2020年11月09日

2020 エリザベス女王杯 プレビュー

★はじめに

 今週は牝馬のチャンピオンを決めるエリザベス女王杯ですね。
 もっとも、古馬の東西両横綱のアーモンドアイ・クロノジェネシスは秋天に、東の大関のカレンブーケドールもJCに向かい、辛うじて西の大関のラッキーライラックが出てきて、というメンバー構成ではあります。

 3歳世代も、絶対王者のデアリングタクトはJC参戦という事で、時代の風潮として、本当に強い牝馬は王道路線を選択する事が増えました。
 元々エリ女は、そういう素材型の強い牝馬が勝ち切れないトリッキーなレースでもありましたし、数少ない非根幹GⅠで、能力より適性、という面も強くあります。

 その上で、今年は阪神への舞台替わりが非常に難解さに拍車をかけています。
 どの程度過去の傾向やデータが通用するかも含めて、プレビューとしても手探りな部分が多いですが、頑張って紐解いていきましょう。


続きを読む
posted by clover at 16:46| Comment(10) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする