2017年05月18日

2017 オークス プレビュー

**★はじめに**

 昨日で牝馬の戦いはつくづく難しい、と改めて痛感したところで、今週は3歳牝馬のクラシック第2戦、オークスが開催されます。
 桜花賞までの下馬評が、その結果を受けて大きく揺らぎ、混戦模様の気配も醸し出す中で、改めてしっかり個々の適正を考え、このレースの傾向に当てはめていく必要性が強くなるのではないか、と思います。

 今年のオークス路線で特徴的なのは、近5年オークスで勝ち馬3頭、馬券圏内に入った馬を9頭も輩出したディープインパクト産駒がたった2頭の参戦、かつ伏兵扱いという点ですね。
 その代わりにハーツクライ産駒、ハービンジャー産駒のエントリーが非常に多く、更には人気上位になりそうな桜花賞上位組が、スピード血統に思えるダイワメジャー、フランケルの仔だったりと、この点だけでも難しさは感じます。

 今年は桜花賞も悪馬場で、レース展開もかなり特殊になりましたので、過去の傾向が一概に当て嵌まるか難しいものもありますが、頑張ってヒントを探っていきましょう。

**★レース傾向分析**

 府中の2400mは、当然ながらスタンド前発走になります。
 その為にレース前の歓声に影響されて平常心を欠く馬も多く出てくる舞台ですし、また当然オークスとなると距離もほぼ全ての馬が未経験に近い中で、精神面での安定感、折り合い面での不安のなさが大きな武器になるのは確かでしょう。

 その上で、スタートから1コーナーまではそこまで距離があるわけでなく、また桜花賞路線が最大目標だった馬も、余勢を駆ってここに、という事は多いので、前半の先行争いはそこそこ活発になる舞台です。
 過去10年の平均ラップで見ても、35,6(11,87)-37,2(12,4)-38,1(12,7)-35,4(11,8)=2,26,3(12,19)という推移になっています。
 序盤はスピードタイプがある程度飛ばしていくものの、第2、第3ブロックで緩み、特に第3ブロックで前が早々とバテてくる中で後続は前との距離を詰めだし、レースの仕掛け自体は全馬距離不安がある中で遅れがちで、概ね直線に入ってから、という傾向が出ています。

 ポジショニングとしても、基本18頭立てになりますので極端に後ろからだと、押し上げに脚を使い過ぎて難しい、けれど前に行き過ぎると総合的なスタミナ面で辛い、という感じで、大体中団くらいに位置していた馬が直線でスッと抜け出すパターンが多いです。
 後々を見ても、ブエナビスタやジェンティルドンナといった最強クラスならどの位置からでもなんとかしてしまうでしょうが、近年でもハープスターなどはそういう競馬で取りこぼしていますし、ある程度は序盤で自在に位置を取れる事が、安定感という意味では大切になってくるでしょう。

 今年の馬場は、昨日までが渋った馬場でしたので判断が難しいところはありますが、ベースとしては高速馬場なのは間違いないと思います。
 ただ来週もBコースですので、内側の馬場がボコボコしたまま回復していない、と騎手が判断した場合、昨日のレースみたいに馬群全体が外目に寄って、という可能性もありますので、その場合枠の並びも重要度は上がってくるでしょう。

 また今年は、例年以上にレースを先導していく馬が少ない印象ですね。
 前走番手からで良さを出したヤマカツグレースや、当然桜花賞でも先行したレーヌなどは前に行きそうですが、ペース自体はかなり落ち着きそうなイメージで、その分良馬場なら直線で瞬発力の質をある程度問われる展開になりそうです。
 そのあたり、ギアの上げ下げが器用にこなせる馬は優位になってくると思いますし、ある程度後ろから行くなら当然持続力も必須、と考えていいでしょう。

**★有力馬所感**

・レーヌミノル

 桜花賞馬に敬意を表する形でトップバッターにしますが、しかしこの馬も扱いが難しくなりそうです。
 血統的にも、そしてこれまでのレースぶりを見ても、ある程度ペースが上がってレース全体のスピードを生かす中で良さが出ていると思います。
 折り合い面はそこまで不安はないかな、と前走を見ている限りは思いますが、前目で受けつつギリギリまで脚を溜めて直線で弾けさせる、という競馬を2400mで出来るかは今までのイメージだけですと難しく感じます。
 ただレース傾向的にも仕掛けは遅れる場合が多く、坂地点最速が大半ですので、一瞬の切れは持っていても持続力は甘いこの馬にとって、そこはプラス材料になると考えます。

 桜花賞もラスト1Fが12,8と強烈な消耗戦になっていて、基本桜花賞から回ってくる組は、ラスト1Fで加速ラップ、或いは減速を最低限に留めてきた馬が強いので、その点でも判断が難しいです。
 このラップはこの馬自身のものなので、普通に考えると距離はギリギリになりますが、今年の桜花賞は改装後では過去に例のないほどにラストの落ち込みが激しいレースでしたので、どの馬も最後に減速している事には変わりないんですよね。

 ただどうあれ、脚質的にも立場的にも前目で受けていくことにはなるでしょうし、流石にこの舞台で良馬場なら勝ち負けのラインまでは厳しい、やれてテイエムオーシャンのように圏内ギリギリ粘り込みくらいまでかな、と今のところは考えています。

・リスグラシュー

 桜花賞上位組の中では、比較的距離不安が少ない馬になるとは思います。
 前走も要所の反応が悪く、直線序盤でレーヌとソウルに置かれる形になったものの、ラストの減速地点でじわじわと盛り返す競馬で、それだけを見れば一番オークスに向いている脚質でしょう。
 ただ上でも触れたように、この馬自身でもはっきりラストは減速している状況ですので、良馬場で差し込んできた年の桜花賞上位組に比べると信頼度は少し落ちる、と考えてもいいとは思っています。

 その上で不安点は、前走がかなりギリギリの仕上げだったのでそこからの立て直し、後は小柄な馬なので、経験済みとはいえ輸送で体重を減らさないか、という事前の準備の観点がまずひとつ。
 加えてレースに入ってスッと反応できる馬ではなく、もしも流れが落ち着いて、仕掛けもコントロールされた中で、しっかり脚を出し切る競馬が出来るか、という部分です。

 この馬の特性は掴んでいるだろう武Jなので、動ける位置にいれば仕掛けどころそのものは間違えないと思いますが、内枠で包まれたときは難しさが出てきそうです。
 どちらかと言えば10番より外目の枠で、中団よりやや後ろくらいで前の動きを見つついつでも動ける位置が欲しいな、と思いますし、最加速地点に入る前にしっかり扶助さえ出来ていれば、ラストの持続力は高い水準にある馬なので、まず好勝負はしてくれると思います。
 事前の状態面と枠、この2つの懸念がクリアできるなら、素直に本命視してもいいかな、とは思える馬です。

 ハーツ産駒もトニービンの血が強く出ているのか、これまでの産駒のGⅠ勝利は全て府中と偏った傾向がありますし、その意味でもここは勝負の舞台、もうGⅠ2着は要らない、と乾坤一擲の勝負に行く騎乗が見たいですね。

・ソウルスターリング

 前走で一敗地に塗れ、捲土重来を固く誓うソウルスターリングはどうでしょうか。
 元々1800m戦で下ろしたように、距離そのものに対する不安はそこまでないとは思いますが、気性的にやや前掛かりなところはあり、まずはそこをしっかりコントロールできるか、は課題になってきます。

 前走は3回続けての輸送、馬場、外枠から王道的な競馬をせざるを得なかった事、埒を頼れなかった事など複合的な観点が出てくると思いますが、少なくとも今回は関東圏の競馬で、一回負けたことである程度気楽に戦略の幅を広げてこられる状況です。
 少なくともアイビーSは馬群の外から差し切れていますし、個人的に前半掛かって先団に入り込んでいく形を取らなければ好勝負とは考えています。

 前目に入っていくと総合的なスタミナ面で危うさも出てくると思うので、序盤はゆったり中団やや前くらいで構えて欲しいですし、要所の反応はとびきりにいい馬ですので、このレースの好走パターンに対する適性はかなり高いです。
 馬群の中からでも動けますので、内の馬場が回復しているならどの枠でもいいと思いますが、内が悪いままならいいところを選べる真ん中からやや外目寄りの枠の方がベターだと考えます。
 そのあたりも含めて総合的に見ても極端に評価を落とす必要はなく、当然本命候補の1頭にはなってきますね。

・アドマイヤミヤビ

 前走桜花賞は、それまでのレースぶりや堅実さが嘘のように走らなかったので、その原因をどこに置くか、は大切です。
 体調面や馬場、それに相対的なペースも勘案すると、結果的には距離が短かったし、馬場も合わなかった、でいいとは思いますが、それでもラスト1Fで全く伸びるところがなかったのは不安材料です。

 ただ府中コースではマイルと2000mでそれぞれ強い競馬を見せており、血統的にも距離延長は歓迎、という1頭になるでしょう。
 結果的に平均ペースのクイーンCでも、この馬自身は結構な後傾ラップで良さを出していますし、そこから見ても序盤から急かしてはダメなタイプ、というのは確実にあります。
 その意味でこの舞台はそこの不安はほぼないですし、今のところ天気も崩れなさそうですので、巻き返しは期待していいでしょう。

 この馬もリスグラシューほどではないですが、エンジンをかけ切るまでに多少時間はかかります。
 ただ切れ味は兼備していますし、持続力も非常に高いのは、NHKマイルであの圧巻の競馬をしたアエロリットを差し切っている点からも間違いありません。
 動き出しのタイミングの巧さに関しては文句なくトップクラスのデムーロJですし、前にしっかり目標を置いてある程度早めに動き、持続力とスタミナが生きる展開に自分から持ち込めれば好勝負必至でしょう。

 当然この馬も自由度の高い外枠の方がプラスと考えますし、並び次第では本命の可能性もある馬です。

・モズカッチャン

 前走は内伸び馬場の恩恵を受けたとはいえ、ラスト1Fで明確に伸びて前の2頭をきっちり飲み込んでおり、持続力の高さと、距離延長に対する適性をはっきり見せたと思います。
 デビュー当時はポジショニングが良くありませんでしたが、そこが改善されてから戦績も安定してきましたし、イメージ以上に要所でスッと動ける器用さを持っているので、中団馬群を内目でじっと我慢し、有力どころが外から押し上げてくるのを上手く受けつつ、坂地点でスッと抜けてくる競馬が出来れば、ここでも侮れない1頭になってくると感じます。

 ただこのレースからの好走組は、輸送の負担が少ない関東圏の馬のほうが多いのは確かですし、ローテーション的な部分では当然桜花賞組に分があります。
 かつフローラS自体のレースレベルも決して高くはなく、かつ馬場のバイアスも大きかったので、そのあたりを複合的に判断すると、まともなら重い印までは打ちづらいかな、とは今のところ考えています。
 馬場が渋っても問題ない馬ですので、前日の馬場状態なども含めて評価のバランスを取っていきたいですね。

・ハローユニコーン

 忘れな草賞を最後方から差し切り、距離延長で良さを見せてきました。
 マイル戦ではスピード不足は否めなかったので、その点で不安がないのはいいですが、今回も折り合いありきで後ろになり過ぎると、切れ味や持続力で最上位に伍するだけのものがあるかはかなり心許ないので、ある程度のポジションは模索して欲しいところです。

 勝った黄梅賞でも、中山の坂地点で減速せず伸び切ってきたように、坂加速適正はそこそこあると思うので、スタミナ面の優位を生かして中団くらいから積極的に進めてくれば多少の怖さはあります。
 ただここ2走のように後ろからだと足りないと思いますし、そのあたりは戦前のコメントや、後は枠の並びを見て考えていきたいですね。
 安定感はあるので連下で拾う可能性は充分ありますが、勝ち切る為にはギャンブルが要る1頭、という認識です。

・ヤマカツグレース

 前々走から距離を伸ばしての積極策で良さを出してきましたが、更に400m伸びるここではどうでしょうか。
 前走も絶好の展開、立ち回りをして、要所での反応は素晴らしかったものの持続力は並で、モズカッチャンには完敗と言っていい形でしたので、後半要素で武器に出来るのは加速力くらいかな、と感じます。
 一か八かである程度飛ばしてタフなレースを演出し、その上で一脚が使えるならまだしもですが、前目にいる馬は苦戦傾向がはっきりしているレースですし、常識的な流れの中ではちょっと厳しいかな、と見ています。

・フローレスマジック

 前走は果敢な積極策から伸び切れず、もどかしい競馬が続いています。
 このレース好相性のディープの仔ではありますが、距離を伸ばして持続面でアルテミスSより良さを見せられなかったので、個人的にはラキシスの下、というよりサトノアラジンの下、というイメージの方が強くなっています。

 ゆったり入って持続力を生かす、というパターンですとリスやミヤビは相当に手強いですし、この馬も要所の反応は武器にならないですので、ここはどう乗っても難しい条件になるのではないか、と今のところは思っています。

・ブラックスビーチ

 もう1頭のディープ産駒は、最終切符のスイートピーSを差し切って駒を進めてきました。
 休みを挟んで馬が良化した印象で、前走も外からしっかり切れ味を見せてきましたし、立ち回りに関しては好走スポットに噛み合うタイプかな、とは思います。
 ただ前走はかなり仕掛けのタイミングが上手く噛み合いましたし、この馬も中2週で再度関東圏への輸送、という事にはなるので、レースレベル的にも簡単ではないでしょう。

 目下リーディングを独走する絶好調の角居厩舎ですし怖さはありますが、今のところは印を回すつもりはないですね。

・カリビアンゴールド

 スイートピーS組なら、むしろこちらのほうが面白味はあるかもしれない、とは思っています。
 前走も馬群の真ん中で動き出しが遅れて、ラスト1Fで猛然と伸びてきたように、はっきり距離延長への適正は見せています。
 勿論力量的に足りないのは確かですが、血統的にも力の要る馬場で強いステイゴールド産駒で、昨日のような内目を嫌う馬が出てくる中で、そこで上手くコーナーのロスなくポジションを上げてこられれば、という狙い目は立つかな、と考えます。

 外から出し切る形で足りるとは思っていませんので、枠としては内枠必須かなと思います。
 小島太厩舎も最後の牝馬クラシックですし、その意気込みもあるでしょうから、一概に軽視はしたくない、条件次第では穴目で拾いたい1頭です。

・ディアドラ

 矢車賞を制して異例の中1週での参戦となりました。
 ただ矢車賞は中緩み顕著でほぼラスト3Fのレースであり、そこを楽に勝っているので、2度の輸送、という形よりはむしろマイナスは少ないかもしれません。
 かつ桜花賞でも猛然とインから差し込んできていて、どんな展開でも崩れない安定感はあり、要所の反応がとてもいい馬なので、中団前目からそれを引き出せれば怖さはあります。

 器用さを生かす意味で極端ではないくらいの内枠がいいかな、と思いますし、折り合い面や精神面でのタフさも感じるので距離延長も不安は少なく、ローテーション以外で思いの外減点の少ない馬、と感じますね。

・ホウオウパフューム

 フローラSではいいところなく敗れましたが、距離延長で良さが出る可能性は秘めている1頭です。
 前走ははじめて馬群に潜る形で萎縮したところもありますし、休み明け、内伸び馬場などもあったので、外目から伸び伸びと走れれば巻き返せるやもしれません。

 ただ前走でも、ある程度進路は確保できていつつ坂でジリジリ、その後もジリジリでしたので、レース全体の流れで波の少ない、ミッキークイーンの年のような後半のロンスパ戦になってくれるのが理想でしょう。
 序盤から馬群がやや密集気味になっていて、かつミヤビやリスが早めに動いてロンスパになった場合、その後ろからワンテンポ遅らせる形で徐々にギアを上げて直線に勢いをつけて入ってこられれば、そこからの持続力は非凡と思っています。

 なので、ミヤビやリスのスタミナ・持続力適正を上位に取る展開と踏む場合はそれに合わせて評価を上げたいですし、逆にソウルやモズの器用さが生きる展開と踏むなら軽視する、というスタンスですね。
 当然この馬も外目の枠が欲しいですし、条件が噛み合えば楽しみはあると思います。


**★思い出のオークス**

 月並みですが、ブエナビスタとジェンティルドンナがやはり近年では特別に印象深いですね。
 ブエナは桜花賞までで少しずつ他の馬との差が縮まってきていて、ここでも後方一手は厳しいか、と思われる中での泰然自若、直線でも進路取りを少しミスした上、坂地点が11,1と切れ味と器用さを強く問われる展開の中、最後に持続力にものを言わせて差し切った強さには驚かされました。
 ジェンティルドンナの年は、オークスとしては異例なくらい中盤が緩まずタフな流れになった中での圧巻の突き抜けでした。
 血統的にマイラーなのかと思われていて、乗り替わりもあり3番人気だったのが今では信じられないところですし、あの直線坂上の躍動感は素晴らしく、時計面でも圧倒的で、後々の活躍を約束された一走でしたね。
posted by clover at 04:05| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください