2018年06月20日

2018 6月第3週新馬戦 レース回顧(日曜編)

 忙しいんですけれども、ついついワールドカップ見てしまって余計に時間が無くなる今日この頃です。。。
 しかし昨日の日本戦みたいな大番狂わせを見ていると、大舞台で少しでも状態面や展開が狂った時の怖さを思い知らされますね。
 勿論ナショナリズム的観点で日本が勝つことに不満はないんですが、ハメス、ファルカオ、クアドラード、キンテロの4枚が万全に揃った状態でのコロンビアの攻撃の破壊力を見てみたかった、的な視座も出てきます。

 競馬でも、強い馬が強い競馬をする展開を期待する向きはありますし、今後の強豪国の巻き返しには期待、ですかね。
 やっぱり冷徹に見た時に、日本サッカーの攻撃のバリエーションや精度、スピード感は世界のトップには到底及ばないのは素人目にもわかりますしねぇ。


続きを読む
posted by clover at 20:32| Comment(2) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする