2017年11月01日

2017 ジャパンカップ プレビュー

**★はじめに**

 いよいよ今週はジャパンカップの開催となります。
 秋の天皇賞で王者健在を高らかにアピールしたキタサンブラックが、引退までのカウントダウンが進む中で、歴史的名馬に肩を並べるGⅠ7勝目に辿り着くのか、それとも多士済々なライバル達の下克上や、エリ女、マイルチャンピオンシップに続く若い世代による王座奪還劇が成るのか、今年の競馬シーンの集大成になり得る一戦で非常に楽しみです。

 今年も外国馬は4頭と頭数は少ないですが、能力的には馬場条件次第ではひょっとして、と思えるレベルの馬が来日してくれましたし、そのあたりも含めてしっかり事前検討を進めていきましょう。


**★レース傾向分析**

 開催最終週に行われるので、例年それまでの競馬による馬場の傷み具合で随分と傾向が違ってきたりもして、この辺りは難解です。
 一先ず過去のラップとしては、36,2(11,07)-37,0(12,33)-36,5(12,17)-34,6(11.53)=2,24,3(12,02)という推移になっています。
 基本的にはハイペースにはなり辛いですが、それでも流石にチャンピオンコースでのチャンピオンレースらしく、中盤で極端に緩んだりはせずに淡々と流れて、概ね向こう正面半ばの残り1000m付近からじんわりペースが引き上がっていく傾向が強いです。

 全体的に仕掛けの意識が早くなる分だけ、コーナー出口付近の600-400mでかなり速い脚を問われるパターンは多く、ここでの縦横のポジションはそれなりに影響が出やすいと言えます。
 究極的な切れ味を問われる事はほぼないですが、その分しっかり持続力は問われるので、一番安定するのは前目から中団につけられて、そこから追走で削がれずにしっかり持続力を引き出せる馬、となりますね。枠的にもあまり外過ぎると好位に取りつくのに脚を使ってしまうので難しさは出てきます。

 先週までの府中の馬場は、京都と違い台風でのダメージがそこまで残らずに、比較的高速気味の馬場を維持は出来ていました。
 それでも例年よりは時計は掛かるコンディションであり、去年もかなり重い馬場での一戦でしたが、今年もそれに近い、今のイメージですと流れてもレース平均に程近い2,24,0前後までしか出ないかな、とは感じています。
 また昨日まではかなり芝のレースは内・前残りが顕著だったようにも思いますので、そのあたりのバイアスも前日にしっかりチェックしていきたいところです。


**★有力馬分析**

・キタサンブラック

 宝塚の大敗から一転、前走は史上稀に見る極悪馬場での一戦を見事ものにして、未だその実力に陰りがない事を満天下に知らしめました。
 
 過去の実績的にも叩き2戦目に一番高いパフォーマンスを見せてくる馬ですし、距離も2000mよりは2400mの方が確実に噛み合わせやすい、というところはあります。
 前走は特殊な馬場もあったとはいえ、出遅れて後方からインを回して差し込んでおり、どんな位置からでも競馬が出来る自在性も改めて示したことで、ここも順調であれば崩れる要素は少ないレースにはなると思います。

 ただ懸念材料もいくつかあります。
 まずは当然、前走の極悪馬場で力走した反動がないかで、昨日のサトノアラジンも全然ダメでしたし、このあたりは少し気掛かりです。
 そして鞍上も昨日怪我から復帰しましたが、流石にまだ万全の騎乗、という印象は受けませんでしたし、あと一週間でしっかり回復してくるのかも気になります。

 そして今年の場合、比較的絡んできそうな先行馬がそれなりにいるのもポイントです。
 特に今回は、スタートしてみるまで出方のわかりにくい外国馬に逃げ・先行馬が比較的揃ったのもあり、枠の並びなどによっては序盤に難しい立ち回りを強いられる可能性は出てきます。
 加えて宝塚のように、早い段階で後ろからつつかれて得意ではないロングスパート戦にさせられる事なども含めれば、去年がほぼ完璧にこの馬の競馬を遂行できたのに比べると、細かい不安要素の蓄積はあるな、と感じます。

 去年においても逃げ馬の好走率の低さなどは懸念されていましたが、それを見事な走りで払拭しており、心身充実状態であればちょっとの不利など跳ね返す強さは当然持っている、とは思います。
 ですが少なくとも無条件で降参して本命、とは言い切れないですし、多角的に見ていきたいところです。

・サトノクラウン

 こちらも極悪馬場の秋天で激走し、基本的には距離不足の中で、改めてああいう馬場への適性をはっきり見せてくれたと思います。
 今回2400mに伸びるのは当然プラスにはなりますし、今の府中も極端に軽い、という事はまずないので、その点でも追い風でしょう。

 ただ、現時点でまだ鞍上未定なので、そこがどうなるかはかなり気になりますね。
 ムーアJがアイダホに、というところからの色々な綱引きがあるようですし、この辺の政治的事情が絡むとやっぱりあまりいい印象は持ち辛いですが、少なくとも引き続きミルコJが乗る、となるなら当然警戒レベルを一段以上上げていかねばならなくなるでしょう。
 裏を返すと、決して乗りこなしやすい馬ではなく、かつこの馬の強さを良馬場で十全に引き出すには、出来る限り早めに仕掛ける意識と胆力が問われると思いますので、そこは注視しておきたいところです。

 また、以前から繰り返しの指摘にはなりますが、この馬の場合は絶対的な部分で前半無理し過ぎると甘くなります。
 前走ほど馬場が渋れば平均バランスでも問題なく走ってきますが、この馬場で60秒を切るようなペースを積極的に追いかける形になると最後甘くなる可能性はないとは言えません。
 その意味で枠的には真ん中くらい、序盤は中団につけて、向こう正面からじわじわ進出して前にいるであろうキタサンにプレッシャーをかけていく、そういう競馬が理想になるかなと思います。

 今のところ週末に雨予報はないですが、木・金あたりは雨が降りそうですし、馬場が渋るほどキタサン逆転のチャンスは広がると思うので色々総合して評価を定めたいところですね。

・レイデオロ

 超スローのダービーをルメールJ渾身の捲りで勝ち切り、まだ実力に半信半疑、という中での神戸新聞杯では、今までのもっさりしたイメージを払拭する好位抜け出しの王者のスタイルで完勝、三歳世代の代表として堂々と古馬に挑戦状を叩きつけます。

 常識的にはここで即通用するか、となると中々難しいものはあり、出走実績がそんなに多くない、とりわけ三冠馬クラスはここをスキップして有馬に行くので尚更ですが、それでも過去に同一年度ダービーJC制覇がジャングルポケット一頭のみ、というのは気になるところです。
 ただ秋シーズンに入ってからの三歳馬の混合戦線での躍進は顕著ですし、ダービー上位組もそれなりにしっかり結果を出していて、このあたりは当時も回顧したように、ダービーの消耗度が低かった分、しっかり夏の休養で成長を促せた、と見るべき部分かもしれません。

 この馬自身としては、春までのようにポジショニングが拙い中では苦しいと踏んでいましたが、前走の綺麗なスタートダッシュが今回も踏襲できるなら俄然怖い存在になってきます。
 この馬も基本的には持続力/持久力タイプで、一瞬の加速力や切れ味で勝負する馬ではないので、JCというレースの偏極しにくい傾向には噛み合ってくるでしょうし、上手くスタートを決めてキタサンをマークする位置につけられれば、王者オペラオーを捻じ伏せたジャンポケの再現も夢ではありません。

 前走もある程度全体時計も出している中、楽々ラスト1F11,8でまとめてきていて、持続力そのものならキタサンよりもあるかもしれない、と感じさせました。
 あの一戦はキセキがやや窮屈でしたので、あちらが外から出し切っていればもう少し違ったかもしれませんが、後の菊花賞馬を歯牙にもかけなかったわけですし、素直に評価していいはずです。

 ローテーション的にも余力を持って入れますし、キンカメですので多少馬場が渋ってもまず問題なく、純粋に能力で通用するか、という観点以外ではある意味一番減点の少ない馬、とも言えますね。
 結果的にこの馬のゆとりのあるレースチョイスは、消耗を強いられるタフなレースを避けて通る奇遇な結果にもなっていますし、ある程度自由度のある枠が引ければ好戦必至ではないでしょうか。

 後は最近、ややルメールJが春に見せた大舞台での胆力の翳りを感じさせるので、そのあたりのリズムを取り戻してくれれば、というところです。馬自身は正攻法で勝負に出ていいだけの素材はあると感じます。

・シュヴァルグラン

 前走はスタート直後に不利がありつつ、超高速馬場で外々を回してのロングスパートでも大崩れはせず、改めて地力のあるところを見せてきました。
 この馬は基本的にはステイヤーですので、2400mでも時計勝負になるとやや怪しいところはありましたが、それも含めて前走は成長を感じさせましたし、晩成のハーツ産駒らしくここにきて完成形になったと思います。

 前走こそごちゃついて後ろからですが、ある程度ポジションが取れるようになってきたのも去年に比べると好材料で、ここを大目標、という形でのローテーションも悪くなく、秋天組があの馬場での疲労で隙を見せるようなら台頭するチャンスは充分にあると思います。

 ただこちらも結局まだ鞍上未定ですし、エンジンの掛かりの悪さなども含めて乗りやすいタイプではないと思いますので、そこの絡みがどうなるのか次第、というのはありますね。

・ソウルスターリング

 秋の2走は距離不足や馬場、展開に泣かされて春の輝きを失いかけているソウルスターリングが、捲土重来を期してオークスを勝った舞台に登場します。
 結果的にエリ女のモズカッチャン、マイルチャンピオンシップのレーヌミノルを見ても、三歳牝馬の世代レベルそのものは平均して高かったのは確かだと思いますし、その中でオークスを完勝してきた実力を引き出せれば、ここでもチャンスはあると感じます。

 基本的にはある程度バランスのいい総合的な能力が武器で、先行して追走面でもこの距離ならまず不安がなく、そして後半もオークスの4F戦で、完璧に立ち回ったモズカッチャンを寄せ付けない圧巻の強さだったように、持続力面でかなりいいものを持っています。
 ただ春シーズンも高いパフォーマンスを発揮したのがチューリップ賞にオークスと、馬場の綺麗な高速状態ではあったので、今週の馬場がどうか、という部分に不安は出てきます。

 もしも先週までのやや高速、内伸び馬場が維持されるなら面白い一頭になると感じますし、内枠でスッと先行、2列目ポケットに入っていけそうな並びなら尚更に、ですね。
 こちらもテン乗りのC・デムーロJになりますが、早い段階で騎乗が決まっていてある程度はコンタクトも取っているでしょうから、そこまで不安視しなくてもいいかなとは思います。
 枠の並びと馬場次第では重い印も視野に入れつつ、その逆の条件なら軽視と、振れ幅の大きい一頭になるかなと思っています。

・サウンズオブアース

 GⅠで好走はすれど、悉くタイトルには届かない生粋の善戦マン・サウンズオブアースが、背水の陣で去年2着の雪辱を期すべく東上します。

 この馬も究極的なところでは高速馬場巧者で、それだけに色々不利などもあったとはいえ前走の負け方はやや不可解でした。
 ただコメントにもあったように暑い時期は苦手、というのを鵜呑みにすれば、涼しくなったこここそ本領発揮の舞台ですし、好位から一瞬で鋭く反応してくるセンスの良さがあるので、内枠からスムーズな競馬が出来ればそんなに大きく崩れる馬ではないだろう、とは思っています。

 ただ去年にしてもキタサンには完敗、実際に今まで重賞すら勝てていない決め手のなさを踏まえれば、展開利を見込んでも連下までが妥当とは思います。

・マカヒキ

 前走ではあの不良馬場で最後しぶとく伸びてきて、微かに復活の兆しを見せたマカヒキが、ダービーを制した舞台で果たして輝きを取り戻せるのでしょうか?

 ただ正直なところ、本質的にはもう2400mは長いだろうな、とは感じます。
 加えて前走でも見えたように、あまり器用な競馬は出来ずに、ゆったり入ってスムーズに後ろから順々に脚を伸ばして、という制約がつく感じで、このレースの傾向的にもあまり後ろからではまず届きませんし、それを覆しうるだけの持続力を、今この時点のこの距離で十全に引き出し切れるかは疑問符がつくところです。

 前半スローの団子で、外目から勢いをつけて入っていける、くらいの恵まれがないと圏内は厳しいと感じますし、基本キタサンがいて変な緩みのある流れにはならないとは思っているので、頑張って欲しいところですが評価としてはおそらく印を回す余地はないかな、と感じています。

・レインボーライン

 前走は悪馬場を味方に3着と好走し、タンタアレグリアの回避でギリギリ出走に漕ぎ着ける運も見せてきました。
 この馬も距離が伸びるのは悪くないですし、去年はかなり消極的な競馬になってしまった中でも最後はいい脚で伸びてきていて、舞台適性もそれなりに高いと思っています。
 基本的にはこの馬もロングスパートでどこまでもバテない、というのが強みですが、同タイプのサトノクラウンと比較するとその面でも一枚落ちるところはあります。

 ただ逆にこの馬の方が、器用にインを立ち回って競馬が出来る面もありますし、サトノが向こう正面から前をつついてロングスパートの流れになった時に、内々でスペースを維持しつつペースを上げていける形が取れれば、再度の圏内食い込みはあっても不思議ないと見ています。
 最近はめっきり影の薄くなってしまった4歳世代ですが、しっかり走れれば粒揃いだったのは間違いないと思っているので、ここでも意地の食い込みを見せて欲しいなとは思っていますね。ある程度渋ってくればなお面白いです。

・トーセンバジル

 元々出足の甘い馬でしたが、前走は内のごちゃつきを尻目に好スタートから先団のインに潜り込む好騎乗に導かれ、スマートレイアーの鬼脚には屈したもののシュヴァルグランを撃破と、このレベルでも戦える完成度を身につけてきたと感じさせます。
 三歳世代で大爆発中のハービンジャー産駒ですが、基本的にこの血統は決して早熟ではなく奥がある、と思うので、着々と力をつけてきた今ならこのメンバーでも、去年の様に全く太刀打ちできない、という事はないのではないでしょうか。

 当然後ろから入っては無理ですので、前走同様にある程度ポジションを意識して欲しいですし、この馬も噛み合えば一瞬の切れと持続力を兼備していますので、立ち回りひとつで面白い競馬が出来るかなと思っています。単穴まではともかく、並び次第で印は回したいと感じています。

・シャケトラ

 この馬も典型的なステイヤー、持久力タイプになりますので、前半急かさずに入ってのロングスパート戦でガラリと一変してくる可能性はります。
 前走はそもそも距離不足、大外枠、極悪馬場と悪条件が三拍子揃ってしまいましたし、戦意喪失気味の失速は気にはなりますが、宝塚では超ロンスパの厳しい流れを前目で受けて4着に粘りこんでおり、自分の形になればしぶとさを発揮出来る筈です。

 並び的にサトノに自由度があり、ロンスパをつくりに行けるような条件であれば、その流れに乗ってそつなくついていければ雪崩れ込みで好走も可能だと思いますし、福永Jもシュヴァルグランと同タイプのこの馬で意地を見せて欲しいな、という所はありますね。

・外国馬について

 流石に全頭細かく見ていくのは大変ですのでざっくりになりますが、一応筆頭候補としてはイキートスになるとは思います。
 今年は5戦1勝で、特にギニョールには4連敗中と相性は悪いですが、それでも2着3回と家賃の高い凱旋門賞以外では全く崩れておらず、あのレースでも7着とそれなりの競馬はしていて、環境に動じずに強さを発揮できるタイプです。
 去年も参戦していて場慣れもあるでしょうし、極端な時計勝負では厳しいものの、ある程度時計の掛かる馬場でなら立ち回り次第で圏内のチャンスくらいは出てくるでしょう。

 ギニョールは典型的な逃げ馬で、とにかく自分のリズムで行ければしぶとい、という面ははっきりしています。
 ただこちらはやや内弁慶的なところはあり、前走でイキートスとチンギスシークレットを破っているように国内ではトップクラスの実力ですが、去年のジョッキークラブ大賞、今年のガネー賞と遠征競馬では結果を出せておらず、その点は懸念材料になるでしょう。
 またイキートス以上に時計勝負には未知の面もあり、逃げればキタサンにマークを受ける、という意味でも、積極的に狙うには雨の恩恵がないと、とは思いますね。

 アイダホも時計勝負ではやや不安があり、今年のソードダンサーSなどでも位置取りが悪かったとはいえ全く伸び切れていません。
 欧州でもGⅡは勝てるけれどGⅠでは善戦止まりの決め手の乏しいタイプではありますし、ある程度先行できるので内枠を引いて、タフな展開になった時に少し怖さはあるかな、とは思うものの、基本的には軽視してもいいとは思います。

 ブームタイムもコーフィールドカップはポジションに展開がバッチリ噛み合いましたし、斤量的にも非常に軽かったので、ここで好走するのは流石に家賃が高いかなとは思います。
 ただこの馬もスタートのセンスは良く、二の足も速いので先行グループには積極的に入ってきそうで、展開の綾には影響してくる可能性はあり、そのあたりは気に留めておくべきかなと感じますね。


**★思い出のジャパンカップ**

 やはりJCはある程度以上ペースが速くなって、ゴール前で消耗する展開の方が迫力があるレースになるとは思いますし、その点でジャングルポケットの年やアルカセットの年なども捨てがたいですが、一番レースとして好きなのは[ウオッカ](https://www.youtube.com/watch?v=Z9TFg_42gKM)の勝ったレースですね。

 リーチザクラウンがハイペースの逃げを打つも、他の馬もそれにしっかりついていって、このペースなのに4コーナーで馬群がほぼ一団、というのも良かったですし、そこから底力が足りない馬が順々に脱落していく展開も見応えがありました。
 それを先行して早めにウオッカが堂々抜け出し、最後甘くなったところを大外一気のオウケンブルースリが追い詰めるあたりは本当に今見てもドキドキさせられます。レッドディザイアもしぶとく頑張っていて、翌年からのブエナビスタの躍進を約束するようなところも含めて面白かったですし、これだけタフなレースでありながら牝馬が台頭している部分も含めて面白いレースだったと思います。

 
posted by clover at 04:18| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください