2019年03月31日

2019 大阪杯 レース回顧

 禍福は糾える縄の如し――――。
 先週の高松宮記念では、外枠の不利に泣き人気のダノンスマッシュでの初戴冠を逃し、あまつさえ斜行で危うくこのレースに乗れなかったかもしれない状況から、今回は馬場・展開・枠の全てを味方につけて、無心のリズムのその先に、栄光へのトンネルの出口は待っていました。
 アルアインもまた、皐月賞以来の勝ち切れないモヤモヤを一気に払拭する会心の勝利となり、しかしGⅠ2勝が共に9番人気、かつそれぞれの鞍上がGⅠ初勝利とは、実に因果な運命を帯びた馬だなぁ、と思います。
 レースをしっかりと振り返っていきましょう。


続きを読む
posted by clover at 17:18| Comment(12) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする