2018年02月18日

2018 フェブラリーS・小倉大賞典 レース回顧

★フェブラリーS

 フィギュア羽生選手に続いてこちらも連覇達成なったか――――誰もが一瞬そう思った直線、しかし坂上からその王者を猛然と追撃し、最後の最後で捻じ伏せたのは、出走メンバー中最軽量、幾多の挫折を味わってきたノンコノユメ&内田Jの悲願と意地でした。レースを振り返っていきましょう。


続きを読む
posted by clover at 17:32| Comment(2) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする