2017年09月14日

2017 日本テレビ盃 レース回顧

 最後の直線は中央勢4頭の熾烈な叩き合いになり、非常に見応えのあった今年の日本テレビ盃は、外からアポロケンタッキーが力強く抜け出して、去年末の東京大賞典以来の勝利を限り、秋のGⅠ戦線に弾みをつけました。レースを振り返っていきましょう。

 馬場状態は昨日から変化なく稍重で、かなり時計は掛かる状態のままでしたね。
 全体時計としてはほぼ予想の範疇で決まった形ですし、その中での細かな展開の綾がレース結果を左右しているとは思います。

 隊列もほぼ予想通りに、やや一歩目が良くなかったモーニンがリカバーして先頭、それを見る形で番手外にケイティブレイブ、それをマークするようにアポロケンタッキーと、中央勢の外枠3騎がレースを主導していきます。
 サウンドトゥルーは出足こそいつも通り良くなく、1コーナーは6番手くらいでしたが、そこからじわじわペースを上げて、向こう正面で一気に先頭列に取りついていく形となり、後続は大きく離れて4頭の勝負となっていきました。

 ラップは35,9(11,97)-39,6(13,20)-37,4(12,47)=1,52,9(12,54)という推移でした。
 序盤こそそこそこ流れたものの、去年以上に明確に中緩みがあり、そこで楽にサウンドトゥルーが取りついていて、そこから後半3Fで再加速しての直線勝負、という様相で、ラストは12,4-12,5-12,5とほとんど落としていません。
 極端ではないものの後半勝負所での機動力と、長く脚を使う持続力は問われているのかな、というイメージで、緩みが顕著な分明確なスタミナ勝負にはならず、追走面でもそこまで強く問われなかった一戦と見て良さそうです。

 勝ったアポロケンタッキーは、中盤でしっかり息が入る展開になってくれたのは間違いなくプラスだったと思います。
 コーナーからも緩く入っていったことで、外目の位置取りの不利もありませんでしたし、しっかり反応してこの馬の持ち味である一瞬の切れの良さと、そこからの粘り腰を遺憾なく発揮してきたかな、と感じました。

 1800mですと流れ切ってしまうと忙しい、というのは間違いないと思うので、今後2000mが舞台になっていくのは総合的にはプラスでしょうし、ポジションではなくペースバランスを意識して、この馬のリズムで後半要素を引き出す意識が持てれば、群雄割拠になりつつある今のメンバー構成ならチャンスは充分にあるでしょう。
 ドバイ明けの帝王賞からしっかり立て直してきたと思いますし、まだ若い馬ですから今後も楽しみですね。

 2着のサウンドトゥルーも、まずまずいい競馬だったと思います。
 序盤ついていけないのはいつもの事ですのでいいとして、去年の轍を踏まないように中盤で緩んだところで合わせずに、一気に前に取りついていったのは正解で、そこは去年に比べてメンバーが断然楽だった幸運もあります。
 とにかくこの馬は中盤以降長く一定のペースで速い脚を続けてこられる馬ですので、正直に言えばコーナーでインに拘らずアポロの外から勝負に行っても良かったのでは?と思わなくもなかったですが、ケイティの後ろを通して直線外、そこからはこの馬らしいしぶとい差し脚を見せてくれたと思います。
 
 やや外差し馬場の恩恵もあったとはいえ、まだまだ実力は健在なのを見せましたし、また一貫したタフな流れでなくとも結果を出せたのは好材料だと思います。
 ただ基本はもっとラストに消耗する展開で外から差し込みたいタイプですし、このレースの結果を受けて本番俄然流れてくれるようなら、改めて漁夫の利を得るチャンスも到来するかな、という印象はありますね。少なくとも力は全く衰えていないでしょう。

 3着ケイティブレイブに関しては、懸念したレースの流れに合わせる形で進めたことで、勝負に置ける後半要素の比率を強くしたことが結果的に敗因かな、とは思っています。
 最序盤にモーニンの出方を窺ったのはあれでいいと思いますが、向こう正面で一気にモーニンが緩めてきたところで、それに付き合わず先頭を奪うくらいのプランは欲しかったですし、この馬の持ち味を最大限に生かしきれない中緩み展開にさせてしまいました。

 勿論こういう競馬でもこの馬の好走スポットは広いので一定対応してはきますが、どうしても全馬勝負所で余力がある、という形からの後半勝負では優位に立てる要素はあまりなく、今日は58kgもあったとはいえ形の上では完敗ですので、改めてこれを踏まえてどういうレースを組み立てるべきか、というのを意識して欲しいです。
 帝王賞が差す競馬で味が出たのも、結局は息の入らないタフなペースだったからではあり、個人的にはやっぱり前目で常に厳しい流れを作ってこその馬、と見たいですし、次は本領発揮を期待したいですね。

 4着モーニンは、首尾よく去年と似たような形に持ち込めましたが、それでも最後は甘くなる以上、距離的な面でギリギリなのは間違いないんだろうと改めて感じます。
 この馬がいい勝負をするためのプランとしての中緩みは当然の帰着ですので、今日の戸崎Jの逃げ方は悪くなかったと思いますし、ただ強いて言えば去年よりマーク自体は厳しく、またコーナーで馬場がより重かった分鋭く反応できなかったかな、という感じはありました。

 上位がどちらかと言えば重厚な、1800mよりは2000mの方が得意、って馬ばかりでしたし、この馬の持ち味である加速力・機動面をもう少し顕著に出していければ面白かったかな?とも思いますが、まぁ総体的には力負け、という見立てでいいと思います。
 状態面と精神面は大分安定してきていると思いますし、中央のコースの方が距離の誤魔化しは効くと思うので、主導権を上手く握れそうなところでどこまでやれるか改めて見てみたいですね。短い距離ですとやっぱり揉まれない外枠必須にはなるのでしょうが。
posted by clover at 09:16| Comment(0) | レース回顧・地方競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください