2017年09月14日

2017 シリウスS レース回顧

 秋の大舞台への飛躍を目指す馬が出揃ったシリウスSは、最後の最後に急追したメイショウスミトモが粘るドラゴンバローズを交わしさり、嬉しい初重賞制覇を成し遂げました。レースを振り返っていきましょう。

 まず阪神のダートですが、重くもなく軽くもなく、という普通レベルの良馬場だったように思います。
 2歳戦の1400mでも1,25,0とそこそこの時計が出ていて、500万の1800m戦が平均から仕掛けの速い展開で1,53,0ですので、このレースの2,03,9は正直レベルが高かった、とは感じません。
 でもレース展開も意外とタフな展開になる中で、そういう流れに適性のある馬と、純粋なスタミナ面で優位性がある馬がしっかり食い込んできていて、淡々とした見た目より内容のある面白いレースだったと思います。

 展開は、まずマスクゾロが気合をつけて先行し、内に切れ込んでいきます。
 この時にちょっと急に内に寄ったせいで、すぐ隣のドラゴンバローズが立ち上がりかけるところはありましたが、すぐにリカバーして外の馬を抑え込み、コーナー利を生かしてこの馬が2番手につけます。
 外からは芝スタートで勢いがついたピオネロが3番手、2列目ポケットにはメイショウイチオシが入って、その外にモルトベーネが前の動きを見ながらの追走になりました。

 その次の列のインコースにメイショウスミトモがいて、外からトップディーヴォ、タムロミラクルなどもこのあたりにいました。
 其の後ろにマインシャッツ、ミツバはいつものように二の脚が良くはなく後方4番手の外あたりでおっつけながらの追走、スリータイタンは更にその後ろに構えていました。

 レースラップは35,6(11,87)-50,6(12,65)-37,7(12,57)=2,03,9(12,39)という推移でした。
 最序盤が速いのはコース形態上ありがちな事ですが、中盤は緩んでいるように見えて、ラップで見ると13,5-12,5-12,3-12,3であり、コーナー出口でスローになりかかったところからすぐに加速しています。
 これは前が緩めるのを察知したドラゴンバローズの和田Jが、そこでじわっと差を詰めてプレッシャーをかけ、激しい中緩みにならないように仕向けているように見えました。
 前をカットされたあたりからの当てつけ的なマーク感もありつつ、結果的にそれがこの馬の持ち味を引き出すにプラスな展開、ペースに持ち込めていて、そのあたり見事でしたね。

 ともかく、中盤緩み過ぎずに6Fロンスパ気味の展開、かつ後半が12,0-12,5-13,2とコーナー中間地点で最速ラップを踏んでいて、ここで外々から押し上げるのは辛かったですし、基本的にはタイトな立ち回りを出来た馬が上位に来ています。
 当然序盤の追走力もそれなりに問われた上で、息の入りにくいロンスパ戦での高いレベルの持久力が必要となった一戦であり、斤量が重い組がこぞって崩れたのもわからないではない、というイメージですね。

 勝ったメイショウスミトモは、いわゆる1900m以上のステイヤーコースに出走するのがはじめてでしたが、これが綺麗に嵌った部分はあると思います。
 元々追走面で1700mとかでは厳しい、1800mでも流れ切ると辛い感じで、前半ゆったり入れれば長くいい脚を使えるので、このコースには最適な性能の持ち主ではあり、またここは内枠で器用に立ち回ってこられたのがファインプレーでした。

 コーナー最速である程度スペースが出来る中で、上手く馬群を縫いつつも基本的にはコーナーをインベタで回り、直線入り口で外に出す理想的な競馬が出来ていて、前がかなり消耗していく中での最後の1Fで、この馬だけほぼ減速せず差し込んでこられたのはそのあたりが抜群に噛み合ったからと見ています。
 スパッと一瞬の切れがあるタイプではないので、府中2100mよりはロンスパになりやすいこのコースがベストだったと思いますし、ここまで綺麗に噛み合うレースも中々ないとは思いますが、それでも所与の条件の中で、馬自身は本来の素晴らしい持久力を発揮してくれたと思いますね。
 今日の内容からしても、コーナーの機動力は中々良かったですし、川崎記念とか出られたら面白いかもしれません。

 2着のドラゴンバローズは強い競馬でした。
 この馬は結構ステイヤーコースを走っていて、ペースが緩んだ時ほど崩れている傾向にあったので、その弱点を補うような番手からの強気の競馬で、道中も前をつついて緩みを極力減らせたのが好走の大きな要因だと思います。今年の和田Jは本当に乗れていますね。
 メイショウスミトモは正直かなり嵌った感はあり、この展開で終始一列外だったとはいえ、ピオネロを退けているのは立派で、斤量面の恩恵を踏まえても重賞クラスに目途を立てる一戦だったと言えそうです。

 この馬の場合ステイヤーコースに拘る必要はあまりなく、1800mのタフな競馬でも対応できますので、その意味で今後の目標に出来るレースはメイショウスミトモに比べれば多いと思います。
 今後もこのコンビでしっかり強気のレースを作り、重賞路線を盛り上げて欲しいですね。

 3着のピオネロも、芝スタートが良かった分もあるとは思いますが、久々に先行して粘りこむこの馬らしい競馬が出来たと思います。
 この馬の場合は後半の機動力、一足の鋭さが武器になる馬ですので、ここまでロンスパ気味で最速地点も早い展開はそこまで噛み合ってはおらず、それでもスローにコントロールされるよりは良かったのだろうと考えています。
 結果的に枠が逆なら、というところもありましたし、やはり先行してこそ、とは思うので、それが噛み合う条件で、かつペースが上がりそうなところは常に積極的に狙っていける馬だと思います。

 4着トップディーヴォも、今は充実期なのかな、と思わせるいい競馬でした。
 どうしても枠なりに外々にはなってしまいますし、コーナー最速地点でもろに押し上げる形を取っていましたので、流石に最後甘くなるのは仕方ありません。
 ただこの距離、外枠で一定の結果を出せたのは収穫ですし、本来はインを立ち回って要所の機動力で勝負出来るタイプですので、距離にもめどをつけて今後の選択の幅は広がりましたね。仕掛けの早い展開はやはり強いので、今後も展開待ちの部分はあれ楽しみです。

 5着スリータイタンは、スタートからインに入れて一か八か、という競馬でしたが、結果的に位置取りが後ろになり過ぎました。
 上がり最速できていますし、インからコーナーもなるべくタイトに回ってきていい展開ではありましたが、結果的に最初から内枠である程度ポジションが取れる馬に比べると立ち回りで後手後手に回ってしまったという印象です。
 常に堅実に差し込んできますし、もう少し噛み合えばどこかで圏内にズドン、と飛び込んできてもおかしくないと思いますので、長い距離のレースでは常に一定の警戒を置いておいても悪くはないと思います。

 7着マスクゾロは、結果的にペースを落とそうと目論んだところでせっつかれて、びっしりマークされる展開は厳しかったですね。
 それならあのままスピードを落とさず入っていった方が良かったですし、去年に比べると斤量面もあり走りに余裕がなかったように感じます。
 馬場も去年よりは重かったので、そのあたりもあるかもしれません。実際強い競馬が出来ているのは重馬場とか時計の速い馬場なんですよね。盛岡の2000mとかいかにも合いそうなイメージがあります。
 この馬も変に息を入れずに一気に飛ばす競馬で、1800mでもスピード負けしない点は強みですので、ここはドラゴンバローズに上手く支配されましたし、テン乗りの難しさ、斤量も含めて総合的に敗因を見ておきたいところです。
 
 8着ミツバは、序盤の位置取りはあんなものと思いますが、道中からいかにも手応えが悪かったですね。
 斤量面もあったでしょうし、それ以上にやや状態にも疑問符が付いたのかもしれません。流石に普段からあそこまで反応できない馬ではないわけで、ペースも淡々と流れて詰めるのは難しかったですが、一瞬もオッと思わせるところがなかったですからね。
 最後は前が消耗するところで多少詰めてはきましたけれど、この距離でもスピード負けしたような格好になったのは残念でした。

 11着モルトベーネは、この馬にとってはこれはハイペースだった、という視座がひとつと、後ははっきりロンスパでスタミナを問われて甘くなった面を合わせて見ておきたいです。
 この枠で不用意に下げることも出来ないでしょうから、あの位置はまず妥当だったと思いますし、コーナーもそこまでロスなく回ってきて、それでも直線全く反応できなかったので、こういう消耗戦の舞台では良さが出ないと、名古屋大賞典に続きはっきり見せたと感じます。

 ただ基本的にペースが緩みやすいステイヤーコース向きの馬だとは思うんですよね。
 今日は斤量や休み明けもありましたし、アンタレスSが予想以上に強かったところからも顕著な叩き良化型かもしれません。もう一戦様子を見たいところです。
posted by clover at 09:16| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017 日本テレビ盃 レース回顧

 最後の直線は中央勢4頭の熾烈な叩き合いになり、非常に見応えのあった今年の日本テレビ盃は、外からアポロケンタッキーが力強く抜け出して、去年末の東京大賞典以来の勝利を限り、秋のGⅠ戦線に弾みをつけました。レースを振り返っていきましょう。

 馬場状態は昨日から変化なく稍重で、かなり時計は掛かる状態のままでしたね。
 全体時計としてはほぼ予想の範疇で決まった形ですし、その中での細かな展開の綾がレース結果を左右しているとは思います。

 隊列もほぼ予想通りに、やや一歩目が良くなかったモーニンがリカバーして先頭、それを見る形で番手外にケイティブレイブ、それをマークするようにアポロケンタッキーと、中央勢の外枠3騎がレースを主導していきます。
 サウンドトゥルーは出足こそいつも通り良くなく、1コーナーは6番手くらいでしたが、そこからじわじわペースを上げて、向こう正面で一気に先頭列に取りついていく形となり、後続は大きく離れて4頭の勝負となっていきました。

 ラップは35,9(11,97)-39,6(13,20)-37,4(12,47)=1,52,9(12,54)という推移でした。
 序盤こそそこそこ流れたものの、去年以上に明確に中緩みがあり、そこで楽にサウンドトゥルーが取りついていて、そこから後半3Fで再加速しての直線勝負、という様相で、ラストは12,4-12,5-12,5とほとんど落としていません。
 極端ではないものの後半勝負所での機動力と、長く脚を使う持続力は問われているのかな、というイメージで、緩みが顕著な分明確なスタミナ勝負にはならず、追走面でもそこまで強く問われなかった一戦と見て良さそうです。

 勝ったアポロケンタッキーは、中盤でしっかり息が入る展開になってくれたのは間違いなくプラスだったと思います。
 コーナーからも緩く入っていったことで、外目の位置取りの不利もありませんでしたし、しっかり反応してこの馬の持ち味である一瞬の切れの良さと、そこからの粘り腰を遺憾なく発揮してきたかな、と感じました。

 1800mですと流れ切ってしまうと忙しい、というのは間違いないと思うので、今後2000mが舞台になっていくのは総合的にはプラスでしょうし、ポジションではなくペースバランスを意識して、この馬のリズムで後半要素を引き出す意識が持てれば、群雄割拠になりつつある今のメンバー構成ならチャンスは充分にあるでしょう。
 ドバイ明けの帝王賞からしっかり立て直してきたと思いますし、まだ若い馬ですから今後も楽しみですね。

 2着のサウンドトゥルーも、まずまずいい競馬だったと思います。
 序盤ついていけないのはいつもの事ですのでいいとして、去年の轍を踏まないように中盤で緩んだところで合わせずに、一気に前に取りついていったのは正解で、そこは去年に比べてメンバーが断然楽だった幸運もあります。
 とにかくこの馬は中盤以降長く一定のペースで速い脚を続けてこられる馬ですので、正直に言えばコーナーでインに拘らずアポロの外から勝負に行っても良かったのでは?と思わなくもなかったですが、ケイティの後ろを通して直線外、そこからはこの馬らしいしぶとい差し脚を見せてくれたと思います。
 
 やや外差し馬場の恩恵もあったとはいえ、まだまだ実力は健在なのを見せましたし、また一貫したタフな流れでなくとも結果を出せたのは好材料だと思います。
 ただ基本はもっとラストに消耗する展開で外から差し込みたいタイプですし、このレースの結果を受けて本番俄然流れてくれるようなら、改めて漁夫の利を得るチャンスも到来するかな、という印象はありますね。少なくとも力は全く衰えていないでしょう。

 3着ケイティブレイブに関しては、懸念したレースの流れに合わせる形で進めたことで、勝負に置ける後半要素の比率を強くしたことが結果的に敗因かな、とは思っています。
 最序盤にモーニンの出方を窺ったのはあれでいいと思いますが、向こう正面で一気にモーニンが緩めてきたところで、それに付き合わず先頭を奪うくらいのプランは欲しかったですし、この馬の持ち味を最大限に生かしきれない中緩み展開にさせてしまいました。

 勿論こういう競馬でもこの馬の好走スポットは広いので一定対応してはきますが、どうしても全馬勝負所で余力がある、という形からの後半勝負では優位に立てる要素はあまりなく、今日は58kgもあったとはいえ形の上では完敗ですので、改めてこれを踏まえてどういうレースを組み立てるべきか、というのを意識して欲しいです。
 帝王賞が差す競馬で味が出たのも、結局は息の入らないタフなペースだったからではあり、個人的にはやっぱり前目で常に厳しい流れを作ってこその馬、と見たいですし、次は本領発揮を期待したいですね。

 4着モーニンは、首尾よく去年と似たような形に持ち込めましたが、それでも最後は甘くなる以上、距離的な面でギリギリなのは間違いないんだろうと改めて感じます。
 この馬がいい勝負をするためのプランとしての中緩みは当然の帰着ですので、今日の戸崎Jの逃げ方は悪くなかったと思いますし、ただ強いて言えば去年よりマーク自体は厳しく、またコーナーで馬場がより重かった分鋭く反応できなかったかな、という感じはありました。

 上位がどちらかと言えば重厚な、1800mよりは2000mの方が得意、って馬ばかりでしたし、この馬の持ち味である加速力・機動面をもう少し顕著に出していければ面白かったかな?とも思いますが、まぁ総体的には力負け、という見立てでいいと思います。
 状態面と精神面は大分安定してきていると思いますし、中央のコースの方が距離の誤魔化しは効くと思うので、主導権を上手く握れそうなところでどこまでやれるか改めて見てみたいですね。短い距離ですとやっぱり揉まれない外枠必須にはなるのでしょうが。
posted by clover at 09:16| Comment(0) | レース回顧・地方競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017 9月第4週新馬戦など レース回顧(日曜編)

**★9/24(日) 中山4R ダート1200m戦**

 雨の影響で渋りの残る脚抜きのいい重馬場での一戦となったこのレースは、人気の一角デンコウケンジャが、好位外の追走から楽々抜け出し圧勝しました。

 この日のダート自体はそこそこに時計は出ていて、最終の500万下1200mで33,6-37,6=1,11,2という時計が出ていましたが、1Rの2歳未勝利戦は34,6-38,7=1,13,3という内容でしたので、そこから比較するとこのレースの1,11,7は破格、ですね。
 勝ち馬が非常に強いのは勿論、掲示板に乗った馬でも上記未勝利の時計は楽々クリアしており、中々の逸材揃いだったかもしれない、という所です。

 展開はデンコウケンジャが外から好スタートを決めますが、内から競り合うようにして上がってきたプリンシアブラスカ・ダッシュトマホーク・3着タガノアム・2着リードザウインドなどに譲って好位の外でじっくりと構えます。
 ラップは34,0(11,33)-37,7 (12,57)=1,11,7(11,95)という推移で、中山ダート1200mらしい超ハイペースですが、ラスト3Fは12,5-12,7-12,5ともう一度加速していて、勝ち馬だけがこのペースでもバテきらずにフラットに突き抜けてきた、という事になります。
 内容的には淡泊に追走力と持久力を強く問われていますが、それに限っても相当にレベルは高かったと言えそうです。

 特に勝ったデンコウケンジャは素晴らしく安定感のある競馬で、コーナーで外々を回しつつも楽々な手応えで進出、直線もあっさり抜け出して最後は流す余裕がありました。
 勿論このコースは外枠有利ですし、内目でゴリゴリ競り合いに巻き込まれたり、前に馬を置いてどうかなど課題はあるでしょうが、純粋な素材ならもう古馬500万下と遜色ない、と言って良さそうですね。
 血統的に距離延長やペースダウンがプラスに働くかは微妙なところですが、とりあえずは1400mあたりから試して欲しいですね。実に先が楽しみな勝ち方でした。

 2着のリードザウインドも充分強い競馬だと思うのですが、勝ち馬の凄みの前に霞んでしまいましたね。
 この馬の位置ですとラストは完全な消耗戦、13秒台に入っているかな?くらいなので、流石に大書出来るほどの素材感ではないのですが、それでもこの馬もレースセンスはありそうですし、勝ち馬より馬群の中で捌くのに苦労した部分もありますので、そこの経験値という意味ではプラスに出ると思います。
 キンシャサノキセキの仔ですので、ここまで前傾戦があまり良くなかった可能性もありますし、後半要素が比較的問われやすい府中の1300m・1400mあたりなら楽に勝ち上がってきそうです。

**★9/24(日) 中山5R 芝2000m戦**

 このレースはダイワスカーレットの仔のダイワメモリーが、馬群を割って伸びてくる味のある競馬で勝ち切りました。 
 芝自体は標準的な高速馬場であり、その中で芙蓉Sあたりと比較すれば流石に勝ち時計・上がり時計ともに目立つところはない一戦ですが、ダイワメモリーは確かに面白い勝ち方だったと思います。

 レース展開は、内から一番人気のマイネルプリンチペが逃げてスローペースに持ち込み、それをジャストアキッス、マノン、ニコラオスあたりが追いかけて先団を形成します。
 ダイワメモリーは大外でもあり、ややスタートでも立ち遅れ加減で、リカバーしながら中団の外くらいを追走、最後3着に粘り込んだエピキュリアンはスタートから行き脚が悪く後方、道中ペースの遅いところで一気に捲って先頭列に並びかける積極的な競馬でした。

 ラップは39,6(13,20)-51,9(12,97)-34,6(11,53)=2,06,1(12,61)という推移でした。
 いくら2000mの新馬戦とはいえ、序盤のペースはあまりにも遅く、中盤もかなりゆったりで仕掛けどころも遅い、ラスト3F勝負の色合いが強いレースです。
 そこも11,6-11,5-11,5とラスト1F最速でレース全体としても出し切っていない流れの中で、立ち回りの巧さと切れ味が問われたのかな、というイメージです。

 ダイワメモリーは外枠から上手く道中で内目に潜り込んでロスを抑え、コーナーから直線ではやや前が壁になって窮屈さはあったものの、上手く内外にハンドリングしながら馬群を縫って進出、最後は逃げ込みを図る2着馬を鋭く捉え切りました。
 残り200mで2馬身くらいはあったので、この馬のラップは11,6-11,5-11,1と明確にラストの坂地点最速で、しっかり勢いをつけ乍ら坂で加速する余力を持てたのは中々に面白い競馬ですね。
 勿論レースレベル自体は微妙な気はしますし、追走面もほぼ問われない淡泊なところはありますが、ノヴェリストにダスカ、という血統である程度平均的なスピードが問われてもやれそうなイメージは持てますし、ここで叩かれて素軽さが増してくれば、と思います。

 2着馬は逆に、このペースでラストあのラップしか出せないあたりでちょっと足りない感じもありますし、ポジショニングに拙さを見せて、外々を回す形になった3、4着馬に伸びしろがあれば逆転を許すかも?というイメージでしょうか。

**★9/24(日) 阪神2R 芝1400m未勝利戦**

 ここはロードカナロア産駒のダノンスマッシュが、軽快に逃げるラブカンプーを楽に捉えて勝ち切りました。
 ラップが35,1-11,8-35,0と綺麗な平均ペースの中、新馬はほとんど逃げる形から粘り込むも惜敗だったダノンスマッシュですが、ここは福永Jにチェンジしてじっくり構える競馬にシフト、直線11,8-11,4-11,8と前が出し抜く競馬の中で最速地点・ラスト1F共に2着馬を凌ぐ鋭さを見せてくれて、後半要素を生かす形で進境を見せたと思います。

 新馬を見てもハイペース適正はそこそこあるようですが、カナロアの仔だけにやはり前半ゆったり、の方が強かったですね。
 勝ち時計も1,21,9と22秒を切ってきて、前日のききょうSとの比較でも互角に近いですし、ラブカンプーも中々の強敵なので、これを楽に差し切ったのは評価していいと思います。
 好走スポットの幅は広く、次も楽しみな馬です。

 そしてラブカンプーはどうにも勝ち切れません。
 まぁここも綺麗な平均に支配して出し抜く理想的な競馬は出来ていて、時計的にもバーニングぺスカくらい走っているから順当、と言えばそうなんでしょうかね。こちらもスプリント色が強い感はありますが、ぺスカよりはスポットが広そうなので、京都の1400mなら充分勝負になりそうです。

**★9/24(日) 阪神5R 芝2000m戦**

 このレースは、レース序盤から先行したドンアルゴスが、人気馬2頭の追撃を振り切ってデビュー勝ちを収めました。
 展開は、人気薄の2頭が先導する流れをドンアルゴスが3番手につけ、そこから少し離れて中団に2着のアルムフォルツァと3着レッドエクシードがいて、人気の一角トーセンブレイヴはその後ろ、という位置取りでした。

 ラップは37,6(12,53)-50,9(12,72)-34,3(11,43)=2,02,8(12,28)という推移で、まぁ超スローではありますが、新馬としてはまだほぼ13秒台を踏んでいないだけ流れた方で、その分仕掛けは遅めでラスト3Fは11,8-11,2-11,3、という推移になっています。
 ただ後ろの馬はコーナー中間の11,8の地点でかなり押し上げてきており、その点でかなり持続力は強く問われていて、結果的にそこで前で待てた勝ち馬との差が出たのかな、という印象です。

 ドンアルゴスはスタート良く楽に前に取りつけましたし、コーナーで2、3着馬が一気に捲ってきたのに対しても、加速面で見劣る事なく内から対応できていたのは中々のレースセンスだと思います。
 この馬自身は仕掛けを遅らせたことで実質2F戦ではあり、その分最後まで脚が持続した、と見ていいんですが、それも含めて素材面では総合力が高く、地味ですけどそこそこ面白い一頭だな、と感じましたね。

 2着のアルムフォルツァは、レッドエクシードより一枚内を通せた分はあれ、このメンバーでは屈指の持続力を見せてくれたと思います。
 ラスト2Fはほぼレースラップに近い走破のはずなので、おそらく11,2-11,1-11,3くらいの上がりで、切れ味の質で出色、というほどではないですが、外のレッドがラスト1Fでピタリと止まったのに対して、こちらはしぶとく脚を伸ばしていたのが印象的でした。
 このあたりはいかにもハーツらしいしぶとさでしたし、現状はこれくらいゆったり入れる距離向きですね。

 3着レッドエクシードも、捲ってくる時の勢いは断然、と思わせましたが、そこからが案外でしたね。
 一瞬の反応の良さは感じたものの、いかに外々を回したとはいえラスト1Fで前と2馬身つけられるのは印象があまり良くなく、距離的にももう少し短くてもいいのかな?と思わせました。
 どちらかと言えば瞬発力の質で勝負したいタイプに感じたので、もう少しポジショニングの面で良さが出てきて欲しいですし、レース全体のスピードが問われた方が噛み合いそうですね。

**★9/24(日) 阪神6R ダート1400m戦**

 こちらは新馬戦で強い、というかかなり早熟傾向が見えてきたスパイツタウン産駒(リエノテソーロは頑張って欲しいんですがね)のオペラグローブが、直線の火の出るような叩き合いを制して勝ち切りました。

 この日のダートは良ながらそこそこ時計は出ており、1Rの2歳未勝利が1,12,7、最終1000万下の1400m戦が1,23,4ですので、一貫消耗戦の中での1,26,6は特筆できるところは流石にないかな、という感触です。

 レース展開も、逃げたオペラグローブを好位にいたスーブレットがじわじわ追い詰め、後続は千切られる一方という淡泊な展開でした。
 ラップも35,7(11,9)-12,0-38,9(12,97)=1,26,6(12,37)と、ほぼ綺麗な一貫消耗戦で、ラストが13,9と相当掛かっているので、能力を出し切ってこれ、というところはあります。
 次はかなり変わり身がないと上で即通用、とはならないでしょうし、2着馬もレースセンスはいいので安定して上位にきそうですが、4着ブルベアブロッコリみたいに上がりでいい時計を出している馬が、2戦目でポジショニングを良くしてきたら危ういところはあるかもしれませんね。
posted by clover at 09:16| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする