期待の持てる馬が出てきたなと思います。

 2着のダノンフォーチュンも、新馬の時はかなり高い持続力を見せていたなと思ったのですが、この流れの中で少しそれが削がれたイメージです。
 この馬自身で言えばラスト1Fは12,4くらいとかなり落としてはいるのですが、それでも要所はかなり鋭く動けていましたし、より前半をゆったり入れればなお切れるタイプにも感じます。
 サトノアーサーよりは追走面に余裕はありそうですけれど、こちらは勝ち切るには展開利が求められる水準的なディープ、という感じで、いずれ500万下は勝てるでしょうし、重賞でも相手次第では楽しみですね。きさらぎ賞あたりはバッチリ噛み合うはずです。

 3着リュクスポケットも地味に強い競馬をしていて、この流れを前々で追いかけつつ、しっかり速い仕掛けで持続力を見せてきましたし、本質的にはレース全体のスピード勝負、もう少し仕掛けを遅らせたいタイプになるかなと感じます。
 このレースぶりならマイルのスピード勝負にも対応できそうですし、勿論距離を伸ばしてもレース全体のペースを上手くコントロールする事で戦える素地のある馬だなと思えますね。
 皐月賞なんかは立ち回りの上手さで結構戦えるタイプだと感じますし、そこまでにしっかり賞金を詰めるといいのですが。見た目以上に強い馬ではあると思います。

 4、5着のバイオにシゲルも、このペースの中でしぶとく粘る脚は見せられており、後半勝負よりはこういう展開の方が向きそうですね。
 阪神外回りでは素材タイプにいかにも分が悪かったですが、より器用さが生きるコースで上手く立ち回れば、500万下は勝てる実力は秘めて
いると感じさせる善戦でした。


**★冬椿賞**

 こちらは前走で未勝利を脱出したばかりのメイショウオーパスが、圧倒的人気のミスターメロディを差し切ってレコードで勝利を飾りました。

 土日の中京のダートは、例年よりはやや軽いかな、くらいであり、それでも500万下で1,24,8までしか出ていなかったので、純粋に上位2頭は同世代なら優に重賞レベルの能力は備えていると言えるでしょう。

 展開は、まず内からメイショウオーパスとカクリョウが先行態勢を取り、それを外からじわっとミスターメロディが交わしていってハナに立ち、レースを引っ張っていく形になりました。
 ラップが34,9(11,63)-12,2-37,2(12,40)=1,24,3(12,04)という推移で、バランス的にはかなりのハイペースですが、後半は12,2-12,8-11,9-12,5と、コーナーでかなり緩んでからの再加速戦、という様相が強くなっています。

 勝ったメイショウオーパスは、レースを使いこむ中で徐々にスタートが良くなっていき、かつここでは良の芝スタート、という条件で非常に鋭い出足を見せてきました。
 その余裕があった分、速い流れでも楽に番手外に取りつけたのがまずプラスでしたし、またコーナーで前のミスターメロディがかなり緩めたところで、それに合わせ過ぎずにある程度手綱を動かして進出していく姿勢を見せていて、そのタイミングの差が直線で0,9とそれなりに高い加速を問われる中で生きてきた感じはあります。
 走り的にもその坂地点の加速で一気に差を詰めてそのまま押し切っていますし、このコースと展開、枠まで含めてこの馬にとってベストに近い条件だったのかな、と感じさせる強さでした。
 この感じですと府中のマイルは面白いと感じますし、ヒヤシンスSに出てきていい枠を引けたら俄然注目度は高くなるかなと思います。

 2着のミスターメロディは逆に、ちょっと緩め過ぎて良さを出し切れなかった感はあります。
 前走よりも出足もイマイチだったのはおそらく芝スタートの影響で、かつ前走もある程度直線で再加速する余力は持っていましたが、そこまでもそんなに淀みなく刻んでいて、今回コーナーで動けなかったのか、それとも鞍上が余裕をかまし過ぎたのか、コーナーで待ち過ぎてラップの波が大きい展開にしてしまったのがマイナスだった気はしています。

 後半の2Fを見ても、しっかり息を入れればその分後半の爆発力に繋がるタイプではなさそうですし、より追走力の面で勝負した方がいい馬と感じました。最終的には1200mのスペシャリストかな、って思いますし、ダートスタートの方がダッシュがいいのでその辺も含めて、余り1400mは合わない感じはあります。
 無論能力的には優に重賞クラスですので、この時期、相手の弱いところなら1400mでもOPクラスくらいまではなんとかなりそうですけれどね。ただこのレースぶりから、常に圧倒的な人気は背負うと思うので、芝スタートで内枠とかですとリスクは結構ある、と覚えておいて損はしない気はします。


**★万両賞**

 こちらはデイリー杯では凡走したヒシコスマーが、鮮やかな後方一気で差し切り勝ちを収めました。
 馬場は上で触れた通りかなりの高速状態でしたので、ある程度流れた中で1,21,6はさほどレベルとしては高くない、とは思います。

 展開は、まずききょうS2着のバーニングぺスカが今回も内枠から小細工なしの逃げを打ち、それをスーサンドンがぴったりとマーク、アトレヴィードやイイコトズクシ、ミッキーマインドなどの人気馬も比較的前目のポジションになります。
 外枠のヒシコスマーはスタートも今一歩、二の足も悪く道中はかなり離れた最後方、しかし残り800mあたりからじわじわと進出していき、コーナーも一番外を通す形で前に取りついていきました。

 ラップは34,3(11,43)-12,0-35,3(11,77)=1,21,6(11,67)という推移でした。
 わかりやすくややハイペースで、中間多少緩んだものの極端では無く、後半も11,7-11,8-11,8と速いラップを問われず波の少ない持久力面が問われる内容になりました。

 その中で勝ったヒシコスマーは、残り800mから明確に動き出していて、そこからどの地点でもじわじわと差を詰めてきています。
 なので後半4Fを大体11,5~6くらいの脚をずっと使ってきた勘定になると思いますし、それを一番外からですので、この持久力面は中々に面白いものを見せてくれたなと感じます。
 能力的には新馬が面白かったのでデイリー杯でもちょっと期待した経緯があったのですが、あのレースは故障のあおりを受けたり、道中ずっと蓋をされたりで嫌気を差したような感じもあり、意外と気難しくスムーズに自分のリズムで走れないとダメな、スポットの狭いタイプなのかなとはこのレースを見て思いました。

 かつ内容的にも、平凡なラップ推移の中で極端な切れ味などは見せられず、とにかくロングスパートの形で一貫してそこそこ速い脚を持続させてきた形なので、常に仕掛けのタイミングが遅れるとそれだけでダメなタイプ、という気はします。
 イメージ的にはサウンドトゥルーみたいに、瞬間的な脚はほぼないけどどこまでも一定の脚を続けられるパワータイプかな、と思うので、距離自体は追走で苦慮していた面を見てももっともっとあっていいと思いますし、最終的には2000mあたりでも、ゆったり入ってロンスパ、という、鳴尾記念のデニムみたいな競馬に徹すれば対応してこられるのではないか、と感じました。

 能力的にはこの相手関係なら、という程度で、イイコトズクシやミッキーとの着差で見ても、タワーやダノンといったマイル近辺での最上位には全然及ばないとは思います。
 なので距離延長に活路を見出して欲しいですし、血統的にも成長力はありそうなので、自分の型が確立してくれば結構面白い馬になるんじゃないかとひそかに期待しておきたいところです。
posted by clover at 15:25| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください