2017年03月03日

2017 ダイオライト記念 レース回顧

 今年はナイター競馬で開催されたダイオライト記念は、クリソライトが3コーナー先頭から悠々と抜け出して独走、見事に本レース三連覇を達成しました。内容を振り返っていきましょう。

 馬場は昨日今日の雨で重馬場、しかし今日はいつも以上に時計がかかっていた印象ですね。
 結果的にこのレースの勝ち時計が2,37,8と、交流戦になってからはおろか、2400m戦になって以降でも二番目くらいに遅いタイムでの決着となっていて、かつこれでも完璧な消耗戦です。
 他のレースでも1200mで16秒台とか、1600mで45秒台とかまでしか出ておらず、本当に最近の南関はどうしてここまで馬場が重いのか?と。

 レースラップは、37,5-38,8-40,1-41,4=2,37,8というわかりやすい消耗戦になっています。
 特にレース後半6Fは、ほぼずっと13秒台前半を淡々と刻む、息の入りにくい波のない流れで、ラストは14,6と消耗しきっていて、徹頭徹尾持久力特化戦になっていると見ていいでしょう。

 レース展開としては、内からクリソライト、中目からマイネルバイカが主導権を取ろうと押していく中、外から勢いをつけたマイネルトゥランの出足が断然で一気にハナを取り切ります。
 この鋭さに隊列が一気に縦長になり、バイカが離れた二番手、そしてクリソライトは三番手からすぐさま外に持ち出していきます。
 その内からグレナディアーズも強気に先行、ユーロビートはその中央勢4頭の先行争いを見る形で4~5馬身後ろの5番手につける形になります。

 正直、このあたりの主導権争いは少し拍子抜けというか、マイネル勢の連携が全く取れてなかったな、という感じですね。
 少なくとも本質的な持久力にまだ未知の部分があるトゥランが自分からハイペースを演じるのは自殺行為に等しかったと思いますし、こちらが逃げるにしてもせめてバイカとの間隔を意識して、クリソライトを自由に動かさないように、かつペースを平均くらいにまで落とせるように考えるべきだったと思います。
 やはり理想はバイカをじわっとクリソライトの前に出させて、その外から蓋をする位置取りだったと思いますし、結果的にどう走っても今日の馬場ではスタミナ負けしていたとは思いますが、そういう一縷の可能性すら放棄する形になってしまったのは味気ない、ですね。

 このあたり、トゥランの津村Jには今日の馬場の重さが読めてなかったのかな?と言わざるを得ない無謀なダッシュでしたし、その恩恵を受けてクリソライトは楽々自在性を生かせる位置取りを確保しました。
 その上で、最初の4コーナーでバイカを交わし二番手まで押し上げて、極端な緩みを作らせないようにトゥランをつつく態勢を整えたところで、もう今日の武Jのお仕事は終了、大勢は決したなと感じざるを得なかったです。

 勝ったクリソライトは、当然ながらこういう波のない流れの中で持久力にものを言わせる競馬がベストになりますし、コーナーでもこの馬が動いた、というよりは他がばてた、と言った方がいい形でスムーズに進出、流石にラストはかなり落としていますが、食い込んでこられる馬もおらずに大楽勝でした。
 加えて武Jだとコーナーの入り方や回り方もスムーズですし、間違いなく一番手が合っている騎手なんですよねぇ。ただどうしてもダート中距離王道路線でのお手馬が多いだけに、中々乗ってもらえるチャンスがないのが勿体無いところです。
 まだまだ馬自身は衰えてはないなのを証明したと思いますし、今後も条件次第では、ですね。2000mでも戦い方次第では一線級に伍していけるポテンシャルは秘めている馬です。

 2着ユーロビートは、吉原Jの落ち着いた手綱捌きでしたね。
 きちんと今日の馬場を踏まえて、前が速すぎると見てスッと下げつつも射程にはしっかり捉えていて、仕掛けのタイミングもよく直線入り口ではすぐに二番手まで上がってきます。
 そこからクリソライトに詰め寄る事は出来ませんでしたが、後続も一切寄せつけず、長距離路線でなら交流重賞でもまだまだ活躍できる資質を示しました。
 展開的にはベストではないと思いますが、去年のクリソライトとの着差、それに前走金杯での後続との差なども含めて、きちんと自分の能力は出し切っている競馬だったと思います。

 3着ウマノジョーは、前走に続いてステイヤー的資質を存分に示してきたと思いますね。
 南関移籍後も2000m超級のレースで堅実な差し脚を見せていましたし、前走からかなり斤量増があってもここまでやれたのは大したものです。
 父ウイングアローとはまた渋いですし、血統的なイメージ通りの豊富なスタミナは今後も武器になってくると思うので、後はもう少しその持久力を信じてのポジショニングとのバランスの取り方を考えていければ、ユーロビートと並んでの南関長距離路線の雄になれる資質はあると感じました。

 4着グレナディアーズは、思った以上に前目に入り込んでの競馬になってしまって、ここはデムーロJの超積極性が少し裏目に出たかな、と。
 無論これでもマイネル2頭には先着しているように、本質的なスタミナはそれなりに示したと思いますが、ユーロビートの後ろくらいから本来の捲り的な脚の使い方で入ってくれば、3着争いには加わってこられたかな?と思わなくもない、という所ですね。
 この馬も2000m超での交流重賞ならそこそこチャンスはありそうですし、中央でも阪神2000mとか使って欲しい感じですね。

 5着クラージュドールは現状の力関係通り走っているとは思います。
 マイネルバイカは長距離の適性は去年を見ても低いですし、より持久力が問われる流れで崩れているので2000mまでで、トゥランに関しては今日は明らかにオーバーペースではあったと思うので、この経験を糧に一回り成長してくれば、ですね。
posted by clover at 04:35| Comment(0) | レース回顧・地方競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください