2017年03月03日

2017 ファルコンS レース回顧

 中京メインのファルコンSは、コウソクストレートがやや後方から、隼の如く鋭く、とはいきませんでしたがきっちり差し切り初重賞制覇を果たしました。レース内容を振り返っていきましょう。

 馬場は8Rの500万下マイル戦が、46,9-47,3の平均ペースで1,34,2と、この時点で想定よりは少し時計がかかっているかも、とは感じましたね。
 中間の散水量がかなり多かったのでしょうか、やはり馬場傾向は、特に土曜開催は当日判断を重視すべきなんですが、しがなきプロレタリアートとしてはそうも出来ないのが切ないところです。でもそうやって少しスポット外している方が印的には良かったりもするのでなんともはや。

 ともあれ、展開としてはまず赤帽の2頭が先頭争い、レジーナが譲らずハナを取り切ってメイソンが2列目ポケット、外からメイショウオワラが押し上げて番手外を確保します。
 その後ろにジョー、デスティニー、ボンセル、ライズあたりがついていっての雁行状態、コウソクストレートは五分には出たものの折り合い重視で中団やや後ろ、やはり一歩目で躓いたナイトバナレットは最後方からじわっと馬群に取りつく形でレースを進めていきます。

 ラップは34,0(11,33)-11,8-35,3(11,77)=1,21,1(11,58)という推移でした。
 一見ハイペース、なんですが、このレースの肝は4、5F目に11,8-12,1と前が急ブレーキを踏んでいて、そこから11,4-11,8と坂地点で再加速を問われているところにあります。
 時計があまり出なかったのも、この緩みの影響が大きかったと思いますし、先団でインにいた馬は、多かれ少なかれブレーキに合わせる形になってしまっていますね。
 それ故に、4コーナーでは外からフラットに取りついた馬の方がはっきり優位だったと思いますし、先行勢にはちょっと勿体ない競馬になってしまっていたと感じます。

 勝ったコウソクストレートは、やはりスムーズならこれくらいは、ってのはまずあります。
 自身の上がりが34,4ですが、坂地点ではそこまで詰め切れておらず、ラストでもジリジリ、なので数字的には11,5-11,3-11,6くらいなのかな、という感触で、コーナー地点で楽に前に取りつけたのが最大の勝因ではあったとかんじますね。
 とはいえ、自身平均くらいの走破でしっかり脚は引き出せましたし、やはり追走力、加速力、持続力と全てが平均的に高い、総合力で勝負出来るタイプなので、折り合いさえしっかりつけば本番でも圏内争いくらいは出来ても、とは思います。

 2着のボンセルヴィーソは、事前の検討ではこの枠がどうか、と思いましたが、結果的にいい方に転びましたし、上手くバランスを取って乗ってくれたと思います。
 スタートは良かったですが、内の馬が速いので無理には出していかずに2列目の中目くらいでじっくり構えたのは正解でしたし、前がブレーキを踏む地点でも、自身枠なりにやや外目にいた分だけ壁にならずスムーズに進出出来ました。
 また追走力の面でも今までより一段上のステージで勝負出来ていましたし、競馬の幅を広げてきたので、これなら府中マイルでも警戒はしないといけないですね。距離的にマイルの方がよりスムーズなのは間違いないので、勝ち馬とは逆転出来る要素は多いと思います。

 3着メイソンジュニアは、単純に横の比較でやっぱり1200m路線では一番上だったかな、とは感じさせる走りでしたね。
 序盤は外から被される形で苦しかったと思いますが、それでもきちんと折り合って追走できていましたし、直線もブレーキを踏まされた後インに潜り込んでの加速が中々良く、最後までしぶとく脚を伸ばしてきていて、非常に惜しい競馬でした。
 流石にマイルで持続力勝負だとどうか、と思いますが、1200mだったら流れ切らない平均くらい、1400mならやや前傾になりやすい阪神や中京コースで、今後も面白い競馬をしてくると感じます。

 4着ダイイチターミナルはここで飛んでくるのか、って感覚はありますが、よくよく考えればこれまで相手の強いところでこの馬なりに走ってはいたんですよね。
 故にここで相手弱化で差し込んできても不思議はなかったですし、差し届く馬場、展開も味方につけてのラストの持続力は中々でした。今後も相手関係次第、にはなるでしょうが、この感じなら距離はマイルくらいまではやれそうですね。

 5着デスティニーソングは、どうしても馬群の真ん中でブレーキに付き合う形になってしまいましたし、出し抜く脚もメイソンほど鋭くなく、というところで勿体ない競馬でした。
 正直前がフラットに刻んでの時計勝負、消耗戦まで持ち込んでいれば圏内はあったかな、と思いますし、距離はここがギリギリでしょうが、今後1200m路線で古馬相手でもそれなりにはやれるかな、という感触はないことはない、くらいですね。

 ライズスクリューは鞍上が若かったというか、色気を出し過ぎたというか。
 この流れはほぼ予想出来るところですし、フラットに中団くらいで構えていれば追走面でもそこまで苦慮しなかったろうに、とは思いますが、まあ仕方ないですかね。これも経験ですし、予想する側にとっても騎手心理の襞まで見切れるか、というのは難しいところです。

 ナイトバナレットに関しても、まぁ今日はどうしようもないか、とは感じますかね。
 ただ流れ自体は緩みがあってまだ致命的ではなかった、けれど序盤から早め早めにリカバーを取り過ぎて、やっぱり追走力の面で無理が出たんじゃないかな、という止まり方でしたし、そもそも切れる脚もないですから出遅れた時点で、とはなります。

 こういう負け方だとそれ以前のレースレベルが疑問視されるパターンですが、個人的には予想通りの負け方でしたのでそれとこれとは別、と考えていいかな、と思っています。
 ひいらぎ賞はレベルは高い、という判断は、一応明日にはある程度正しく審判が下されることでしょうが、この馬の負けで少しでも人気に影響があるなら狙い目、だとは個人的には思うのですけどね。
 この馬自身はもう少し前半ゆったり入れる距離、1800mくらいを試して欲しいなと。追走やリカバーで楽が出来る状況でないと、コンスタントには食い込んでこられないタイプだと考えます。
posted by clover at 04:35| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください