2017年03月03日

2017 黒船賞 レース回顧

 黒船賞は、上がり馬プラゾンドゥリスがその勢いのままに初重賞制覇を果たしました。レースを振り返ってみましょう。
 馬場は重馬場で、でもかなり時計はかかって力の要る印象でしたね。
 レース展開はほぼ予想通りにニシケンがハナ、グレイスフルリープが番手につけてすぐ後ろに外からブラゾン、その後ろでドリームバレンチノ、キングズガードはちょうど中団くらいでレースを進めていきました。

 ラップは細かく出ないので実況などから推察していきますが、まずテンの2Fが23,7、後半4Fが50,3-39,1なので、向こう正面の直線地点が12,2、レース全体が1,28,2なので、逆算すると1~2コーナー地点は13,2になる計算ですね。
 並べ替えると大体12,5-11,2-13,2-12,2と前半が進んで、後半3Fが平均13,03とかなり消耗している流れになっています。
 イメージとしては最初のコーナーからある程度後続がプレッシャーをかけていって、3~4コーナーでは早めにグレイスフルリープとプラゾンが進出、そこで前の馬が脚を使った分、ラストでラップ自体が加速しない展開になっているのかなと感じます。

 勝ったブラゾンドゥリスは一番いい位置で流れに乗れていましたし、3コーナーからグレイスフルリープが仕掛けていくところでやや置かれている感もありました。
 でも流石剛腕内田J、馬体重のあるダート馬を持たせる腕は見事で、直線で前が消耗する中しっかり外から伸び切る強い競馬だったと思います。
 この印象ですと、むしろ中央より時計のかかる地方の馬場の方が合いそうなイメージですし、今後も交流重賞での活躍が期待できますね。

 2着のキングズガードは上手く乗ってきましたね。
 序盤はやや追走に苦しむ形も、勢いがついた向こう正面からはじわっと前に取りつき、そしてコーナーで外を回さずインに決め打ったややギャンブルな騎乗だったと思います。
 ニシケンがもう少し脚が残っていたらどうだったか、というのはありますが、結果的に上手く前が空いたところでしっかり伸び脚を見せてきましたが、先に抜け出したブラゾンドゥリスには完敗、でもありました。

 結局立ち回りとしては、小回りで前々から勝負できる馬に対してのアドバンテージは薄いですし、今日のように綺麗な形で前が空いても差し込み切れてはいないので、地方の重い馬場、コースがベストではないでしょう。
 それでも実質の頭数的な面で不器用さを相殺は出来ていましたし、交流重賞路線でも戦える目途はつけたと思います。
 けど中央では相手関係や位置取り、地方だと立ち回りでやや見劣って、結果的に善戦止まりになってしまうのはもどかしいところですね。もうひとつ何か武器が欲しい感じです。

 3着グレイスフルリープは、やはり条件が噛み合えばまだ好走してくる余地はあるな、と感じさせますね。
 重い馬場で絶対的な速度を前半で問われなければしっかり脚を使えますし、中央でも斤量面など難しさはありますが、OPクラスならまだ展開ひとつで好走してくると思うので、ペースが上がり切らなそうで、要所の機動力を生かせる場面では甘く見ない方がいいでしょうね。

 4着ドリームバレンチノは、今日は不利もなく前がやり合ってもくれていい展開かな、と思っていたけれど案外でした。
 あまり極端に消耗戦寄りにならない方がいいのかもしれませんし、年も年なので頑張っていると言えばそうですが、評価の難しいところですね。

 5着ニシケンモノノフは、懸念していた前走の反動と、あと今日は早めに徹底的なマークに合って息を入れるタイミングが見つけられなかったのがこの凡走の主因2つになりますかね。
 個人的にもある程度グレイスフルリープも早仕掛けの展開にしてこないと見ていたのですが、中央勢の中の最内で圧倒的一番人気、逃げるしかないという枠組みの中ではちょっと安直に決め過ぎました。それでも消耗戦自体は強い馬の筈なので、状態面も含めて一度立て直しがいるかな、という感触です。
posted by clover at 04:35| Comment(0) | レース回顧・地方競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください