2017年06月18日

2017 宝塚記念 プレビュー

**★はじめに**

 いよいよ今週は春のGⅠシリーズ総決算、夏のグランプリ宝塚記念ですね。
 今年は絶対王者キタサンブラックがいるからか、登録時点で11頭と、下手すると一桁頭数でのレースになりそうな寂しい雰囲気です。
 それでも新設初年度からの、キタサンのおそらく達成できれば不朽になりそうな春古馬三冠(今後中距離と長距離の双方であれだけ強い競馬が出来る馬が早々出てくるとは思えません)、それをさせじと牙を研ぐ同期のライバルや4歳の上がり馬など面白い馬や見所は沢山あります。

 加えて前走ああいう強い競馬を見せたキタサンが、去年のリベンジの意味も含めてここでどういうレースプランを立ててくるかも非常に楽しみです。
 現状例年にない高速状態を維持している阪神ですが、それでもキタサンがいる限り、単なる上がりの切れ味勝負ではないレースにはなるでしょうね。

**★レース傾向分析**

 阪神内回り2200mは、スタートから1コーナーまでの距離が長いのが最大の特徴です。
 それこそゴールドシップくらいのズブい馬でも、外枠を引いてその気になれば先行できてしまう舞台でもあり、逃げたい馬が多数いる時はかなり前半のペースが上がっていく傾向にあります。
 また後半も、残り1000mくらいからじわっと上がって、コーナー地点で既に速いラップを踏むパターンがほとんどで、スピードだけでもスタミナだけでも押し切れない、底力を求められるチャンピオンコースのひとつという認識でいいと思います。

 加えて例年このレースは梅雨時開催ですので、非常に馬場が重くなる傾向ですが、今年に関してはやや様相が違っています。
 梅雨入り後も週末の雨が限定的で、その分だけ馬場も高速状態を保つ、どころか週を増すごとに拍車がかかっている現状で、昨日のレースでも500万下の2000m戦で1,57,9、マイルのOP戦も47,1-44,8という超後傾ラップなのに1,31,9とレコード更新していました。
 今週の週間天気は今のところずっと曇りマークと、なんとも言い難い微妙さではありますが、仮にこの高速状態が維持されるのであれば、宝塚記念レコードの2,10,1、2200m日本レコードの2,09,9も視野に入ってくると見ておいた方がいいでしょう。

 なので今年はあまり参考にならないかもですが、一応過去10年の平均ラップを出しておきます。
 3-2-3-3Fで取って、34,8(11,6)-24,8(12,4)-36,8(12,27)-36,1(12,03)=2,12,5(12,04)という推移になっています。
 やはり前半3Fだけが飛び抜けて速く、そこから多少の緩みはあっても極端ではなく、淡々と12秒前半を続けていく感じで、一定の追走力と持久力面がかなり強く問われ、要所の加速力や切れ味、持続力面は最低限あれば、というイメージでいいと思います。
 
 とにかく前半のペースが極端に触れていて、58秒、59秒になる時もあれば、62秒とか異常に遅くなる時もあるので、ペースの決めつけが難しい舞台ではありますが、今年はキタサンがいますので、このキタサン×武Jのこのレースに対する意識をどう読むか、が唯一絶対のポイントになってくるのかな、とは感じています。

 去年のキタサンは、番手勢につつかれた事もあり、稍重馬場の中でかなりのハイペース、59,1-12,4-61,3という前傾2秒の推移で走破してタイム差なしの3着に敗れました。
 ですが、私も含めてこのレースぶりを見て、キタサンブラックってこんなに強かったのか、と、それまで持っていたどこかひ弱なイメージを払拭した人は多かったと思いますし、少なくとも良馬場でなら前半59秒はこの馬にとっては楽にクリアできるペースになっている、と考えていいでしょう。

 その上で今年の馬場ならば、59-12-59=2,10,0くらいは楽に計算できそうな状況でもあり、それならば綺麗な平均ペースに収まります。
 無論ここは春3戦目で、凱旋門賞を視野に入れる上である程度楽に勝ちたい、という思惑もないではないでしょう。
 ただ馬主さん的には海外よりここ、という想いは強そうですし、武Jも強い馬では強い競馬で勝つのを歓びとするタイプですから、今回も「この馬にしか耐えられないペース」で進める確率はかなり高いと踏んでいます。勿論馬場が悪くなればまた別ですが、そのあたりは現状どうにも言えないので、あくまでも今の馬場が維持される前提で、です。

 プラスして考えるに、相手関係としても上記の59秒ペースを作ってしまった方が、勝手にライバル勢が崩れてくれる公算が高い、とも思えていて、今の時点ではこのキタサンの作る時計勝負の流れに乗っていって脚を削がれない馬を強めに狙いたいな、と考えています。

**★有力馬所感**

・キタサンブラック

 まぁある程度上で書いたのであまり繰り返しませんが、去年より明らかにパワーアップしている現状で、いかに天皇賞・春の激走の見えない疲れがあったとしても、ここで圏内から外れるような大崩れをするイメージは全く持てない馬とはなりました。

 敢えて瑕疵を上げるとすれば、春天からの直行馬が近年成績が良くない事と、あとレース的に逃げ先行よりは、コーナー最速の持続戦・持久戦になるというメカニズム上、差し馬の方が優位性が高い舞台という所ですが、今の高速馬場のままであれば前に行けるアドバンテージは圧倒的だと考えます。

 この馬自身この距離での高速決着が未知数と言えばそうですが、大阪杯もあの時計で走れていますし、ちょっとやそっとのペースでは追走面で削がれない力感を手にしているので、懸念するほどではないと思います。
 これがペースに左右される差し馬ならともかく、百戦錬磨の武Jが駆るキタサンブラックという時点でペース配分を間違える可能性はほぼ考えなくていいですし、逃げて誰もが追走で汲々とするペースで飛ばし、そのまま押し切る、アーネストリーのような競馬を見せてくれる蓋然性は高いだろうと考えます。流石に今の時点で、他の馬に本命を打つ気は一切ありません。

・シュヴァルグラン

 天皇賞・春は、高速馬場で速い流れに自分から入っていった時にどうかな?という懸念を持っていましたが、結果的にはかなり強い競馬を見せてくれました。
 あのレースではキタサンの位置で1000m60秒を切っており、それをピタリマークしていたこの馬も60秒前後では通過していて、その点で最低限の追走力は担保、以前より前半要素を高められるようになってきたかなと感じています。

 前走はスタートも良かったですし、この距離でもある程度ポジションを取ってキタサンマークに持ち込める可能性はあるので、あながち今年は高速決着になりそうだから、という理由で嫌うのは安直かな、と考えています。
 こちらも当然激走の反動は考えないといけませんが、去年のように追走で手一杯、という事にはならないと思いますし、去年も番手勢が下がってくる煽りをもろに受けて追えなかったのが原因の部分もあるので、徹底マークでキタサンに勝てるか、という視座では流石に心許ないものの、2番手グループの中では比較的計算できる1頭になるのではと見ています。

・サトノクラウン

 結論から言えば、大阪杯に続きズブズブの不良にでもならない限り一切狙う気はありません。
 この馬はどうしても追走力に大きな課題がありますし、加えて後半要素としても、切れ味の質や坂加速性能など、ネックになる点がかなり多いです。
 去年もこの馬にとっては悪くない稍重馬場でしたが、どうしても前半追走に苦慮していて、その分後半の持久力面もはっきり削がれていて、あれを見る限りキタサンの作るペースの中ではどうあっても好走は厳しいだろうと思います。
 
 特にデムーロJですから、今回も積極的にキタサンを追い掛ける競馬をしそうで、それを含めて最後の200mで一気に甘くなるイメージですね。

・シャケトラ

 この馬は高速適正が今のところ完全に未知数です。
 今までのレースでも、平均ラップでハロン12を切ってきたレースすら一度もないので、ここで2,10,0前後の高速決着を考えた場合、前半の追走力とレース全体での総合スピード能力が足りるかは大きな課題になります。
 天皇賞でもう少しまともな競馬が出来ていれば指標にもなったのですが、出遅れて一気に流れの速いところでリカバー、というちぐはぐな競馬をしている分、追走力の面でどこまで耐えられるか正直まだわからない、というのが素直なところです。

 それだけに未知の可能性はある、と言いたいですが、後半要素でも持久力面は日経賞で確かなものを見せているものの、切れ味や持続力面ではやはりちょっと足りない印象を残しています。
 この馬場のままですと、当然後半の推移も12,1-11,9-11,3-11,5-12,2くらいは見込めてしまうわけで、コーナーの最速地点でしっかり押し上げる、それ以上に速い脚を使えるかもやってみないとわかりません。日経賞はコーナーで動けてましたけど、あれはレースラップが12秒そこそこの中で、ですから、自身11,5くらいの、持久力水準での最高速度的な面はあったと思うので。

 諸々考えると、ルメールJで人気するのは必定の中、それに見合う安定感はない、とは思います。
 少なくとも前半は折り合いに専念しつつ中団くらいまででしっかり前を見据えて、そこからキタサンより更に速くロングスパートを仕掛けて持久力面で勝負するのが、キタサンを撃破するという観点では一番可能性が高そうですが、果たして馬がそこまで強いか、判断に悩むところですね。
 サトノと違って無印にするつもりはないですが、重い印は多分打たないと思います。

・ゴールドアクター

 春天では出遅れで何も出来なかったゴルアク×横山Jのコンビが、梅雨の仁川で捲土重来を目指しますが、これも簡単ではないと感じます。
 元々先行力はある馬ですが、実のところこの馬が先行して勝ったレースは大抵がスローで、追走力面ではっきりタフなレースで結果を出している、という担保はない馬だったりします。
 また、この距離での高速決着にも一抹の不安はありますし、今回も輸送のリスクがあると考えれば、先行できるメリットを差し引いても強くは狙い辛い1頭になってしまったかな、と感じています。

 この馬としては去年くらいに渋って、その上でインベタで上手く脚を溜める競馬が出来れば、くらいの条件が欲しい感じがしますし、良馬場で速いペースについていく、或いはキタサンの機先を制しての奇襲逃げなどを敢行すると、昨日のシュウジではないですがオーバーペースになってしまう懸念が強いかなと思うので、現状取捨の当落線上、というところです。

・レインボーライン

 この馬は前走こそ超高速決着の中で何も出来ずに後方まま、とらしくない競馬でしたが、基本的には堅実さが売りで、後半要素としては持続力面が一番評価できる馬です。
 加えて元々マイル戦でも結果を出せていたように、このメンバーの中では確実に追走力面での不安はなく、渋って持久力戦の様相を強くしても、札幌記念のラストの脚からしてまず問題ないでしょう。

 今回は岩田Jなのでタイトなコース取りを意識してくるかな、と思いますし、2番手グループの有力馬が押し上げていく展開の中で上手く内内を立ち回れば、直線でスッと伸びてこられるイメージを持ちやすい馬です。
 特に内枠を引けば面白いと思いますし、現状対抗候補の筆頭、という位置づけですね。

・ミッキークイーン

 この馬もこの条件はかなり面白いと思っています。
 元々マイル戦の高速決着では足りない、と言い続けていた馬で、前走の大敗も陣営コメントのように怪我の影響・左回りの部分もあったのかもですが、個人的にはもっとシンプルに最速地点での加速力・切れ味が足りなかっただけで、度外視していい負け方と思っています。

 当然この馬もマイル戦で余裕で勝ち切れる追走力があるのでここなら大威張りですし、また後半要素で最大の武器は絶対的に持続力、というのも、コーナー最速になりやすいこのレースの傾向にバッチリ噛み合うと思います。
 時計勝負になっても秋華賞の内容から全く不安はないですし、純粋に全ての馬が能力フルスロットルでこのメンバー、というなら辛いかもですが、キタサンのペースで追走力を要求されて脚を削がれる馬が多く出る、というイメージの中では、ラストにきっちり台頭してくる1頭になるのではないか、と感じています。

 ここ数年はディープの牝馬がよく圏内に飛び込んでくるイメージですし、枠の並び次第では対抗まで考えています。

・ミッキーロケット

 この馬も大阪杯でサトノクラウンとセットにしたように、サトノほどではないですけど前半の追走力に課題はあります。
 少しでも距離が延びるのはプラスに見えつつ、実際はこの舞台の方がペースが上がるのでその点でやや厳しいと思いますし、加えてこの馬には出負け癖があります。
 スタートを決めて前に行ければ追走で苦しく、出遅れて後ろからですと後半要素の絶対量で足りない、という感じで、どう乗っても現状でこの距離では1枚足りないと思うので、基本的にはこの馬も軽視のスタンスですね。やっぱり2400mは欲しい馬で、内枠引いた有馬とかすごく面白そうなんですけどね。

・クラリティシチー

 中1週で本当に出てくるの?というのはありますが、鞍上も松山Jに決まったようですし、一応出走する方向なのでしょう。
 基本的にこれまで2000m以上のレースで全く良績がなく、重賞実績も足りないのでまずいらない、とは思うのですが、一縷の望みがあるとすれば超高速馬場ですね。
 エプソムカップの回顧でも触れたように、超高速馬場で後半要素を適度に問われる展開はベストなのかな、と思っていて、その意味でキタサンの59-59の流れをイメージするなら合致してくる部分はあります。

 内枠から前半上手く死んだふりでインベタに徹して、漁夫の利を狙う形でなら、他の馬が追走や押し上げで足を使い過ぎて崩れていく中、ひょいっと最後にギリギリ3着飛び込みくらいはあってもいいかも、とは思います。印まで回すかは並び次第ですけど。

・スピリッツミノル

 流石にこの距離に入ると前半の先行力も足りませんし、後半要素でも不器用さが目立ってしまうので難しいですね。
 サトノクラウン同様、ズブズブの不良馬場とかで持久力特化戦になれば一考の余地はありますが、基本的には軽視でいいでしょう。

・ヒットザターゲット

 元々超高速馬場巧者で、インを上手く立ち回っての持続力戦で強さを発揮する馬でした。
 なので往年の力があれば、この条件は内枠引ければ結構面白い、と思えるのですが、流石に近走の結果が酷過ぎて、ここで一気にガラッと変わってくるイメージは持ち辛いものはあります。

 ただ超細かく見れば、金鯱賞や京都大賞典は枠番的に恵まれなかった中でそこそこの時計差まで詰めており、目黒記念も外枠でインに潜り込めなかったと考えれば、ここでインベタ、ロンスパ持続力戦になった時にワンチャあるかも?と一縷の希望を持てる要素はなくはない、くらいですかね。流石にちょっと無理筋に思えますが、条件自体は相当噛み合うと思っていいです。

**★思い出の宝塚記念**

 他の記事でコメントもいただきましたが、グラスワンダーの宝塚記念は強烈に印象に焼き付いていますね。
 あの時は安田記念からの参戦で、あまり調子も良くないと囁かれていて、古馬になり先行力を身につけて絶好調だったスペシャルウィークに人気では水を空けられる形でしたが、結果は恐ろしいほどの強さでの完勝でした。

 あの日の馬場は非常に時計がかかっていて、それなのに前半も速く、中盤も緩みなく、かつスペシャルウィークが早仕掛けの捲りを敢行してロンスパになって、最速11,0というえげつないラップを後半で踏んでいる凄まじいレースでしたが、そのコーナー出口から直線前半の11,0地点で悠々馬体を並びかけていったあの迫力は、今でも思い出すだけで身震いするほど圧倒的でした。
 基本的に常に自分の力は出すステイゴールドがあれだけ千切られた事からも、このレースの破格のレベルは明らかですし、本当にしっかり能力を発揮できた時の爆発力は凄まじかったなと思います。

 そして、そのグラスの仔であるアーネストリーの一戦も鮮明に記憶に残っています。
 ラップ的に58,7-12,1-59,3という高速条件での綺麗な平均ペースの中、番手から直線早め先頭で堂々抜け出す、総合的なスピード能力をフルに生かしたレースぶりは凄みがありましたし、文字通り誰も追いつけない状況に持ち込む胆力も含めて名レースだったと思います。
 
posted by clover at 04:07| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください