2019年06月20日

2019 6月第3週2歳新馬戦 レース回顧(日曜編)

 プリンスオブウェールズSは、ディアドラにとってはかなりタフな馬場になってしまいましたねぇ。
 回顧自体は明日の夜に、他の海外GⅠとセットでやるつもりですが、やっぱりアスコットの10Fは、日本でなら2400mやそれ以上の距離が得意な馬を連れていった方が合うのかな、とも感じます。
 過去3回の挑戦が全部6着と、掲示板が高い壁になっていますけど、今日みたいなレースだったらカフジプリンスとか、それこそシュヴァルグランあたりが走ればしれっと4着くらいに入ってきそうなイメージはあり、やはり適性のあるなし、経験の有無は大切だなと強く感じさせる一戦でした。

 ともあれ今日は国内新馬戦日曜編です。ここから将来、海外に雄飛する馬が出てきてくれればいいのですけどね。


続きを読む
posted by clover at 19:27| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする