2017年05月18日

2017 ヴィクトリアマイル プレビュー

**★はじめに**

 やはり大きく荒れたNHKマイルCが終わり、同時にGWも終わって、ブルーマンデー感もいつになくどっしり身に沁みる今日この頃とは思いますが、今週も競馬は続きます。
 今週は古馬牝馬の春の頂上決戦、ヴィクトリアマイルとなります。

 正直この時期の府中マイルは、昨日の結果を見てもわかる通りかなりスピード優位な結果になることは多くて、秋のエリ女とは全く違う適性が求められます。
 惜しい馬は何頭かいたものの、結局このレース創設以来、エリ女とこのレースを両方買った牝馬がいないというのもその裏付け・証左になりますし、ここ2年はストレイトガールが連覇したように、スプリント色の強い馬でも適性で噛み合えば台頭できる条件になっています。

 今年も一筋縄では決まらない雰囲気のメンバー構成ですし、しっかり検討していきたいところです。

**★レース傾向分析**

 コースは府中1600m、このあたりは先週も説明したように、コーナーまでの距離が長いワンターンのコースなので、極端に内外の有利不利が少ないフェアなコースです。
 ただし、NHKマイルCと大きく違うのは、この週から府中はBコース使用に変更される点です。

 NHKマイルCのパトロールを見た人ならピンとくるでしょうが、昨日の馬場は急激にインコースが掘れて、土煙が舞う状態でした。
 アエロリットなどもずっと馬体を離していたのはむしろ、馬場の綺麗な所を選んで通る意識故にだったと回顧書いた後遅まきながら気づきましたし、実際馬場の分だけ内を通る馬は別の適性も問われ、結果的により外差し優位になっていた可能性はあるでしょう。

 しかし今週は、その掘れていた部分はすっぽり仮柵の内側に覆われ、それこそアエロリットが通っていた辺りが最内になります。
 となれば内外どちらでも伸びる綺麗な馬場に逆戻りし、結果的にインをタイトに回した方が有利になる場合も、展開次第では有り得る、という事になりますね。

 実際、牝馬同士のレースなので傾向的にはそれなりに緩むレースも多いのかな?と思いきや、グリーンベルトで先行有利が顕著に出ている分騎手の意識も前目に寄っているのか、イメージ以上に流れているレースが多いです。
 過去10年の平均ラップも34,4(11,47)-23,5(11,75)-34,5(11,5)=1,32,4(11,55)と綺麗な平均ペースになっていて、勝ち時計もほぼ1,32,5は切ってきているので、まずこの流れに対応できるスピード、追走力は必須の舞台と言えるでしょう。

 中緩みもゼロではないものの極端ではなく、昨日のNHKマイルCと同様に、一貫ペースで延々スピードを問われ、緩んでからの再加速、というレースに慣れている中距離路線の馬が息を入れられずに本来の末脚を発揮しにくい舞台とも言えます。
 勿論メンバー構成などを踏まえた上で流れない可能性もなくはないですが、逃げ馬がいなくて同様に思われていた去年も結局綺麗な平均ペースになりましたし、顕著にスローだったのはエイジアンウインズが勝った、というよりウオッカが負けた年くらいしかないので、あまり比重を置かずともよいでしょう。

 まとめると、大体前半は46秒そこそこから半ばくらいで収束するので、それについていけるだけのスピード・追走力が求められます。
 その上で後半もラップがガクンと落ちる条件にはならないので、極端な追い込みではまず届かず、勝ちを意識するなら中団あたりまでをしっかりキープできるポジショニング、終盤の持続力も相応に問われる事になります。

 結構傾向が顕著な故か、創設以来一貫してリピーターの活躍が目立つレースでもあります。
 なので、以前にこのレースでの好走実績がある馬は当然軽くは扱えませんし、上がり馬はこのレースの勝ちパターン、好走パターンにどれだけ嵌るかをしっかり見極めた上で、枠の並びなども含めて総合的に判断していく必要があると言えますね。

**★有力馬所感**

・ミッキークイーン

 今年は前哨戦の阪神牝馬Sを制して、改めて堂々の主役としての登場になります。堅実さや底力、去年の好走実績を加味すれば単勝2倍前後の1番人気にはなってくると考えられます。

 ただ、私のスタンスとしてはここで絶対的、とまでは思いません。
 阪神牝馬S回顧でも触れましたが、この馬はマイルなら単調なスピード勝負より、少し時計のかかる舞台の方がいいと考えています。

 勿論去年の1,31,9という素晴らしい持ち時計がある以上、その論拠に説得性が薄いのは承知ですが、敢えて言えば去年は本当に見事に嵌ったレースをしている、というのはあります。
 まずあのペースで削がれなかった追走力面に関しては問題ないですが、流石にこのペースになるとポジショニングはどうしても中団より後ろにはなってしまいますし、その上で去年は直線で馬群がばらけ、先にインから突き抜けたストレイトガールの後ろを通してノーブレーキで進出出来たのは大きいです。
 かつ後半ラップも11,4-11,3-11,6と波が少なく、瞬発力の質や加速力面でもやや乏しい、持続力特化型のこの馬にとっては理想的な分散になっていて、去年は全て出し切った上でストレイトガールには完敗、という見立てになります。

 勿論こと高速府中・時計勝負の1600m戦においては、ストレイトガールは或いはウオッカすら凌駕して歴史上最強の牝馬かもしれない、というくらい強いと思っているので、あの馬に完敗した事が評価を下げる理由にはなりません。少なくともあんな馬が毎年ゴロゴロ出てくるわけもないので。
 ただこの馬基準で見た時でも、スマートレイアー・ルージュバックとは0,2秒差、ウキヨノカゼでも0,4秒差でしかないので、ちょっとした要素でひっくり返る可能性は充分にある着差だとは言えます。

 特に嫌なパターンは、内枠を引いて包まれた挙句、レース全体がややスローバランスにコントロールされ、直線入り口から11,6-11,0-11,5とか、坂でそれなりの加速が問われたときでしょう。
 そうなると加速力と瞬発力の質では超一級の素材ではないこの馬だと、少し置かれてしまってラストは確実に食い込んでくるものの、というパターンは充分にあり得ると考えます。

 少なくとも圏内、という視座ではかなり信頼度は高いですし、自在性のある外枠なら尚更、と思いますが、2~3着はともかく、勝ち切る、という部分では楽観視は出来ない舞台でしょう。
 勿論私もそれなり以上の重い印は打つと思いますが、今のところ対抗に留めて、この馬を逆転できる可能性を高く持った馬を前後に置きたいな、とは考えています。

・クイーンズリング

 前走は思わぬ大敗を喫しましたが、斤量に休み明け、落鉄と不利な要素は重なっていましたし、過去には大敗から撒き返した馬も多くいるので、前走を極端に不安視しなくてもいいとは思います。

 ただし高速府中マイルの適性が高いか、というとやや疑問符はつきます。
 基本的にこの馬の武器は要所の加速力と一瞬の切れ味、そしてそこからのそこそこ高い持続力で、後半の総合力が非常に高い馬、という認識です。去年の府中牝馬S⇒エリザベス女王杯の連勝もその辺が強く問われた部分は大きかったでしょう。

 半面追走力面にはやや甘さがあり、前半を強く問われると後半要素をしっかり引き出せなくなる馬ではあるので、レース全体のペースと位置取りが重要になってくると思います。
 少なくともは去年は中団、この馬自身で半マイル47秒弱くらいの通過で歴然と後半甘くなってミッキーと0,6秒差、この差は流石に覆すのは楽ではないと感じています。

 デムーロJなので出負けのリスクもあり、そこからリカバーして平均の流れに入っていく形だと中々苦しそうです。
 好走するとすれば前半46,5~8くらいの緩めの流れの中で、内枠からきちんとスタートして好位のインを確保し、自身47,5-45,0くらいの走破で、最速地点で10秒台も見える、ミッキーが苦手な加速戦の比重が高まってきた時かな、と思うので、展開面で噛み合いそうなら浮上させてもいい馬にはなると思います。
 ただ、今年も明確な逃げ馬がいなくて難しいのはあれ、傾向的には流れる可能性の方が高いレースですので、ある程度人気はするでしょうし、そこからの期待値的な面では少し下げて考えてもいい馬ではないか、と思っています。

 上でも触れたようにエリ女の勝ち馬があまりリンクしない舞台でもありますし、枠の並び次第でもありますが、今のところは印を打っても連下まで、と考えています。

・レッツゴードンキ

 5歳のここにきてキンカメ産駒らしい本格化を見せている桜花賞馬レッツゴードンキですが、ここは一気の距離延長に伴う折り合い面と、高速馬場への適正面が鍵になります。

 スピード勝負の色合いが強いレースで、近年の府中マイルは高松宮記念と以前よりリンクするイメージですので、ローテーション自体は問題ないと思います。
 ただ去年は不調期だったとはいえ、外目から前に壁を置けずにかかり気味、直線もいい脚は一瞬で最後は雪崩れ込むだけと、あまりいいところは見せられませんでした。
 同じく高速馬場だった阪急杯なども、一貫ペースの中で強気に追走するも最後甘くなる形で、本質的にスピード決着自体はベストではない、と考えられます。

 ここ3走の好走は、位置取りによりゆったりスローバランスで入れていたり、馬場が渋って相対的に追走が楽だった部分は見逃せないでしょう。
 桜花賞は露骨すぎるにしても、基本的な好走パターンはスローバランスで入って後半要素を生かすもので、加速力に瞬発力、持続力も噛み合えば中々のものがあるので警戒は必要ですが、淡々と流れる想定で入るなら序列を下げてもいいのではないか、と思っています。
 クイーンズリング同様に、多少緩んで後半勝負の色合いが強まり、かついいポジションを取れる枠を引いた、などの限定的な条件が揃えば強く狙う可能性も残っていますが、今のところはこちらも連下候補ですね。

・スマートレイアー

 7歳にして意気軒昂、去年から逃げ先行戦法に開眼して安定度を増してきたこの馬も、京都記念からという異色のローテで、4年連続のこのレース挑戦、悲願のGⅠ制覇を虎視眈々と狙っています。

 この馬も本質的には持続力面が強く出ているタイプで、スッと切れる脚や加速力はそこまでないので、淡々と一定ペースで進んだ去年の流れがマッチしたのは確かだと思います。
 2番手からの競馬で極端に削がれる事もなかったように追走力面でも優秀で、ポジションさえ取れてしまえば加速面での弱みはあまり出てこないので、立ち回り次第でミッキーを逆転できる可能性を秘めた1頭にはなってくると考えられます。

 去年はレッドリヴェールの暴走でやや立ち回りに難しさがありましたが、今年は先行勢がソルヴェイグにジュールポレールくらいしかいない組み合わせです。
 ソルヴェイグは本気を出せば相当速いと思いますが、出来れば番手がいい、という馬でしょうし、枠の並びにもよるものの、もう少し楽に先手を取り、流れを支配出来る可能性は強まっています。
 前目で46,5くらいにコントロールし、後半を45,5くらい、コーナーから早めに動いて持続力を十全に生かし、11,8-11,3-11,0-11,4くらいの流れで入ってこられれば相当に面白いと思いますね。

 勿論ローテーション的に間隔が空いてどうなのかもありますし、並び次第の面もありますが、キタサンとのコンビで再認識させられたように、先行してレースを支配出来た時の武Jの勝負強さは一級品ですので、ここもそういう強気のレースメイクを期待したくなります。

・ルージュバック

 どうしてもGⅠでは勝ち切れない才女ルージュバックも、2年連続の出走でGⅠ制覇を狙います。
 去年は思ったより走ったな、というのが率直な印象で、この流れの中でも削がれずに持ち前の切れ味は使えていましたし、追走力と高速馬場適性はかなり高いのだろうと思います。

 前走は完全にどんづまりでしたから度外視でいいですし、去年だけ走れば今年のメンバーなら圏内の可能性は充分出てくるでしょう。
 ただやはり55kgだと少しラストが甘くなる馬で、立ち回りとしてもミッキーに対してポジショニングで絶対的な優位を作れるほどに前に行けるわけではないので、淡々と流れた時に同じ位置からだとミッキーを逆転は難しいかなと考えます。

 逆にややスローで団子になった時、瞬発力の質ではメンバーでも屈指のものがありますので、最速地点で外目から前を向けていればかなり面白いのではないでしょうか。
 やや外目の枠にやや緩めのペース、と、勝ち切るまでの条件は甘くはないと思いますが、それでもミッキーを出し抜ける絵図を描ける1頭の内には入ってくると思います。

・ウキヨノカゼ

 この馬も去年は上がり最速タイでミッキーとは0,4秒差と、悪くない競馬は出来ています。
 前走はこのレースに直結しない福島牝馬Sを勝ってきましたが、私の認識としては、あれは適性的にマッチはしていないレースだけど、底力の違いで勝ち切った、という見立てで、条件的には高速馬場で、或いはルージュをも凌駕する極上の切れ味を生かせるのはいい条件です。

 追走力面では元々スプリントでもやれていたように不安はなく、ただ問題はポジショニングの悪さに尽きます。
 去年も結局最後方からレースが終わった後に突っ込んでくる形でしたし、そこが改善されないと勝ち負けまでは流石に厳しいでしょう。
 ただ近走は去年の今頃より常識的な位置取りが出来るようになっていますし、もし多少なり中緩みがあれば、それに乗じて押し上げていく選択も取れるので、圏内に突っ込んでくる可能性はそこそこあるのではないか、と思いますし、全てが噛み合えば頭までも意識は出来る馬です。

 とにかく最速地点で爆発的に切れる馬ですし、それを生かすための段階的なギアアップをいかにうまくこなしてくるか、昨日悔しい思いをした吉田隼Jですし、ここでもう一発、乾坤一擲の騎乗を期待したいところです。

・アドマイヤリード

 去年の秋から馬体を増やして本格化、キレキレの末脚を武器に再びGⅠの舞台に舞い戻ってきたアドマイヤリードですが、今回は条件的には中々苦戦を強いられる可能性が高いとは思います。
 基本的に追走面ではかなり幅の狭い馬で、このレースが常識的に流れた時は最後方でもそれなりに厳しくなるので、その時計勝負に成長度合いで対応できるかは未知数と言っていいでしょう。

 しっかり溜めれば爆発的な脚を使えるのは、それこそ桜花賞の頃から顕著ではありますが、流石にレース全体がスピード色で貫かれてしまうと前に詰める余地も少ないでしょうし、後半要素もウキヨノカゼやルージュバックの切れに比肩できるか、というとそこまでにはない、と思っています。
 前走も外枠からインに潜り込んで最内スルスルという、完璧に嵌った競馬ではありますし、Bコース替わり直後の府中であれを再現するのは至難だと思うので、ここはルメールJであれど難しい、切ってしまいたい馬にはなりますね。

・ジュールポレール

 この馬は、しっかり脚を溜めた時の爆発力、切れ味は相当なものを持っています。
 現状マイル戦でもスローばかりの経験しかないので、高速馬場で平均的に追走力を問われてどうかは未知数ですが、高速馬場巧者を多く輩出するディープの仔ですし、ある程度は対応してくるでしょう。
 前走も馬場の悪さに脚を取られて最後甘くなったとはいえ、良馬場なら持続力も違ってくるのと、今回は組み合わせ的に楽に2列目あたりは取れそうなので、勝ちパターンの条件にはそこそこ噛み合ってくる馬になると思います。

 追走面の底上げ、というのは、見方を変えると底力にも直結してくるので、果たしてここで通用するだけの素材を秘めているのか、試金石ではありますが穴目としてかなり楽しみはある一頭だと思っています。
 前走回顧時に、ここに出られれば面白いけど賞金的に厳しいか、なんて書きましたが、フルゲート割れが確定している登録なので出走は確実、そのあたりの運も含めて印は必ず回したい馬になります。

・アスカビレン

 前走マイルの六甲Sを勝ち切って勢いをつけてここに参戦ですが、この馬もそこそこ面白さはあると思います。
 戦績的にこの馬は隠れた高速巧者ではないかと踏んでいて、秋華賞でもある程度の位置から一定戦えているので、追走面でも最低限の担保はあるかなと思っています。
 ポジショニングはそこまで良くないので、マイルで流れた時に後ろになり過ぎると厳しいでしょうが、内枠から中団まで押し上げるような形が取れれば後半の切れ味と持続力は通用すると思うので、展開や枠次第ではチャンスは出てくる一頭と考えます。

・アットザシーサイド

 仮にも桜花賞3着ではあり、同世代の上位がこぞって引退してしまったところで、ここで世代の力を証明したいところです。
 仮にここにメジャーエンブレムがいたらなぁ、と思うところはありますし、この馬自身高速馬場で良さが出ている面もあるので、ここはそこそこ楽しみはあります。
 近走は馬場や展開に噛み合ってないですし、追走力自体はそこそこあるので、ポジションを強気に取っていければノーチャンスではないだろうと感じています。ただ持続力で多少甘さはあるので、どういう展開でも勝ち切るまでは難しい、圏内ギリギリ食い込みなら、くらいの見立てですね。

・ソルヴェイグ

 洋芝で結果を出している馬ではあるので、超高速馬場がどうか、というのは読みにくいですが、少なくとも良馬場でこそ、の馬なのは確かです。
 そしてスプリント戦でも前傾ラップの方が成績がいい様に、とにかく前半の総合力が高い馬です。
 桜花賞が負け過ぎなので距離適性は難しいですが、少なくとも阪神1400mをハイペースで押し切れるなら、高速馬場の府中マイルを前々で惰性に乗って押し切るのは不可能ではないと見ています。

 逃げて味がある馬か、も、シルクロードSの結果がああだったので何とも言えないですが、後続を離してハイペースでの単騎逃げになれば怖さは出てきます。
 逆にスマートレイアーあたりに合わせて平均からややスローの番手、とかだと、はっきり後半要素で見劣ると思うので、ここで勝負に持ち込むならば、45,5-46,5くらいのハイペースを自ら演出していく胆力が問われると思います。

 勝負に食い込める条件としては限定的ですし、そうしてなお粘れるかも未知数ですが、2年前のミナレットの再現が出来るとしたらこの馬だけだろう、とは思っています。 

・オートクレール

 未だ条件馬の身ですが、ここ数走は超高速馬場でいい走りを見せています。
 前走も皐月賞の後の最終レースで、レース全体の意識が前掛かりになる中で、前々からしっかり一脚を使ってギリギリまで粘り込み1,32,5と好時計を引き出しており、追走力面での不安は少なく、ポジショニングでも中団より前は意識できるので、穴の要素は揃えています。

 ジュールポレール戦で遠征競馬とはいえ全く良さが出ていないので、後半勝負では難しいですし、ある程度前が飛ばしてくれて馬群がばらけ気味になる中、上手く前目内目で淡々と立ち回れれば面白いですね。
 一応ドスローとはいえグレーターロンドン戦でもある程度対応は出来ていますし、伏兵らしく積極的な競馬で活路を見出してこられる馬ではないでしょうか。

**★思い出のヴィクトリアマイル**

 これも歴史の浅いGⅠではありますし、ある意味で似通ったレースが続く傾向にはあるので、あまり鮮烈さは薄いのですが、それでも直近という要素を差し引いてもストレイトガールのパフォーマンスはインパクト充分でした。

 去年も恐ろしく強かったですが、個人的には一昨年の方がより強く印象に残っています。
 ミナレット、ケイアイエレガントが飛ばしていってそのまま粘り込むというスピード色強い競馬で、有力どころが後ろからの早仕掛けで末を甘くしていく中、この馬だけただ1頭坂上から猛然と伸びてしっかり前を捉え切ったのには驚愕しました。
 ラップ的にもラスト12,2でこの馬自身5馬身は楽にあったのを詰めていて、ラスト4Fをほぼずーっと11,0~2くらいの推移で走破し切っており、この持続力面は異質なレベルだと震駭したものです。

 それだけに去年も、休み明け惨敗であろうと強めに狙っていけましたし、実際にさらにパフォーマンスを上げたのでは、というくらいの凄まじい競馬で圧倒、上でも触れたように少なくとも府中マイルという舞台ではウオッカと双璧、牝馬では歴代最強の強さを見せたと思います。
 ああいう特異な馬は早々出てこないでしょうが、今年もミッキークイーンという格好の物差しがいるので、この馬が出し切ったところを凌駕出来るスピードを持った馬が台頭してくれば面白いな、と思って見ていきたいですね。
posted by clover at 04:05| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください