2017年03月18日

2017 毎日杯・日経賞 レース回顧

**★毎日杯**

 このレースを語る前に、今日飛び込んできた最大のニュースは、ファンディーナの皐月賞挑戦表明でしょう。
 混沌とした牡馬クラシック路線を一刀両断すべくの、追加登録料を払っての挑戦は本気度は高く感じます。
 短期間に輸送回数が増える部分に一抹の不安はあれ、私としてはこれはレース当初から期待していた展開なので嬉しく思いますし、一層に皐月賞が楽しみになりました。

 ともあれ、そんな皐月賞に向けての最終切符をかけた毎日杯は、アルアインが早め抜け出しから一杯に粘り切って、僚馬サトノアーサーの猛追を振り切り重賞制覇を成し遂げました。詳しく見ていきましょう。

 馬場自体はやはりまだ高速傾向は強く、相変わらずスローのレースが多いですが500万下のキロハナが1,47,7で上がり33,2、まず切れ味がしっかり生きる馬場ではあったと思います。
 展開はテイエムヒッタマゲが注文通り出していき、そのすぐ後ろにクリアザトラック、そして一歩目はやや立ち遅れたアルアインがすぐさまリカバーとして、その内から番手を取っていきます。

 このあたり、昨日は展開読みは楽だねー、とか胡坐をかいていた大馬鹿がいましたが、なんとも難しいものです。
 とはいえ、結果から見てもトラストやガンサリュートは、スローの流れに乗るだけならまだしも位置取りがああなるってのは、正直ちょっと消極的に過ぎる騎乗には思えてしまいますね。
 ともあれ、四番手にプラチナムバレット、その後ろにトラストとガンサリュートがじっくり構えて、キセキとサトノアーサーはもっと後ろから末脚に懸ける競馬を選択しました。

 ラップ推移は35,2(11,73)-36,9(12,3)-34,4(11,43)=1,46,5(11,83)となっています。
 前半はヒッタマゲが離していましたし、実質的にはかなりスロー気味で、番手にいたクリアとアルアインで1000m通過が1,00,5くらいに見えました。
 ただ中間5F目のの12,7のところで、緩みに付き合わずフラットにクリアが押し上げていって、アルアインもそれに付き合う形にはなっているので、二番手以降はスローロンスパに近い流れで、そこから後半もう一段上げて、ある程度の瞬発力の質と高い持続力を問われた、というイメージでいいと思いますね。

 勝ったアルアインは、未知数の部分が予想以上に大きかったな、という感じです。抜群、とはいいませんが、このスロー気味の流れの中で、自身の後半5Fを57,5くらいでまとめてきていると思いますし、コーナー地点が11,1と最速なので、かなり高い持続力を問われましたが、切れでも負けることなく、かつ最後までしぶとく粘り通してきましたね。
 マイルを使ってきた分のポジショニングの良さもありますし、この馬としては追走力の面ではこのペースなら余裕、きっちり自分の脚を引き出しきれる展開でしたから、この結果はストレートに実力と見立てていいと感じます。
 競馬の質的に皐月賞の舞台には結構合いそうなレースをしてきましたし、出てくれば充分勝負に加わってこられる1頭になると思います。

 2着のサトノアーサーは、まあ今のところはこれしかないよね、という後ろからズドン、の競馬で、それでも勝ち切れるかと思ったのですが、私の予想以上にアルアインが強かった、と見ていいとは思います。
 この馬自身も61,5くらいの通過で、後半45,0くらいで駆けているので一応追走面で上積み、その上で削がれない持続力と一定の切れ味は見せてきたとは思います。
 ただ質に関しては、よりスローだったシクラメン賞よりは落としていると思いますし、自身の後半4Fは11,7-11,0-10,8-11,5くらいに見えましたので、持続力でも化け物クラスではやはりない、という見立てにはなりますね。

 まだ走りのフォーム自体も少しバラつきがあるように思えますし、ダービー向きの競馬はしていると思いますので、皐月はパスしてじっくり成長を期待するべきかな、とは思います。皐月だと流石にもっとペースが上がって、それでリズムを崩す方が今のこの馬には危うい要素だと感じますしね。 

 3着キセキは、確かに阪神適正はあると思っていましたけれど、上手くインを捌いたとはいえこの相手でここまで肉薄できるのはちょっと驚きはありました。
 前半無理せず入って一瞬の切れ味と持続力を押し上げてきましたし、この馬もダービー路線で少し面白さは出てきましたが、でもサトノアーサーには通ったコース踏まえても完敗ですし、もう一段上げてこないと厳しいですね。実質まだ500万下の馬でもありますし、次の選択が難しいところです。

 4着プラチナムバレットは、まあ確かにクリアより上には来たけれど、純粋に能力の差を甘く見過ぎていたかな、という感じでしたね。
 直線向いて一瞬反応はありましたけど、明らかに持続力では見劣ってしまいましたし、また自己条件からしっかり積み上げていって欲しいところです。

 トラストガンサリュートはまぁ、あの位置じゃそりゃそうだよ、という競馬に尽きると思います。
 トラストなんかは特に、追走力を淡々と問われる競馬で面白いと思っていて、皐月賞は合いそうなんですけどね。あまり消極的だと持ち味が生きませんし、流石に勿体ない競馬だったと思います…………というよりは、使うレース選び自体があんまり良くない気はしました。
 2頭ともに自分の形に入ってくれば地力は確かなので、しっかりどこかで巻き返して欲しいものです。

**★日経賞**

 例年になく頭数が揃い、新旧勢力入り交えての一戦は、上がり馬シャケトラが大外から強烈な持久力を見せつけて、見事大海へ泳ぎ出すこととなりました。レースを振り返ってみましょう。

 馬場はまだ特に変わりなく標準的で、それなりにパワーを要する、というのには変わりなかったと思います。
 展開は、まずジュンヴァルカンが大きく出遅れ、ヤマカツもあまりダッシュが良くなかったですが、外から好スタートを決めたアドマイヤデウスとミライヘノツバサがヤマカツを待つ形で隊列が形成されていきます。
 綺麗なスタートのゴールドアクターはそのすぐ後ろの内寄りと絶好のポジションを確保、ツクバアズマオーも積極的に入っていき、中団にナスノセイカンとレインボーライン、シャケトラ、ディーマジェスティは後方からゆったりと前を伺いつつのレースになります。

 ラップは3,5-3-3-3で取って、42,9(12,23)-37,6(12,53)-36,1(12,03)-36,2(12,07)=2,32,8(12,22)という推移になりました。
 中山2500mは、一周目のゴール板過ぎの1~2コーナーで緩むのが基本ですが、このレースに関してはここで極端に緩んでいません。
 というよりも、一旦12,9と息を入れたところからすぐに加速がはじまって、そこから12,5-12,2-12,0-11,9-11,8-11,8と、大きな波はないとはいえ、実質7F戦くらいの超ロンスパ戦になっていて、ラストは12,6とはっきり消耗しているように、極端なほどに持久力特化戦になっていると感じますね。
 ほぼレースの流れの中で加速や切れ味は問われていませんし、馬場も含めてかなり適性が問われたレースだと思います。

 そして勝ったシャケトラは、距離延長でより持久力が問われる競馬でここまで強いのか、と唖然とさせられましたね。
 基本的には前目でインを通した馬が上位に来ているレースですし、この息の入らない流れを外から長々と押し上げて、ラスト1Fまで一番いい脚を持続させてくるというのは、それこそゴールドシップ的な破天荒さ、えげつないスタミナ性能を持っていると見做していいでしょう。

 こうなってくると、ここまでのレースで足りなかったのは距離、という見立ても出来てきますし、今後は長距離路線に絞っていってもいいのではないか、と思います。
 春天だといきなり更に3kg増で、自分からレースを動かさない限り完全な持久力戦にはならないレースなので難しさもありますが、こういう馬で距離ロスは気にせず、しっかりノンブレーキで押し上げる競馬が出来る田辺J、というのは怖さを増してくるな、とは感じますね。

 2着のミライヘノツバサもこれもまた強い競馬でした。
 枠的にやや外々になるかな、と敬遠したのですが、中目の馬がこぞって出遅れたりで楽に番手を取れましたし、ヤマカツもそれなりに飛ばす意識がある中で、それをしっかりつついてスタミナが生きる展開に持ち込んだのは好騎乗だったと思います。
 ここまでくると中山適正の高さもありますし、他のコースでどうか、っていうのはまた悩ましいですけれど、こういう正攻法の競馬を続けて力をつけて、暮れの有馬記念に出てきて欲しいですね。

 3着アドマイヤデウスも、やっぱりGⅡまでなら走るんだなぁ、と。
 スタートも絶好でインに潜り込んだのは素晴らしい判断でしたし、その分アクターが先に仕掛けるところで待つことにはなりましたが、直線はしっかり間をこじ開けていい伸びでしたし、このレースの覇者の面目は保つ走りだったと思います。
 

 4着レインボーラインは、うーん悪くはない、んですけど、今日に限ってどうして向こう正面でインに潜り込んだのか、とは思います。
 勿論距離ロスの面では正着なのですが、この馬も外から出し切ってこそではあり、実際デウスの後ろ、四列目あたりだと入り口でかなり待たされる格好になってしまっています。
 その分だけ外から押し上げ勢いをつけた組に反応で見劣りましたし、ラストの減速地点ではしっかり伸びてるだけに勿体ない立ち回りになってしまったような印象は否めないですね。外目を押し上げて、シャケトラの一枚内でガチンコの持久力勝負に持ち込んでどうなったか、が見てみたかったです。

 5着ゴールドアクターは、まあ自分のスタイルでの競馬は出来ています。
 ただ元々ロンスパ戦よりは切れを伴う持続力戦の方が安定して強い馬ですし、有馬でも5Fロンスパには対応してきましたが、ここでほとんど息も入らずの7Fロンスパでは流石に適正外だった、と見ていいのではないでしょうか。
 これはこういう展開に持ち込んだミライヘノツバサを誉めるべきですし、負けるならこういうパターンと思っていつつも、そこまで強気のレースは組み立ててこないだろうと甘く考えた故のミスですね。反省材料ではありますが、でも中々ここまで完璧にスタミナ戦に出来るとは考えにくいですし、それは毎日杯を見ても、なので、仕方ない負け、とは見たいです。

 ただ年齢的にもゆっくり下降線にはなると思いますし、力関係の見極めは慎重にしていきたい馬ですね。

 6着ディーマジェスティは、クラシックホースとしては物足りない結果ではありますが、今日に関しては馬場も展開もかなり苦手な部類になってしまっていたと感じますし、調子そのものはある程度戻っている、と見做してもいいかもです。
 適性の高い高速馬場での持続力戦になれば巻き返しがあると思いますし、しっかり出走条件を見て取捨選択したい馬になりますね。
 
posted by clover at 04:07| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください