2017年03月23日

2017 ドバイミーティング レース回顧

 さて、遅まきながらですが、土曜日の夜から深夜にかけて、今年も日本馬の活躍やスターホースの走りなどで盛り上がったドバイミーティングの結果と所感を、簡潔にですが回顧していきたいと思います。

**★ドバイワールドカップ**

 日本からは4頭が参戦したこのレース、戦前はもうアロゲート一色でしたが、いざスタートしてみると、その様相は一気に覆されます。
 なんと圧倒的な人気のアロゲートが、スタート直後に横の馬に半分故意的じゃないか?と思うくらいに激しくぶつけられて出足がつかず、最後方からの競馬になったからです。

 後々触れていきますが、雨が降った当日のメイダンのダートは、例年以上に明確な前残り馬場でした。
 実際にこのレースでも、道中2~5番手にいた馬がそのまま2~5着を占めているように、考えようによっては最初のポジショニングがそのまま結果に反映する淡泊な条件であった、とすら言えます。
 そして、対抗馬と目されていたガンランナーは、アロゲートが出遅れたことをこれ幸いと、比較的ダッシュが効いたロングリヴァーを前で遊ばせて向こう正面でペースを緩め、そして3コーナーから一気に引き上げて、コーナーで外を押し上げざるを得ないアロゲートを消耗させる完璧な作戦を遂行します。

 レースラップは公式のトラックチャートを参照していますが、極限の前傾ラップになりやすいアメリカンな競馬スタイルからすると、24,8-48,2-72,9という前半の推移はかなり緩く、推定で前後半60,6-61,6くらいの、ややハイペースくらいに収まっていると思います。
 要するに完璧なガンランナーの勝ちパターンの競馬だったのですが、しかしアロゲートという馬は、文字通り規格外中の規格外でした。
 出遅れて最後方、最初の400mで2秒近いビハインドを追いながら、向こう正面で外から取り付き、前が引き上げてきた3~4コーナーでも大外を楽々に押し上げて直線入り口ではもう二番手、その勢いのままにあっさりガンランナーを交わし、最後は押さえる余裕まで見せる凄まじいパフォーマンスでした。

 着差や時計こそ目立ったものではないですが、それ以上に破天荒すぎる競馬ぶりで世界に衝撃を走らせたアロゲートはまさしくスーパースターですし、そしてデビュー8戦にして、もう勝つべきレースを全て制覇してしまったという、世界最高獲得賞金馬という称号も含めて恐ろしい戦績となりました。
 今年の最大目標はBCクラシック連覇のようで、最大でも来年のペガサスワールドカップで引退、となるでしょうが、それまであと何戦かでもこの馬の走りが見られるのは幸せな事ですし、今回もこのレースをライブでしっかり見られたのは本当に僥倖だったと思います。

 ガンランナーは何度も書きますけど本当に完璧なレースをしたと思います。文字通り相手が悪かった、としか言えません。
 今回は他の有力馬が概ね外枠に振られたという恩恵もあったにせよ強かったですし、シャーマンゴーストと並んで現時点の北米古馬NO,2かな、という印象ですね。
 3~4着馬はアロゲートの出遅れのおかげもあって上手く前目のポジションを取れたのがこの結果につながりましたし、そして日本勢最先着のアウォーディーも力は出し切れたと思います。
 スタートから前目につけて流れに乗れていたし、勝負所での押し上げは足りなかったですが最後までバテきらずにジリジリ伸びてはいて、この相手関係で掲示板は充分立派な結果だったと思いますね。

 アポロとゴールドはまあ戦前から厳しいと見ていた通りですし、ラニは本当に直線しか真面目に走りませんね。。。直線だけならアロゲートの次くらいにいい脚を使っているのですが、2000mで距離が足りないのではダート路線で使えるところないじゃん、という話でもあります。

**★ドバイシーマクラシック**

 こちらは素質馬ジャックホブスが、渋った馬場を味方に楽々突き抜ける強い競馬でした。
 ハイランドリールが逃げてのペースは78-74くらいなのでまあ超スローに分類はされますが、それでも勝ち馬のラスト2Fで24,3くらいなので、あまり切れ味は発揮しにくい馬場ではあったのかな、とは思います。
 セブンズヘヴンもこういう馬場になればより浮上するでしょうし、逆にポストはやはり渋ると破壊力が削がれ、ハイランドリールも硬い馬場の方が合うのと、やはり休み明けで中身が伴っていなかったかな、という残念な負け方、文字通り僚馬のペースメーカーになってしまいましたね。

 ともあれジャックがここで復活の狼煙を上げてくれたのは、今年の欧州2400m路線を面白くしてくれると思いますね。
 サウンズは展開もそうですし、ここまで重い渋った馬場だと仕方ない面もあるでしょう。改めて国内で、適条件での食い込みを警戒したいところです。

**★ドバイターフ**

 今年唯一の日本馬の勝利に沸いたドバイターフ。
 展開的には思った以上にインの馬が前を狙ってきて、というより外の馬が出していけなかったとラップ的には見做すべきかもですけど、ベリーが逃げてすぐ後ろにリブチェスター、その後ろにエシェムとザラクが構えるという隊列で、ヴィブロスは後方インでじっくり足を溜めます。

 ラップ的には26,3-50,3-74,9-98,5-110,2という推移なので、推定で1000m62,6とかなりのスローペースで、上がり3Fが35秒そこそこの直線勝負にはなっています。
 前々からリブチェスターが抜け出すところを、外からエシェムが強襲、しかし直線入り口ではインを突いて差を詰めていたヴィブロスが、最後は外に出して一気に差し切るという素晴らしいパフォーマンスを披露してみせました。
 この馬のラスト3Fは34,0、ラストが11,3なので推定11,6-11,1-11,3くらいに見えますし、この馬場でも本質的な持続力の高さを存分に引き出せてこれたというのは中々にすごいですね。持続力型のディープの仔の庭、的な舞台にも思えますし、来年はサトノアレスとかアーサーとか出るといいんじゃない?って感じます。

 正直相手関係的には断じて去年よりレベルは高いですし、このラストのラップも当日の芝レースを通じてほとんどの馬が引き出せる切れ味ではなかったわけで、無論道中しっかり余力を残しつつ、直線では一切ブレーキを踏まずに馬群をすり抜けてきたマジックマンの手腕あって、とは思いますが、それでも本当に勝ち切ってくれるとは、と嬉しかったですねぇ。
 エシェムはやはり力をつけていて、こういう馬場も適していたと思いますし、リブチェスターはやっぱり強いけど結果的には休み明けの分かな、と思えますね。このレースは一叩きしてきた馬を狙うのが基本、ではありますが、それでもザラクとリブチェスターの力関係を見誤らなかったのは良かった点だと思います。

 ザラクは日本で言えばエアグルーヴとかウオッカの仔、みたいな人気先行型ですし、ましてザルカヴァの仔ではじめてまともに走った馬でもあるので、常に過大評価されるのは致し方ないところです。私もザルカヴァ大好きでしたし、気持ちはわかりますので。。。
 ただまぁ、やっぱり色々と条件が整わないと最上位には、ってのは露呈してしまっていますし、今年も善戦マンで終わりそうな感じはしますけれどもね。

**★UAEダービー**

 正直観戦していて一番力が入ったし、悔しかったのはこのレースですね。今これを書きながら振り返っても無念が募ります。
 レースはエピカリスが果敢に逃げの手を打ち、そして大外からアディラートが番手につけて、注文通りにサンダ―スノーを一列後ろに下げる形を作ることに成功しました。
 このあたりは当日の馬場を読み切っていた武JルメールJのファインプレーであり、かつチームジャパン的な暗黙の了解も含めてゾクッとさせられる立ち回りでしたね。

 ラップ的には24,8-48,2-73,8-98,7-117,8という推移で、1000m通過が大体61秒ジャストくらいと、やや前傾ながらほぼ平均ペースで刻んでいきます。
 これはやはり番手でアディラートが動かずに前のアシストをしていたのもあっての流れかなと思いますし、その分だけラスト300mも19,0とそこまで消耗し切っている感じではなく、そして直線入り口ではもうアディラートは下がってしまって、サンダースノーとエピカリスの一騎打ちになります。

 じわじわ詰めるサンダースノーですがエピカリスも素晴らしい粘りで中々抜かせず、そしてゴール前50mくらいでサンダースノーが外に寄れたように見えた時には一瞬勝った!と思ったのですが、これは結果的にスミヨンJの高等戦術、敢えて馬体を離して一気に抜き去る戦略の一環だったようで、本当に最後の一完歩でギリギリ差し切られるという悔しい悔しい結果でした。
 贅沢を言えばもう少しアディラートが粘って、サンダースノーに4コーナーで外を回させられていれば、なんて思いもしますが、あの馬はまあ適性的にもマイルまでだろうな、とは思っていたので仕方ないですかね。

 逆にエピカリスは距離が伸びても戦える目途がつきましたし、今年からボーナスもあるわけで、是非ベルモントSを最大目標に進めて欲しいなと個人的には思います。
 アディラートは改めてユニコーンSあたりから堅実に積み重ねて、来年のフェブラリーステークスに出てきて欲しい素材ですね。

**★ゴドルフィンマイル・ドバイゴールデンシャヒーン**

 前半45秒台の激流になったとはいえ、それでも基本的には先団から中団にはいないと勝負には加われない馬場でしたので、後方大外から追いこんで5着、というカフジテイクの結果はむしろ健闘した、と思っていいと感じますね。適性的にはほぼノーチャンスと思えた舞台ですし、こういう追い込み馬はピークが短いのでなんともですが、1400~1600m路線で国内を盛り上げて欲しいところです。

 ディオスコリダーは中々厳しい競馬になりましたが、これを糧として潰れずに成長していって欲しいなと思います。 
posted by clover at 04:32| Comment(0) | レース回顧・海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください