2018年03月18日

2018 阪神大賞典・スプリングS レース回顧

★阪神大賞典

 長距離路線の緩やかな衰退とステップレースの拡散があり、今年もやや寂しい頭数・メンバーで行われた阪神大賞典、ここで4歳世代の猛威を止めたのは、5歳世代の菊花賞2着馬・レインボーラインでした。レースを振り返っていきましょう。


続きを読む
posted by clover at 17:35| Comment(2) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする