2017年10月18日

2017 北海道2歳優駿 レース回顧

 スタミナと機動力を問われる門別の1800m戦、2歳ダート路線の登竜門のひとつとなる北海道2歳優駿は、圧倒的な人気に推されたドンフォルティスが問答無用の大外ぶん回しで楽々突き抜け、能力の違いを誇示する完勝を収めました、レースを振り返りましょう。

 馬場は重で、他のレースを見てもそこまで軽い条件ではなかったように思います。なので時計的には、近年の標準レベルには達しているのかな、と感じますね。

 レース展開は、まずディーエスソアラーが逃げて番手にサザンヴィグラス、その外からヤマノファイトが追いかけていきます。
 内目からハッピーグリンとマイネルアンファンが好位列に取りついていって、その外にムルシェラゴ、やはり二の足が今一歩だったドンフォルティスはじわっとリカバーしつつ後方の外目、内からやはり出足は悪かったフィールシュパースが外に持ち出してそれをマークするように最後方に近い位置取りでした。
 その内にナナヒカリ、という隊列になって、馬群は一団で横に大きく広がりながら淡々と進んでいきます。

 ラップは途中経過しかわかりませんが、全体時計が1,55,5(12,83)で、上がり3Fが38,2(12,73)ですので、思ったよりも序盤からペースは上がらず平均で進んでいた、と見て良さそうです。
 そうなるとより強くコーナー地点からの機動力、加速力が問われ、そこからの持久力も含めて、後半要素をしっかり引き出せるか、がポイントになっているかなと思います。

 勝ったドンフォルティスはその意味で非常に理に適った立ち回りでしたし、馬自身もそれに応え、距離不安もなんのそのの問答無用に強い競馬でした。
 スタートで少し挟まれ加減にもなりますが、慌てずに後方外、常に前がクリアになる大外を選択していて、しかしその分コーナーへの侵入角が楽になり、しっかり機動性を引き出してきたのは流石の武Jらしい立ち回りだったと言えます。

 残り800mあたりからスーッと動き出して、残り600m地点では既に先頭列のすぐ後ろに取りつけていたように、思った以上にコーナーで動けたな、という感じで、このあたりは武Jのお家芸的な部分もあるので、そこを懐疑的に見たのは反省すべきポイントでしょうか。
 馬自身も、この馬の位置ですと明確にスローバランスにはなっている筈で、それを残り800mから動いて、ラストまでおそらくほぼラップを落とさないまま突き抜けていて、このあたりの持続性能は今までのレースでも見せていた通りです。
 ただそれをこの重いダート、小回りの1800mという条件でも使えたのは大きな収穫ですし、今後の展望が大きく広がっていきますね。

 現状まだダートで切れ味そのものは未知数ですので、例えば時計の出やすい府中マイルで坂地点最速、なんて場合に差し損ねるパターンはあるかもですが、追走面でも不安は少ないですし、動き出しのタイミングとスペース作りをしっかり意識してくる騎手が乗っている限りは安定して上位に突っ込んでくる力はあると思います。
 フィールシュパース比較でもルヴァンスレーヴと互角に戦える素材と言えるでしょうし、先週のハヤブサマカオーといい、この世代のダート戦線はこの時期から中々の素質馬が出揃って面白くなりそうですね。

 2着のフィールシュパースも、この馬の競馬、脚はしっかり引き出してくれたと思います。
 個人的に予想の段階ではこの馬が2番人気と疑ってなかったのでその点意外でしたが、どうしてもこういう脚質の馬だけに中々信頼が置けないのはあるのでしょうね。
 ただその弱点を補う形で、序盤はゆったり、そこからじわっと外に出して、確実に動いてくれるドンフォルティスを目標に仕掛けていく、田辺Jらしいクレバーな戦略で入っていければ、展開的にも噛み合いましたしこれくらいは当然走ってくるでしょう。

 ただ勝ち馬とはコーナーでの反応も違っていましたし、直線でラストは向こうが流していたから少し詰められたくらいで、持久力面だけでも精々互角、となると、総合的に見て勝ち馬を逆転できる要素を見出すのは中々に難しいですね。
 強いて言えば血統的な部分からも、大井の2000mになれば潜在的なスタミナの違いで逆転は可能かもしれませんが、長い距離のレースが少ない2歳戦の内は、このまま勝ち切れない競馬が続きそうな感じです。

 3着サザンヴィグラスは、距離不安をポジショニングとペース配分で上手く糊塗してきた、と言えますでしょうか。
 前走のサンライズカップは、レース平均が13,0くらいなのに上がり3F平均が14,0くらいの極端なハイペースでしたし、それを今回平均まで落としてきたことで、要所の機動力を生かして粘り込め、同時にサンライズカップの1、2着馬の良さを削いだ、と言えるかもしれません。
 それでも最後止まっているように、血統的に距離がギリギリだったのは間違いないでしょう。ただ南関の1800mまでなら、この立ち回りの上手さはかなり大きな武器になりそうですし、移籍してくるなら面白い存在ですね。

 ヤマノファイトは1200mでも強い競馬が出来ているように、追走面を強く問われた方がプラスだったのかな、という感じで、実際コーナーの立ち回り、多少なり加速するところで後手を踏んでいましたので、後半要素は少し足りない、と考えて良さそうです。
 ハッピーグリンの場合は更に内々に入ってしまった事で、自分のタイミングで動きにくかったのもあるでしょうし、こちらもスロー展開であまり良さが出なかったか、加えて歴戦の疲労もそろそろ出てしまったか、という負け方になってしまいましたね。
 それにここまではずっと外から捲って押し上げる競馬で結果を出していたので、その点でも戸惑いがあってかなと見ますし、潜在能力的にはもっとやれるはずなので巻き返しには期待したいところです。
posted by clover at 04:07| Comment(0) | レース回顧・地方競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください