2017年03月23日

2017 名古屋大賞典 レース回顧

 名古屋大賞典は、58kgにも拘らず強気にインから先手を取り切ったケイティブレイブが、ハイペースを演出して後続の脚を削ぎ、そのまま押し切る強い競馬を見せました。
 
 隊列としては、一歩目でドリームがやや高脚気味になり、正面からの構図なのでわかりにくいですが少し立ち遅れたのかな、という印象でした。
 ケイティブレイブも一歩目は滑り気味で、それでもこの二頭とあとカツゲキがかなりテンが速く、内の馬より前に出切ってのポジション争い、外からドリームが懸命に押していくも、ケイティブレイブも譲らず枠順差を利して先頭を奪い取ります。
 番手外にドリーム、二列目ポケットにカツゲキと並んで、その後ろに出足つかずのオールブラッシュ、それを見る形でモルトとピオネロはやや後ろから虎視眈々と進出の機会を伺う展開になります。

 レースラップは細かく出ないのでざっくりですが、勝ち時計が2,02,5(平均12,90)で、後半4Fからが53,3-40,5と計時されています。
 なので、ラスト3Fの平均は13,5とかなり消耗しており、淀みの少ないハイペース、と考えていいかなと思いますね。

 勝ったケイティブレイブは、この枠だと先手を取れずに馬群に包まれてしまうかな、と思い、あとローテーション的にも個人的に好感を持っていないので思い切って軽視した形になりますが、スタートの上手な福永Jという部分をもう少し高く見積もるべきでしたか、と。
 ドリームもオールも出足が鈍った、という展開利もあったとは思いますが、コーナー入り口ではドリームキラリに少し前に出られていたのを譲らずに敢然と逃げに持ち込んだのは結果的にファインプレーでしたし、そこからタフな流れに持ち込めば流石の粘り腰だったなと思います。
 小回りやコーナー適正がやはり素晴らしく高いですし、ただタフな流れからもう一足、というタイプでもないので、川崎記念みたいに外々から押し上げる形ではなく、あくまでも一番内を前目で立ち回ってこそ、と改めて認識しました。

 それにしても本当にタフな馬ですね。今日もプラス体重で頭が下がります。実際去年のこの時期から月一ペースでずっと上級クラスのレースに使い続けてきて、今日はこの斤量でこれですから脱帽でした。

 2着ピオネロは、結果的に中央勢では道中一番後ろでしたが、そこからじわじわとポジションを上げていって、前半無理しない形で後半の持久力面での良さを引き出せたのかなと思います。
 ただ今日は斤量差がありましたし、自分でレースを作ったケイティを脅かすところまでは行かずの完敗ですので、まだ重賞で安定して上位に入ってくるにはワンパンチ足りないかな、とは感じますね。

 そして3着のカツゲキキトキトがべらぼうに勿体ない競馬になってしまっていましたねー。
 スタート抜群で、ドリームとケイティの逃げ争いを見る形で3番手のインと絶好のポジションを確保したのはいいのですが、逃げなきゃ一銭もないタイプのドリームが向こう正面から3コーナー入りくらいで早々と戦意喪失してズルズルと下がってきてしまい、そこにモルトとピオネロの押し上げのタイミングが重なって、しばらく手綱を引いてドリームの失速に付き合う形で置かれてしまったのは決定的な致命傷でした。
 
 しかしそこから外を回して追撃を開始し、ラスト200mでは一番いい脚を使って追い込んできて、ピオネロをかなり際どく脅かして見せる3着となりました。
 このレースでは、1400mでも楽々ついていける高い追走力を生かして最後まで余力を残していましたし、正直前が詰まらず捌けていれば勝ちまであったと思います。本当に力をつけていますし、まだ4歳、佐賀記念でも書きましたが今後が本当に楽しみになってくる1頭ですね。

 4着モルトベーネは、出足も一息で、押し上げていくときも迫力なくピオネロにあっさり見劣る形で、やっぱりこういうタフな馬場と前傾ラップのレース向きではないな、というのが顕著に出てしまいましたね。
 適鞍に戻れば今の充実ぶりは侮れないと思いますし、特に軽い馬場で前半ゆったり入ってきそうな条件なら中央重賞でもワンチャンスある馬になってきたと思います。

 5着オールブラッシュは、斤量に尽きるのかな、という負け方ですね。
 川崎記念では楽々ケイティのハナを外から叩けていたのに、今日はドリームもいて最初から出していく気があまりなさそうだったとはいえ出足は悪く、道中の反応も鈍いままでした。
 川崎の様にコーナーがよりタイトで、中途で加減速の幅が大きく息が入るコースの方が、ってことかもしれませんし、まだこの馬に関してはベストの適性は掴み切れないのですが、もう少し軽いコースでゆったり入れるなら、と考えておきたいです。

 6着ドリームキラリは、基本的にこういう前傾のタフなレース自体は合うとは思ったのですが、どうしても逃げられなければ二束三文、となってしまうのは宿命的な所ですね。
 この斤量差なら、と安易に信じたのは、枠の差まで考えれば雑だったなと思いますし、怖さはあっても単穴くらいまでにしておくべきでした。まあ単穴はカツゲキ、と最初に決め切ってしまっていた分予想が歪んだなー、と反省ですし、ここは競馬を出来ていないので度外視、改めて自分の形に持ち込んで重賞戦線でどこまで出来るか、ですね。
posted by clover at 04:32| Comment(0) | レース回顧・地方競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください