2017年05月18日

2017 目黒記念 レース回顧

 ダービーの余韻冷めやらぬ中で迎えた伝統の目黒記念は、ダービージョッキーの勲章を得た勢いそのままに、ルメールJのフェイムゲームが後方から見事に差し切って復活の勝利を上げました。レースを振り返っていきましょう。

 馬場は当然高速状態で、少しずつ内が荒れてはきていた、と、詳しくはダービーの方を参照してください。。。
 展開は、外からメイショウカドマツが大逃げを打ち(藤岡Jはダービーでそれをやってくれっての!)、離れた番手にマイネルサージュ、シルクドリーマー、ハッピーモーメントあたりがつけます。
 ヴォルシェーブとモンドインテロは中団の内目で我慢、ウムブルフやクリプトグラムも積極的に中団に入っていって、フェイムゲームはその後ろで人気勢を見る形を取ります。
 カフジプリンスは出足鈍く中団の後ろと苦しい位置取りになり、後方にラニ、そしてワンアンドオンリーは最後方待機という競馬を選択します。

 ラップは43,1(12,31)-36,8(12,27)-36,9(12,3)-35,1(11,7)=2,30,9(12,07)という推移になりました。
 ただしこれは逃げたカドマツのペースで、3コーナーあたりではまだ前との差は1秒くらいあり、後続は残り1000mから11秒後半のラップには引き上げての持続力特化戦の様相が濃いと思います。
 実際仕掛け自体は早かったので、直線入り口が最速11,3で、そこから12,0-11,8とややトリッキーなレースラップになっていて、前目の馬に強力な持続力型がおらず、その分後ろで構えた持続力型のフェイム、要所をインで我慢していたヴォルシェーブが届いた、という見立てでいいと思いますね。

 勝ったフェイムゲームは、正直このメンバーでまともなら力上位だとは思っていたのですが、展開も綺麗に嵌りましたね。
 この馬はゴールドシップを追い詰めた春天のように、極端に質を問われない持続力勝負が一番向いていて、今回は後続馬群がはっきりそういう早めに足を出し切る競馬をしています。
 ただ相手関係も楽だった分、要所で置かれる事もなかったですし、進路取りも非常にスムーズに一番伸びるラインを通せて、そうなればラストの持続力は流石の一言、一頭だけ11秒前半のラップを3~4F続けてきた形になるでしょう。
 
 スローロンスパが噛み合う典型的なステイヤーですし、それでも全盛期よりは衰えてはいるのかな、というギリギリの勝ち方でしたが、やはり展開がツボに嵌る時は絶対に軽視できないなと思わせる走りでした。
 折り合いや加速面に難しさもある馬なので、当たりの柔らかいルメールJも合っていたと思いますし、それにしても今日は完全にルメールデーとなりましたね。

 2着のヴォルシェーブは、本質的にこういうステイヤー型の競馬より、前走のように総合的なスピードを生かしたいタイプなので、その点でちょっと噛み合わなかったとは思います。
 ただ戸崎Jらしくポジション取りと要所の我慢、そこから進路を確保してスッと動かしてくるところは流石で、一脚の鋭さをラストまで温存できたことで肉薄できた、という意味ではこれも存外手の合っているところはあったと思えます。

 でもまだ地力的には重賞を勝ち切るのは意外に難しいのかな、と思わせますし、2000mだとスピード負けする可能性が高い、2500mまで入るとステイヤータイプにちょい負けする、という感じで、中々条件選択が難しい馬ですね。
 一瞬の切れ味はかなりいいものがあるので、斤量次第ですが新潟記念あたりは合うかなとも感じます。

 3着ハッピーモーメントは、後半型の持続力特化戦で良さが出た、とは思いますが、それでもこのメンバーになると足りない、というのは見せてしまったかなと思います。
 かなり積極的な競馬で理想的に直線に入ってこられましたし、欲を言えばもう少しスローで、ダービーのように瞬発力の質も伴う推移なら、というのはあったでしょう。底力が問われる形だとまだちょっと足りない印象ですが、展開と条件次第でチャンスはある馬だと感じます。

 4着クリプトグラムは、1年ぶりという事を考えれば地力上位は証明する走りだったと思います。
 大外枠でポジショニングも難しかったですし、コーナーで自分から勝ちに行く強気の競馬をしたので、最後持続力面で甘くなるのは仕方ないでしょう。
 元々ある程度追走面が問われても戦える馬でもありますし、極端に切れ味が問われない条件なら安定して上位に食い込んでくる力はありますね。秋の飛躍に期待が持てる1頭です。

 5着レコンダイトも、ゆったり入っての持続力勝負は噛み合いますね。
 前走は前半流れる中でついていった分ラストは明白に甘くなっていて、今回も外枠で難しい中、クリプトと合わせてしっかり持ち味は引き出せていたと思います。
 この馬は2500mという距離はかなり合っていると思うので、相手関係次第ではまた秋のアルゼンチン共和国杯あたりでは狙い目が出てくるかもしれないなと感じます。

 カフジプリンスはこの展開で前目が取れていれば面白かったんですけどね。今日は出足が悪かったですし、坂スタートが苦手なのかもしれません。
 確実に府中なら2400mよりは2500mが合う、とは思ったのですが、その点でダメとなると尚更に好走条件の難しい馬になってしまいますね。

 そしてメイショウカドマツはまだ戻ってなかったですね…………。
 いい頃ならこのペースでももう少し要所の反応の良さがあったし、近年はそれこそ今日のフェイムのように、高齢馬でもいきなり復活があったりするのでその辺の見極めが難しいです。あまり調教とか調整過程を見ないで予想するスタンスの私だと特に、ってところで、フェイム本命は結構考えたんだけどなぁ、という経緯もあり、ここもまた大いに反省です。
posted by clover at 04:05| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください